少女/女性漫画

「捨てられた皇妃」ネタバレ59話!あらすじ感想!ティアが自分に怯える原因は……

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは59話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




捨てられた皇妃59話のあらすじネタバレ

前回の58話で、ティアはモニーク侯爵に1度めの人生を打ち明けました。

これまでティアが不安を抱えていた理由を侯爵は理解します。

そして1人で抱え込まず何でも話すようにと言うのでした。

 

皇太子はハレンから、ティアが何らかの悪意を持っているのではと言われますが…。

<スポンサーリンク>

ティアと皇太子の出会い

周囲にいたのは、利益のために平気で他者をだますような貴族たち。

そして、自分には無関心な父親と、冷たい母親。

皇太子は、そんな子供時代を送っていました。

 

「次は社交術の授業、その次は帝国史、そのあとは皇帝の命によりベル宮に移動」

そう言われた皇太子は、なぜ父上が、と尋ねました。

しかし機械のように日課を伝えてくる付き人は、理由など知らないようです。

 

聞いた自分が愚かだった、と皇太子は諦めています。

 

廊下を歩いていた皇太子は誰かにぶつかりました。

相手は小さな子供です。

「皇宮を走り回らない」と皇太子は注意しました。

少女は、ごめんなさい、と素直に謝ります。

その子の手には大きな人形がありました。

 

あんな子供に誰も付けないなど世話人は何をしているのか、と皇太子は考えています。

そのとき、皇太子はあることに気付いて振り返りました。

人形を持った少女と、目が合います。

 

シルバーの髪をした5つくらい年下の少女。

ひょっとして、と考えたとき、少女は、皇太子殿下ですか?と笑顔を見せました。

 

その子こそがティアです。

 

はじめまして、とティアは挨拶をしました。

そして皇太子の手を取ります。

パパもママもお庭で待っています、一緒に行きましょう、と。

 

屈託のない笑顔を浮かべるティアに皇太子は困惑しています。

周囲の大人たちとあまりに違うからです。

ティアが自分に怯える原因は……

何の不純物もない優しさで皇太子を受け入れた人物。

それは、ティアと、その母親であるジェレミアだけでした。

 

大人びた性格のせいで忘れていたものの、ティアはまだ12歳。

母親を失った悲しみで記憶をなくすほど繊細なのです。

 

「あの日」のことで、皇太子はティアを拒み、突き放しました。

つまり怯えられる原因は自分にあったのだ、と皇太子は考えています。




騎士団の補佐官に!

ティアはラス公爵に挨拶をしました。

モニーク侯爵も同席しています。

 

「騎士団について話がある」と呼ばれたのです。

「第1騎士団はラス公爵家、第2騎士団はモニーク侯爵家に任されている」

そのことを知っているか、とティアは聞かれました。

もちろんです、とティアは答えます。

 

騎士団の団長は、業務を学ぶため、他の騎士団の団長補佐を務めるという風習もあります。

それも知っているかと聞かれて、ティアは頷きました。

カイシアンが第2騎士団の補佐官をしているのは、そのためなのです。

 

ティアは、なぜ自分にそんな話をしているのだろう、と考えています。

 

モニーク侯爵は「後継者がおらず伝統に則ることができなかった」と話し出しました。

そして「今は違う」と言います。

 

ラス公爵は笑顔で「見習い騎士になり補佐官として働いてみないか」と言いました。

もちろん入団試験は受けなくてはなりません。

それでもティアなら合格だろうとラス公爵は言います。

剣の腕が上がったとカルセインから聞いているからです。

 

できそうかと聞かれたティアは「やらせてください」と答えます。

正式に後継者として認められるチャンスが来たのです。

<おすすめゲーム>

騎士としての第1歩

リナたちが、ティアの支度をしています。

カチューシャ、ベルト、と選ぶリナに、ティアは前髪をサイドに分けるよう言いました。

印象がかなり変わります。

 

支度を終えたティアは、今までより凛々しい姿です。

騎士になったお嬢様はとても素敵です、とリナが嬉しそうにしています。

見習いだというティアに、それでも騎士は騎士だとリナは答えました。

 

リナの話している通り、これは騎士としての、第1歩です。

立派な補佐官になり、認めてもらおうとティアは考えています。

他にも女性騎士が!

ラス公爵の部屋をティアがノックしました。

本日から出勤なのです。

 

挨拶をしたティアは、ラス公爵以外に2人の騎士がいることに気付きます。

1人は男性、そして、もう1人は女性です。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品



59話を読んだ感想

今回のお話では皇太子とティアの出会いが書かれていました。

まだ小さなティア。

皇太子にも明るい笑顔を見せています。

このころは「皇太子が怖い」とは感じていなかったようです。

 

本当に「素直な子供」という感じです。

皇太子の手を引っ張るなんて、現在のティアには出来ませんよね。

 

冷たく、自分に無関心な大人たちに囲まれていた皇太子。

そんな皇太子に明るく接したのが、ジェレミアとティアなのですね。

 

以前「自分がほしかったものをすべて持っているくせに」と皇太子が考えていました。

これは、ティアの両親のことだったのでしょうか。

だとしたら納得がいきます。

 

ティアは覚えていませんが、ジェレミアも明るい女性だったようです。

そして、モニーク侯爵はティアを大事にしています。

確かに皇太子とは大きく違う環境ですよね。

 

皇帝そして皇后は「自分に無関心」だと皇太子は感じています。

確か皇太子は、皇帝が年を取ってからできた、ただ1人の後継ぎです。

それなりに大事にはしていたはず。

しかし、愛情を感じる状況ではなかったに違いありません。

 

そのティアに「騎士団の補佐官」の話が来ました。

モニーク侯爵が「彼に」と言っていたのはラス公爵なのでしょう。

 

ラス公爵のもとで働くなら安心です。

 

モニーク侯爵家が第2補佐官を任されている…。

つまり後継ぎとして、ティアを「団長」にする気なのでしょう。

この提案は素敵ですよね。

ティアが頑張る理由にもなります。

 

見習いになるにしても入団試験は必要とのことですが、それは仕方ないですよね。

誰でも入れるというわけではないでしょう。

その試験も無事に通過したようです。

 

シーモア卿やカルセイン、そして努力のおかげです。

無事に試験を突破できるほどに上達していたとは、ティアには嬉しかったことでしょう。

 

今回からティアの髪型がかなり変わりました。

これまでと随分雰囲気が違います。

お嬢様、といった様子から「騎士」として凛々しく変わり、素敵です。

 

ラス公爵のところに挨拶に行ったティア。

いよいよ騎士見習のスタートです。

そんなラス公爵の部屋には、他にも2人いました。

彼らは何者なのでしょうか。

女性騎士もいるようです。

 

騎士団でうまくやっていけると良いのですが…。

 

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法