少女/女性漫画

「全力で愛していいかな」4巻あらすじ・ネタバレがっしりとした、その腕に

広告で大人気の漫画「全力で愛していいかな」の第4巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

お昼仲間だった瀬尾さんと、ホテルのレストランに食事に行った千世。

気持ちを正直に伝え、お試しで瀬尾さんと付き合うことになります。

ホテルの部屋に泊まるという瀬尾さんの胸に、ドキドキしながら飛び込んで……?

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

全力で愛していいかな4巻あらすじ・ネタバレ

シャワーを待つ間

ホテルの部屋に着いて。

瀬尾さんは、シャワーを浴びに行きました。

千世はカチコチに緊張しながら、ベットの淵にちょこんと腰掛け固まっています。

瀬尾さんのシャワー音と。

太鼓のように、鳴り響いて止まらない自身の胸の音が。

絶妙にハモっているのが分かります。

真っ赤な顔で緊張しながら、千世は同時に心配でした。

男性と、なんて。

すごくすごく久しぶりなのです。

しかも、相手は瀬尾さんです。

そういえば瀬尾さんと色々見せ合うのでは?!

なんて、今更過ぎる考えもよぎって、今にもパニックになりそうです。

ふいに、瀬尾さんの手が、自分の手に触れたことを思い出します。

ギュと胸の前で、瀬尾さんの包んでくれた手を、握りしめます。

瀬尾さんの手の大きさ、あたたかさを思い出し、しだいに落ち着いてくる千世です。


倒れてる?

心が落ち着いてくれば。

瀬尾さんのシャワーが長くないかと気になります。

もう、1時間半ほど経つのではないでしょうか。

倒れたりしていないだろうかと、心配になった千世は、様子を見に行きます。

なぜだか、そろり、と忍び足で。

そっと扉を開けて、瀬尾さんを呼ぼうとしたその瞬間。

千世の目に飛びこんできたのは、半裸の瀬尾さんでした。

お風呂から上がったばかり、ホカホカの状態でタオルを巻いて。

急に現れた千世を、きょとんとした顔で振り向いています。

思わず、真顔になった千世。

どうしたの?と尋ねられ、ご健在で何よりですなど。

すっとんきょうな返事を返してしまいます。

不思議な顔をする瀬尾さんでしたが、すぐに、お風呂長かったよねと察してくれます。

慌てたように、ごめんねと謝る瀬尾さんをよそに。

瀬尾さんの無事を確認した千世は、また静かに扉を閉めるのでした。




がっしりとした、その腕に

なんとか、扉を閉め切って。

途端に千世はペタンと、床に座りこんでしまいます。

穏やかで、柔らかな印象の瀬尾さん。

しかし扉を開けた先、そこにオスがいました。

あまりの男らしさを、まともに食らった千世。

思わず、腰を抜かしてしまいました。

ハイハイをしながら、ベッドに戻ります。

せっかく落ち着いた胸の音が、また激しく鳴り響きます。

華奢なイメージの瀬尾さんでしたが、服の下に隠されていたのは、中々にたくましい美ボディ。

解釈違いに、脳がバグを起こしていました。

そういえば、と千世は思い出します。

部屋には入ってすぐのこと。

慣れない靴、フワフワの絨毯(じゅうたん)に、千世はつんのめってしまったのです。

転ぶ、と身構えた千世でしたが。

目を開けてみれば、そこは瀬尾さんの腕の中でした。

ガッシリとした瀬尾さんの体が、千世を受け止めてくれていたのです。

少しもよろけることなく。

涼しい顔をして、千世の体勢を戻した瀬尾さん。

その力強さを、思い出します。

途端に千世の中で。

これからこの部屋で起きることが、より現実的なものとして、迫ってきます。

自分が、本当に、瀬尾さんと。

千世ちゃん、と。

急に名前を呼ばれ、千世は思わずビクッとしてしまいます。

シャワーから上がった瀬尾さんが、バスローブ姿でそこにいました。

千世は、ドキドキがおさまる気がしません。

入れ違いに、シャワーに向かう途中。

目に入った瀬尾さんの胸板の厚さに、カアッと顔が熱くなってしまうのです。

カチコチとした足取りで、シャワーに向かう千世を。

瀬尾さんは静かな目で見つめていました。

どっちでいくべき?

自分が、本当に、瀬尾さんと。

ドキドキしながら、シャワーを済ませた千世は、冷静になっていました。

しまった、と後悔が、後から後から湧いてくるのです。

見つめる先は、自身の下着。

色あせてヨレヨレになったショーツに、更に色あせて所々ほつれてさえいるブラジャー。

あまりの女子力の低さを嘆いたところで、もうどうしようもありません。

いったい、どの格好で出ていくのが正解なのでしょう?

千世は迷っていました。

その間にも、時間は過ぎ去っていくばかりです。

全裸バスローブ一択だろうとも思うのです。

なにせ、今日は平日。

建設現場で働く千世の下着が、汗をいっぱい吸っているなんて、当たり前のことなのです。

しかしひとつ気になるのは、瀬尾さんがプレゼントしてくれたワンピースです。

もしかしたら瀬尾さんは、このワンピースを自分で脱がせたくて、プレゼントしてくれたのではなんて。

下世話な想像と思いながら、その思いがどうしても消せないのです。

どれほど悩んでいたのでしょう。

ヘクシッと、くしゃみの飛びだす千世。

最終的には、瀬尾さんも着ていたしと、全裸バスローブを選びます。

お揃いの匂い

髪をおろしたまま、全裸にバスローブをまとって。

いざ!と腹をくくり、瀬尾さんの元に向かいます。

そんな千世を、フワリと迎えるよい香り。

どうやら、瀬尾さんのつけている、ヘアコロンの匂いのようでした。

部屋に用意されていたもので、保湿にもなるんだよ、と教えてくれます。

改めて、スンと香りを吸いこめば。

胸に広がるよい香りに、千世の気持ちも落ち着いていくようです。

いい匂いですねと言えば、千世ちゃんも付ける?と尋ねる瀬尾さんです。

手招きされるままに。

千世は、ベッドに腰掛ける瀬尾さんの元へ向かいます。

また少し緊張をしながら、瀬尾さんの横に腰掛けるのです。

瀬尾さんは、ヘアコロンを手にとります。

そして、少しずつ、千世の髪に絡ませていきます。

瀬尾さんの体温で匂い立つ香りに、思わずクラリとする千世です。

やさしく、丁寧に。

瀬尾さんは、千世の髪に触れていきます。

千世の胸はまたドキドキ、ドキドキと、鼓動が止まらなくなっていくのです。

そして、千世の髪に触れたまま。

瀬尾さんが、目を合わせて微笑みます。

お揃いだねと。

瀬尾さんと千世、2人とも同じ匂いになっていました。

<前話 全話一覧 次話>


全力で愛していいかなを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


全力で愛していいかな4巻を読んだ感想

ドキドキする展開となって参りました……!

うわあ本当に部屋に着いてしまった、と。

急展開に、一読者もまだ、心の準備が追いついておりません。

千世ちゃんの空回りともとれる緊張っぷりが、うつってしまいそうですが。

1時間半もシャワーから出てこない瀬尾さんの、可愛らしいこと。

急な展開に、こちらも心の準備ができないのでしょうか。

瀬尾さんサイドのお話も、是非とも読みたいものです。

瀬尾さんの心配をした千世ちゃんが、返り討ちに遭うのは。

ちょっと、笑ってしまいました。

千世ちゃんも瀬尾さんも、なんだか辿々しいやりとりが。

お互いに、緊張しているのだと分かって。

見ているこちらは、なんだか少しホッと致しました。

そして、瀬尾さん。

やっぱりガッシリしていらっしゃるんですね。

第1話で抱いた印象は間違っていなかった……!と、なぜか誇らしげな気分になりました。

おまじないのように。

手を、もう片方の手でキュと握る千世ちゃんが。

愛おしいような、切ないような気持ちになりました。

千世ちゃん、何歳くらいなのでしょう。

仕事上の立場や態度を見ると、意外と年上なのかなと思ったり致します。

30歳前後でしょうか。

随分と、初々しい反応を致します。

男っ気が皆無だったのかもしれませんが、少し気にかかります。

「おじさん」が苦手な千世ちゃんが、男性が苦手だという可能性は、ないのでしょうか。

もし、過去に男性関係で、何か嫌な目にあっているのなら。

仕事上の千世ちゃんの、何かに期待しないような目も、無関心を貫いているような態度も。

納得がいくような気が致します。

けれどその場合、瀬尾さんがすごすぎることになるので。

やっぱり考え過ぎかなあとも思うのです。

全裸バスローブ、という単語の強さは、見事だと思いました。

どういう姿で出ていくべきかと、グルグル迷う千世ちゃんが、可愛らしくて面白い。

個人的には、この時の瀬尾さんが気になりました。

千世ちゃんは、どれほど迷っていたのでしょう。

その分の、シャワーの音が止んでから千世ちゃんが出てくるまでの時間を。

瀬尾さんは、どう受け止めたのでしょうか。

ヘアコロンのくだりは、素敵だなと思いました。

ずっとドキドキは続かせながら、それでもたっぷりの甘さを欠きません。

匂い立つ香りは、バラの香りのような気が致します。

匂いは読者に届かないはずなのに。

フワリと届いてくるような気が致しました。

次回、ほんの少し、誰か踏みとどまってくれないかと期待しております。

少しずつ、一歩一歩進んでいく。

そんな2人の過程を、覗き見させていただきたいものです。

一気に関係を飛びこえた先、2人はどうなってしまうのでしょう?

全力で愛していいかな4巻まとめ

こちらでは4巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

全力で愛していいかな4巻まとめ
  • ホテルの部屋に着くと瀬尾さんはシャワーを浴びに行きました。千世は緊張しながら、ベットの淵にいました。
  • 1時間半ほど経っても出てこなかったので心配になった千世は、様子を見に行きます。すると千世の目に飛びこんできたのは、半裸の瀬尾さんでした。
  • シャワーから上がった瀬尾さんの胸板の厚さに、カアッと顔が熱くなりながら入れ違いにシャワーに行く千世。
  • シャワーを済ませた千世は、どの格好で出ていくのか迷っていました。全裸バスローブを選択しました。
  • 瀬尾さんは、ヘアコロンを千世の髪に絡ませていきます。千世はドキドキ、鼓動が止まらなくなっていきます。そして瀬尾さんと同じ匂いになっていました。

<前話 全話一覧 次話>