少女/女性漫画

私たちはどうかしているネタバレ9巻!あらすじ感想!女将の企み

過去に囚われている・・「私たちはどうかしている」。

椿は七桜の事が見えていない椿の目の事が気になる

こちらでは「私たちはどうかしている 9巻」の展開・あらすじをご紹介していきます。

<前話 全話一覧 次話>

私たちはどうかしているが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「私たちはどうかしている」がお得に読めちゃいますよ♪

私たちはどうかしている9巻のあらすじネタバレ

私たちはどうかしている第9巻のあらすじをお伝えします。

空白の3年間

光月庵の火事が半年後の1月

七桜は小さな和菓子屋で働いています。

御菓子処和沙は歴史はあるけれどものんびりしたお店で、光月庵から出た七桜にはとても安心できるところでした。

多喜川さんにもここには来ないでくださいとお願いしています。

誰にも知られたくなかったから。

七桜に、店を出してあげようと心に決めていたのに、断られるとは思わなかったという多喜川。

そこに県警から刑事が来て火事の日どこで何をしていましたかと聞かれました。

光月庵の特集をしている番組もありいたたまれなくなる七桜。

雪の中を歩きながら、また警察が来るから「和沙」にはもういられないと思っていました。

暗くてわからなくなっているうちに滑り落ちてしまいます。

もう疲れたと目を閉じた時、多喜川が来て背負ってくれました。

このまま眠りたいと思った時、君がいなくなったら誰がお母さんのことを思い出すんだ、お母さんは二度死ぬことになるんだという喜多川。

ママの形見にあった手紙は、樹さんのものより書いたのに出せない手紙が多かった。

七桜は多喜川に、いつか必ずお返しするので力を貸してくださいと、私に店をくださいと言って泣きました。

信念

椿は苦しそうにしていて、目が見えてないの?

七桜が名前を呼ぼうとしたとき、栞がやってきました。

選定会のことが気になったからと言う栞。

今回は迷ったという選定会・・・その結果は、光月庵が選ばれました。

選定会の目的は勝つことではないという七桜。

それで椿とはあったのかと尋ねる多喜川。

東京で、一度だけ光月庵の御菓子を食べたのです。

一口ですぐわかった・・・椿が作っていないことに、そして絶望しました。

目が悪いから?

だからお菓子を作らなくなったの?

椿は眼科に通院していました。

火事の時の後遺症で、網膜が傷ついたのだと思われます。

このまま放っておくと失明の可能性が高いと言われました。

でも今手術をしたら1月の園遊会に間に合わなくなってしまう。

これもおじいさまの呪いですか?

入院している大旦那のお見舞いに来て椿は言いました。

椿が戻ると女将が不正をしていることがわかりました。

それでも1番であり続けなくてはいけないと言われます。

七桜は男性とぶつかり光月庵の袋を落としてしまいました。

お詫びにお茶でもと言って店に誘います。

花がすみは3か月ほど前市内のはずれにできたまだ新しい店。

椿はその店の前に立っていました。

花蕾

七桜が議員に出した御菓子は、亥の子餅です。

選定会の時も思いましたが、本当に印象深いお菓子を作ると褒められました。

椿が店に入ると、こぢんまりとしていて・・・このお菓子の感じを椿は知っている?

そう思った時、議員がいて光月庵の若旦那もライバル店が気になってのかと言われます。

そこに七桜が御菓子の袋を持ってきました。

言葉が続きません。

髪がずいぶん伸びて、少しやせたかもしれないけれど紛れもなく七桜だと椿は思いました。

七桜はあくまでもしらを切りとおすつもりですが、そうはいかないと椿は思っています。

光月庵も正しく実り多き繁栄を迎えますようにと言って去ろうとした七桜に、あの火事の日のことを尋ねました。

今までのことは全部嘘だった、わたしは「さくら」なんだよと髪をほどいて見せた七桜。

子供の頃と変わっていません。

椿もあの火事の日、私の約束より一番大事なものを取りに言ったでしょ。

そこに喜多川がやってきて、ここは彼女と僕の店だといいます。

御菓子をお求めでなければおかえりくださいと言われ、椿は店を出ました。

七桜は手の震えが止まりません。

会わなければよかった・・・思い出だけ大切にしまっておけばよかった・・・心の中で何度も七桜と呼ぶ椿。

会えばまた憎しみが生まれることを忘れていました。

五月雨亭の女将が、自分の姉が温泉で和菓子フェア・・・和菓子をセットにした温泉プランを実施したいと。

ぜひとも協力すると言う女将に、姉は「花がすみ」が気になっていると言うのです。

すると椿は二つのお店で一緒にやるのはどうかと提案しました。

両店の味が楽しめればお客様も喜ぶと椿は言います。

炉開きで顔合わせの御菓子を頼むと言われました。

女将は花がすみが邪魔だと思い始めています。

小豆の業者が小豆を卸せないと言ってきました。

また女将にやられてしまい・・・。

炉開き・・・茶人の正月と言われるほど大事な行事です。

城島の足はすでに限界・・・。

女将はもう一軒の店の者が来ていないので、引き受けられなかったと思っています。

亥の子餅が出され、食感が楽しくておいしいと好評でした。

和倉温泉

亥の子餅のあんに星餅が潰して入れてあってとてもおいしいと褒められます。

どうして参加しなかったのか聞かれて七桜は、突然業者さんからいつもの小豆が買えなくなって不安があったからだと。

光月庵と花がすみは週末に実際に温泉に泊まって御菓子を考えてほしいと言われました。

椿はぜひ行かせてくださいと言います。

何か企んでいるのかと七桜は思いますが・・・。

あの日椿は女将と同じ部屋に寝ていました。

改めて聞けて良かった・・・光月庵の人間から殺人犯を出すわけにはいかないからと言う椿。

その頃城島が七桜を追いかけてきました。

ずっと心配していたといいますが、七桜は今は幸せだからと言って別れます。

週末、七桜は和倉温泉に来ていました。

椿もすでに来ていて、これは仕事だと言い聞かせます。

生まれて初めての温泉に七桜はくつろいでいます。

豪華な夕食を椿といただき、どんな御菓子を作るのかと言う話になりました。

和菓子尽くしの御膳で海を感じるものにしたいと言うと、椿は海はやめた方がいいといいます。

椿はと聞くと、俳人の句を表した御菓子はどうかと言うと地味と七桜が言ったことが言い合いになってしまいました。

部屋に戻ると特別露天風呂が女性の入浴時間だと知らせがあり、入浴することに。

椿のペースに飲み込まれてしまっいていると七桜は思いました。

その頃光月庵では、花がすみの店主が七桜だからと栞に伝える城島。

あの人のことを手に入れようとしても無理だと栞に伝えます。

露天風呂に入っていくと椿がいて七桜は驚きました。

女性の入浴時間でしょうと七桜が言うともう終わっている・・・他の人たちも入ってきてしまい七桜は動揺しますが、椿の背後に隠れることに・・・。

光月庵、暗い部屋で一人栞が座っています。

栞は思いつめたように女将に打ち明けるのでした。

私たちはどうかしている第9巻のあらすじをネタバレでお伝えしました。

栞は嘘をついてどうしようとしているのでしょうか。

それも必ず嘘だとわかってしまうのに・・・。

<前話 全話一覧 次話>

私たちはどうかしているをお得に読む方法

私たちはどうかしているを今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、私たちはどうかしているがいますぐ無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて私たちはどうかしているが無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで私たちはどうかしているがいますぐ無料で読めます。

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

私たちはどうかしているが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

9巻を読んだ感想

私たちはどうかしている第9巻の感想をお伝えします。

運命のように必ず出会うことになっているのか・・・。

女将もまさかテレビのインタビューで事件のことを話していると思いませんでした。

会わないようにしていても、必ず関わってしまうので、七桜は多喜川にお願いして真っ向から勝負することを選んだのかもしれません。

城島の言う通り椿が本当の自分を見せるのは七桜だけなのでしょう。

旅館のお菓子作りも二人で作ることになり、また距離が縮まっていくのでしょうか。

<前話 全話一覧 次話>

私たちはどうかしているが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「私たちはどうかしている」がお得に読めちゃいますよ♪

私たちはどうかしているネタバレ9巻!まとめ

こちらでは「私たちはどうかしている 9巻」のストーリーをご紹介しました。

ざっと9巻をまとめると・・

私たちはどうかしている 9巻のまとめ
  • 椿は火事の後遺症で失明の恐れもある状態だった。
  • 七桜と喜多川の店「花がすみ」に椿がやって来た。
  • 仕事で温泉に行った椿と七桜・・温泉プランの一環で新しい和菓子を考えることに。

女将がまた動き出しそうですね。