少年/青年漫画

弱虫ペダルネタバレ595話!あらすじ感想!壱藤のガッツボーズ

MTBレースの行方が気になる「弱虫ペダル」。

壱藤のテクニックはすごい坂道も食らいついている

続きの気になっていた「弱虫ペダル 595話」が週刊少年チャンピオンに掲載されました。

さっそく展開・あらすじをご紹介したいと思います!

<前話 全話一覧 次話>

弱虫ペダルが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「弱虫ペダル」がお得に読めちゃいますよ♪

弱虫ペダル595話の見どころ

夏休み中で部活も休み。

部長の手嶋はみんなは何をして過ごしているだろうかと思いながらも、自分は思わず部室に来て片付けをして懐かしいものを発見したりしていました。

手嶋は坂道の事を思い出した時、もしかして誰かに誘われて自転車に乗っていたりして・・と想像していました。

手嶋の予想は的中!ただいま坂道はMTBの初心者レースに参加していて先頭争いをしているのです。

坂道と先頭を争っているのは壱藤という、このレースで圧倒優勝をすると思われていた人物。

そして坂道をこのレースに誘った雉に憧れているのです。

壱藤は坂道の乗っているバイクが雉のものであることに気がつくと嫉妬心も持っています。

壱藤は坂道の見た目から、勝手に中2くらいだろうと思っていたのですが、高校のロードバイクのインターハイで表彰台にも上っていると聞くと、MTBのテクニックはないけれど脚はあるのだと知り、このレースの最終周のテクニックが必要な道で坂道を引き離しにかかったのです。

坂道もこの先のコースを考えると、テクニックが足りない自分には厳しことに気がついてきたのですが、とにかく今の自分にできることを考えて転ばないようにだけして脚を回して前進をしていくのです。

テクニカルエリアで坂道を引き離しにかかった壱藤と坂道の差は、現在約70~80メートル。

壱藤はこのままいけば自分が先頭でゴールできるだろうと、感じてきています。

いよいよこのレースも終盤!

どんな展開が待っているのでしょうか?

弱虫ペダル595話のあらすじネタバレ

こちらでは、週刊少年チャンピオンに掲載された弱虫ペダル595話「十分な秒差」のストーリーをご紹介していきます。

ネタバレを含みますのでご注意ください。

壱藤の確信

坂道を引き離した壱藤。

その差は結構な開きがあり、壱藤は勝つための充分な差をつけたとこのレースの勝利を確信し始めていました。

坂道も壱藤の背番号9がどんどんと離れてしまっているのに焦りを感じています。

自分は超テクニカルエリアで転ばないように丁寧に進んだらいいのだと思ったけれど、壱藤はここで引き離そうと思っていたのだと小さな意識の差が大きな差を生んでしまったのだと気がついたのです。

ゆっくり考えている時間はない!

とにかく壱藤に追いつかないと・・とその先の結末に焦ります。

坂道はとにかく脚を回して前進しなければならないと必死です。

壱藤は坂道の思った様に、この超テクニカルエリアがこのレースの勝敗を分けると思っています。

そしてその勝利のために必要な差をすでに手に入れたと確信しているのです。

あとコーナーを3つ終えたら大曲がり。

とにかく大曲がりまでに差を付けようと、目標にしていた場所に到達するのです。

壱藤は第一の目標を達成したな!

雉との出会い

壱藤はバイクを漕ぎながら初めて雉に会った時のことを思い出していました。

いつものようにフィールドに遊びに行くと「うまいね」と突然声をかけてくれたのが雉でした。

その時、壱藤は中3で学校のクラスメイトとは話が合わないことから1人で居ることが多く、褒められるようなこともなくて戸惑ってしまいます。

そして・・壱藤は動揺して転んだのです!

褒められたことにも転んだことにも恥ずかしい気持ちになった壱藤は・・感情がぐちゃぐちゃになって声をかけてきた雉に「うるせー何様だ!」とキレてしまったのでした。

照れ隠しで吠えたのね・・
でもどういう流れで憧れの人物になったんだろう?

その1週間後に見たインターハイ。

そこで壱藤は雉が優勝するところを見たのです。

雉はものすごい選手で自分を褒めてくれた人はこんなにもかっこいい人だったのだと驚いたのです。

そして自分もレースに出て活躍したいと目標が出来たのでした。

この時すでに壱藤はフウォォォォって吠えるのが癖だったんだね 笑

憧れの雉の様に

坂道はあれ以来、雉を追いかけ続けてきました。

だからこのレースを獲る!雉のようにこのレースをレジェンドレースにしようと決めているのです。

もう少しで大曲がりが見えてくる!

けれど後ろを走るの坂道は・・まだ来ない!

壱藤は大曲がりですでに優勝確定したかのようにガッツポーズをしながら走って行きます。

この瞬間はかなり気持ちよさそう!

大曲がりを過ぎても坂道はまだ来ません。

壱藤は「まだ来ない!」「まだ来ない!」と充分にできた差を噛みしめます。

けれど壱藤の脚に疲労が蓄積されているのも確か・・でもそれを超えるほどに気分は最高です。

レースというのは思ったよりも頭脳戦でした。

沢山シュミレーションをして挑んだけれど、かなりハードな戦いをしてきました。

でも今のように戦略がハマるとものすごく気持ちいい!

坂道のひらめき

壱藤は泥の登り坂を軽快に走って行きます。

今、泥の坂道に差し掛かったばかりの坂道からしたら壱藤はずっと上の方に見えます。

超テクニカルエリアでは全然追いつくことが出来なかった。

はるか遠くに見える壱藤の背中に、坂道は気持ちが焦ります。

息が上がる中、どうしたら追いつくだろうかと頭を働させます。

残りは登りと下り・・残りはあと半周です。

ここで坂道は何かに気がついた様子。

自分でさっき思った「小さな意識の違い」がヒントになった様です。

坂道は何を思いついた?

差を縮める手段はあるのでしょうか?

ここまでが595話のストーリーになります。
<前話 全話一覧 次話>

弱虫ペダルを無料で読む方法をご紹介!

弱虫ペダルを今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!更にまとめ買いで7.3冊分が実質無料になる裏ワザも?!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、弱虫ペダルがいますぐ無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて弱虫ペダルが無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで弱虫ペダルがいますぐ無料で読めます。

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

弱虫ペダルが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

595話を読んだ感想

小さな意識の違いが大きな差を生んだっていう言葉は、何にでも通じることだなと感じました。

そのことにレース中に気がついた坂道は、ここで差を縮める方法を思いついたのでしょうか?

見当がつかないのですが、坂道は何を思いついたのでしょうか?

どんなことを考えているのか気になります。

壱藤はすでにガッツポーズまでしていて、自分がこのレースを制すると思っています。

確かに結構な差があるし、残りはもう半周しかありません。

坂道が何かを思いついた様ですが、間に合うのでしょうか?

頑張ってほしいけど、もう残りが半周しかないってところにもドキドキしてしまいますね!

そして雉と出会った時の壱藤の心境が描かれていました。

なんだかこのシーンはほっこりしました。

学校に気の合う人が居なくて、フィールドで褒められたことに動揺した壱藤は照れ隠しに雉に突っかかっていました。

こうする方法しかわからなかったんでしょうね。

この照れ隠しの気持ちはちょっとわかります。

けれどこの時褒めてくれた人が憧れの人になったなんて、よっぽど衝撃を受けたんでしょうね。

雉に追いつくために壱藤がものすごく努力してきたんだろう姿が浮かびます。

壱藤は調子に乗る性格かもしれないけれど、努力も沢山してきて自信もあります。

あと半周の間、坂道はこの壱藤に近づくことが出来るのでしょうか?

差はけっこう開いているように思います。

ここから坂道が何をするのか楽しみで仕方ないです!

<前話 全話一覧 次話>

弱虫ペダルが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「弱虫ペダル」がお得に読めちゃいますよ♪

弱虫ペダルネタバレ595話!まとめ

こちらでは「弱虫ペダル 595話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

弱虫ペダル 595話のまとめ
  • 坂道は小さな意識の違いは大きな差を生んだと思った。
  • 壱藤はレースで優勝できるほどの差を坂道との間に作れたと感じ、大曲がりを通るときにはガッツポーズをした。
  • 坂道は差を縮める方法を考え・・何かが浮かんだ様子。

坂道の頭には何が浮かんだのでしょうか?

次回、どんな展開になるのか気になりますね。