少女/女性漫画

私たちはどうかしているネタバレ62話!あらすじ!多喜川の初恋

2人の特別な繋がり「私たちはどうかしている」。

七桜は大丈夫なのか真実が知りたい

こちらでは「私たちはどうかしている 62話」の展開・あらすじをご紹介していきます♪

 

<前話 全話一覧 次話>

私たちはどうかしているが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「私たちはどうかしている」がお得に読めちゃいますよ♪

私たちはどうかしている62話のあらすじネタバレ

私たちはどうかしている第62話「初恋」のあらすじをお伝えします。

告白

当日、多喜川の気持ちを知っていて嫉妬している由香莉に、階落とされ、七桜は気を失ってしまいます。

椿は慌てて病院へと向かいました。

 

一方付き添っていた多喜川は、七桜が診察室から出てきて異常がなかったと聞くと・・・本当に良かったと言ってへたり込んでしまいます。

 

武六会の途中だったので、戻らなくてはと急ぐ七桜でしたが、まだふらついているので少し休むことにしました。

 

由香莉のことを謝り、彼女には自分からきちんと話をするという多喜川。

家同士が昔から親しかったので幼いころからよく遊んでいたといいます。

 

お互いに家を継ぐ立場で近くにいただけで、今はそれ以上のことはないと。

七桜は気になっていたことを逃げないで向き合おうと決心しました。

そして多喜川の口から本当のことを聞かせてほしいと告げます。

 

多喜川が母からの手紙だと言って渡してくれた手紙は本当にママのものなのか?

どうして多喜川の父が持っていたのかと尋ねます。

 

目の前の自動販売機に男の子がいて、言葉をうまく言えずにいました。

自分もずっとあの子と同じだったと告げます。

 

上手く言葉にできず、思っていることが伝えられない。

でもいろいろな人から、将来が楽しみね・・・薫くんは立派な跡取りになるでしょうと言われてきたのです。

 

多喜川家も安泰だ・・・あのお父さまの子供ですもの・・・きっと優秀な子よと。

バカだと思われてはいけない、ガッカリさせてはいけない・・・そう思うほどどんどん言葉が出なくなっていったのです。

 

すると母が壊れていきました。

薫の言葉が出なくなったのも、お父さんが浮気をするのも全部自分が悪いと責めるようになったのです。

 

何年ももどかしい思いを抱えていて・・・そんなときに光月庵を父と訪れたのです。

父に何がいいとと聞かれても、あめと答えていました。

 

いろいろなことをあきらめていた時、本当は何が好きなの?と七桜の母は聞いてくれたのです。

驚いて頭が真っ白になりました。

好きなものを好きと言えないのはさみしいよねと言われて、だいふくとようやく答えられたのです。

 

懐紙に包んで食べると着物も汚れないと教えてくれました。

本当に好きな御菓子を今まで誰にも言えなかったのに・・・おいしいと言ったら喜んでくれた。

 

思ったことを言葉にしてもいいんだ・・・誰も困ることはないし、ガッカリもされない。

中学生なんて相手にされないとわかっていたけれど、初恋でした。

それがあの時の鷺娘・・・。

女将をこの世から消すには・・・!?

あの手紙は本当に百合子が書いたものです

多喜川の父は、七桜の母の御菓子を特別贔屓にしていて、七桜の母も多喜川の父を頼りにしていました。

 

七桜の母が警察に連れて行かれた時も、父はすぐに弁護士に依頼しました。

その弁護士づてにあの手紙を預かっていたのです。

 

子供に渡してほしい・・・でも成人してからにと父に言われていましたが、多喜川は七桜の母のことを思い出すことがつらすぎて、七桜に渡すことができませんでした。

でも中身が気になり、封を開けてみるとやはり百合子は無実で女将の陰謀だと思うようになったのです。

 

また多喜川の母の言葉が頭の中に鳴り響きました。

子供の頃かから何度も聞かされていた・・・あの女将さえいなければ・・・。

 

どうしたら女将を自分の世界から消すことができるのかと思った時、答えは一つでした。

七桜を利用したのです。

 

後悔してもしきれないと七桜に謝りました。

ずっとそばにいると言ったけれど、本当は知られるのが怖くて・・・一緒にいてほしかったのは多喜川の方でした。

 

七桜も事件の時のことを思い出して、自分も母の温かさかが好きだったと思い、思わず多喜川を抱きしめました。

その様子を椿は見ていて、声をかけることもできずに立ち去ったのです。

七桜VS由香莉?

武六会では光月庵が収めたお菓子が振舞われていました。

七桜の作った白い羽衣です。

 

こんなお菓子を七桜が作れると思わなかった・・・光月庵の将来も明るいかもしれないと言われます。

 

すると由香莉は、お菓子の由来を知らないのにもかかわらず、2月だというのに桜のお菓子だなんてヘンではないかと・・・。

それは「江戸彼岸」だと椿はいい、当主に変わってお菓子の説明に来たと告げました。

 

早咲きのさくらはほかにもありますが、桜の中でも特別寿命が長く千年を超えるものも珍しくない・・・武六会の繁栄を心から願うお菓子だと。

 

肝心の当主がいないと由香莉はむきになって指摘します。

七桜が作るようになってからの御菓子は良いとは感じないし、旅館でも別のお菓子に変えようと考えているという由香莉に、椿は飛んだ言いがかりだといい、うちの当主がいないのは由香莉が一番そのわけを知っているのではないか。

 

大事な当主に何をしたのだと詰め寄りました。

そこに頭に包帯をした七桜が!

 

自分の不注意で階段から落ちてしまい、大切な奉納の儀の最中に席を外してしまって・・・と謝罪しました。

そして長谷屋の納得するお菓子を作るチャンスをくださいとお願いしました。

 

私たちはどうかしている第62話「初恋」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

由香莉は七桜に嫉妬して階段から落としてしまいましたが、後悔をしていないようです。

それほど憎いのでしょうか。

七桜はそれでも真正面から由香莉にぶつかっていくのですね。

 

<前話 全話一覧 次話>

私たちはどうかしているをお得に読む方法

私たちはどうかしているを今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、私たちはどうかしているがいますぐ無料で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて私たちはどうかしているが無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで私たちはどうかしているがいますぐ無料で読めます。

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

私たちはどうかしているが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」
2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」
3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

62話を読んだ感想

私たちはどうかしている第62話「初恋」の感想をお伝えします。

多喜川の初恋の人が七桜のお母さんだったのですね。

それまで自分の気持ちを外に出すことができなんかったのでしょう。

今の多喜川からはなかなか想像できません。

 

母が亡くなったという気持ちを多喜川と共有することができて、七桜の気持ちも落ち着いたのかもしれません。

そのことを聞いていて椿はどう思ったのでしょうか。

共通の敵が椿の母なのですから。

 

七桜の作った御菓子は会の人たちに好評でしたが、七桜を階段から突き落としても気にしていないような由香莉が文句をつけてきました。

でもそこで椿がきちんと説明をして、七桜のフォローをします。

 

椿と由香莉は異様な雰囲気でしたね。

七桜のお菓子は由香莉の心に届くのでしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>

私たちはどうかしているが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「私たちはどうかしている」がお得に読めちゃいますよ♪

私たちはどうかしているネタバレ62話!まとめ

こちらでは62話のストーリーをご紹介しました。

ざっとまとめてみると・・

私たちはどうかしている 62話のまとめ
  • 多喜川は子供の時、プレッシャーから好きなものを好きと言えなくなってしまっていたけれど、七桜の母が好きなものを言葉にできるチャンスをくれた。
  • 多喜川は女将を消す手段として七桜を利用した。

多喜川の昔の話も興味深かったです。