少女/女性漫画

捨てられた皇妃ネタバレ116話!あらすじ感想!陛下への反発

ピッコマ先行配信「捨てられた皇妃」。

異世界ファンタジーが好き絵が美しい

こちらでは「捨てられた皇妃 116話」の展開・あらすじをご紹介します。

 

<前話 全話一覧 次話>

捨てられた皇妃はお得に読むことができます。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTでは即日漫画が読めるポイントを600円分もらうことができます。

ポイントでいますぐ「捨てられた皇妃」がお得に読めちゃいますよ♪

捨てられた皇妃116話のあらすじネタバレ

捨てられた皇妃第116話のあらすじをお伝えします。

初めて陛下に反発したルブリス

会議の最終日に、父に対して嫌だと告げてルブリス。

 

国王の決定を拒否するのか?と聞かれても、アリスティアと美優のことを言く決めてしまうなんて同意できませんと言いました。

 

今までまるで家来のように陛下に従ってきたルブリスが、公の場で陛下の決定に反対するなんてと皆驚いています。

 

陛下はたまらず、ここにいるみんなが同意しているというのに、反対する理由は何なのか尋ねます。

ルブリスはゼナ侯爵に聞きました。

陛下の質問に答える前に一つ教えて欲しいと。

 

美優を次期皇妃にするという決定に従う代わりにあなたは、次期皇后より先に美優を皇宮に住まわすという条件を持ちかけるつもりではありませんか?

 

そのつもりでしたと答えるゼナ侯爵。

ルブリスの手伝いをする女性が一人はいた方がいいのではないかということでした。

 

そんなことを考えていたのかと思い・・・とルブリスは答えました。

今ここで次期皇后と皇妃を決定したとしても、アリスティアはもう一年、成人するまで時間があります。

 

先に皇妃迎えるとなると、美優の方が皇后の任務をしてしまうことになってしまいます。

モニーク侯爵令嬢とは違って素質があるかどうかもわからない女性が・・・です。

 

しかし・・・とルブリスに次期皇妃が次期皇后の代わりを務めるのは当たり前だと。

本格的に政務を執行され始めた殿下のおそばには、補佐するものが必要・・・と言われると一人でできているので何も問題はありませんと答えました。

あと一年予定通り待ってほしい

陛下はニヤッと笑みを浮かべ、それではルブリスはどうしたいのだと尋ねました。

ルブリスは、モニーク侯爵令嬢が成人するまでの間のあと一年…当初の予定通りあと一年待ってほしいと・・・。

 

政務は自分一人で十分だと言い、その間美優に素質があるかどうかも確認できると言いました。

一年後アリスティアが成人する日にきちんとした回答をしたいと告げます。

 

いつも陛下の決定には必ず従ってきたお方が反対なさるとは・・・生きていると何があるかわからんと笑いました。

これであっちに先手を打たれることはありません。

 

しかしアリスティアの方が素質があることを証明してくれば、次期皇后となる可能性もあるということ。

こうなった以上は「神に選ばれし子」と同じ線上に立てるのは「神に選ばれし子」のみだから・・・あの子を皇室に嫁がせる覚悟をした方がいいかもしれないというと、それには同意できないとケイルアンは言います。

 

ティアの気持ちを第一に考えたい。

ケイルアンはティアを思い浮かべながら、たとえどのような犠牲が伴おうともあの子だけには・・・。

 

その頃。ルブリスはアリスティアを優しく立たせて手を繋いでいました。

その様子をじっと見ている美優。

 

アリスティアは、完全に油断してしまっていてバカみたい・・・それなりに未来に備えてきたつもりだったけれど、いざ巨大な闇の前に立つと自分はあまりにも無力だと思っていました。

 

いつだったか忘れてしまったけれど、以前もこんな気分になったことがあったのです。

まるで深い海の中に沈んでいくみたいに・・・。

水の中に入っているようになんだか息苦しく何かを叫んでいるようなルブリスが見えて・・・。

アリスティアの気持ちを尊重するというルブリス

アリスティアはいい香りがすると感じていました。

そしてなんだか温かく、このまま眠れそう・・・とぼんやりしていたら、すまないと言っていきなり抱きしめられたのです。

 

すまないアリスティア・・・と抱きしめられて戸惑っています。

貴方がと自分と結婚する気がないことを知りながら、決めなくてはいけないことを来年へと先に延ばしてしまった!というルブリス。

 

アリスティアにがっかりされたとしても仕方がない。

なんの力にもなれなかった・・・今の僕にはあれが限界だったのだ・・・力になれず本当にすまないと言われても、むしろ自私のためには時間を稼いでくれたというのに、何を的外れなことを言っているのだろうと思っています。

一国の皇太子が自身を否定するような発言をするなんて・・・。

 

君に約束するとルブリスは言いました。

もし一年後も気味の気持ちに変化がなければ、自分は君の選んだことに反対はしないと。

自分は一切何も強いることはないと誓うと言います。

 

君のしたいことを何一つ諦める必要はないといわれました。

その言葉にアリスティアは、こらえていた涙があふれてしまいます。

 

食事をしていると、普段彼が食べることのない食材が用意されていて・・・自分のために用意してくれたのかとアリスティアは思うのでした。

 

今度は外を歩きながら、アリスティアの母について…立派な人だったと話してくれます。

幼い頃、きみの母君に叱られたことがあると言いました。

 

ずっと秘密にしてきたけれど、三歳くらいの時父に連れられてモニーク邸に行ったことがあったが大人たちの話が長くて退屈してしまい、一人で定内を歩き回っていた。

 

すると扉の開いている部屋があって室内にを見てみると、とても気になるものが!

王笏のようなものが置かれていたのです。

飾りの細かな色や形の特徴までもしっかりと覚えていました。

 

<前話 全話一覧 次話>

捨てられた皇妃をお得に読む方法

捨てられた皇妃を今すぐお得に読みたいならU-NEXT」が一番おすすめ!

まんが王国 こちらでは配信がありませんでした。
U-NEXT 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、捨てられた皇妃がいますぐお得に読めます
FODプレミアム 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。ポイントをためて捨てられた皇妃がお得に読めます。
music.jp 30日間無料+600円分のトライアルポイントで捨てられた皇妃がいますぐ無お得に読めます。

本日U-NEXTにお試し加入すると漫画購入に使えるポイント600円分が今すぐもらえ、ドラマやアニメも14000本以上見放題になります。

もちろんお試し期間中いつでも解約OK&月額も31日間無料!

しかも解約しても漫画はそのまま継続で読めて安心です。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」
2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

116話を読んだ感想

捨てられた皇妃第116話の感想をお伝えします。

美優の悔しそうな表情が印象的でした。

記憶があるのなら、おかしいと思ってしまうはずです。

絶対自身がありそうなので、また自分が選ばれるものだと思っていたのではないでしょうか。

 

アリスティアは以前自分が望んだ状況になっていますが、あまりにもひどい仕打ちを受けていたので簡単に受け入れることはできないと思います。

 

ルブリスはとても必死なようですが・・・。

記憶がないとはいえ、アリスティアにしていたことはかなりひどい事だったので、信頼を取り戻すためには努力が必要です。

 

美優は前回はたぶんアリスティアより長く生きているので、いろいろなことを知っているかもしれません。

素質の面と言われアリスティアにはかなわないと思いますが、あの後にいろいろ学んでいたとすれば…勝負はわからなくなってしまいます。

でもアリスティアの気持ちが一番大切ですね。

 

<前話 全話一覧 次話>

捨てられた皇妃はお得に読むことができます。

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTでは即日漫画が読めるポイントを600円分もらうことができます。

ポイントでいますぐ「捨てられた皇妃」がお得に読めちゃいますよ♪

捨てられた皇妃ネタバレ116話!まとめ

こちらでは「捨てられた皇妃 116話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

捨てられた皇妃116話のまとめ
  • 陛下に反発したことに皆驚いている状況。
  • あと1年、モニーク侯爵令嬢が成人するまで予定通りに待って欲しいとルブリスは言う。
  • アリスティアはしたいことを諦めなくてよいと言われて涙を流す。

モニーク邸で気になった物の正体は何なんでしょうか?