少女/女性漫画

「捨てられた皇妃」ネタバレ60話!あらすじ感想!ハメル伯爵からの使い

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは60話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法





捨てられた皇妃60話のあらすじネタバレ

前回の59話で、皇太子はティアとの出会いを思い出していました。

明るく皇太子を受け入れてくれたのはティアと母親のジェレミアだけだったと。

 

そんなティアは、ラス公爵の補佐官として第1騎士団で働くことになりました。

騎士見習としての生活がスタートします。

挨拶に行くと団長であるラス公爵の部屋には2人の騎士がいて……。

ラス公爵に挨拶をしに来たティアは

ラス公爵の部屋にいる女性騎士を見て、ティアは誰だろう、と考えています。

団長であるラス公爵は、入団試験を無事に合格したのだなと笑顔を見せています。

見習いだとしても今後騎士団では自分のことを「団長」と呼ぶようにと公爵は言いました。

そのとき、ラス公爵はティアのことを「モニーク卿」と呼びました。

 

団長の横にいるのは、補佐官をしているディロン卿、女性はリアン卿です。

モニーク卿という呼び名を気恥しく思いながらも、ティアは名乗りました。

 

ディロン卿から補佐官の業務を引き継ぐ必要があるようです。

眼鏡をかけた、真面目そうな男性です。

女性騎士、リアン卿について、「どこかで聞いた名だ」とティアは感じています。

意外な展開に?!

ラス公爵が「巡回に行く」と部屋を出ようとしました。

 

横にいるディロン卿を見て、ティアは、複雑な気持ちです。

「仕事を取られて不快なのでは」と考えたのです。

 

しかしラス公爵が部屋を出たとたん、ディロン卿が「やっと解放された!」と喜びます。

待ちに待った後任だったのです。

 

状況が飲み込めていないティアに、ディロン卿は「本当に助かります」と声を掛けました。

まだ入団したばかりで、何も助けになるようなことは出来ていません。

それなのにディロン卿は「恩人だ」とまで言います。

 

すぐに分かりますよ、とディロン卿は笑顔を見せました。

そこでティアは、ラス公爵は決して扱いやすい上官ではないと思い出しました。

仕事では容赦のない人なのです。

1度めの人生で、ティアはかなり苦労したのでした。

リアン卿も、噂に聞いていたモニーク卿に会えるなんて感激だと言います。

第1騎士団や近衛騎士団には、女性もいるようです。




<スポンサーリンク>

幼馴染を見てうらやましく思うティア

さっそく、業務の引継ぎが始まりました。

リアンも同行します。

仕事は思った以上に大変ですが、把握出来ました。

リアン卿は、ディロン卿の飲み込みが遅かっただけだと指摘します。

 

そんな2人の様子を見てティアはくすくすと笑いました。

微笑ましい気持ちになったのです。

 

2人は幼馴染であり、そのため仲が良いのだと聞かされました。

しかしリアン卿は「友達や家族に騎士がいると面倒」だと言われます。

ティアは、モニーク侯爵とも顔を合わせたくなくなるのだろうか、と感じました。

そこでティアは「リアン卿といえば」と気付きます。

第2騎士団に彼女の兄がいるのです。

 

リアンは「いつも兄がお世話になっております」と挨拶をしました。

髪色は同じものの、似ていないな、とティアは考えています。

ハメル伯爵からの使い

アレンディスが手紙を読んでいます。

差出人がアレンディスに会いたがっているとのこと。

何度連絡しても返事がないため、使いの者が寄越されたようです。

 

分かった、とアレンディスは答え、手の中にあった手紙を燃やしました。

それが答えだと言うと使いは帰りました。

使いを寄越したのは、貴族派の「ハメル伯爵」です。

貴族派が皇帝派に「秘密裏に会いたい」という連絡を寄越したのです。

愚かだとアレンディスは考えていました。

 

それよりアレンディスが気になるのは、ティアから返事が来ないことです。

しばらく前に戻ったと聞いています。

訪ねて来てくれるだろうとアレンディスは考えていました。

しかし、何度ティアに手紙を出しても返事が来ないのです。

 

会いたいよ、ティア。

そう呟いているアレンディスの足元には、無数の書類が散らばっています。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


60話を読んだ感想

「モニーク卿」と、ラス公爵がティアの名前を呼びました。

なんだか素敵ですね。

まさに「騎士」というイメージです。

幼かったティアが、騎士としての人生を歩きだしました。

 

団長であるラス公爵の部屋にいたのは、ディロン卿と、リアン卿。

凛々しい雰囲気を持つ騎士たちです。

 

しかし予想に反して、団長が出ていくなり2人はフレンドリーに。

ディロン卿は、補佐官として苦労していたらしくティアのことを恩人とまで言っています。

どれだけ厳しいのかが分かりますね。

 

2人は幼馴染であり、仲良しです。

そんな2人をティアは「うらやましい」と感じています。

カルセインやアレンディスと剣術の稽古をしていたティア。

そんな日々を思い出したのでしょう。

 

忙しくなってしまったティアは誰にも会えていません。

カルセインとの練習も2か月はお休みです。

寂しさを感じているでしょうね。

補佐官として働く以上は多少の我慢も必要です。

とはいえ子供なのですから寂しいのは当然ですよね。

しかし、きっと2人には、また会えるはずです。

いまは仕事を頑張るのが1番でしょう。

 

首都に戻ってからまだアレンディスとは会っていません。

手紙の返事が来ないことをアレンディスは気にしています。

しかしティア側には「アレンディスからの手紙が来た」という話がありませんよね。

忙しくて気付いていないのでしょうか。

 

皇帝派と貴族派の対立。

それは以前にも少しだけ話題に出ていたように思います。

モニーク侯爵家は皇帝派だったはずです。

 

アレンディスは皇帝派の家の子です。

そんなアレンディスに貴族派からの接触がありました。

ちょっと不気味な人物が部屋に来ています。

なんだか嫌な予感がしますね。

 

賢いアレンディスが貴族派についたら面倒なことになるでしょう。

アレンディスは、貴族派からの手紙を燃やしていました。

そのため心配はいらないようにも見えますが……。

 

アレンディスには少し過激なところがあります。

冷静に見えますが、ティアのことになると見境がありません。

また少し冷酷さもうかがえます。

ティア以外には、あまり優しくありませんよね。

かつてカルセインには見抜かれていました。

 

思い通りいかないからと、極端なことをしそうな気もします。

嫌な展開にならなければ良いのですが…。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法