少年/青年漫画

タイムパラドクスゴーストライターネタバレ2話!あらすじ感想!

新連載漫画「タイムパラドクスゴーストライター」。

未来の漫画は読んでみたいかも斬新な設定

こちらでは「タイムパラドクスゴーストライター 2話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>

まんがが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

原作者:市真ケンジ先生「ぼくらのQ」や作画者:伊達恒大先生「クロスアカウント」もお得に読めちゃいますよ♪

タイムパラドクスゴーストライター2話のあらすじネタバレ

タイムパラドクスゴーストライター第2話「始まってしまった物語」のあらすじをお伝えします。

後戻りできない

物語には大抵「後戻りできないポイント」が存在しますが、主人公はそのまま進んで行ってしまうのか、戻るのかと言う選択をするのです。

佐々木はどこだったのか?

アパートに戻った佐々木は電子レンジの中から出て来ているジャンプを見て、夢ではなかったのかと驚きました。

自分の描いた「ホワイトナイト」が盗作かもしれないとショックを受けます。

でも10年後に出る話なので、誰のことも傷つけてはいないのではと一瞬思いました。

しかし魂の結晶である作品をパクってしまったことに変わりはありません。

どうすればいいんだと考えているとき、またチーンと音がしてジャンプが転送されてきます。

その時もっと重大なことをしてしまったのではないかと佐々木は思いました。

この電子レンジはタイムマシンだから、自分が先に「ホワイトナイト」を発表してしまったので、10年後のジャンプには掲載されることが無くなってしまったはず。

つまり自分は未来を変えてしまったのではないかと。

でも今届いたジャンプにも「ホワイトナイト」7話目が載っていて作者も変わっていません。

過去が大きく変わったのに、未来が変わっていないという矛盾が成立するということは・・・世界線が分岐したのかもしれない。

もしこの世界がたった一つだけなのだとしたら、タイムスリップによって過去を変えれば未来も変わってしまうはずだ。

でも未来は変わっていませんでした。

おそらく最初のレンチンの瞬間にパラレルワールドが作られ、佐々木が先に「ホワイトナイト」を発表した世界線が新たに生まれてしまったのです。

そして元の世界から世界線を飛び越えてジャンプがレンチンされ続けているということなのでしょう。

SF作品から得た知識しかないから・・・たぶん。

どうしてこんなことになってしまったのだろうと思った時、佐々木は喜んでくれた人たちの顔が目に浮かびました。

「ホワイトナイト」は自分の作品ではなかったと気がつき涙してしまうのです。

結局自分は空っぽの人間のままなのか・・・。

佐々木ははさみを取り出してすべて終わりにしようと思っていました。

きっと今ここが後戻りできないターニングポイントで、今ならまだ引き返すことができる。

熱く語る宗岡

自分の力で連載を目指そうと思い・・・奇跡はここでおしまい、紺真相は墓場まで持って行こうと思った時電話が鳴りました。

驚いて出ると、宗岡から連載のネームの進行状況を尋ねる電話です。

まだ全然できていないと答える佐々木。

できていなくても全然かまわないから約束通り、18時からの打ち合わせをしようと言われました。

佐々木はホワイトナイトは連載しませんと言わなきゃいけないのに・・・なんて言い訳すればいいんだと涙目です。

急いで出かけようとして電子レンジが目に入ります。

急がないといけないから、壊すのは帰ってきてからでいい・・よな。

宗岡と会い、読切1位おめでとうと言われても、佐々木は胸が痛いのです。

連載の構想だけでも聞かせてと言われますが、連載にするつもりはないと断りました。

すると宗岡はすっかり表情も変わり、熱弁をふるいます。

あの読切はそのまま連載1話目にしてもいいくらいの素晴らしい出来なのに・・・。

というよりもあれが描けるくらいのレベルが高いストーリー構成ができる佐々木なら続きだっていくらでも描ける。

あれだけ面白いので、否定してくるのは当たり前です。

確かに読切として完結しつつ、物語の始まりと言う感じの終わり方で・・・。

しかしバカ正直に未来のジャンプのパクリとは言えないので、描く気が起きないと言ってしまいました。

主人公やヒロイン…ほかのキャラクターのことについても語る宗岡。

物語やキャラクターは全部でたらめの嘘なんかではない、彼らは画面の中で生きている、そして読者の心の中に息づいているのだと。

こんなに熱く語る宗岡の言葉が、自分の描いたものに対してならどんなに作家冥利に尽きる、号泣しているかもしれないと思う佐々木。

でも自分はただのパクリ野郎なんです。

宗岡があふれるほどのファンレターを持ってきてくれていました。

新人デビューの読切でこんなことは初めてだといいます。

佐々木は読んでくれている読者のことを思いました。

宗岡には佐々木がただ怖気づいているだけにしか見えない・・・描くか描かないか決めるのは佐々木自身だ、君が決めればいい。

覚悟を決めた

でも僕らは死ぬまで待つことになる・・・この素晴らしい物語の続きをと言われ、家に帰って佐々木は「ホワイトナイト」の続きを読んでみました。

すべて読み終えた時床にあおむけになりただ涙を流していたのです。

自分の頬を叩き描かなきゃと決意する佐々木。

連載3話分をネームにし、読み終えた宗岡はあまりの面白さに、笑い泣きながら椅子から転げ落ちてしまいました。

佐々木は真相を隠したままこの作品を世に送り出す覚悟を決めます

この世界でアイノイツキが発表する未来を奪ってしまったので、佐々木が描くしか・・・。

佐々木はこれは義務だと思い、罪の十字架を背負ったまま書くしかない…物語が終わるまで・・・。

佐々木が集英社から出るとき、学生に声をかけられました。

その女の子は藍野伊月と名乗ったのです。

タイムパラドクスゴーストライター第2話「始まってしまった物語」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

「ホワイトナイト」の本当の作者と同じ名前の子が佐々木の前に現れました。

どういうことなのでしょう。

<前話 全話一覧 次話>

タイムパラドクスゴーストライターの原作者・作画者の漫画をお得に読む方法

タイムパラドクスゴーストライターの原作者や作画者の漫画を今すぐお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめ!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、市真ケンジ先生・伊達恒大先生の漫画がいますぐお得に読めます!
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて市真ケンジ先生・伊達恒大先生がお得に読めます!
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで市真ケンジ先生・伊達恒大先生がお得に読めます!

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

まんがが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」

2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

2話を読んだ感想

タイムパラドクスゴーストライター第2話「始まってしまった物語」の感想をお伝えします。

後戻りできなくなってしまった佐々木。

電子レンジのコードを切ることができない時点で、佐々木はもう戻れなかったのだと思います。

「ホワイトナイト」を描くことができる自分と・・・。

もう「ホワイトナイト」の魅力に取りつかれていたのかもしれません。

宗岡の印象も、にこにこしていて少し軽そうなイメージでした。

しかし本当は漫画の大好きな熱血漢でしたね。

それだけ「ホワイトナイト」には魅力があるのでしょう。

読んでみたいですね。

佐々木だけが知っている本当の作者と同じ名前の子が現れました。

どんなことを話してくるのでしょう。

ホワイトナイトは今の時点でもう描かれているのでしょうか。

<前話 全話一覧 次話>

まんがが無料&お得に読める!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

原作者:市真ケンジ先生「ぼくらのQ」や作画者:伊達恒大先生「クロスアカウント」もお得に読めちゃいますよ♪

タイムパラドクスゴーストライターネタバレ2話!まとめ

こちらでは「タイムパラドクスゴーストライター 2話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと2話をまとめると・・

タイムパラドクスゴーストライター 2話のまとめ
  • 佐々木は自分のしている事を「盗作」かもしれないと思いつつも、10年後に世に出る漫画なので悪い事はしていないと思う。
  • もしかして佐々木は未来を変えてしまった?
  • 担当の宗岡は熱弁してくれるが佐々木は胸が痛い。
  • 佐々木は描くことが義務だと思うようになった。

この後の、どんな展開が待っているのでしょうか?