漫画ネタバレ

ヴィンランド・サガネタバレ171話!あらすじ感想!渡航準備

アニメ原作漫画「ヴィンランド・サガ」。

アニメから原作漫画のファンになった方も多数歴史背景に興味が沸く

 

月刊アフタヌーンに掲載された「ヴィンランド・サガ 171話」を読みました。

さっそく、展開・あらすじをご紹介していきたいと思います!

 

<前話 全話一覧 次話>

ヴィンランド・サガは無料で読むことができます。

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

FODプレミアムでは漫画が読めるポイントを最大1300円分もらうことができます。

ポイントを貯めれば「ヴィンランド・サガ」が無料で読めちゃいますよ♪

ヴィンランド・サガ171話のあらすじネタバレ

ヴィンランド・サガ第171話「西方航路⑤」のあらすじをお伝えします。

ヴィンランドへの準備が進むけれど・・・

ヴィンランドへの渡航準備が進行中。

船の整備も行われていて、壊れる前よりもいい舵が取り付けされようとしています。

 

グズリーズがそこにやってきてカルリは来なかったかと親分さんに尋ねます。

もう海賊ではないのでその呼び方はやめるように言われました。

しかしグズリーズも奥方様と呼ぶのはやめて欲しい。

それはトルフィンと結婚したのでけじめなのだからと告げられます。

 

PR

新しい舵はとてもいい品で、よく手に入ったと話すとヒルドが手作りしてくれたと聞いてグズリーズは驚きます。

まだ若いのにヒルドは機を知っていて何でも作れるいい大工だと親分は話します。

いい大工が仲間にいればヴィンランドでも心強いとしみじみ言われ、グズリーズも頷きました。

変わってきたヒルド

カルリはヒルドと一緒にいたと聞いたので探しながらグズリーズは考えます。

今までヒルドはあんな風に手助けしてくれたことはなかったから、最近変わってきたのかなと。

 

そろそろトルフィンのことも許してくれる気持ちになったのかなと浮かれて歩いていますが、ふと立ち止まり自分の考えていたことはまた違うのだと否定します。

2年間じっくり観察してトルフィンの内面を理解してくれるようになったのでは・・・考えれば考えるほど落ち込んでいくグズリーズ。

 

俯いていると頭にポコッと矢が飛んできました。

すると息子のカルリが何してんの?と言いながら歩いてきます。

 

どこから矢をもらったのと尋ねると、カルリはヒルドが作ってみんなにくれたと答えました。

まじかっけぇとごきげんなカルリ。

それで練習して、上手になったらヒルドと狩に行くのだと言います。

 

他の子供たちも作った的で矢の練習をしていました。

ヒルドの描いた的の動物の絵もとてもうまいのです。

 

忘れていたけれど、壊れて靴底がカバカバになっているから・・・そのまま遊びに行かないように注意すると、ヒルドが直してくれていました。

なんだかグズリーズはがっかりしてしまいます。

 

かあちゃんも練習する?とカルリに声を掛けられますが、人に向けて矢を放ってはいけない注意して帰ることに・・・。

ヒルドと比べてしまう自分が嫌で・・・

帰り道のグズリーズは落ち込んでいました。

知ってはいましたが、ヒルドは何でもできます。

字の読み書きもできるし、めちゃめちゃ強い、たしかに親分の言う通りヒルドはヴィンランドで大活躍するでしょう。

 

自分も船乗りとしてはまぁまぁ経験もある・・・でもヒルドは船にも詳しい・・・自分にはあんな舵は作れないと葛藤するグズリーズ。

 

自分でも本当はこういうのは嫌だと思っていました。

自分とヒルドと比べて卑屈になっている自分が嫌なのです。

 

自分のキャラが弱い!

特殊能力とか引きの強い設定が欲しいとのけぞり苦悩します。

そんな自分に疲れて正気に戻り家路につきました。

 

家に戻ってくるとヒルドが外にいて、腰かけてある場所を見つめています。

なぜか見つかってしまったという感じになるグズリーズ。

 

うちに来てたんだねと声を掛けました。

さっき自分はヒルドの家に行ってきたと告げます。

 

カルリがすごくお世話になっていて・・・と話すと物を作るのは嫌いじゃないし、迷惑だったら行って欲しいというヒルド。

開拓団の参加者と対峙するトルフィンは・・・

全然迷惑ではないし、むしろ遊んでくれてありがたい、かえって迷惑をかけているのではないかと伝えます。

そしてヒルドの視線の先を見てみると、男が3人トルフィンの前に立っていました。

 

3人は開拓団の参加者だというヒルダ。

 

さっきだっていて、いかにも悪そうな雰囲気の男たちを前にしてトルフィンはやれやれと言った感じの表情です。

 

何やらトルフィンと3人はもめている模様・・・。

立ち話もなんですから中へどうぞと勧めるトルフィン。

 

しかし3人の中のリーダーのような男はここでいい、長話をするつもりはないと言い張っています。

 

トルフィンは困って、唯一の参加条件なんだけれど・・・と渋っていました。

何が困るんだ、なにも困ることはないだろう・・・持っていかない方がいざというときに困るだろうと主張する男。

 

ヴィンランドにこの剣を持っていくことを認めろと男は主張します。

グズリーズはどうしてもめているのか知って納得しました。

こういう人が来るだろうと思っていたのです。

 

PR

余計なことはするなよとヒルドに声を掛けられます。

私の監視を邪魔するなと・・・。

 

ヒルドはトルフィンをじっと監視してました。

 

ヴィンランド・サガ第171話「西方航路⑤」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

武器は持ち込まないというのが唯一の参加条件だというトルフィン。

3人の開拓団の参加希望者の剣を持ち込むことを認めろというのをどうトルフィンは捌くのでしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>

ヴィンランド・サガを無料で読む方法をご紹介!

ヴィンランド・サガを無料で読む一番のおすすめ方法をご紹介します!それは動画配信サービスのキャンペーンを使って読む方法です♪

動画配信サービスでは初めての利用の場合、漫画が購入できるポイントがもらえちゃうんですよ!サービスによってはヴィンランド・サガはポイントで無料になっちゃいます!

U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、ヴィンランド・サガがお得に読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためてヴィンランド・サガが無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントでヴィンランド・サガがいますぐお得に読めます。

ヴィンランド・サガをお得に読みたいなら「FODプレミアム」がおすすめ!

本日FODプレミアムにお試し加入すると漫画購入に使えるポイント600円分が今すぐもらえ、ドラマやアニメも14000本以上見放題になります。

 

ポイントが貯まるまで待てるなら「FODプレミアム」一択!

もらえるポイントが最大1300ポイントと最大です。

 

もちろんお試し期間中いつでも解約OK&月額も一ヶ月無料!

しかも解約しても漫画はそのまま継続で読めて安心です。

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

171話を読んだ感想

ヴィンランドへの渡航準備は着々と進行中。

ヒルドは以前と変わってきていて、グズリーズはうれしいはずなのに・・・。

 

考えれば考えるほど悪い方に思考が言ってしまうグズリーズ。

カルリの靴まで修理してもらっている始末。

 

弓も矢も作ってもらい子供たちは狩りの練習をしています。

それが的のどうぶつの絵までもヒルドは上手なのです。

 

さらに自分と比較して落ち込んでしまうグズリーズ。

どうしてヒルドと比べてしまうのでしょう。

周りの誰も比べてなんていないと思いますが・・・。

 

PR

キャラが弱いとか、特殊能力とかヒキの強い設定が欲しいと言っているグズリーズ、十分面白いです。

違ったタイプなので、今のままでいいと思いますが・・・。

 

ヒルドはトルフィンのいた軍に家族を殺されてしまったのでトルフィンを恨んでいましたが、一緒にいるうちに殺すことをしないトルフィンを見ていて考え方も変わってきたみたいです。

 

今も開拓団の参加者ともめているトルフィンのことを見張っていますが、彼ら対するトルフィンの態度を見極めているのでしょうか。

 

ヴィンランドに剣を持っていかなければ困ると言って効かない男のことを、トルフィンはどうするのでしょうか?

 

剣はいつも暴力を連れてきます。

トルフィンの決断は?

 

<前話 全話一覧 次話>

ヴィンランド・サガは無料で読むことができます。

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

FODプレミアムでは漫画が読めるポイントを最大1300円分もらうことができます。

ポイントを貯めれば「ヴィンランド・サガ」が無料で読めちゃいますよ♪

ヴィンランド・サガネタバレ171話!まとめ

こちらでは「ヴィンランド・サガ 171話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

 

ヴィンランド・サガ 171話のまとめ
  • ヴィンランドへの渡航準備が進んでいく。
  • グズリーズはヒルドと自分を比べて落ち込んでしまっていた。

気持ちの揺れ動きを感じますね。

PR

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。