橘家の姫事情

橘家の姫事情最終話ネタバレあらすじ!嫁姑問題の結末!ラストは驚きの展開に!

医者の家系の長男と結婚した由宇子の嫁姑事情!!

いよいよ高校3年になる息子の進路は医学部?それとも航空宇宙学孫も医者にしたい姑の言い分は

 

「橘家の姫事情」の最終話を読んだので、さっそく展開・ネタバレをご紹介します♪

 

こちらの漫画はマンガ王国で配信中です!

 

橘家の姫事情見どころ

嫁 姑 医者 本家 長男 家族 家政婦 嫁姑問題由宇子の夫である賢一郎は脳外科医。

そして地元密着の病院を開業している一家の長男でもあります。

 

 

実家の橘病院は、賢一郎の姉が継いだ形となっており、東京の大学病院で働いていた賢一郎に跡取りの話は無縁と思っていたのですが・・.

実家の病院が拡大するにあたり、家族で賢一郎の故郷へと移り住んだのでした。

 

スポンサーリンク

 

由宇子の姑は、元高校教師で元気な人。

新しい事業を始めたり、由宇子へ口を出したりと、一家を支えてきたキレ者なのです。

 

 

広い母屋に広い庭。

 

長く勤めていた八重と言うお手伝いさんが家の事情で働けなくなってからは、一人で家の事すべてを行っていました。

本家長男の嫁の務めと言われて・・。

 

 

様々な理不尽な事、嫁イビリに耐えながらやり過ごしていく由宇子。

家の事が落ち着いて八重が再び手伝ってくれるようになったものの、次から次へと胃の痛くなるような事が起こっていく由宇子。

 

 

橘家以外の他の医者家系の家でも、嫁姑問題は起こっていることが分かってきました。

1人では無理だけど・・嫁の気持ちを姑に伝えよう!

 

由宇子たち嫁グループは、姑グループに意見する場を手に入れたのでしたが・・。

 

 

橘家の姫事情最終話のあらすじネタバレ

各家の嫁と姑の戦い。

そんな中で由宇子は、姑の静かさに腹を立てていました。

 

嫁姑戦争!嫁にうな重はない!漫画橘家の姫事情ネタバレあらすじと結末まとめ!旦那が実家の病院を継ぐことになって東京からやって来た一家。 嫁姑問題の大変さにビックリ!由宇子の立場が過酷すぎる! 「橘家の姫事情」うな重のストーリーを読んだので、さっそく展開・ネタバレをご紹介します。...

 

恐るべし姑

嫁 姑 医者 本家 長男 家族 家政婦 嫁姑問題こんなバトルが繰り広げられる中、他人事の様に携帯電話なんか見ている姑。

 

由宇子はついに言いたかった事があると切り出します。

「お祝いの席のうな重も法要膳も私だけなかったのは、どう考えても嫁イビリよね!?」

 

けれど、姑からの返事は力が抜けてしまうものでした。

 

スポンサーリンク

 

うな重の出前は、自分の勘違いと言って、法要膳についても多めに頼んでもたいてい飛び入りが入るからと言ってきたのです。

 

その場合、一家の主婦の分を回すのがジョーシキ!?

姑はそんな風に言うけど、寂しいよね。

 

そして姑は用事が出来たので帰ると言い出します。

 

イビリでも嫌がらせでもないととぼけても、嫁は苦しんでいる。

他ではしないような嫌みな行動が嫁には出来る理由は何か!?という質問に答えて欲しいと由宇子でない他の嫁たちも食いつきます。

 

「黙らっしゃい!!」

 

由宇子の姑は、大きな声でそう言い今日は解散だと指示を出します。

 

後日人間の言葉で話し合うべし。

今日のはサルの喧嘩だと言うのです。

 

確かに、冷静に話をするのも必要かもしれないね。

 

バトルの後の静けさ・・

嫁 姑 医者 本家 長男 家族 家政婦 嫁姑問題家に戻った由宇子は、姑の好物を作っていました。

 

全面的に姑のいう事が正しいとは思わないけど、2年も前のうな重のことなんか話に出す必要があっただろうかと思ってきたのです。

 

 

キッチンに現れた姑は舅の事を探していました。

 

お風呂かと思います。

たまには一緒にどうですか?

 

そう言ったものの、気を回し過ぎたか?

ドキリとしたけれど意外な事に姑はにこやかに背中でも流してこようかしらと消えていきます。

 

 

由宇子は、覚悟していたのです。

あの剣幕からして、しばらくはサル呼ばわりすだろうことを・・。

 

姑の姑

嫁 姑 医者 本家 長男 家族 家政婦 嫁姑問題姑は昔の事を思い出していました。

 

実家まで八里の夜道。

月明かりで歩きとおせるだろうかと・・夜空を向上げた事を。

 

 

わざわざ焼いてあげたのよ。

このコと分けて食べなさい。

 

そう言って小さな魚をネコと一緒に食べるように言ったかつての姑・・。

 

各家でも、嫁姑のバトルをしてから変化があったみたいですね!
何かが変わる、キカッケにはなったみたいだね。

 

 

そして!なんと姑から、うな重事件の謝罪を受けたのです。

 

全然知らなかったからびっくりしたと言う姑。

そして自分のうっかりミスのせいで2年も由宇子が気にしていたなんて「ごめんなさいね」と言ってきたのです。

 

意外な反応!
もしかして、うな重事件て本当にうっかりミスだったの!?
どちらにしても謝罪の言葉で、気持ちも少しスッキリするよね。

 

年末の橘家

嫁 姑 医者 本家 長男 家族 家政婦 嫁姑問題いよいよ年末年始。

病院は曜日の都合で8連休となったようですが、本家長男の嫁に休日はありません。

 

スポンサーリンク

 

 

息子の純一郎はいよいよ来年は高校3年生。

 

夏休み以降は、オンラインでの英会話レッスンに力を入れている様子。

 

もしかして海外の大学への進学を希望しているのかな?

 

姑からは、由宇子の責任において純一郎には医学部を受験してもらいと言われてしまっています。

けれど、由宇子は母として頑張ろうと握り拳を作りバトルの覚悟をしている様子!

 

大事な跡取り息子

嫁 姑 医者 本家 長男 家族 家政婦 嫁姑問題買い物から帰った由宇子は大荷物を家政婦八重と一緒に片していきます。

おせちの準備をする由宇子と八重。

 

そこに純一郎がガラス磨きのスプレーが空になったとやってきます。

 

そんな純一郎の後ろ姿を見た姑は、受験の正念場の跡取りに掃除をさせているのかと叱られてしまいます。

 

由宇子的には、自分の部屋の掃除くらいは自分でって考えみたい。

それでいいと思うけどね。

 

そんな時に舅がやってきて姑をなだめて連れて行ってくれます。

 

舅さんも言うように、時代の変化ってところもあるのかもしれないね。

 

正月早々重い空気

嫁 姑 医者 本家 長男 家族 家政婦 嫁姑問題新年を迎えて家族が揃います。

 

おせちを食べ始めた時に、話題は純一郎の受験の話に。

 

由宇子にとっても嵐の1年になりそう・・。

 

 

そんな時、純一郎は正月から誤魔化す気分は良くないから言っておくと姿勢を正します。

 

「ごめんなさい、医学部は受けません!!」

 

挑戦するなら自分の気持ちが燃える方へ行きたい。

航空宇宙学に強い国立大学を目指したいと意志を現したのです。

 

やっぱり。

子供の時から夢にみていたようだから・・。

 

姑はその言葉を聞いて、部屋を出て行ってしまいます。

 

賢一郎は、純一郎に、夢を追うなとは言わないけど追うだけでは終わって欲しくはないのだと親心を伝えますが・・。

純一郎は、なんとも返事をしないで食事がすむと席を立って部屋を出て行ってしまいました。

 

正月早々、色々起こるねぇ

 

純一郎は医者になる事が使命!?

嫁 姑 医者 本家 長男 家族 家政婦 嫁姑問題食事が済んだ後、由宇子と賢一郎が2人で話をしている所に姑が入ってきました。

 

そして純一郎は由宇子の子供である前に一家の子だと言います。

 

医者になることは使命!

 

大事な跡取りに使命感を持たせられない嫁は不要!

荷物をまとめて出て行けと言い出します。

 

でた~姑節!!
由宇子は荷造り始めたけど、ここは賢一郎がなだめて思いとどまったね。

 

 

さすがに言い過ぎだと感じた賢一郎は、母親に注意するというものの、いざ母親に呼び出され泣きつかれると賢一郎は何も言えなくなってしまうのでした。

 

情けない・・賢一郎・・。

 

キラキラした瞳にはかなわない!ついに結末

嫁 姑 医者 本家 長男 家族 家政婦 嫁姑問題純一郎は初詣に行った先で、具合の悪い外国人に遭遇していました。

 

英語だから詳しく話分からないけど、お腹が痛いとの事。

父親に電話を掛けた純一郎は、タクシーを呼んで橘病院に外国人を連れてくることとなりました。

 

英語の勉強していたから、純一郎は自分から話しかけたらしいよ。
具合は、薬飲んで少し休んだら良くなったみたい。

良かったね。

 

 

体調が回復した外国人に、自分はアメリカに行きたいと話をしたところ、ぜひ自分たちの所に遊びに来るようにと言われた純一郎。

 

純一郎は、そのことを楽しそうに家族の前で話をします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そして、英語に力を入れていたのは夢の為だった様です。

目の輝きと笑顔で、凝り固まった大人の思惑なんて軽く飛び越えていきました。

 

ここまでが「橘家の姫事情」のお話でした。

純一郎さんの夢、叶うといいですね♪

 

こちらの漫画はマンガ王国で配信中です!

 

 

最終話の結末を読んだ感想!

嫁 姑 医者 本家 長男 家族 家政婦 嫁姑問題純一郎の受験事情・・。

緊張感がありました!!

 

夢を追っていいじゃないか!と思うけど、医者家系の跡取りという立場もあると、純一郎も自分の夢をおう選択をすると言う事は「ごめんなさい」という気持ちが出てしまうのも分からないくないですね。

みんなに医者を希望されていることもヒシヒシと感じていると思うし。

 

 

それでも夢の為に英語の勉強をしていた事が人助けになった純一郎。

しかも、アメリカに行った時は案内をしてくれると言う嬉しい言葉ももらいます。

 

そのキラキラした感じを目の当たりにした大人たちは、何も言えなくなっちゃう感じだったんじゃないでしょうか。

 

 

 

相変わらず賢一郎の頼りなさには、しっかりして~と言いたくなってしまいますね。

優しいんだろうけど、もう少し由宇子のことをかばって欲しい!

 

純一郎の受験の事に対してももう少し知りたいけど、最終話となってしまいました。

 

 

漫画は終わってしまうけど、橘家の嫁姑事情の中で由宇子は今も頑張っているんだろうなと感じちゃいますね!

 

こちらの漫画はマンガ王国で配信中です!

 

橘家の姫事情最終話ネタバレあらすじ!嫁姑問題の結末!ラストは驚きの展開に!まとめ

ここでは「橘家の姫事情」最終話の見どころ・ネタバレをご紹介しました。

 

ストーリーをざっとまとめてきます♪

橘家の姫事情 最終話のまとめ
  • 嫁と姑バトルの後のドキドキ感
  • うな重事件への、まさかの謝罪!!
  • 年末年始の橘家
  • 純一郎の希望の進路について
  • 大人を黙らせるほどキラキラした瞳

まだまだ続くであろう嫁姑問題。

由宇子って、よく頑張ってるなって思います!!

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!