少女/女性漫画

捨てられた皇妃ネタバレ112話!あらすじ感想!大神官の所へ

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは112話の展開・あらすじをご紹介します。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額

捨てられた皇妃112話のあらすじネタバレ

捨てられた皇妃第112話のあらすじをお伝えします。

大神官に会いに来たアリスティアは・・・!?

もう一度同じ人生をやり直すならば、美優が主人公の人生ならば・・・どうして私に望みを与えたの?

どうして私に氏名を与えたの?

 

アリスティアは馬車に乗り込みんで、邸宅でよろしいですかと聞かれました。

いえ、神殿までお願いしますと告げました。

 

アリスティアは自分は・・・運命を切り開くものだと聞いていたので、そうではなかったのかと・・・。

どうして自分の時間は、巻き戻されてしまったのか!

 

神殿について尋ねると、今は大神官との面会の申し込みは受け付けていないと言われます。

アリスティアはどれくらい待っていればお会いできますかと尋ねますが…本日は面会申請受付の予定がないと断られてしまいます。

 

神官たちの態度は、5年前に来た時とは明らかに異なっており、冷たい視線を感じるのです。

神様にお祈りされるならば、祈祷室に案内すると言われますが、自分ひとりで行けると答えました。

 

大神官に問い詰めたかった・・・祈祷室に行ったとしても五年前のように神の言葉は聞こえないはず。

大神官を探しているアリスティアの近くに、黒い影が見えています。

 

誰かが人差し指で何かを指すと、ガチャッという音がしてアリスティアは驚きます。

いつの間にか中庭のようなところに出ていました。

 

アリスティアの周りをたくさんのハトが飛んでいて・・・神殿にこんな空間があったなんて・・・。

まぶしい・・・できることならば、もう一度神の声を・・・と祈ります。

 

するとそなたは私の愛する者、運命に甘んずる者という声が聞こえてきました。

その声に戸惑うアリスティア。

あなたが存在するところに、あなたの運命も存在し・・・頭の中は響き渡る声。

あのときとおんなじ、強い余韻を残し、広がっていく。

 

あなたの望んだところがあなたのいるところです。

そなたは運命をつかみ取る者。

美優・グラスペ・・・。

 

間違いなく、これは美優に名前を与える神様の声!

私の声が届いたのかもしれないと思い、もう一度神にお願いをしました。

 

五年前のあの日のように・・・もう一度私に答えを教えてください。

シーンとしてしまっていて・・・やはりもう私の言葉には答えてはくれないとしょんぼりして帰ろうとするアリスティア。

 

運命をつかみ取る者・・・美優・グラスペ。

そうアリスティアがつぶやくのを大神官は聞いています。

政務会議での席が・・・!?

次の日の朝早く、通知が来ました。

アリスティアの父はとうとう来たか・・・ティア、今の殿下がお前を排除するとは思えないけれど・・・アリスティアが選ぶことを尊重すると・・・。

 

どうする気なのだ・・・一族の後継者として生きていくのか・・・それとも次期皇后として生きていくのか?

 

アリスティアは今までのことをいろいろ思い出していました。

そして父に向って自分の意思を伝えます。

それは・・・。

 

アリスティアは、尋問席が用意されていることに気が付きました。

そこに座らなくてはいけないのかしら・・・ヒドイ扱いだと思うのです。

 

その席には美優が座っていて、アリスティアに会釈をしていました。

表情のない美優にアリスティアは背筋が寒くなりますが・・・今は彼女のことを気にしている場合ではないと思い、陛下に質問をしました。

 

私は罪人としてこの場に召集されたのでしょうか?

アリスティアは一族の紋章が施された例服を身にまとい、誇り高きモニーク一族の一員として・・・一族の当主代理人として堂々と自身の身分にふさわしい席を要求したのです。

 

貴族派からの罵倒と嘲笑にも屈さずに…背筋をピンと伸ばしずっと立っていたアリスティアは・・・その後爵位にふさわしい席に座ることができました。

神に選ばれし子は・・・!?

会議が開始され、貴族派のハメル伯爵が口火を切りました。

昨日神からのお告げがあったと耳にしました。

 

主神ビタが美優に神語の名前を与えたので、美優こそが本物の神に選ばれし子だというのが貴族派の主張です。

 

陛下は笑いながらモニーク侯爵令嬢も五年前に神から名前を授かったが、それについてはどう説明する?

 

どうしてそのような重要なことをこれまで公表されなかったのですかと責められる陛下。

それなりの事情があったから・・・伝えるべきものには伝えてあると答えました。

 

神から名を受けた者が二人もいるのですか?

しかも片方はもう五年も前の話だ。

 

神秘的に現れた美優という女人には神の愛する者だというお告げもあったという話もしているので、アリスティアは私に対するお告げなんてもうなんの意味のないものだと思っています。

 

それよりもアリスティアが気になっているのは、この会議のもう一人の主人公・美優は大騒ぎの中であっても黙って座っているのです。

 

その視線はアリスティアの方を見ているようにも見えましたが、複雑な思いをしているアリスティアにはそんなことに気が付く余裕はありませんでした。

 

アリスティアが名を授かったという話は信ぴょう性に欠ける・・・捏造かもしれないと言われています。

 

それに対して言葉を選べとか陛下を疑っているのか・・・しかしアリスティアは昔から皇后の座を狙って・・・と話していると皇太子が机をたたいてうるさいと一言。

 

そして確認すべきことは二人のうちのどちらが神に選ばれし子なのかではないかというのでした。

 

それならば確認すればいい・・・大神官は中へと皇太子は呼び入れました。

大神官・・・神聖力を持っていて、神の声を聴くことができる六人の神官の中の一人・・・ついに会える。

 

命の祝福とともにありますように・・・主神の第三の根テルティウスでございます。

呼び出してすまない、大神官・・・確認したいことがある。

 

神から名を授かったのはどちらだ?と尋ねる皇太子。

大神官はどちらもです・・・それぞれフィオニアとグラスペという名が授けられたと言います。

 

それならどちらが真の「神に選ばれし子」だろうか?

結果は知っているのに、アリスティアは手に汗を握っていました。

 

その訳は、彼女の運命を結論付けるのが大神官だからと言い聞かせました。

アリスティアは神に選ばれし子ではありません。

美優が新たな主人公渇神に選ばれし子ですと言ったとたんまたざわざわし始めました。

 

まだまだここからだとアリスティアは知っていました。

その時大神官が・・・というのは、あくまで神殿の主張であると言い出したのです。

 

捨てられた皇妃第112話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

あくまでも神殿の主張だという大神官。

大神官の思っているのは違うということなのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

捨てられた皇妃をお得に読む方法

以上「捨てられた皇妃 112話」ネタバレのご紹介でした!
せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなくイラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

そんな方におすすめしたいのが「まんが王国」です!
毎日最大50%ポイント還元でお得にマンガを読むことができます。

最新話をイラスト付きで読みたいと思った方は是非、試してみて下さい!

無料で読める作品が
3,000作品以上!

引用:https://www.amazon.co.jp/

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

有料会員に登録すると即日最大3000ポイント追加付与!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

会員登録は無料会員と月額会員の2パターンあるので、自分に合った方法で登録してみてください♫

実質無料で漫画を読む方法

マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...

112話を読んだ感想

捨てられた皇妃第112話の感想をお伝えします。

また神の声を聴くことができたアリスティア。

それはアリスティアの聞きたい言葉とは違っていましたが・・・。

誰かがその時アリスティアを見ていましたね。

あのシルエットはきっと大神官です。

 

アリスティアの立場を守るために皇太子は大神官を招いてくれたのでしょうか。

きっとなかなか会える人ではなさそうなので、お願いしたのでしょうね。

 

アリスティアの気持ちはもう決まっているのでしょうか?

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額

捨てられた皇妃ネタバレ112話!まとめ

こちらでは112話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

捨てられた皇妃 112話のまとめ
  • アリスティアは五年前のあの日のように答えを教えて欲しいと思っている。
  • 貴族派の主張は、美優こそが本物の神に選ばれし子だということ。
  • アリスティアが名を授かったという話は信ぴょう性に欠けると言われてしまう。

あの時アリスティアを見ていたのは大神官!?