少年/青年漫画

捨てられた皇妃ネタバレ125話!あらすじ感想!嫉妬心

ハマるストーリー「捨てられた皇妃」。

皇帝陛下の事がショックこれからどうなる

こちらでは「捨てられた皇妃 125話」の展開・あらすじをご紹介します。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

漫画7.3冊分が実質無料で読めるサイトも?!

【2021年最新】マンガを読むのにおすすめの電子書籍サイト大手20社徹底比較今回は数ある電子書籍サイトの中から、「どこが1番お得に読めるのか」を軸に徹底検証しました! 紙のマンガから電子コミックに切り替えようか悩んでいる方、今使っている電子書籍サイトから乗り換えを検討している方、必見です!!...


捨てられた皇妃125話のあらすじネタバレ

捨てられた皇妃第125話のあらすじをお伝えします。


アリスティアと父

今晩僕と一緒にいてくれないかと言われたアリスティア。

陛下それはどういう・・・と思わず聞き返しました。

 

一人では・・・夜を超えられそうにないと言います。

やはり無理だよなという陛下に・・・すっかり過ごしやすくなり、夜風に当たりながら散歩をしたいと思っていた・・・よろしければご一緒にいかがですか?と言ったアリスティア・・・。

 

アリスティアの父が第2騎士団に配属されるため、転出申請書を出してきたと言いました。

第1騎士団であのようなことがあったから、やはり不安なのだろうという陛下。

 

意外だった・・・普段あまり感情を表に出さない人ではないか・・・君への愛がそこまでだとは思わなかったと陛下は言いました。

 

実は私も父との間に壁を感じていました・・・いつも無口で私と父の間に会話はほぼなく・・・てっきり父に愛されていないのだし思っていたのです。

しだいに私の方からも距離を置くようになりました。

 

どうやってその距離を縮めたのだという陛下にアリスティアは答えました。

ある日夢を見たのです。

 

とても孤独な夢でした。

まるで世界に一人残されたような・・・耐えきれず父に救いを求めたところ・・・どれほど温かく包み込んでくれたことか・・・。

 

表に出さないだけで父はいつも私を想ってくれていたのです。

先皇も表に出されなかっただけです。

 

先ほど信用してもらえなかったとおっしゃっていましたが、違います。

先皇は陛下を信じ、誇りに思っていらっしゃいました。

 

皇太子妃候補の王女たちが宮殿に見えた時、先皇が仰っていました。

陛下を信じているから、陛下の決定を尊重すると・・・。

生意気ながら信頼されているならどうして殿下に厳しくされるのかと伺ったこともあります。

先皇は心は痛むが、その役割をする人が自分しかいないとおっしゃっていました。

陛下は後に帝国を収めるお方になられるので・・・。

 

アリスティアは木を見上げていました。

もう何年もつぼみのまま・・・そろそろ花開いてもいい頃だと思うけど、何が原因なのだろう。

 

まだその花が気になっているようだという陛下。

陛下からお話を聞いてからどうしても・・・と言うアリスティアに・・・木がダメになってしまったわけではないから待ってみようと言いました。

アリスティアの母と皇后陛下

ここでは君といろんなことがあった。

僕は君のことを誤解していたようだ・・・実は数年前まで君を恨んでいた。

存じておりますというアリスティア。

 

僕の母は亡くなった皇后陛下でない‥・皇后陛下の息子として育てられただけで、僕の母は皇宮で働いていた下女だった。

アリスティアも知らなかったようです。

 

その事実が知れ渡っていいことなどなかったため、生まれてすぐに皇后陛下にゆだねられたが、実施ではない陛下をかわいがるわけがなかった。

 

それでも本当の母だと思っていたのに・・・実母は別にいると知り頭が真っ白になった。

そんな時にアリスティアの母君と知り合い、頻繁に会っていたわけではないけれど・・・と気に厳しくしてくれる君の母君が好きだったし・・・母というのはこういう人のことを言うのだろうと思っていました。

 

ある日皇宮に十数人の暗殺者が忍び込んできたのだが、公爵夫人は本能的に君をかばった。

隣にいた僕ではなく・・・当然のことで・・・君は何も悪くないのだけれど・・・僕を守るように騎士に叫ぶ皇后陛下ととっさに君をかばった侯爵夫人の姿があまりに見違って見えて、なぜかすごく腹が立った。

母親のように思っていた人に見捨てられたように心が痛かったのだ。

<おすすめゲーム>

アリスティアに嫉妬していた・・・!?

侯爵夫人は君の実の母だから当然だけれど、あの冷たい皇后陛下までなぜか君には優しかったから・・・。

 

僕には優しさなんか見せたことなどなかったのに・・・君は僕が欲していた愛を一身に受けていた。

 

父もいつも君のことをほめていたが、歯を食いしばり負けまいと努力を重ねる僕をほめてくれることはなかった。

 

だから僕は君を好きになれなかったし、羨ましかった。

成長とともに、にくしみがどんどん強くなっていったように思う。

 

だからと気を遡る前の彼は、あんなにも私を嫌っていたのね。

あの時のことを許したり、忘れることはできないけど、少しは彼のしたことが理解できた気がする。

 

ありがとう・・・君が今の話をしてくれなかったら僕はずっと父のことを誤解したままだっただろうという陛下。

 

アレスティアも先皇のお気持ちをお伝え出来良かったですと言いました。

人は亡くなると星になるというけど、地上に残した誰かに見上げて欲しくて光り輝いているのかしら・・・と考えていたら、陛下が肩に持たれて眠っていました。

 

いくら思いを寄せても嫌われただけだった一度目の人生。

彼に振り向いてもらえたのに、一緒になれない今・・・どうしてこうなってしまったの・・・。

陛下の目からは涙がこぼれていました。

 

アリスティアはこのままでは首が痛そう・・・せめて幸せな夢を見せてあげたい。

気が付くと・・・うそでしょ・・・どうして私が皇帝陛下の寝室で朝を迎えるの?

 

陛下は朝まで大貴族と過ごされたそうだから、おかしな噂が回ることはなさそうだけど・・・。

皇帝陛下からメッセージが届いていました。

会って話がしたかったが、人の目があり手紙にした・・・昨夜はありがとう…あまり良く覚えていないがおかげでいい夢を見た気がするというものでした。

 

捨てられた皇妃第125話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

皇帝陛下の寝室で目覚めたアリスティア。

皇帝陛下のカードにはおかげでいい夢を見た気がすると書かれてあったので、アリスティアのおかげなのでしょう。

 

<前話 全話一覧 次話>




捨てられた皇妃をお得に読む方法

以上「捨てられた皇妃 125話」ネタバレのご紹介でした!

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなくイラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

 

「捨てられた皇妃 」を読む事はできませんが、SNSで話題のマンガをお得に読みたい方におすすめしたいのが「まんが王国」です!

毎日最大50%ポイント還元でお得にマンガを読むことができるので、イラスト付きで楽しみたい方はぜひ試してみて下さい!

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。


有料会員に登録すると即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大50%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

会員登録は無料会員と月額会員の2パターンあるので、自分に合った方法で登録してみてください♫

125話を読んだ感想

捨てられた皇妃第125話の感想をお伝えします。

陛下がアリスティアのことを恨んでいたことはアリスティアも知っていましたが、それが誤解であったことに陛下も気づいていたのです。

誤解と言うより、ヤキモチですね。

 

陛下の好きな人たちが、みんなアリスティアに優しかったことが嫌だったのでしょう。

本当は陛下が亡くなる前に知ることができればよかったのですが、心は痛むが、その役割をする人が自分しかいないとおっしゃっていたと聞いて気持ちは伝わったのだと思います。

 

この夜を境にふたりの距離が縮まるといいですね。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

漫画7.3冊分が実質無料で読めるサイトも?!

【2021年最新】マンガを読むのにおすすめの電子書籍サイト大手20社徹底比較今回は数ある電子書籍サイトの中から、「どこが1番お得に読めるのか」を軸に徹底検証しました! 紙のマンガから電子コミックに切り替えようか悩んでいる方、今使っている電子書籍サイトから乗り換えを検討している方、必見です!!...
<スポンサーリンク>

捨てられた皇妃ネタバレ125話!まとめ

こちらでは「捨てられた皇妃 125話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

捨てられた皇妃 125話のまとめ
  • 一緒に夜を過ごしてくれないかといわれた事に、散歩に誘ったアリスティア。
  • 自分の母親は亡くなった皇后陛下ではなく皇宮で働いていた下女だったことを告白した陛下。
  • アリスティアが愛を受けていたことに嫉妬していたと言う。

2人の距離が縮まったのでしょうか?