少年/青年漫画

ヴィンランド・サガネタバレ174話!あらすじ!養子になる!?

アニメも漫画も大人気「ヴィンランド・サガ」。

トルフィンを跡継ぎにしようとしている意図はハーフダンの意見は重要だった

こちらでは「ヴィンランド・サガ 174話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

ヴィンランド・サガが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「ヴィンランド・サガ」がお得に読めちゃいますよ♪

ヴィンランド・サガ174話のあらすじネタバレ

ヴィンランド・サガ第174話「西方航路⑧」のあらすじをお伝えします。

 

戦場で育ったヴァイキングの青年・トルフィンは、遥か海の果てにあるヴランドと言う島に、戦争や奴隷・武器のない国をつくると誓いました。

 

ミクラガルド大金を手にしたトルフィン一行はアイスランドへ戻って、渡航準備を進めています。

しかし支援者であるハーフダンがトルフィンに向かってお前は残り、俺の養子になれと言い出しました。

全農場の経営一切をトルフィンに任せる?

息子を見送った父・ハーフダンと、父を亡くした息子・トルフィンが対峙しています。

ハーフダンがトルフィンに「お前は俺の養子になれ」とまさかの申し出をしてきました。

トルフィンは驚いて、私が・・・あなたの養子に?と思わず聞き返します。

 

自分には今跡継ぎがいない・・・それについてはトルフィンにも責任がいくぶんあるはずだと言うハーフダン。

 

でも開拓事業をやめろとは言わない。

開拓事業は大いに進めればいい・・・だがお前はこの農場に残って後方支援に努めろ。

 

ハーフダンの傘下の全農場の経営一切をトルフィンに任せ、収益をヴィンランドに注ぎ込むのも好きにしてもいい。

ヴィンランドの開拓にはとても役に立つだろうと言いました。

 

トルフィンは慌ててエイナルとコーデリアに相談をします。

これはちょっとややこしいことになると言うエイナル。

しかしコーデリアはとてもいいお話ではと言うのです。

トルフィンがヴィにランドに行かない選択肢はない

トルフィンは断ることは決めていました。

ヴィンランドに自分が行かないという選択肢は絶対にないのです。

 

その辺を理解してもらっていると思っていたけれど・・・理解した上でのごり押しでした。

実際相当いい話で、断るのが惜しいくらいです。

 

それだけハーフダンはトルフィンを買っているということだと笑うエイナル。

罠と言うことはないか・・・とまで思うトルフィンですが、罠で相続権はくれません。

 

人もたくさん集まってきたし、この話を無下に断ってしまうとみんなの前でハーフダンに恥をかかせてしまうことになる。

 

きっとトルフィンがそう考えるということも見越して大っぴらにしているのです。

ハーフダンは交渉上手でした。

シグルトがニャールとともに帰還

この場はとりあえずと言うことにしてはと言うコーデリア。

持ち帰って対策しようとトルフィンが伝えようとしていると、船がやってきます。

 

2年ぶりで緊張すると話しているのはシグルトでした。

ハトルゲルドも一緒です。

 

騒ぎを聞きつけてきた母は、シグルトの腕に抱えている孫に大喜びです。

男の子で、名前はニャールといいました。

シグルトの母は抱っこしながら、ニャールにおじいちゃんよ、お顔が怖いわねと声を掛けます。

 

ハーフダンが恐ろしい顔でニャールをだっこすると、いっちゃと話します。

ハーフダンは喋ったと衝撃を受けました。

 

8か月なので、喋るのはまだだと思いますが・・・ハーフダンは俺を見てはっきりとおじいちゃんと言った。

天才・・・百年に一人の天才かもしれないと呟きました。

ハーフダン、トルフィンに手のひら返し!

そしてニャールを頭上高く上げると、者ども聞け・・・俺はこのシグルトの子のニャールに俺の全財産の相続権を与える!この場にいる全員が証人だ。

 

跡継ぎが決まったから、これで農場も安泰だと喜ぶ使用人の人たち。

トルフィンがハーフダンにさっきの話をしようとすると、暗くなる前に帰れとあしらわれてしまいました。

 

父上は言い出したら聞かない人だと言いながら、いつの間にかシグルトが隣にいました。

トルフィンは、おめでとうと伝えます。

 

グズリーズのことを心配していたシグルトは、トルフィンと結婚したと聞いて安心して・・・

そうなると思っていたといいました。

ヴィンランドに行くのかと尋ね、頑張れお前ならできるとシグルトに励まされます。

 

トルフィンは何もかも順調だから大丈夫・・・ヴィンランドの開拓はきっとうまくいくと自分に言い聞かせました。

 

しかしイーヴァルの話していたことを思い出してしまいます。

大勢を道連れにして、結果の分かり切った実験をしに行くのか・・・・。

 

険しい顔をしながらトルフィンは、だとしても行くと決心しています。

運命でも天啓でもなく、トルフィン自身の意志で・・・。

 

ヴィンランド・サガ第174話「西方航路⑧」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ハーフダンはシグルトたちが帰ってきてうれしそうです。

トルフィンも結果的には良かったのではないでしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>

ヴィンランド・サガをお得に読む方法

ヴィンランド・サガを今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、ヴィンランド・サガがお得に読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためてヴィンランド・サガが無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントでヴィンランド・サガがいますぐお得に読めます。


有料会員に登録すると即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

174話を読んだ感想

ヴィンランド・サガ第174話「西方航路⑧」の感想をお伝えします。

シグルトに出ていかれてしまったハーフダンは、同じ境遇同士だからなのか・・・トルフィンに自分の養子になれと話してきました。

 

トルフィンの開拓事業に全農場の収益を使ってもいいと言うヴィンランドの開拓にとってもいい話です。

 

しかしトルフィンはヴィンランドに行かないと言う選択肢は絶対にありません。

ハーフダンは理解してくれていると思っていたのに・・・理解した上でのごり押しでした。

 

しかも一大事だと人も集まってきたので、トルフィンは断ってしまうとハーフダンに恥をかかせてしまうと困ってしまいました。

 

そのトルフィンの性格さえ見越したハーフダンの策略です。

困っているトルフィン・・・しかしそんなときにシグルトが子供を連れて・・・。

 

怖い顔なのに、本当はシグルトのこともでき愛していたハーフダンが黙っているわけはありません。

 

トルフィンが何かお願いするまでもなく、ハーフダンは孫に夢中です。

天才とまで言い始めて、全財産は孫のものになりました。

トルフィンはどう思ったのでしょうか?

お金というよりも、何かを失った者同士として接してきていたので・・・。

 

シグルトがトルフィンとグズリーズのことをそうなると思ったと、昔のように友達として話している姿もよかったと思いました。

気のせいかもしれませんが、シグルトがキリッとして見えます。

以前はもっとくたびれていたような・・・。

 

準備は順調ですが、イーヴァルが呪いの人形のように見えてしまいます。

何もなければいいのですが・・・。

 

次はいよいよ錨を上げるようです。

出発まであとすこし・・・。

 

<前話 全話一覧 次話>

ヴィンランド・サガが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「ヴィンランド・サガ」がお得に読めちゃいますよ♪

ヴィンランド・サガネタバレ174話!まとめ

こちらでは「ヴィンランド・サガ 174話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと174話をまとめると・・

ヴィンランド・サガ 174話のまとめ
  • トルフィンの養子の話についてエイナルはややこしいことになると言うが、コーデリアはいい話だと思う。
  • ヴィンランドに行かない選択をしたくないので、トルフィンは断ろうと思っている。
  • ハーフダンは孫に夢中になり資産は孫のものとなった。

ハーフダンは孫にメロメロって感じでしたね。