少女/女性漫画

捨てられた皇妃ネタバレ137話!あらすじ感想!血の繋がりよりも大事な・・

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは137話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法





捨てられた皇妃137話のあらすじネタバレ

捨てられた皇妃第137話のあらすじをお伝えします。

皇帝が血の繋がりも私を選ぶなんて・・・!?

陛下はアリスティアに、僕は子供がいなくてもかまわない・・・君と一緒ならそれでいいと抱きしめながら伝えました。

 

だから・・・と次の言葉を伝えようとした時・・・涙が止まらないアリスティアは皇太子を両手で遠ざけると、申し訳ございません陛下・・・失礼いたしますといい部屋をあとにしました。

 

あのまま・・・彼の腕の中にいてはいけないのか・・・アリスティアは皇宮の廊下を駆けています。

目をつぶって耳をふさいだまま、夢を見ちゃいけないの?

立ち止まって嗚咽するアリスティアを、後ろから誰かがやってきました。

 

陛下がアリスティアの肩にジャケットをかけました。

アリスティアと向き合うと、今から少し出かけないか?

陛下の手に恐るおそる手を重ねました。

 

外にはたくさんの人がいて、にぎわっていました。

こんなところがあったなんて・・・アリスティアは感動しています。

感動して大きな声が出てしまい・・・陛下に誰かに見つかってしまうと言われてしまうほどでした。

 

陛下に気に入ったかと聞かれて、とても美しいところですねとアリスティアは答えました。

皇宮にいると、君は僕を皇帝としか見てくれそうにないから・・・いつか抜け出してみたいと思っていたんだ。

 

一度くらいは僕を僕として見てもらいたいという陛下に頬を赤らめるアリスティア。

突然キスを・・・何度も・・・。

アリスティアも自然に受け入れて・・・これはすべてここの景色のせい・・・青い月光に酔ってしまったせいよ。

今日くらいは素直になりたい・・・陛下に抱き着くアリスティア。

 

どうやって帰ってきたのか思い出せない・・・ベッドの中でアリスティアは思い出していました。

陛下が、アリスティア・・・未来を決めつけ絶望したりしないでくれ。

 

大神官も、皇宮医も希望を持てと言っている・・・万が一子を産めないかもしれないということで、僕を遠ざけようとしているのなら・・・僕は子がいなくても関係ない。

後継ぎならどうだってなる・・・君がいれば僕は、この血が途絶えたってかまわないんだ。

気の迷いなどではない・・・僕は本気だ。

僕を拒む理由がそれなら、どうか考え直してくれないか?

 

嘘でしょ・・・皇帝が血の繋がりも私を選ぶなんて!

そんなことを周りが許すはずないのはわかってるけど・・・彼の言葉が素直にうれしかった。

 

でもいけないわ・・・私が揺らげば互いに傷つくだけ・・・次会えばしっかりとお断りしよう。

そんなことは許されないとお話ししよう・・・だから今夜くらいは喜んだっていいよね?

アリスティアの目から涙がぽろぽろとこぼれます。

好きになってもらえたことに、幸せに感じたっていいよね?

明日、この涙が渇けば・・・いつもの私に戻ろう。

バラの蕾から・・・!?

アリスティアにバラの蕾から会って話がしたいと連絡があり。ラニエル家の紋章・アマランタインに関する文書を入手して「あの」存在を確認しました。

 

ポエナ関連の協力者発見・・・今後の指示を待つ。

ブドウの芽が移転するウワサあり・・・こちらも指示を待つ。

 

手紙を読みながらアリスティアは、やっと秘密の文書が見つかったのね・・・それに「あれ」の存在も確認できたのなら、あとはあれがゼナ一族の者だということが分かればいい・・・。

 

いずれにせよ、今すぐ助けるのは難しそう!

調査していることに気づかれてしまうと、何をされるかわからない。

証拠が揃ってから行動に移さないと・・・。

 

アリスティアはバラの蕾に会いに行きました。

相手が攻撃してこようとしましたが、アリスティアは打ち返します。

私が騎士だということをお忘れですか?見くびられては困ります。

 

そろそろ潔く諦め協力されてはいかがですか?

それとも応じる気がないということでしょうか?

 

保管場所・・・それ以上は話せないというのでアリスティアは、保管場所だけだと物足りませんが聞いてはみましょう。

 

盾と剣・・・それからバラが彫られた判だと言ったよな?

あれさえ入手すれば、この間入手したラニエル伯爵の文書と前にアフィーヌ伯爵からもらった文書からゼナ公爵の罪を暴けるはず・・・。

上手くいけば陛下に毒を盛った罪も立証できるわ。

 

もちろん貴族傷害罪ではなく、反逆罪となるから簡単なことではないだろうけど、すでに確保した大神官の証言と、イアン・ベルロットや他の使用人の証言…まだほかにも証言はあるから不可能ではない。

 

私なりに家中を探してはみたが見つからなかった・・・もし本当にうちにあるなら心当たりがあるのは一か所だけ。

家主しか入ることのできない秘密金庫だ。

 

その金庫の位置は、私の条件を飲めば教えてやる・・・金庫は書斎にある。

左から二番目の本棚・・・紫の本を手に取れば出てくる・・・しかし気を付けろ。

 

やみくもに侵入すれば大変なことになる・・・あの家を舐めてかかれば痛い目に合う。

アリスティアは、挑戦的な目をして・・・痛い目合って見ようではありませんか。

急がなきゃもう時間がないわと思いました。




陛下に盛られた毒・・・!?

そうこうしているうちに建国記念祭の時期になり、六人の大神官の半数が一か所に集まるのは異例のことで、今年は神殿と協力して執り行うことになりました。

アリスティアと美優も協力して行うことに・・・。

 

大神官は陛下に前回よりも毒の亮が増えているからと注意しました。

毒がどのように盛られたか調べたら、陛下の食事の毒見をしていた使用人たちが中毒症状を見せています。

 

記念祭が終われば、すぐさまイアン・ベルロットの娘を助け出し実行に移そうということになりました。

しかしアリスティアは、順調に進んでいるはずなのに、調べれば調べるほど影がかかっていくような気がしています。

 

 

捨てられた皇妃第137話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

建国記念祭の時期になり、六人の大神官の半数が一か所に集まっています。

いろいろな事実が判明してきているのに、なぜアリスティアは影がかかっているようなのでしょう?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


137話を読んだ感想

捨てられた皇妃第137話の感想をお伝えします。

陛下は血のつながりよりもアリスティアが大切だと思っています。

前世の陛下とは別人のようです。

 

アリスティアはどうなのでしょうか。

もちろん陛下にひかれているようです。

 

しかし全部うまくいっているように見えることが、アリスティアにとっては影がかかっているようだと言います。

大神官が付いているので大丈夫なのだと思うのですが・・・。

 

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




捨てられた皇妃ネタバレ137話!まとめ

こちらでは137話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

捨てられた皇妃 137話のまとめ
  • 陛下とアリスティアは皇宮を抜け出して出かけた。
  • アリスティアはバラの蕾に会いに行った。
  • アリスティアは調べれば調べるほど影がかかっていくような気がしている。

抜け出して出かけたシーンが良かったです!

<おすすめゲーム>