少女/女性漫画

「捨てられた皇妃」ネタバレ52話!あらすじ感想!自分の失敗に気が付くティア

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは52話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




<スポンサーリンク>

捨てられた皇妃52話のあらすじネタバレ

前回の51話で、ティアは数年で騎士になれるだろうとカルセインから言われます。

剣の腕が上達しているのです。

カルセインとの距離も縮まり、敬語で呼ぶのをティアはやめました。

 

そして、ついに皇太子が領地に現れました。

出迎えたティアは、領民たちからの歓声にめまいを覚えます。

 

皇太子はカルセインと馬で出かけ…。

料理を見て驚いている皇太子

出かけていた皇太子が戻りました。

食事の前に砂埃を流したいと皇太子は言います。

そんな皇太子の様子を、ティアが放心状態で眺めています。

放心している場合ではなかった、とティアは我に返りました。

そんなティアの様子を、どこか変だとカルセインは考えています。

 

ティアは料理長に「注意事項を守っているか」を確認しました。

皇太子の料理は、他の人とはすべて違うものを用意しているのです。

「難しい相手である皇太子だけでなく、他の人の食事についても気を付けるように」

ティアは、そう頼んでいます。

 

並べられた料理を見て、皇太子は驚いた表情を浮かべました。

至らない部分があるのか心配するティアに、皇太子は何でもないと答えます。

しかし何か気になっているのは分かります。

ティアは食事も喉を通りません。

2人きりで話したいことがあると言われ…

食事が終わり、お茶の時間になりました。

用意されたのは、カモミールとハイビスカスの2種類です。

 

少し雰囲気が和やかになったとティアは感じています。

カルセインは、相変わらず、ハイビスカスには砂糖2つです。

 

その様子を見た皇太子が、「まだお礼をしていなかった」と言い出しました。

領地に1人で滞在することになった婚約者。

しかし実力がある人物がついていてくれて心強いと言うのです。

 

鼻に付く言いかたをする皇太子に、カルセインは内心はいらだっています。

ティアが心配そうな顔でカルセインを見ています。

しかしカルセインは、じっとこらえています。

さすがに皇太子に対して、いらだちをあらわにすることはないようです。

 

皇太子はティアに、婚約者の自分を置いて、いつまでここにいるつもりなのかと聞きます。

ティアは、まだ戻る日程を決めていません。

皇帝も気に掛けているから早く首都に戻ってきてくれと言うのです。

そんなことを言われるとは思わなかったティアは驚いています。

やけに『婚約者』という言葉を使う上に、普段より馴れ馴れしいとティアは感じています。

 

皇太子の意図が分からずティアは困惑しています。

すると皇太子が「話があるから」とカルセインに席を外すよう告げました。




ティアの対応を不思議に感じているハレン

部屋を出たカルセインは、いらいらしています。

するとハレンは「心配には及ばない」と言いました。

ティアが「ただものではない」とハレンは言います。

ハレンは、まさか短期間でここまでの準備をしているとは思わなかったのです。

 

近衛隊を送って知らせてきただろうとカルセインは答えました。

しかしハレンが考えているのは、別なことです。

皇宮内でも、ごく少数の人間しか知らないこと。

それをティアが知っているとハレンは気付いたのでした。

自分の失敗に気が付くティア

ティアと皇太子が、部屋に2人きりになりました。

突然、皇太子は「理解できない」と言い出します。

 

怯えるくせに、どうして自分にあれほど行き届いた配慮が出来るのか、と言うのです。

ティアは当然のことをしただけだと答えました。

すると皇太子は、果たして本当に「当然のこと」なのだろうかと言います。

 

単なる偶然だというのか、と皇太子は大きな声を出しました。

なぜ皇太子が怒っているのか、ティアは理解出来ずにいます。

 

魚料理が苦手、ワインも特定の銘柄、デザートは甘くないもの。

そして、不眠症気味のため夜はカモミールティー。

特に問題はなかったはずです。

そこまで考えて、ティアは、はっと気付きます。

 

それは「皇室の機密事項」なのです。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


話を読んだ感想

皇太子たちが戻り、食事の時間が始まりました。

 

嫌いな相手と食事をするのは、気詰まりなものですよね。

ティアにとっては、かなり嫌な時間でしょう。

 

料理長には、皇太子の料理に配慮するよう申し伝えてあります。

そのため、問題はないはずです。

しかし料理を見た皇太子は何かに驚いています。

気分が悪いというような感じではありません。

単に、驚いているだけ、という表情でした。

 

確かにハレンたちの料理とは、別なものが出されています。

味に問題があるわけでもなさそうです。

おいしい、と言う話題も出ていました。

それでも何かが引っ掛かっているようですね。

理由が分からないティアは食事も喉を通らないようです。

 

確かに皇太子は気難しい人物です。

そのためティアが気を遣うのは当然でしょう。

 

ハレンも、気配りを絶賛していました。

ということは問題がないように見えます。

 

なぜか「婚約者」と何度も口にする皇太子。

確かに変ですね。

今までは、そんなことはありませんでした。

こんなふうに優しく話しかけ続けることも、今まではありませんでしたよね。

これまでを考えると違和感があります。

 

いつ戻るのか、と皇太子は聞きました。

皇太子がいるからこそ首都には戻りたくないはず…。

出来ることなら、ずっと領地にいたいでしょうね。

「戻りたくない」とはティアも言いづらいに違いありません。

 

2人きりになったところ、皇太子は、理解できないと言い出しました。

出された料理は、皇太子の好みには合っていたようです。

だからこそ「変だ」と思われてしまったようですね。

 

まさか食事の好みが「皇室の機密事項」だなんて。

もし機密事項なら、ティアもそれを知っていたはずです。

うっかりしてしまったに違いありません。

これは変だと思われるのも当然ですよね。

 

明らかに皇太子に対して怯えるティア。

それなのに料理の好みは熟知している。

どう考えても不自然でしょう。

うまい言い訳を考えなくてはなりません。

ただ、どう説明したら自然になるのか分からないようです。

 

今回は「なぜ避けられるのか」を皇太子は聞きだそうとしています。

皇太子にしてみれば、ますます納得がいかないはずです。

面倒なことになってしまいました。

この事態を、ティアは無事に切り抜けられるのでしょうか。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法