少女/女性漫画

捨てられた皇妃ネタバレ113話!感想!どちらも神に選ばれし子

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは113話の展開・あらすじをご紹介します。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額

捨てられた皇妃113話のあらすじネタバレ

捨てられた皇妃第113話のあらすじをお伝えします。

フィオニアとグラスペは神によって名前を与えられたので、どちらも神に選ばれし子だという大神官

あくまで神殿側が言い張っていることでございますという大神官。

皇太子は神殿が言い張っているということは、大神官自身はそう考えていないということか?

 

神のお告げは一つ一つに意味があって、過去のお告げ自体を覆してしまうような新しいお告げはないのだと・・・。

 

フィオニアとグラスペは神によって名前を与えられたので、どちらも神に選ばれし子なのです。

 

質問が大神官に飛びます。

そんなことがあるんですか?それは本当のことなのですか?

 

大陸に六人しか存在しない「大神官」・・・彼らは普通の神官とは違っていて、ビタの神様の力を持って生まれ、その誕生がお告げによって知らされるというほどの特別な存在です。

 

六つの名前を継承しながら生きていく大神官たちは、ビタ教団の頂点に君臨している。

常に旅をし、主神の意志を形にしながら富や名誉には全く興味がないので、大貴族でさえも彼らの力を借りるのは困難です。

 

そんな彼の意見は神殿の考え方よりもとても大きな影響力を持つのです。

アリスティアは、自分の神に選ばれし子なの!?

 

大神官はアリスティアに、あなたは五年前に神の声を聴きましたねと言いました。

アリステイアが驚いて答えられずにいると、昨日グラスペに名が授けられる声も聞いていましたと言い当てられます。

 

どうしてそれを!?というアリスティア。

昨日の午後サンクトゥス・ビタの中心部聖なるサンクトゥアリウムで、私は主神の声を聴くアリスティアを見ていたと大神官は言いました。

 

主神の声を聴くことができるのは、私たち大神官と神に選ばれし者のみです。

美優も何も話してはいませんが、私たちと同じ神聖力が感じられると大神官は言いました。

アリスティアは美優に神聖力があることに驚いています。

 

これらの理由により、主神の第三の根テルティウスは、二人どちらも神に選ばれし子だと考えています。

 

会議が終わりエンテアとイリアはドアの前でアリスティアを心配そうに待っていました。

どうしてここにとアリスティアに言われると・・・心配でいてもたってもいられなくて・・・大丈夫でしたか?と尋ねました。

 

系派閥から追放されるかもしれない私に、こうして会いに来て大丈夫なの?

何をおっしゃっているのですか・・・。

らしくありませんわね・・・弱音を吐くのはまだ早いです。

堂々と闘ってください・・・これまでのようにと二人に励まされるアリスティア。

その様子を皇太子は少し離れた所から見つめていました。

運命の開拓者・・・その名に恥じぬように道を切り開いて・・・!?

大神官は陛下に、お久しぶりです…帝国の太陽と言いました。

名前が変わったのだな・・・もう年ぶりか?それなのにそなたは昔のままだ。

この間、朕が寝ているときに来てくれたと聞いたけれど・・・起こしてくれればよかっただろうという陛下に、そうしたかったのですが、若き太陽に連れまわされまして・・・皇宮に、ラス邸に・・・という大神官。

 

度々苦労をかけ、申し訳ない・・・謝礼は必ずするという皇太子に、力になれたのでしたら幸いです。

謝礼はいいので、ぜひ神殿に一度お越しくださいと言われ、ビクッとする皇太子。

 

フィオニア様とご一緒に・・・おまちしていますね?と大神官が言うので、都合を合わせてみようと仕方がなく返事をする皇太子。

 

それではお二人に祝福を捧げてそろそろ失礼いたします・・・大神官の祝福が陛下と皇太子を包み込み・・・少し離れていた所にいるアリスティアにも降り注ぐのでした。

 

エンテアとイリアは気が付いていませんでしたが、アリスティアは急にからだが軽くなったと感じていました。

 

大神官は、私にできることはここまでです・・・フィオニア様、ここからはあなたの力で

道を切り開いて行くのです・・・といい去って行きました。

運命の開拓者・・・その名に恥じぬように・・・。

ティア久しぶり・・・私のいない世界は存分に楽しめた・・・!?

第一の関門は無事に突破したわ・・・午後からはもっと気を引き締めないと。

ドアを開けると、目の前には美優が立っていました。

 

二度目の美優との出会いです。

美優は時がさかのぼる前と同じ恰好・・・制服を着ています。

 

前世では、いつも明るく笑っていた美優・・・神に愛され全てを手に入れた美優。

今回はどうかしら?また友達になろうって言ってくるのかしら?

 

美優が口を開きかけた時、アリスティアはゾクッとしました。

ティア久しぶり・・・私のいない世界は存分に楽しめた?

アリスティアは美優が何をしているのか、一瞬意味がわかりませんでした。

呆然としているアリスティアを美優は・・・不敵な笑みを浮かべて見つめていたのです。

えっ?

 

捨てられた皇妃第113話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

美優がようやく口を開きました。

今まで話さなかったのは、アリスティアを動揺させるためだったのでしょうか?

アリスティアだけではなく、美優まで生まれ変わってもう一度生きているということ?

午後はどうなってしまうのでしょう。

 

<前話 全話一覧 次話>

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

捨てられた皇妃をお得に読む方法

以上「捨てられた皇妃 113話」ネタバレのご紹介でした!
せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなくイラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

そんな方におすすめしたいのが「まんが王国」です!
毎日最大50%ポイント還元でお得にマンガを読むことができます。

最新話をイラスト付きで読みたいと思った方は是非、試してみて下さい!

無料で読める作品が
3,000作品以上!

引用:https://www.amazon.co.jp/

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

有料会員に登録すると即日最大3000ポイント追加付与!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

会員登録は無料会員と月額会員の2パターンあるので、自分に合った方法で登録してみてください♫

実質無料で漫画を読む方法

マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...

113話を読んだ感想

捨てられた皇妃第113話の感想をお伝えします。

アリスティアと美優はどちらも神に選ばれし子だったのですね。

なんとなく大神官が気にかけているのは、アリスティアのような気がします。

 

今回もきちんと証明してくれましたし、帰り際に祝福もしてくれています。

運命の開拓者のアリスティア・・・頑張って切り開いていると思いますが、道が険しすぎるのだと思います。

 

皇太子もきっとアリスティアのために動いてくれているのでしょう。

それで大神官が連れまわされていたと陛下に伝えたのかもしれません。

 

エンテアとイリアも自分たちのことは顧みずに、アリスティアを心配して、応援してくれています。

一緒にいるときに祝福されましたが、やはりアリスティアにしかその感覚は分からなかったみたいですね。

 

美優が今まで何も話さなかったのは、どんな意味があるのでしょうか?

アリスティアを動揺させるため?

それとも午後になにか起こすためなのでしょうか?

とても心配です。

これ以上アリスティアが悲しむことがありませんように。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額

捨てられた皇妃ネタバレ113話!まとめ

こちらでは113話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

捨てられた皇妃 113話のまとめ
  • アリスティアは美優に神聖力があることに驚く。
  • 美優が口を開きかけた時、アリスティアはゾクッとした。
  • 「私のいない世界は存分に楽しめた?」と言った美優。

美優まで生まれ変わってもう一度生きている?