少女/女性漫画

私たちはどうかしているネタバレ10巻!感想!あの女と同じように

2人の特別な繋がり「私たちはどうかしている」。

椿の目の調子は温泉では何か起きる

こちらでは「私たちはどうかしている 10巻」の展開・あらすじをご紹介していきます♪

<前話 全話一覧 次話>

私たちはどうかしているが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「私たちはどうかしている」がお得に読めちゃいますよ♪

私たちはどうかしている10巻のあらすじネタバレ

私たちはどうかしている第10巻のあらすじをお伝えします。

真っ暗な海

栞は女将に椿との子供ができたと嘘をついていました。

椿が戻ってきたら結婚式の準備をしましょうと言われて呆然とします。

忙しくなると張り切る女将・・・栞は椿の着物を抱きしめて、あきらめるなんてもうできない、二度と失いたくないと思うのでした。

その頃七桜は、露天ぶろで熱くて気が遠くなりそうでした。

椿も目の調子が悪そうです。

お部屋係の人が謝りに来ますが、大事にはならなかったし七桜は椿が見張っていてくれたことがうれしかった。

七桜はロビーで夜の海を眺めていると「こみち」の女将が・・・。

夜の海が少し不気味だと七桜が言うと、女将はこの黒さが不安なことを隠してくれるので逆に落ち着くといいます。

女将の父は30年前海で亡くなったので、自分がこの旅館を継ぐことになったのだといいました。

部屋に戻ると椿が訪ねてきていて、フェアの御菓子は七桜の言う通りかもしれないと伝えに来たのでした。

七桜は女将さんに預かってきた加賀梅酒を椿に渡すと部屋で一緒に飲むことに。

やっぱり海をモチーフにしたお菓子を作りたいという七桜。

女将は海があるからこうして生きていけると微笑んだから。

七桜も和菓子の世界で人生を狂わされたけれども、手放すことはできないのです。

どの瞬間の海がいいかと言う話になり、七桜は悩みました。

椿の提案で落雁で器を作るのはどうかと言うことになりそうです。

3年前の茶会の後の話になりました。

キスを交わすのかと思いましたが、そのまま椿は部屋に戻ることに。

急に眼を抑えて倒れる椿、また見えてないのと言うととぼけるので七桜はこの前会ったけれど気がつかなかったと指摘します。

誰にも言うな、園遊会が終わるまで無理だと言う椿。

部屋係に二人きりにしてほしいとお願いしたのは多喜川でした。

七桜は今でも椿が好きで、椿を光月庵の呪いから私が解放すると思っています。

分かれゆく愛

七桜のしたキスは、何の熱も心も感じない冷たいキスでした。

答えは、ママの残してくれたものを自分のものにする。

ママの潔白を証明するというもの。

女将は栞と長谷屋に挨拶に行っていました。

父が入ってきて、女将が過去のことは水に流してくださいとお願いします。

栞はここを出て行った身なので、何をしようと口出しするつもりはない、そちらのいいようにしてくださいと言って仕事に戻ってしまいました。

帰ろうとする栞に母が、妊娠中は高血圧になりやすいのでくるみを渡してくれました。

実は父が朝早く市場に行ってくるみを買ってきて持たせろと言ったのです。

父は子供が生まれたら見せに来なさいと言いました。

椿が帰宅すると女将が来て、これから忙しくなるのだから旅館の仕事はほかの者にと言います。

何のことかと尋ねると、栞との結婚の話だといいます。

栞本人から、椿との子供ができたと・・・女将は一人で不安そうにしていて可哀そう、今度こそ責任を取りなさいと言うのでした。

椿は呆然としていて、その様子を城島が見ています。

花がすみでは、七桜のいないうちに多喜川が溝口議員の政務活動費について調べていました。

七桜の意志が変わらないようなので、和倉では何もなかったのかと多喜川は尋ねました。

七桜の目は腫れています。

全てを知っていないと力になれないと言われて、椿の目の話をしました。

七桜は光月庵に捕らわれず、椿にずっと御菓子を作っていてほしいのです。

椿に目を治してもらうために一刻も早く光月庵を奪うことにした七桜。

星見酒をしようと多喜川は七桜を連れて屋根に上りました。

いつも七桜のことを特別に思っている・・・自分はなんでも中途半端だから。

本当は本気になって何かを失うことが怖いから・・・でも七桜は何があっても負けないで一つのことを追い続けている。

椿が栞の部屋に行くと、栞は突然着物を脱ぎ棄てて椿に抱きついてきました。

椿の心が自分に向かないことは知っているけれど、子供をくださいとお願いします。

ずっと前から椿のことが好きだと言う栞の首を掴み、俺の何が好きなんだと聞いた椿の目は冷たく、暗闇に引きずりこまれそうでした。

椿の顔が近づいたとき、栞は思わず顔をそむけてしまいます。

栞に着物を渡して、以前の自分ならば気持ちがなくても道具としてためらわずに栞を抱いたかもしれないけれど・・・今の俺には絶対に無理ですときっぱり断られました。

自分からは誰にも何も言うつもりはない・・・ここでは栞の自由だと言って廊下へ出ていきます。

光月庵の外では雪が降っていて、今日からもう12月。

栞はお客さんに「なんきん」と言うお菓子を聞かれました。

わからなくて不安な時、城島がかぼちゃまんじゅうだと教えてくれます。

冬至に「ん」のつくものを食べると運が上がるので、この時期だけ「なんきん」と呼ばれるのです。

一番助けられたくない人に・・・と栞が思っていると、いつもならあれくらい答えられるのに・・・疲れているなら休みをもらえ、体大事な時期なんだろという城島。

俺も知らなくてあの時はさすがに言いすぎましたと謝られました。

すると違いますと言いながら、栞は泣きながら座り込んでしまいます。

お饅頭が目に入った栞は、幼いころの出来事から緊張して上手く食べることができないと。

栞に父がくれるお饅頭にはあんが入っていなくて、姉たちのにはあんがたっぷり入っていた、わたしだけが外れのおまんじゅう。

城島に妊娠なんてしていない・・・一度でいいから誰かに愛されてみたかったと栞は泣きながら告げました。

多喜川家の茶会、お茶菓子は花がすみの風花。

とてもいい会で御菓子もおいしかったと先生に褒められる多喜川。

御菓子を褒められて、光月庵のことを持ち出すと警戒されているようで・・・でも光月庵はもうすぐ大旦那が亡くなるからダメになると言うのです。

七桜の覚悟次第では望みをかなえてあげてもいいと時分に引き寄せようとしたとき、多喜川に盛大に水をかけられてしまいます。

女将が溝口に電話をすると、花がすみのことを告げられます。

女将は慌てて大旦那の退院の手続きを取ることに。

もう少しで女将の復讐が達成されるのに、どこまであの女の亡霊に邪魔されなくてはいけない・・・そう女将が思っている時、病室に七桜が!

さくらと女将がつぶやくと大旦那の指がびくりと動きました。

勇気と罠

七桜は溝口のことをずいぶん口が軽いといい、あの議員との関係を常連客や世間の人が知ったらどう思うのか・・・と女将と対峙しました。

女将は、栞が妊娠したと告げます。

女将にどいてと言われましたが、七桜は自分を光月庵の正式な後継ぎだ・・・樹の本当の子供だと宣言しました。

女将は七桜に唾を吐き、お前もあの女と同じ目にあわせてやると言って大旦那を退院させます。

椿は一度も見舞いに行かなかったのに…どういうことだとあきれています。

七桜は椿に子供ができても関係ない・・・何としても会わなくてはと思い光月庵にこみちのことで電話しました。

今ひるんだら、ママの夢もかなえられないし、椿を自由にすることもできない・・・今度こそ大切なものを守ると誓う七桜。

光月庵に入ると、七桜はここでいろいろなことがあったと思い出しています。

御菓子はよくできていました。

多喜川から大口の注文の電話を入れてもらうことにしていたので、いいタイミングで電話が入り、七桜は母屋に入ります。

大旦那を捜していると栞とばったり出会ってしまいましたいと思いました。

「こみち」の打ち合わせで御手洗いを借りにという七桜にお疲れさまと言うとそのまま行ってしまったので、慌てて追いかけてお願いをします。

椿に早く目を治してと言ってほしい・・・園遊会が終わってからではなく、今すぐ、目が見えなくなってしまうことだってあるのに、私では火に油を注ぐだけで無理なので。

栞なら・・・椿の子供を産む栞が説得するなら聞いてくれると必死に涙を流しながらお願いする七桜。

城島が作ってくれたおまんじゅうにあんが入っていません。

軽羹はあん入りよりも生地をもっちりさせられるので、小さい子には虫歯を心配してあんなしを選ぶ人が多い。

栞が食べたのは、本当は違っていたのではないのか?

そとから見ただけでは中はわからないものだと言う城島。

栞は自分がいつも求めるばかりだったことに気がついたのです。

自分にも好きな人のためにできることがあるかもしれないと、椿に話しに来ました。

ずっと椿に言えなかったことがある。

火事の時、椿は七桜との約束を守ろうとしていたと・・・。

その頃七桜は大旦那の部屋・・・大旦那にさくらなのか・・・本当に樹の子供なのかと聞かれると大旦那はそのまま倒れてしまいます。

女将がにやりと笑っていました。

椿が入り口に立っていて・・・七桜は女将のあの女と同じ目に・・・という言葉を思い出しています。

私たちはどうかしている第10巻のあらすじをネタバレでお伝えしました。

女将は七桜が現れることを知っていたのでしょうか。

あまりにもタイミングが良すぎて恐ろしいです。

<前話 全話一覧 次話>

私たちはどうかしているをお得に読む方法

私たちはどうかしているを今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、私たちはどうかしているがいますぐ無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて私たちはどうかしているが無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで私たちはどうかしているがいますぐ無料で読めます。

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

私たちはどうかしているが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

10巻を読んだ感想

私たちはどうかしている第10巻の感想をお伝えします。

みんながストレートに伝えないので、行き違いが多すぎます。

なんで素直に伝えられないのでしょう。

ある意味女将が自分の欲望に忠実でわかりやすいのかもしれません。

栞の父も、虫歯になったら困るから大きくなるまで・・・と一言付け加えていれば栞がこんなに悩むこともなかったのでしょう。

栞が反省していますが、子供の頃にわかっていたら今のような考え方もしなかったはず。

城島に助けられましたね。

七桜も椿もが言葉が足りないために、とても遠回りをしています。

今回はそんなことのないように・・・七桜の母と同じにしてはいけません。

<前話 全話一覧 次話>

私たちはどうかしているが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「私たちはどうかしている」がお得に読めちゃいますよ♪

私たちはどうかしているネタバレ10巻!まとめ

こちらでは「私たちはどうかしている 10巻」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと10巻をまとめると・・

私たちはどうかしている 10巻のまとめ
  • 栞は椿を失わないために子供が出来たと嘘をついた。それに対して女将は結婚式をしようと張り切っている。
  • 女将と栞は栞の父に会いに行った。
  • 椿は栞を受け入れなかった。
  • 七桜の目の前で大旦那が倒れてしまった。

また何かが起こりそうですね。