少女/女性漫画

「捨てられた皇妃」ネタバレ37話!あらすじ感想!リサ王国からの提案

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは37話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




捨てられた皇妃37話のあらすじネタバレ

前回の36話で、モニーク家をカルセインが訪れました。

カルセインは訪れた目的を、明確には言いません。

どうやら、ティアの様子が気になっていただけのようです。

それでも互いに謝罪をして、仲直りという形になりました。

 

そして自分も剣術のためにモニーク家に通うと言い出し…。

 

ハイビスカスのお茶に驚くカルセイン

ティアは、すでに本日の稽古は済ませています。

しかしカルセインは、せっかくだから練習しようと言い出しました。

 

練習を終えたカルセインはシーモア卿を絶賛します。

技も動きも、期待を裏切らないというのです。

来てみて良かった、とカルセインは満足げです。

ただし、第1騎士団ほどではない、と言うのです。

 

お茶を出すと、カルセインは、ちょうど喉が渇いていた、と喜んで口にします。

しかし酸っぱいと知ると驚いています。

あまり酸味があるものは、好きではないようで、嫌な顔をしています。

 

ハイビスカスのお茶だとティアは言います。

しかしリナに違うお茶を運ぶように伝えました。

腐っているのでは、とカルセインは不機嫌そうに言います。

ティアが好きで飲んでいるのだと知ると「変わっている」とケチをつけました。

悪くないと感じるティア

それならば飲まなければいい、とティアはカップを取り上げました。

「味覚が変わっているなら他のお茶を入れても気に入らないだろう」とティアは言います。

そのままカルセインとは別なテーブルに移動しました。

 

酸っぱいから酸っぱいと言っただけ、とカルセインは呆れています。

シーモア卿は、心を込めて入れてくれたお茶をいただけるのが嬉しいと答えます。

お茶に対する好き嫌いもないようです。

 

シーモア卿は、ティアの趣味がお茶であることをカルセインに教えます。

するとカルセインの動きが止まりました。

ティアが入れたお茶だと知らずに否定してしまったのです。

 

カルセインはティアに近付き、取り上げることはないだろうと言います。

初めて飲んで驚いただけだと再びお茶を口にします。

しかし、やはり味が苦手です。

それでも何とか飲もうとするカルセインを見て、ティアはリナを呼びました。

ティアはお茶に角砂糖を入れて、カルセインに渡しました。

再びカルセインはお茶に挑戦します。

今度は飲めるようです。

飲みやすい、とカルセインは笑顔を見せます。

どうやら思ったことをそのまま口に出してしまう性格のようです。

ここまで感情に素直な人を見たことがないとティアは感じています。

実際これまでは、ティアの機嫌を損ねるような人は皇太子以外にはいませんでした。

カルセインの前で、何も気にせずに声をあげて笑ったティア。

そんなことは生まれて初めてだったのです。

これから日々が騒がしくなりそうです。

しかし、こういうのも悪くはない、とティアは感じています。




リサ王国からの提案

皇宮で、皇太子は、どういう意味だと聞き返しました。

目の前で話しているのは、リサ王国の人たちです。

素晴らしい人柄だとリサ王国の人々は皇太子を絶賛します。

しかし「モニーク侯爵令嬢は、神に選ばれるだけあり、気品があるものの、まだ幼い」と言うのです。

もちろんモニーク侯爵令嬢とは、ティアのことです。

 

自分の婚約者の年が何だというのかと皇太子は改めて聞きました。

そんな皇太子に、リサ王国の人々は、話しづらそうに切り出します。

 

リサ王国では、ティアの補佐、つまり皇妃としてリサ王国の姫をと考えているようです。

後継者の誕生が早ければ早いほど、国は安定するだろうという話になりました。

 

しかし皇帝は、まだ健在なのです。

若いため、皇太子は成人式すらあげていません。

その皇太子に「後継者を」という話に皇太子の表情が変わります。

笑顔ではあるものの、あまり機嫌は良くないようです。

 

その勇気を称えると、皇太子は挑戦的に笑いました。

「大臣たちに、見習うようにと話してやりたいくらいだ」と皇太子は言い…。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


37話を読んだ感想

カルセインは相変わらず、考えなく話しているようです。

「近衛騎士はすごい」という話までは良いと思います。

しかし「第1騎士団」との比較は不要ですよね。

比べられて良い気分になる人はいないでしょう。

 

言わなくても良いことが口から出てしまう性格のようです。

良く言えば、とても素直なのでしょう。

 

お茶を否定されてティアの機嫌は悪くなっています。

ただカルセインも歩み寄りを見せています。

ティアが入れたお茶だと知って飲もうとしたのです。

 

もう少し考えてから話しても良い気はします。

それでも、可愛いところがあるな、と感じます。

 

ティアも「悪くはない」と感じているようです。

声を出して笑えた相手だからというのもあるのでしょう。

遠征により屋敷は寂しくなりました。

しかしカルセインがいたら賑やかに過ごせそうです。

また衝突はあるかもしれません。

それでも楽しく過ごせたらよいですね。

 

シーモア卿は穏やかな人柄のようです。

大人ですし、紳士的です。

ティアに対しても優しいですが、カルセインにも同様に接しています。

 

結果的に近衛騎士が来てくれて正解でしたね。

 

ティアの言う通り、騒がしくも楽しい日々になりそうです。

少しでも、みんなが遠征でいない期間が楽しくなればいいですね。

 

そんなティアのことをリサ王国の人々が話しています。

ティアが悪い、という話ではありません。

単に「リサ王国の人間を皇妃に」と考えているようです。

力になれると言っていますが、逆に皇宮の力を得たいだけに見えます。

 

自国の人間が皇妃になればメリットがあると考えているのでしょう。

確かに皇宮に強いつながりが出来るのかもしれません。

しかし聞いている皇太子は不機嫌そうです。

 

大臣たちに聞かせてやりたいというのは嫌味でしょうね。

決して本当の気持ちではないように感じます。

そこにリサ王国の人々が気付くかは分かりません。

 

ところで、リサ王国の人々は、どうも嫌な雰囲気です。

1度ティアとすれ違った時も嫌な感じがありました。

何か悪意がありそうな…。

 

皇太子は、すんなり提案を受け入れない気もします。

そもそも皇太子も、まだ15なのです。

後継者が必要なのは分かっていても、まだ、というところでしょう。

大きな話に発展しなければいいのですが…。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




<スポンサーリンク>