少年/青年漫画

テセウスの船ネタバレ7巻!あらすじ感想!あの事件の真犯人は・・

時空を超えたミステリーが面白い「テセウスの船」。

怖いけど続きが気になるストーリー展開が斬新だ

続きの気になる「テセウスの船 7巻」を読みました。

さっそく展開・見どころをご紹介したいと思います!

<前話 全話一覧 次話>

テセウスの船は60円で読むことができます。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTでは即日漫画が読めるポイントを600円分もらうことができます。

ポイントでいますぐ「テセウスの船」が60円で読めちゃいますよ♪

テセウスの船の見どころ

テセウスの船のあらすじみどころ心の姉・鈴のお腹にには赤ちゃんがいます。

鈴は自分が事件の犯人の娘とは告白できないでいたし、するべきでないと思っているのです。

何故なら、お腹の子供の父親は事件の被害者なのです。

鈴は義母に脅されて事件の証言をしようとしている紀子の元へ・・

時空をも超えるミステリーには引き付けられる魅力があります♪

テセウスの船7巻のあらすじネタバレ

テセウスの船第7巻あらすじネタバレをご紹介します。

第54話:全部話すから

時空を超えたサスペンステセウスの船紀子が勤めている工場から青酸カリを盗ってこいと翼は言います。

そんなものをどうするのだと尋ねても、翼は人に頼まれたと言いました。

紀子の誰にという質問には答えず、ああいうのは高く売れるから、売って金にするらしいというだけ。

翼は日頃から紀子に暴力をふるっており、紀子は翼の言いなりでした。

それからしばらくして明音ちゃんの事件が起きます。

翼は昨日明音ちゃんが3日後に見つかると言っていましたが、それは嘘で既に命はありませんでした。

紀子は警察で事情聴取を受けましたが、知りませんと話して切り抜けます。

佐野に何でも力になると言われて、最近誰かに見られている気がすると告げました。

紀子が鈴の義母の工場から青酸カリを盗ったと証言したところで、それが佐野の無実を証言することになるのかと言われましたが、紀子は殺人事件も目撃していたのです。

第55話:ズブの素人

時空を超えたサスペンステセウスの船2月26日日曜日、紀子は翼と明音ちゃんの亡くなった音臼岳にいました。

風理とても強い日で、紀子は金丸を見かけましたが、こっそりと様子を伺っていたのです。

金丸が想像する犯人像はどんな人物かと聞かれ、・・・と思う、いずれにせよ犯人は素人・・・それもずぶの素人だと答えていました。

おそらく犯人は青酸カリを使って人を殺すのは初めてだったかもしれない…悪い奴は必ず捕まると金丸は言います。

相手はうふふふ…と笑い、これを見て犯人が素人だなんて言えますかと、未来のことが書かれたノートを取り出しました。

お泊り会のことも予言されており、犯人が佐野だと知り金丸は衝撃を受けるのです。

犯人は佐野は冤罪の可能性もあり、真犯人がすべて計画に沿って犯行を犯していたら、本当にスプの素人と言えますか?

このノートに4月6日に佐々木紀子さんが命を絶つとも書かれていました。

それを止められるのは金丸さんだけです。

そのノートをどこで拾ったと言われ、犯人は崖の方に金丸を誘導していき、背中を押して殺害しました。

紀子は110番しようと思いましたが、自分が4月6日に自殺すると言われたことが引っかって怖くなり、音臼村を出たのです。

第56話:それぞれの決断

時空を超えたサスペンステセウスの船函館行きの電車で、送られてきた犯人絵を心は由紀に見せていました。

89年2月に明音ちゃんが亡くなった時にもこれと似たような絵があったと佐野が話しています。

まるで事件を予告したような絵だったと。

由紀は担当刑事が、事件の真相を掴みかけていたという話を聞いたことがあったと言います。

金丸という捜査一課の刑事で、残念ながら明音ちゃんと同じ月に事故で亡くなっていました。

由紀個人の推測でもありますが、音臼事件のあった89年村では毒物を使った事件がいくつか起きています。

それた大量殺人をするための実験だったのではないかと・・・。

由紀は教師を目指していましたが、たまたま音臼事件の記事を見て心を突き動かされ・・・加害者家族がこんなにも苦しめられているということを知ってショックを受けたのです。

それで記者になりたいと思い、事件の真相を調べて記事にすることで、事件の犠牲者や佐野の家族を救えると思っていました。

心は自分と結婚していた時の由紀を思い浮かべて、あの時の由紀は亡くなってしまったけれど、今の由紀は別の人生を生きており由紀にとっては今の人生の方がいいのだと自分に言い聞かせます。

自分が重い病であと一年だと言われたから残された時間、知っていることをすべて話すべきだと紀子は思いました。

佐野の無実を証明できるかはわからないけれど、再審には持っていける。

何よりも佐野の家族に謝りたかったと言います。

金丸を殺した犯人にも思い当たる人物がいました。

当時日頃から翼に電話をかけていた人に声が似ていたのです。

紀子に出された紅茶を飲んだ義母は美味しくないと言い、鈴に紀子の紅茶にお砂糖を入れて美味しくしてあげたらと言って小さな容器を見せられます。

義母はこれを「入れろ」とは言わないけれど「入れたらどうかしら」と思っているだけ。

あなたが決めなさい、あなたの人生ですものと鈴に言いました。

第57話:お義母さんが・・・

時空を超えたサスペンステセウスの船お義母さんだったのですか?と鈴は尋ねます。

あの事件の後に家から見つかった青酸カリは、お義母が仕組んだのですかと鈴は拳を震わせて尋ねました。

お義母さんが音臼事件の真犯人だったのですか?

被害者だと答えると、選択を迫ってきます。

反対に鈴が証言を止めなければいけない理由を教えてというと、義母は真犯人を知っていると言って鈴に耳打ちをしました。

第58話:真犯人の名前

時空を超えたサスペンステセウスの船真犯人の名前を聞いた鈴。

義母は鈴が一番守りたいものは赤ちゃんだから・・・村田藍として幸せに生きればいい、その代わり自分に協力しなさい。

明日はたくさんの人が音臼事件のように死ぬことになるのよと鈴に告げました。

翼の隣に映っている人を確認すると、鈴はいきなり紀子の家から飛び出していきました。

そして義母に渡された容器を投げ捨てたのです。

泣きながら鈴がお腹を押さえて歩いていると・・・。

第59話:助けて

真犯人の名前を聞いた鈴。息を切らして裸足で泣いている姉を見て、心は険しい顔をして尋ねました。

どうしてここに・・・すると姉は心に助けを求めて倒れます。

出血もしていて血だまりができていました。

義母は鈴を追わずに、紀子に犯人の声を聞いただけで姿は見ていないでしょうと確認します。

紀子は何も言わずに、これから来客の予定がある・・・鈴の弟が来ると告げました。

心は鈴を抱きかかえて病院へ。

もうろうとする意識の中、鈴は心にきっといいことあるよ、まだまだたくさんと言われたことを思い出していました。

赤ちゃんの心音が確認でき、丈夫に育っていると医師に告げられた時、鈴はこの子を堕ろすことが出来ますか、堕ろしてくださいと言って泣き出します。

その頃義母は紀子に証言なんかやめなさいと冗談めかして話していました。

しかし紀子が本気で力になりたいと思っていることを知り、背後からナイフを振り上げます。

第60話:死んではいけない

真犯人の名前を聞いた鈴。心は姉に全部話してと尋ねました。

その頃義母は紀子を刺して命を奪っています。

震える手で佐々木紀子を殺したと連絡。

鈴は逃げて、もうすぐ心が来ると嬉しそうに報告して翼との写真を口に入れて食べてしまいます。

その後自分の腕と右わき腹を刺して110番に助けて、娘に刺されたと通報しました。

その頃病院で鈴は心に犯人の名前も聞いたし、写真も見たと伝えます。

犯人はお腹の中の子が一番望まない人でした。

明日の慰霊祭で、音臼事件と同じことが起きて・・・たくさんの人が死ぬと言っていたとも・・・。

紀子に電話をしても誰も出ません。

警察に通報しようと心が話した時姉が止め、子供が姉と同じ思いをして生きるなんて耐えられない・・・死んだほうがいいと呟きます。

心は自分もつらいことがたくさんあったけれど、幸せな時もたくさんあったからそんなことは言わないでほしい、真実を明らかにしようと姉を励ましました。

廊下に由紀がいたので、姉のことをお願いして心は駆け出します。

第61話:また会おう

真犯人の名前を聞いた鈴。心が紀子の家に向かうと人だかりができていました。

6階の紀子が亡くなったらしい、一緒にいた女も刺されて重傷で娘に刺されたと話しているらしいと噂しています。

話を聞いて心は由紀に電話をして、紀子が亡くなったらしいので姉を連れて警察へ行き、事情を話して保護してもらってください。

明日のことも、警察が信用して動いてくれるかわからないけれど、心も事情を話してみると伝えました。

心は犯人を捕まえると由紀に告げます。

姉に電話を替わってもらい、連絡先を尋ねますが携帯を置いてきてしまったのでわからないと。

一つ変なこと聞いていい?と前置きして昔私たちどこかで会った?・・・ずっと昔音臼村で合わなかったか尋ねました。

そんなことあるわけない、警察に言ったら話を信じてもらえなくなると心は姉に言います。

その後110番に昔臼村の慰霊祭について話したいことがあると通報しました。

由紀と姉が病院から警察に向かおうとしたとき、義母を乗せた救急車が到着して運ばれる義母とすれ違います。

入院している義母のところに訪れたのは、オレンジジュースと言ってシアン化カリウムを差し出しました。

第62話:音臼村の来訪者

真犯人の名前を聞いた鈴。心は駅前でタクシーに乗ると、音臼村までと告げました。

運転手はこの時間だと途中から歩いていくことになるよと言います。

由紀からメールが入り、函館署にいるから慰霊祭に配備してもらうよう説得するとメールが入りました。

心が犯人に会えたとしても相手は殺人鬼なので油断はできません。

立ち入り禁止地域に入り、心は緊張しながら歩き回り三島医院の前を通りかかります。

父の大勢のテロリストをやっつけることはできなくても一人の人間を助けたい、どこかの悪人を救いたいという言葉を思い出していました。

霧出て来て、スマホの電源が入らなくなりますむ。

慰霊祭の会場に着きますが、食べ物や飲み物は置いていません。

慰霊碑もあり、ここに犯人が来ると心は確信しました。

夜になり、人の足音が聞こえてきます。

心の心臓の音がどんどん大きくなっていきました。

一人かと尋ねると、一人ではないと犯人は答えて、右手を差し出します。

手の中には眼球が入っていて・・・見て欲しかったので連れてきちゃいました・・・。

テセウスの船第7巻のあらすじをネタバレでお伝えしました。

現れた犯人は誰なのでしょうか?

眼球は誰のもので、何を見せたいのでしょうか。

<前話 全話一覧 次話>

テセウスの船をお得に読む方法

テセウスの船を60円で読む一番のおすすめ方法をご紹介します!それは動画配信サービスのキャンペーンを使って読む方法です♪

動画配信サービスでは初めての利用の場合、漫画が購入できるポイントがもらえちゃうんですよ!テセウスの船ポイントで60円になっちゃいます!

U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、テセウスの船がいますぐ60円で読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためてテセウスの船が2冊無料で読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントでテセウスの船がいますぐ60円で読めます。

テセウスの船をお得にいますぐ読みたいなら「U-NEXT」が一番おすすめ!

本日U-NEXTにお試し加入すると漫画購入に使えるポイント600円分が今すぐもらえ、ドラマやアニメも14000本以上見放題になります。

もちろんお試し期間中いつでも解約OK&月額も31日間無料!

しかも解約しても漫画はそのまま継続で読めて安心です。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

7巻を読んだ感想

テセウスの船を実際に読んが感想画像紀子が証言してくれることになり事件はまた大きく動き始めます。

紀子は金丸が殺害されるところも目撃していたのです。

怖かったのかもしれませんが、よく今まで話さないでいることができたなと思います。

絶対に夢見が悪そうです。

紀子にしてみれば、犯人ではない人が死刑になりそうで、犯人が普通に暮らしているのです、

自分は安全だという確信もないのに・・・。

自分のために苦しんでいる家族もいるのに、自分の余命がわかったとたんに証言するなんて・・・良かったことなのですが、紀子に対しては不満が残ります。

でも殺されるまでの罪ではありません。

義母が紀子の命を奪ったのは、新しく犯行を起こさせるためなのでしょうか。

同じような事件をもう一度起こさせたいのでしょうか。

犯人を知ってしまった鈴の恐怖・・・自分と同じ境遇の子とわかっていて生みたくない気持ちはよく理解できます。

しかも鈴の方とは全く違っていて、殺人に喜びを感じていそうです。

心が楽しいこともたくさんあったと話していることは、自分の父を信じていたからこその話で、鈴の場合とは違う様な気がします。

心が無事に犯人を捕まえることができるよう祈るばかりです。

<前話 全話一覧 次話>

テセウスの船は60円で読むことができます。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

テセウスの船ネタバレ7巻!まとめ

こちらでは「テセウスの船 7巻」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっと7巻をまとめてみると・・

テセウスの船 7巻のまとめ
  • 紀子は普段から暴力をふるってくる翼から、勤める工場の青酸カリを盗んでくる様に言われていた。
  • 何者かが未来が書かれたノートを持っていた。
    紀子はそこに自分が命を絶つと書かれていることを知って村を出た。
  • 紀子の飲み物に砂糖を入れるように促す義母・・鈴は義母が事件に関わっていることに気が付く。
  • 紀子は鈴の義母によって命を奪われてしまう。
  • 鈴は真犯人を知ってお腹の子供を堕ろして欲しいと言う。
  • 音臼村に向かった心。

音臼村へ着いた心のその後が気になります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。