漫画ネタバレ

僕の名前は少年aネタバレ4巻(24話~最終話)マンガUPで無料

担任の命を奪った事件僕の名前は少年A

事件の真相は違った「僕の名前は少年A」。

結衣はどうなった山下の息子の事も気になる

 

こちらでは「僕の名前は少年A 4巻(24話~最終話)」までの展開・見どころをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ

 

僕の名前は少年a4巻(24話~最終話)のあらすじネタバレ

僕の名前は少年A第4巻のあらすじをご紹介します。

第24話:選択肢

担任の命を奪った事件僕の名前は少年A山下に刺され、崩れ落ちる結衣。

18歳までに父の命を奪った人間をこの世から葬ると考えていた山下。

 

間違った復讐を遂げずに済んでよかったといい、貴志にUSBメモリを渡しました。

そこには画像だけでなく、父が行った犯罪の映像も記録されています。

 

始めに見つけたのは山下の母で、すごく取り乱していたから自分が敵を討とうと思った。

もしレイプ犯で訴えられていても数年で出所したと思うので、家族3人で再出発できたはずだと山下はいいました。

 

貴志は恐ろしいものでも見るように山下に本気でそう思っているのかと尋ねます。

山下に言わせれば、家族を犠牲にした貴志の方が異常だと。

 

警察がやってきましたが、山下がけん制します。

貴志に少年Aから抜け出せるチャンスをあげる・・・選択は君にゆだねるがUSBを証拠に3年前の真実を話せと。

 

貴志には3年前のうそを守り続けるかどちらかの選択が迫られます。

なぜ選択をゆだねるのか貴志が尋ねると、山下は貴志が最後にどんな決断をするのか興味があるからだと答えました。

 

そして姉に利用して悪かったと謝っておいてという言葉を残して投降します。

第25話:情報提供者

担任の命を奪った事件僕の名前は少年A結衣はかなり危険な状態です。

貴志は警察で取り調べを受けていました。

 

警察は刺した男の身元もわかっているが、刺したことを認めた以外は何も話していないので、なぜ貴志ではなく結衣を狙ったのかと尋ねているのです。

 

貴志は参考人なので、迎えに来た母と帰ることに。

すると母はあの男の正体をずっと知っていたのかと聞かれます。

 

知っててずっと隠していたのかと。

3年前の真実は話したと言ったけれど、母はもう貴志の言葉は信用できないと涙を流しながら言います。

 

姉も取り乱していて、母がいなければ危険だし貴志の顔も見たくないと思う。

母も同じ気持ちだと言って去っていきました。

 

結衣の入院している病院にもマスコミが駆け付けていて・・・すると記者の小林に呼び止められます。

 

貴志は逃げますが、今回の犯人は山下の息子ではないかと問われました。

まだ警察から正式発表はありませんが嫌な予感がしていたと言います。

 

小林は一週間ほど前に山下を訪ねましたが、違和感を感じて彼の動向を追っていました。

しかし尾行に気づかれたのか姿を消してしまったのです。

 

もっと早く貴志と会って話していればと後悔しているというと、この事件は防げなかったと貴志は言います。

小林はSNSの画像は結衣だと情報提供があったと。

第26話:すべき事

担任の命を奪った事件僕の名前は少年Aその情報を伝えた人はだれかと貴志が聞いても、言うことができないと小林は答えます。

 

結衣の実名は報道されているので、じきに犯人も特定され3年前の事件と結び付けられて報道されると小林と話しているとき、ケンから電話が。

 

ケンは結衣がレイプされた被害者だと知っていました。

貴志は情報を提供したのがケンではないかと思い会うことにします。

 

貴志はストレートに小林に情報を伝えたのはケンかと尋ねました。

ケンはそうだと言い、自分がこうなったのは全部貴志のせいだ。

貴志を守ったためにいじめに遭い、それで人が信じられず人生が台無しになったと言います。

 

何でケンが結衣だとわかり、リークした理由はと貴志に聞きます。

ケンが情報をつかんでいて、結衣の人生を壊すために・・・貴志は思っていない。

ケンは今でも自分にとって唯一の親友だからと泣きながら言いました。

 

この前会った時にじぶんは親友に最低なことをして・・・ずっと味方でいてくれたのに深く傷つけたと謝ります。

 

あの日別れた後、しばらくは貴志のことを憎んだけれどケンも自分がこうなったのは自分が弱かったせいだとわかっていました。

 

イルカのキーホルダーがついていたから・・・事件前に貴志が同じものをプレゼントされて馬鹿みたいに喜んでいたから結衣だとわかったのです。

レイプされた結衣を守るために殺人が起こったのではないかと。

 

小林に話したのも、3年前の事件の時も単に頭のおかしい少年が起こした事件と考えていなかったので信用できると思い連絡したのです。

 

あの日ケンに本当は真実を話したかったのではないか?でも自分のことに精一杯でケンは気付けなかった。

 

ケンも涙を流し、3年前で時間が止まっているのだから貴志が真実を話さない限りきっと誰も前に進めないと言います。

 

貴志は結衣と秘密を共有している間は一緒にいられるけれど、真実を話せば自分の自首も無駄になり彼女は離れて行ってしまう、そう思っていました。

 

結衣を刺したのは山下の息子で、あの事件の真相は先生を殺したのが貴志ではなく結衣だと知ったから。

ケンは結衣の代わりに貴志が自首したことに驚きます。

 

どうするつもりだと聞かれ、貴志は自分のすべきことをしてくると告げて歩き出しました。

第27話:告白

担任の命を奪った事件僕の名前は少年A今自分と話したくないのはわかるけれど、3年前に何があったのか打ち明けると母にメッセージを貴志は残しました。

 

貴志の要望で顔出しでの告白を週刊アタックのサイトで報道することに。

貴志は3年前結衣に恋をしていたという話から始めます。

 

ある日担任の山下による性的暴行から彼女の笑顔が奪われたこと。

そして事件の当日現場を目撃して持っていたバットで山下を殴打した・・・殺すつもりで。

 

貴志には殺せませんでした。

母が驚いて殺していないならなぜ自首をしたのかと。

 

しかし貴志は最後まで話を聞いてと言いました。

結衣は意識不明なので、それをいいことに犯人にしようとしていないかと小林は尋ねましす。

結衣が性的暴行を受けていたこと、殺人を犯した証拠はあるのかと。

 

貴志は山下の息子にUSBを渡されていましたが、証拠はないと答えました。

結衣を守るために嘘の自白をしたなら、家族はその自白のために地獄を見た。

当時家族のことは考えなかったのかと小林は尋ねます。

 

貴志は考えないようにしていましたが、現実には母は店を失い姉は大学を中退しました。

全て自分のうそが原因だったのに、家族に対する誹謗中傷が始まっても嘘をつき続けていたと言います。

 

クラスメイト達も見なその動画を見いていました。

 

自分は母と姉の人生を台無しにしてしまい、信頼を取り戻せるとは思っていません。

小林はもし3年前に戻れるなら、同じ選択をするのか貴志に問います。

 

もう一度立ち会ったとしても、どういう選択が最善かはわからないけれど、もし戻れるなら別の方法で彼女を救いたいと言いました。

 

最後に結衣が刺された事件の犯人は3年前に殺害された先生の息子だが、加害者の彼に言いたいことは?

 

少年鑑別所で彼も週刊アタックを読んでいました。

3年前にもしも自分が嘘の自白をしなかったら、彼はこんな事件を起こさなかったかもしれない。

今回の事件も自分のうそが原因なのでと謝罪しました。

 

今度はマスコミが結衣の母に殺到しています。

結衣の母は全て少年Aのでっち上げで、結衣は何の落ち度もない被害者だと・・・目覚めたらすべて明らかになると話しました。

 

貴志が高校に登校します。

第28話:余波

担任の命を奪った事件僕の名前は少年A高校では少年Aが登校していると大騒ぎになっています。

職員室から貴志が出てくると河合が待ち構えていました。

 

あの告白から4日、しばらくマスコミはうるさいと思うけれどずっとじゃない、だから急いで結論は出さないようにと河合は言いました。

クラスメイトが騒いでいるので高校はやめるという貴志。

 

テレビでも少年Aの告白の特集をしています。

姉は山下のバッグの中から彼のもう一つの携帯を見つけていました。

その中には貴志へ向けた脅迫文やモザイクなしの結衣の写真が入っています。

 

姉は山下に利用されたのはわかっていましたが、携帯の暗証番号は二人が付き合った日でした。

第29話:お前のせいだ・・・

担任の命を奪った事件僕の名前は少年A小林から貴志に電話があり、結衣の意識が戻ったらしいと知らせてくれました。

結衣の母は事件をでっちあげていると怒っていますが、結衣は貴志が話したことは本当だと言います。

 

あの事件の前に結衣がレイプされていたなんて・・・母はショックを受けます。

結衣は事件の前に担任が家に来た日よりも前にレイプされていた。

担任は結衣に忠告しに来たのだと母に告げると、母は同様とします。

 

そこに警察が来ますが・・・。

警察発表は、少年の証言を裏付ける証拠もなく審判も決しているというものでした。

結衣の病室に先輩が入ってきて、あの日急に抱きしめたことを謝ります。

先輩は悪くないしまた話したかったと結衣が話すと、板倉からは会いたくないと聞いていたと言いました。

 

貴志が家に帰ろうとしていると、板倉が待ち伏せしていて結衣から病室まで連れてきてほしいとお願いされたと言います。

 

板倉はこの前の告白を嘘だと言い、自分の罪を結衣に擦り付けていると責めます。

しかし病院へは一緒に行くと言いました。

板倉は貴志を・・・。

第30話:背負っていく

担任の命を奪った事件僕の名前は少年A板倉と連絡が取れないので先輩は探しに行くことに。

 

板倉は自分が殺人未遂をしたことを貴志に攻められると思っていました。

 

結衣はなぜUSBを提出しなかったのかと貴志に尋ねます。

第31話:強く生きる

担任の命を奪った事件僕の名前は少年A貴志は審判のやり直しを求めようというつもりもないし、結衣がひどい目に遭っている映像を見せたくなかった。

結衣はいつも自分を犠牲にして守ってくれる貴志に驚き感動しています。

 

これからの自分の人生、彼の支えなしでは生きていけないけれど二人でなら生きていけると結衣は思いました。

貴志はケンに真実を話さない限り誰根も前に進めないと言われましたが、自分たち二人はそれだけではダメだから・・・今後二度とお互い連絡は取らないことにしようと告げます。

 

そしてもう彼女には会うことはないから、あなたが支えてあげてくださいと先輩にお願いしました。

 

学校から退学について、保護者の同意も必要だと言われますが母は高校を卒業してほしいと伝えます。

もう一度チャンスをくださいと頭を下げました。

 

結衣はリハビリを続けています。

病院では陰口も言われていますが、先輩が力になってくれているので自分がもっと強くならないとという結衣。

 

貴志が登校すると周囲はざわざわしています。

しかしクラスメイトの一人がおはようとあいさつしてくれました。

最終話:それぞれの明日へ

担任の命を奪った事件僕の名前は少年Aあの告白から5年の月日が流れ、貴志の告白はマスコミには大々的に取り上げられましたが、警察は一切認めませんでした。

 

友人や母の助けもあって卒業することができ、そして何より河合さんが大きな支えになってくれました。

ケンは学生になっていて、来年は就活です。

河合は保育士になっていました。

 

結衣は講演会で自分のことを話しています。

先輩も聞きに来てくれていましたが、5年を費やしても彼女の支えにはなれませんでした。

 

山下の息子は母を介抱しに病院に通っています。

 

月曜日、貴志は河合と母のところに行き、はじめて姉の子供・葵に会わせてもらいました。

8年の月日が流れて今は平穏な日々を送っていますが、忘れることはないし死ぬまで考え続けるのでしょう。

 

僕の名前は少年A第4巻のあらすじをネタバレでお伝えしました。

証拠がなかったので何も罰せられませんでしたが、結衣は自分の罪を背負って活動しています。

貴志は新しい生活に・・・。

 

<前話 全話一覧 次話>
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ

 

 

4巻(24話~最終話)を読んだ感想

僕の名前は少年Aを実際に読んだ感想紹介画像貴志が13歳と幼かったから嘘をついてしまったのか・・・それにしてもたくさんの人を巻き込んでしまいました。

 

結衣も貴志もどこにでもいそうな・・・むしろまじめな中学生だったのに。

山下と出会ってしまったために起きてしまってのだと思います。

 

貴志は自分の母や姉よりも、結衣のことが大切だったのでしょうか。

ただ幼くて14歳以下だから、少しするとまた元通りと思ったから・・・こんなに大変なことが待ち受けていると思わなかったのだと思います。

親友のケンちゃんまで巻き込んでしまって・・・。

 

大変な事件なので終わり方もスッキリしないのは当たり前ですが、これからの将来のことを思うとあまり救いがないのかもしれません。

 

それが人一人の命を奪ってしまったという罪を背負っていくという事なのでしょう。

 

<前話 全話一覧 次話>
マンガUP!
マンガUP!
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted withアプリーチ

 

 

僕の名前は少年aネタバレ4巻(24話~最終話)!まとめ

こちらでは「僕の名前は少年A 4巻」をご紹介しました。

ザっと4巻をまとめてみます!

 

僕の名前は少年A 4巻のまとめ
  • 山下の息子は父の命を奪った者に18歳までに復讐するつもりでいた。
    そして間違った人を刺さなくて良かったと、貴志にUSBを渡した。
  • 貴志は3年前の事件の真相を告白する決意をした。
    自分のついた嘘で、家族の人生をめちゃくちゃにしてしまった・・と。
  • 過去に戻る事が出来たら、別の方法で彼女を救いたいと語った。

事件の背景には色んなことがあったんですね・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。