少年/青年漫画

タイムパラドクスゴーストライターネタバレ4話!あらすじ感想!

未来から漫画が届き・・「タイムパラドクスゴーストライター」。

佐々木はこれからも漫画を描き続ける藍野との場面は緊張感があった

こちらでは「タイムパラドクスゴーストライター 4話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>

まんがが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

原作者:市真ケンジ先生「ぼくらのQ」や作画者:伊達恒大先生「クロスアカウント」もお得に読めちゃいますよ♪

タイムパラドクスゴーストライター4話のあらすじネタバレ

タイムパラドクスゴーストライター第4話「贋作」のあらすじをお伝えします。

アシスタントの中に・・・!

佐々木は藍野にせっかく会えたのに、嵐のように去って行ってしまいました。

彼女を探し出して、今度こそ本当のことを伝えたかった。

けれども佐々木は「ある事」に気がついてしまった・・・自分が描くしかないことに。

「ホワイトナイト」の連載をやり遂げられるのは、佐々木だけ・・・。

週刊連載は、時間との戦いです。

7日間と言う限られた時間の中で、毎週原稿を完成させて読者に届けなければならない。

このことをたった一人でこなすのは到底不可能です。

そのため漫画家はアシスタントと協力する事で、よりクオリティの高い原稿を制作していきます。

担当の宗岡が、凄腕のアシスタントを紹介してくれることになっていたのですが・・・。

メンバーは名前の通り気合の入った赤石元気・チーフアシもしていた山根、眼鏡のちょっと神経質そうな五十嵐そして・・・藍野伊月です!

私も描いていたホワイトナイトを少しでも良くできるように・・・と明るく挨拶しました。

なんで藍野がいるのかと驚く佐々木。

宗岡はアシスタント募集できるサイトで募集したら、めちゃくちゃうまい人が応募してくれた・・・それが藍野でした。

まさかそう来るとは考えていなかった佐々木は動揺しています。

山根は私も描いてたってどゆこと?二次創作ってこと?と質問。

藍野は佐々木が「ホワイトナイト」を発表するより前に、自分も同じタイトルで似た設定の漫画をたまたま練っていたと話します。

赤石には嘘だろ!?そんなことあるかと言われてしまいますが、ムッとして嘘じゃありませんときっぱり否定する藍野。

火花を散らす二人の間に入って、漫画描きなら誰でも「考えてたやつ先にやられた!」って経験はあるけれど、同じタイトルなのはすごいねと言う山根。

佐々木は藍野に本当にアシスタントがしたいのかと尋ねます。

するとやる気満々で、佐々木先生と同類であるこの私にドーンとお任せくださいといいます。

先にやられたというくやしさはありますが・・・自分の「ホワイトナイト」の方が1億兆倍面白いけれど、自分も同類として力になれることがあるのではないか・・・全力サポートさせていただきたい。

そしていつか「ホワイトナイト」を超える漫画を描くために!!!ここで修業させてください!と宣言しました。

赤石は佐々木先生に向かって無礼なことばかりと言い出したので、また藍野とケンカになります。

制服を着ているなんて、まだ高校生だろ。

藍野は学校を辞めて上京してきたといいます・・・どうせ不登校なので卒業できないから。

佐々木は学校もやめてきちゃったとまた驚いています。

四の五の言わずに藍野の描いた原稿を見たまえという宗岡。

皆に上手いと褒められて藍野はとてもうれしそうです。

今まで誰かに原稿を見てもらったことがなくて不安だったのだといいます。

天才だと、すごい勢いで認められていました。

たとかに上手いし、藍野が望むなら・・・でもそんなことをしてもよいのかと佐々木は悩みます。

藍野はジャンプ期待の新人だという言葉を残して宗岡は帰ってしまいました。

部屋に残っている藍野を見て・・・本当は真相を話して謝りたかったと考えている佐々木。

でも気がついたのです。

もし真相を伝えてしまえば、藍野を深く傷つけてしまう。

最悪の場合は漫画を描くことを辞めてしまうかもしれない。

よろしくお願いしますと握手を求めてきた藍野と照れながら握手を交わし、佐々木はこの真相は明かしてはいけない・・・藍野は真っ直ぐに夢を追い続けているのだからと思ったのです。

こんな絵では・・・

その日は顔合わせのみでいったん解散となりました。

アシスタントさんには、背景や仕上げをお任せすることらなるので、先にキャラクターなど主要な絵を描いておかなければなりません。

今の藍野も上手かったけれど、10年後のアイノイツキはそのさらに100倍上手いのです。

佐々木がどんなに成功に真似をしても偽物感が出てしまい・・・どうしたらこんな絵が描けるのだろう、本当に俺なんかが務まるのか「ホワイトナイト」の連載・・・!

こんな絵じゃだめだと原稿を握りつぶします。

藍野にも申し訳が立ちません。

もしも真相を明かして藍野が描いてくれたなら・・・そんなことも考えましたが10年後の自分の漫画を模写して発表するのか・・・それとも読切だけ読んだ上で続きは10年前の自分が描くのか?

もしどちらも望まないとしたら・・・それこそ無意味に傷つけるだけじゃないか・・・結局佐々木のエゴでしかないのです。

自分にできるのは、最期まで責任をもってこの世界の読者へできる限り本物に近い「ホワイトナイト」を届けることだけ。

1話目の原稿を落としてしまう!?

3週間後、1話目の締め切りまであと19日。

蝉がなく暑い日に、藍野と赤石は今度はアイスのことで対決していました。

連絡がないので様子を見に来たと山根が入って行くと、部屋はむあっとしていて外よりも暑くなっています。

アイスが一瞬で溶けるほどに・・・。

すぐ近くで声をかけなければ、佐々木は気がつきません。

音信不通なので様子を見に来たという山根。

携帯の充電も切れていました。

クーラーの存在も忘れていて・・・空調を怠るとはと藍野にも引きこもりの風上にも置けないと指摘されるくらいです。

汗を拭きながら、原稿の進捗を聞かれました。

締め切りまであと19日なのでキャラの入っているページから背景を入れていきましょうという山根。

佐々木はまだ・・・1ページもできていないと伝えます。

一回54ページ描き上げたけれど、納得のいく絵にならず描き直しているといいました。

落ちている原稿を見て、赤石は超絶いい感じだと言い、山根もいいと思います、読み切りの時と画風を変えたんですねと話しています。

でも佐々木はこれじゃだめだ・・・こんな原稿を読者にはと言いながら奪い返しました。

時間もないと言われても、佐々木は土下座をして描き直させてくださいとお願いします。

締め切りがやばいのも知っているでもこれじゃダメなんです!

赤石は感動していました。

その妥協を許さない作家魂に・・・超絶ギリギリでもどこまでもついていくと。

今から描き直しても間に合うのとおろおろする藍野。

気合いだという赤石。

五十嵐は気合ではどうにもならない・・・新連載の1話目の原稿を落とすなんて許されないと冷静に指摘します。

そこに山根が背景を先に描いてしまいましょうと提案してきました。

ボツにした原稿からおおよその背景がわかるので、背景のみを別の原稿に描き、先生の描いたキャラ干支後でパソコンで合成できたら・・・あと10日でキャラを描けるならギリ活けると!

さすが元チーフアシ・・・ここでもお願いしようということになります。

佐々木は泣きながら皆にありがとうと言いました。

タイムパラドクスゴーストライター第4話「贋作」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

頼れるアシスタントさんたちに囲まれて佐々木は第1話を仕上げることができるのでしょうか。

<前話 全話一覧 次話>

タイムパラドクスゴーストライターの原作者・作画者の漫画をお得に読む方法

タイムパラドクスゴーストライターの原作者や作画者の漫画を今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、市真ケンジ先生・伊達恒大先生の漫画がいますぐお得に読めます!
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて市真ケンジ先生・伊達恒大先生がお得に読めます!
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで市真ケンジ先生・伊達恒大先生がお得に読めます!

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

まんがが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

4話を読んだ感想

タイムパラドクスゴーストライター第4話「贋作」の感想をお伝えします。

宗岡が連れてきてくれたアシさんたちは、とても頼れる人たちのようですね。

しかもその中には、本物の「ホワイトナイト」の作者の藍野がいました。

引きこもりで卒業できないこともあり、上京したのだといいます。

宗岡はジャンプ期待の新人だとも話していて、原稿ももう描き上げていました。

それでもデビューは10年後なのでしょうか。

期待の新人なら、賞も取って・・・学校にも行っていないのでそのままデビューではないでしょうか。

10年間のブランクがとても気になります。

藍野に何か起きてしまうのでしょうか。

佐々木は真摯に原稿に向かっています。

自分の作品であっても、藍野の作品でもあるのです。

たくさん悩みながらも読者に届けるのは自分しかいないと走り出しました。

頼もしいアシスタントさんたちと、第一話を作り上げるのだと思います。

<前話 全話一覧 次話>

まんがが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

原作者:市真ケンジ先生「ぼくらのQ」や作画者:伊達恒大先生「クロスアカウント」もお得に読めちゃいますよ♪

タイムパラドクスゴーストライターネタバレ4話!まとめ

ざっと4話のストーリーをまとめてみます!

タイムパラドクスゴーストライター 4話のまとめ
  • 連載をやり遂げるのは自分しか居ないと思い始めた佐々木。
  • 藍野が佐々木のアシスタントとしてやって来た。
  • 佐々木は藍野に申し訳が立たないと納得いく絵を描くまで妥協を許さない。

納得いくものは描けるのでしょうか?