漫画ネタバレ

七つの大罪ネタバレ295話!感想と考察!296話の最速情報も!

!1月9日更新しました!

いよいよクライマックス間近で盛り上がりまくっている七つの大罪!

一体どんな最終回になるのか楽しみな人も多いのではないでしょうか?

 

「原初の魔神は倒せるの?」

「メリオダスの復帰はいつ?」

「続きが気になる!」

 

そんな七つの大罪ファンの皆様のために!

今回は七つの大罪295話のあらすじネタバレをご案内しちゃいます!

 

これを読めば295話がもっと楽しめるかもしれません!

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

295話の予告情報や展開をおさらい

2019年1月9日発売の週刊マガジン6号に掲載される、七つの大罪295話の予告情報と展開考察です!

こちらは前号である週刊マガジン4・5号で公開された情報を元に構成しています。

 

過去のまとめはこちら

七つの大罪あらすじネタバレ一覧

 

予告からの情報

七つの大罪294話に掲載されていた295話の予告情報をおさらいです!

 

漫画七つの大罪295話のタイトルは「集結するものたち」。

帯の様子からして、七つの大罪がキャメロットに集結し総力戦になりそうです!

 

現在の状況としてはキャメロットでエスカノールとマーリンが原初の魔神と戦うも、苦戦。

そこにマルロを加えたキングたちが猛スピードで加勢に向かいます!

 

 

そしてエスカノールとマーリンの危機に、キングが打った「聖槍」がたどり着き、原初の魔神へ先攻を与え窮地を救います

はるかかなたにいる本人よりも、攻撃だけが先に届くチートっぷりを見せる覚醒したキング。

 

原初の魔神vs七つの大罪総力というよりは、まずは原初の魔神vs覚醒キングが見られそうですね。

 

295話までの現在の大罪メンバーの状況は?

七つの大罪が集結とのことですが、「七つの大罪」のメンバーは

 

  • メリオダス
  • ディアンヌ
  • バン
  • キング
  • エスカノール
  • マーリン
  • ゴウセル

 

となりますが、このうち現地のキャメロットにいるのが、

 

  • ディアンヌ
  • キング
  • エスカノール
  • マーリン
  • ゴウセル

 

です。

 

バンはエレインの元に

大罪メンバーで未だ集結していない1人、バンは煉獄から戻り一度みんなと合流するも、愛するエレインを取り戻すため、エレインの元へ向かい約束を果たしました。

これは七つの大罪293話で語られていますね♪

 

こちら事態も解決したので、いい感じのところでバンはエレインと共に合流するシチュエーションがありえますね!!!

 

メリオダスの復帰はまだ

もう1人合流していないメリオダスの現状は、現段階で不明です。

同じくバンと共に煉獄を脱出したメリオダスですが、とある出来事によりバンとタイムラグが発生してしまいました。

(ここら辺は36巻に収録されると思います)

 

スポンサーリンク

 

煉獄の中は時間の流れが異なり、1時間=60年という時間のギャップが生まれています。

単純に1年=10分くらい?

扉での時間干渉がどれくらいなのかは不明ですが、煉獄の時間で考えるとバンが戻ってきてからかなりの間を空けて登場が予想されますね!

 

そのためなのか七つの大罪294話までではメリオダス自身が、まだ煉獄にいる(タイムラグ)状態なのか、すでに現世にいるのかは語られていません。

 

いずれにせよ七つの大罪はこのままフィナーレに向かうのが濃厚な状態ですので、完全に力を取り戻したメリオダスが全てをかっさらう勢いで登場すると思います。

まだまだバンと原初の魔神との戦いも描かれそうなので、そう考えるとメリオダスの登場は少し先になるのではないかなと思いますね♪

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

七つの大罪295話のあらすじネタバレ

七つの大罪 あらすじネタバレ

!1月9日更新しました!

それでは早速七つの大罪295話のあらすじネタバレです!

と行きたいところなのですが、七つの大罪295話が掲載される「週刊マガジン6号」は2019年1月9日発売予定!

 

そのためこちらは読み次第追記させていただきます!

更新情報はTwitterでご案内していますので、よかったらフォローしてくださいね♪

 

https://tsukimicoffee.com/taziai_294wa/

 

サンフラワー

エスカノールの窮地を救ったキングの霊槍!

妖精王の力に慣れてきたキングは、霊槍の形態を「第四形態光華(サンフラワー)」に変化させ一気にかたをつけようとします。

 

もはや力を使いこなしているキング。

このまま勝つと思いきや・・・!?

 

強力なサンフラワーの一撃が無効化されてしまいます・・・!

 

スポンサーリンク

 

メリオダスの弟、ゼルドリスの出番です!

 

ゼルドリスVSサンフラワー

原初の魔神VSエスカノールとマーリン

 

といった形に。

激しい戦いが繰り広げられます!

 

リュドシエルの分離

一方ヘンドリクセン、ギルサンダー、マーガレットは2つの戦いに巻き込まれそうになっていました。

巻き込まれる形となったギルサンダーに、逃げるよう伝えるヘンドリクセン。

 

しかしギルサンダーは、リュドシエルに「体」を貸している恋人のマーガレットを置いて逃げることはできない、と反発します。

 

記憶改変のショックで飛ぶことも歩くこともできないマーガレット(リュドシエル)。

そんなマーガレット(リュドシエル)をみて、ヘンドリクセンはずっと機会を狙っていた計画を実行に移します。

 

それは、「浄化」の力を使い、マーガレットの体からリュドシエルを引き剥がすこと。

そして、マーガレットの代わりに自分の命を顧みず、リュドシエルの力を引き出す「器」として自分の体を差し出すことでした。

 

マーガレットとギルサンダーを逃し、自分が犠牲になることを決意したヘンドリクセン。

 

どうなってしまうのでしょうか・・・・

 

魔神王

サンフラワーに押される(ように見える?)ゼルドリス。

しかしゼルドリスは余裕の笑みです。

 

「ここに向かっているのはお前たちではない」

 

そのことに猛スピードで向かっている七つの大罪たちも、このことに気がついていました。

 

スポンサーリンク

 

大罪たちの前を進むのはマエルからでた「四つの戒禁」!

戒禁は集まると自我を持つようになり、自我を持った戒禁は互いに引き寄せあい・・・・。

 

なんとキャメロットですでに5つの戒禁を取り込んだ、メリオダスの元に向かっていると言うのです!

 

揃ってしまったら最悪の結果に・・・!
全ての戒禁が揃えば、メリオダスは魔神王になってしまいます・・・!

 

さらには唯一マーリンが保管していたメラスキュラの戒禁までもが、それらの戒禁に共鳴し、メリオダスの元へ向かってしまうことに・・・。

 

闇の魔神王誕生・・・!?

復活を止めることはできないのでしょうか?!

 

ここまでが七つの大罪295話のあらすじネタバレです!

 

 

295話「集結するものたち」の感想と考察

七つの大罪 ネタバレ

こちらも七つの大罪295話を読み次第更新いたします!

七つの大罪295話を読みました!

サブタイトル「集結するものたち」は七つの大罪のことだとばかり思っていましたが、なんと戒禁のことでした・・・。

 

このままメリオダスは魔神王となってしまうのでしょうか?

必死に向かうエリザベスですが、煽り文を読む限り止めることはできない・・・?

気になるところですね。

 

スポンサーリンク

 

そしてやはりバンのチートっぷりがすごい

遠くから自分は傷つくこともなく、ゼルドリスをサンフラワーでボコボコに。

 

しかも遠隔操作だとだと一度に1つの形態しか取れない・・・と言っていますが、裏を変えれば近くにいれば次々と変えることができると言うことですよね・・・?

 

強すぎない?

 

しかし展開上は煉獄で強くなったバンもこれから来るでしょうし、もしやバンと覚醒キングvs魔神王メリオダスに・・・?!

 

メリオダスは魔神王として復活してしまうようなので、敵対関係になってしまいそうですがどうでしょうか。

296話のサブタイトルを見ると、メリオダスの意思はあるぽいのですが・・・。

 

大どんでん返し、期待です!

 

 

七つの大罪296話の最速情報!

七つの大罪 あらすじネタバレ

こちらも七つの大罪296話の最新情報をキャッチ次第を更新いたします!

 

七つの大罪296話の最新情報をキャッチしました!

七つの大罪296話のサブタイトルは「友として 兄として」

 

 

兄として、と言う言葉を聞く限り考えられるのは

 

メリオダスが主体のストーリーで、「兄として友として」の兄はゼルドリス(弟)、友は七つの大罪(友)を示しているのでしょうか?

 

兄といえば、バンも兄ですのでエレイン(妹)、友は魔神王として復活したメリオダス・・・?!

 

バン説はエレイン問題もバンの愛の力で解決したので弱いでしょうか。

 

https://tsukimicoffee.com/taziai_294wa/

 

295話の煽り文では「闇に染まりしメリオダス復活」

柱にも戒禁の吸収を止める術は、もはや存在しないとのことなので、メリオダスはどうやら魔神王として復活する流れのようですね。

 

スポンサーリンク

 

七つの大罪296話「友として 兄として」は、1月16日発売のマガジン七号に掲載予定と告知が入っていました!

 

今からワクワクしながら待ちましょう♪

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

七つの大罪ネタバレ295話!感想と考察!296話の最速情報も!まとめ

七つの大罪295話「集結する者ものたち」についてご案内いたしました!

 

295話をまとめるとこんな感じです。

 

295話まとめ
  • ヘンドリクセンはマーガレットを逃し、自ら犠牲にする計画を実行
  • 戒禁が集いメリオダスは魔神王として復活?!
  • 次号は魔神王メリオダスvs七つの大罪?!

 

こんな感じでしたね!

次回が楽しみです♪

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!