少女/女性漫画

捨てられた皇妃ネタバレ109話!あらすじ感想!陛下の怒鳴り声

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは109話の展開・あらすじをご紹介します。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額

捨てられた皇妃109話のあらすじネタバレ

捨てられた皇妃第109話のあらすじをお伝えします。

迷子探し・・・!?

捨て駒が逃げ出すなどと何事なのだとイラっとしています。

憶病でバカなやつがいらないことをしてくれたものだ。

 

遠回りをしてしまったけれど初めから決めていた通りに行っていくしかない。

皇太子を、自分たち貴族派の傀儡にしてやろうと考えていました。

 

アリスティアたちは突然、迷子探しをしていました。

箱の中を確認してもどこにもいないのです。

 

こんなに暑いときに、迷子探しをすることになるとは・・・。

アリスティアは自分のせいで、ごめんなさいと謝りますが・・・本当はカルセイン卿が乱暴なことをしたかららしいのです。

 

本人はなでてやっただけだと話していますが・・・。

あれは首根っこを掴んだというのだと責められています。

まだ小さいので、そんなに遠くには行っていないはずだとアリスティアは言いました。

 

アレンがここから発っていった次の日に、この子をよろしく頼むというアレンの手紙が同封された小さなかごが届きました。

 

こっそり騎士団に連れてきたけれど、席を外している間に、逃げ出してしまったのです。

知らないところなので、怖くなって茂みに隠れているかもしれないと探しながら歩いていると、まさかこんなところまでという遠いところまで来てしまいました。

どうして陛下は・・・!?

すると、たわけたことを言うでない!という大きな声がしてアリスティアは驚いてしまいます。

 

・・・だと帝国中にふれ回れというのか!と話しているのは陛下の声・・・?

こんなに大声で怒鳴られているなんて・・・!聞いたことがなかったと思うアリスティア。

 

でも今年はとても厳しい暑さになるみたいです。

先代の皇帝たちも夏の別宮を利用してきたではないですか。

父上も今年はあちらで・・・と勧める皇太子に、他人に弱い面を見せてはいけないと何回言えばわかるのだ。

 

私が熱いくらいでくたばるとでもいうのか!?

行かないと言ったら行かない!と怒鳴っていなくなってしまいました。

 

アリスティアは、今の会話が親子のものだなんてと驚いています。

まるで君主と臣下のようです。

 

仲の良い親子ではないのは知っていたけれど、今振り返ってみれば陛下が彼に優しく接するところを見たことがありません。

それはなぜなんだろう?

 

皇太子がため息をついているので・・・アリスティアは見つからないようにしていました。

そして話を聞いていなかったことにしようとした時、間違って草むらで音を立ててしまいます。

 

誰だ!!と言われてアリスティアは驚いてしまいます。

皇太子に見つかってしまいました!

 

ここで何をしているのだと言われて・・・動揺しながら・・・その???さ…探し物をと答えます。

 

もしかしたらさっきの会話を聞いていたのか?そりゃ聞こえるよな・・・。

私は何も聞いていませんとアリスティアは言い張りました。

君は嘘が下手だ・・・そのような姿で何を探していたのだ・・・まるでくさむらでかくれんぼをしていた子猫のようだと頭についていたはっぱを取ってくれました。

 

その瞬間何か記憶がよみがえり、皇太子をじっと見つめてしまいます。

皇太子はなんだか気まずそう・・・。

 

そこには冷気魔法が掛けられているという別宮・・・。

三つの魔法・・・!?

約千年前までは魔法も神聖力も普通に存在しているものでした。

現在ではその存在に疑問を抱く学者も多いけれど、帝国には今も3つの魔法が残っているのです。

 

一つ目はアリスティアの家系に関するもの。

二つ目が夏の別宮・・・第11代皇帝は愛する皇妃のために夏の間快適に暮らせるように魔法をかけるよう命じました。

 

皇帝と魔法使いの仲が悪くなり、魔法使いはいなくなってしまいましたが、皇宮では魔法がかけられたままで冬を越すことができなくなってしまい・・・結局遷都して夏の別宮は避暑地になったのです。

 

しかし陛下は一度も夏の別宮に行かれたことがなく・・・今年は猛暑だから皇太子が避暑を提案したのに、帝国民に弱い姿は見せられぬと頑固に拒んでいました。

その時に、やってきたのはカルセイン!

 

本当に小さいやつはどこへ行ってしまったんだろう・・・。

3人は一瞬フリーズしてしまいます。

 

迷子探しはやめたのかというカルセインに皇太子がけがの具合はどうだと尋ねます。

ツンとしながら、神官のお礼を言いました。

 

探し物で忙しいからとアリスティアを連れて行こうとします。

殿下に対して礼儀が鳴っていないというと、あの猫はティアの言うことしか聞かないんだから仕方がないと小声で話していると・・・何だ猫を探していたのか!

 

執務室に銀色の猫が飛び込んできたと教えてくれました。

ハレンが面倒を見ていたてくれたようで・・・顔には傷・・・手には猫じゃらしを持っていました。

 

あまり人に慣れていないようですねというハレンに、そうなんだ!さすが草頭の置いて行った猫だと言って、また猫を叱っています。

 

皇太子はアリスティアと猫が似ていると思いくすっと笑ってしまいました。

皇太子には簡単に抱っこされていて、夏の別宮の話をしていました。

まるでアリスティアを別宮に送り出すように・・・。

 

後日警備の人員の再配置が行われて、アリスティアたちの隊を陛下の宮の警備に当たらせることにした殿下。

 

 

捨てられた皇妃第109話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

アリスティアたちの隊を異動させたのは、陛下を別宮に送るためなのでしょうか。

皇太子は何かいい考えがありそうです。

皆を暑い場所に配置させて、陛下に直談判するとか・・・。

 

<前話 全話一覧 次話>

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むなら「まんが王国」がおすすめです。
「まんが王国」は毎日最大50%ポイント還元でお得に漫画を読むことが出来ます!
引用:https://comic.k-manga.jp/
そしてなんと「まんが王国」は無料で読める漫画を3,000作品以上配信中!!
非会員でも公式サイト右上あたりにある¥0 無料から、今すぐに漫画の閲覧が可能となっています。
1作品につき3巻まで無料配信中の作品が多数取り揃われている為、気になる作品を1円も払わずにたっぷり読むことが出来ます。

「まんが王国」公式サイトはこちらから⏩

さらにまんが王国は漫画の先行配信に強い電子書籍ストアです。
「発売日よりも早く新刊を読みたい…」なんて方はまんが王国をチェックしましょう!
気になる新刊の通知設定をしておくことで誰よりも早く好きな漫画を読むことが出来ます!
群を抜いてお得な「まんが王国」は、会員数400万人突破とその実績は確かです。
「まんが王国」なら月額料金が一切かからないので安心して漫画を読めますよね!
是非この機会に「まんが王国」で好きな漫画を楽しみましょう♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

電子書籍をご利用の方は下記記事もチェック↓
https://tsukimicoffee.com/manga-muryou/
漫画アプリをご利用の方は下記記事もオススメです!
https://tsukimicoffee.com/manga-app/

109話を読んだ感想

捨てられた皇妃第109話の感想をお伝えします。

貴族派は考えていることが穏やかではありませんね。

それで以前の皇太子は、アリスティアにきつく当たっていたのかもしれませんね。

 

探していたのはアリスティアに似ている猫でした。

これからも時々登場してくるのでしょうか?

 

陛下が皇太子に厳しいわけは・・・何となくわかるような気がします。

親だから子供にはしっかりしてほしくて・・・だと思いますが。

本当はなぜ厳しくするのか教え、厳しいときと優しいときのどちらもあっていいのだと思います。

陛下はもしかしたら不器用な人なのかもしれませんね。

 

頑として別宮に行かないと言い張るところも・・・。

たまには皇太子の思いもくみ取ってあげてほしいと思いました。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額

捨てられた皇妃ネタバレ109話!まとめ

こちらでは109話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

捨てられた皇妃 109話のまとめ
  • アリスティアは迷子を捜すことに・・。
  • 親子でなく、まるで君主と臣下の様な会話に驚いてしまう。
  • 帝国には今も3つの魔法が残っている。

猫が登場してきましたね。