漫画ネタバレ

私の顔にさようならネタバレ7巻!感想とあらすじ!復讐の鬼美冬の秘話!

同級生に次々と成り替わり、復讐を果たしていく「私の顔にさようなら」!

どうして美冬は同級生に成り替わり、地獄に落としていこうとするのか?

 

「美冬の復讐の目的は?」

「美冬は何を考えているの?」

「続きが気になる!」

 

そんな私の顔にさようならファンの皆様のために!

今回は私の顔にさようなら7巻のあらすじをネタバレでご案内しちゃいます!

 

これを読めば7巻がもっと楽しめるかもしれません!

 

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

7巻の見どころ

るろうに剣心11話 ネタバレ 見どころ

「私の顔にさようなら7巻」は、美冬の壮絶な過去に遡った6巻から、現在に戻り彼女がなぜ殺人鬼とかしていったのかが見えてくるストーリーとなっています。

 

同級生の舞美と那美子が、美冬とどう絡んでいくのか?

また、お金とそれぞれの欲に染まった毒のあるストーリーに、グイグイ引き込まれていきます。

同級生とのやりとりによって、美冬の進む道が見え始める話が見どころです。

 

 

私の顔にさようなら7巻のあらすじネタバレ

「私の顔にさようなら7巻」は、6巻で美冬が高級クラブで働くようになり、5年が経過したところから物語がスタートします。

 

中学時代の同級生である女子5人のうちの一人、舞美が夜の街で働くある日・・。

 

欲望

私の顔にさようなら 7巻ネタバレ舞美は、借金を返すため都内のキャバクラで働いています。

田舎が嫌になって東京の大学に進学し、就職先も決まらず遊び呆けていた舞美。

 

挙げ句の果てには、遊ぶお金と、男に貢ぐために借金が積もりに積もり、周りにも内緒でキャバクラ嬢として働き借金を返済していたのです。

親が知ったら泣くだろうなぁと、自分のダメさに顔が曇る舞美。

 

そこで携帯が鳴り、一通のメールが舞美に届きます。

 

高校時代の同級生、那美子からのメール。

彼氏の話を聞いて欲しいという内容に、思わずため息をついてしまう舞美。

 

「また彼氏の愚痴か・・・」

仕事で客のテーブルに呼ばれる舞美は、仕事中だから後で連絡すると那美子に返信します。

 

客席の方から「あの部長、SM女王に入れあげちゃっているだって」と、話が聞こえてきます。

とにかく女王のテクがすごいとか・・。

彼女に調教された男は必ず虜になってしまうという話の内容でした。

 

「それって赤坂の右腕の羽根じゃない?」

「そうそう!よく知ってるね!」

右腕のところに羽根のタトゥを入れているらしいんだよ

 

右腕の内側に・・・羽のタトゥ・・・!!

 

舞美はその話を聞いて、ある女のことが頭に浮かびます。

 

「そんなに夢中にするてことは、顔もさぞかし綺麗なんだろうね」

「それがいつも仮面で顔を見えなくて誰も顔を見たことがないだって」

 

会員制の高級クラブ・・羽のタトゥ・・。

 

次の日、舞美は那美子にその話をします。

そのSM女王・・もしかして同級生の美冬なのでは?

まさか・・二人ともこんなところで美冬を思い出すことになるとは、思っていないような事でした。

 

美冬の家族は、地元にいるはずだし・・・

 

でも、舞美は直感的に何か感じると言い出します。

 

事故が起きた後に整形手術をしても、アノ顔だった美冬がSM女王だなんてあり得ないと那美子は言います。

しかし、客の話では常に仮面をつけているのだと話す舞美。

 

赤坂の高級クラブで女王であれば、相当稼いでいるはずだと舞美は踏みます。

 

舞美は企んだ顔で、「ねぇ、彼氏のカズくんと海外旅行とか行きたいんじゃない?
と那美子に言います。

 

二人は、そのSM女王が本当に美冬なのかどうか確かめるため、夜に高級クラブの近くまで行ってみることにします。

 

仮面の真相

私の顔にさようなら 7巻ネタバレSM高級クラブに足を運ぶ荒武(同級生の美菜樹の夫)が、いつものようにクレオメと名乗るSM女王を指名します。

そして女王の待つ部屋へと向かっていきます。

いつものように戒めて欲しいと懇願する荒武。

 

奥様がいながら私のところに来るなんて、お前がこの場所で指図をする権限は無いと荒武に言い放つクレオメ女王。

 

「さあ楽しみましょうか!」

 

そう言ったクレオメ女王の右腕の内側には、羽根のタトゥが入っていました。

 

ことが済んだ荒武は、帰り際受付にクレオメ嬢とアフターは出来ないのかと言い始めます。

受付は前にも伝えた通り、当店ではアフターも同伴もお断りしていると荒武に伝えます。

「残念だ」という荒武はお店を出て行きます。

 

 

この店のオーナーであり、クレオメ嬢こと美冬の顔を直す凄腕整形外科医の桐生が店に出てきます。

「彼は、随分と美冬にご執心のようだな。」と受付嬢に話しかけます。

 

彼女が女王になってからというもの、頻繁に店を訪れるようになった荒武。

桐生は、彼は何者なのかと受付嬢に聞きます。

 

彼は地方名家のご子息であり、地方では資産家として名の通った人物であると返事が返ってきます。

 

荒武は、既婚者で妻の名前は美菜樹。

「その女は・・・中学の時の・・・」と動揺してた美冬は、カバンを落とします。

知り合いなのか?と桐生が聞きます。

 

美冬は、同様のあまり気を失い、その場で倒れてしまいます。

30分ほど気を失っていた美冬が、意識を取り戻します。

 

起きてすぐ、美冬の頭の中に同級生の彼女たちの顔が思い出され、昔あったことを桐生に話し始めます。

 

「忘れられない・・もうずっと捕らわれている15歳のあの時に・・・」

「私の心が壊れてしまったあの時に・・・」

 

桐生はそっと美冬の肩に手を差し伸べます。

「もうここで働いて5年が経つ そろそろ背術の頃合いでは?」

 

そう言うと、「十分すぎるくらいの額に達しています」と受付嬢が返事をしました。

 

顔が戻れば捕らわれている過去から解放され、新しい人生を歩むことができると桐生は美冬に言います。

 

1週間後、施術をしようと彼女に伝えます。

 

脅し

私の顔にさようなら 7巻ネタバレ夜中の4時を回り、流石に高級クラブの前を張り込むのに疲れた那美子は愚痴り始めます。

 

「ねぇ、いつまで張り込むの?」

「こんなところで美冬が女王やってるの?」

 

「それを確認するために張り込んでるんでしょ!」と那美子に舞美は言います。

 

高級クラブから出てくる人を待っても、一向に美冬らしき人物が現れる様子がありませんでした。

 

諦めかけて帰ろう那美子が言いだしたその時、「待って」と舞美が言います。

出てきた女は、帽子をかぶりスカーフを巻きサングラスをかけています。

 

あの女怪しくない?

 

しかも真夏のこんな日に女王といった装いもなく、地味な服装で衣装を隠すように身につけているのを見て舞美は賭けに出ます。

 

「那美子、計画通りやってみて!」舞美は言います。

その女性の後を、急いで追い後ろから体当たりします。

ドンッと押し倒され、倒れた女性・・。

 

「あ、すいません。大丈夫ですか?」

 

倒れた女性が振り返ると、直視できないほどの歪んた女性の顔があらわに。

「美冬!!」

 

那美子は叫び、「やったビンゴ!」と舞美が叫びます。

 

「あなたたちは!!」

 

美冬が二人を見て、あの時の同級生であること思い出します。

自分の顔を隠そうと、必死に顔を両手で覆うようにする美冬。

 

「あはは!受ける、舞美が言ったように美冬が業界のトップだったなんて!」

私の言った通りだったと喜ぶ舞美。

 

その顔が顧客にバレたらどうなっちゃうのかな〜?と舞美が言います。

 

事故直後に舞美が携帯で撮っていた、美冬の顔写真のデータを美冬に見せて言います。

「これ黙っててあげるから、とりあえず300万出してくれたら考えてあげてもいいよ。」と脅しをかけてきます。

 

美冬が中学の時、事故に遭うまでは女王様気取りで自分たちは使われていた。
今度は私たちが、美冬の女王様だと舞美は美冬に言い放ちます。

 

夜の世界では女王と呼ばれているブズが、自分たちの前に跪くのかとあざ笑う那美子。

舞美と那美子の二人は大笑いして美冬を見下します。

 

「これ、私の連絡先」

舞美は美冬に紙切れを投げ、用意ができたら連絡をちょうだいと言います。

 

「早くしないと ネットでバラしゃうから」と言い舞美と那美子はその場を後にします。

その場で倒れたまま、美冬は彼女たちの笑い声を聞きなら座り込んだままなのでした。

 

私の顔にさようならネタバレ8巻!あらすじと感想!美冬の計画が始動する!ますます謎が深まる「私の顔にさようなら」。 なぜ美冬は復讐を始めたのでしょうか? その謎がこの8巻で明かされます! 今回は私の顔にさようなら8巻のあらすじをネタバレご案内しちゃいます! ...

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

私の顔にさようなら7巻の感想

私の顔にさようなら 7巻ネタバレ

常軌を逸している舞美と那美子の脅迫。

美冬をどん底に陥れるあまりにも痛々しい場面に、この後の展開が1、2、3巻にも繋がることが見えてきました。

 

美冬は事故で歪んでしまった顔を整形して元に戻したい。

そして、唯一元に戻すことができる腕のいい整形外科医の桐生に懇願した彼女。

 

高級クラブでSM嬢として働き、ようやく5年もの歳月を経て、念願の施術に話が進み始めた頃・・忌々しい同級生に脅しに合い、またも過去に苦しむ彼女。

この後どうなってしまうのか?

 

醜い顔と醜い心はどちらが醜いのか・・・

 

恨みと憎しみから次々と負の連鎖が起こっていくストーリーは、次の巻が気になるところですね。

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

私の顔にさようならネタバレ7巻!感想とあらすじ!復讐の鬼美冬の秘話!まとめ

私の顔にさようなら7巻のあらすじをネタバレご案内しました!

 

7巻まとめ
  • 美冬は事故でひどい顔になったのを隠し働いていた
  • そのことが舞美と那美子にバレ脅されることに
  • 脅された美冬の行動とは・・・?!

 

こんな感じでした!

脅された美冬は一体どうするのか?

まだまだ見逃すことができないですね!