少女/女性漫画

「捨てられた皇妃」ネタバレ36話!あらすじ感想!庭園に不審者の影が…

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは36話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




捨てられた皇妃36話のあらすじネタバレ

前回の35話で、ティアは手紙を2通受け取りました。

1通はアレンディス、もう1通はモニーク侯爵からです。

 

ティアはアレンディスの手紙からぬくもりを感じます。

気遣う気持ちを嬉しく思っています。

 

ティアは父親である侯爵からの手紙により信頼されていると気付きました。

気持ちを新たに頑張ろうとティアは決意し…。

庭園に不審者の影が…

ティアは、近衛騎士であるシーモア卿に剣術の指導をしてもらっています。

習うのは基本的な動作ばかりです。

しかし1人での練習よりは手ごたえを感じています。

 

ティアは上達が早いとシーモア卿が感心しています。

教える必要がないほどの実力の持ち主だと話しています。

 

ティアは嬉しそうな顔を見せました。

しかし1人だったら難しいだろうと考えています。

 

シーモア卿が来てくれて本当に良かったとティアは感じていました。

練習後、遠慮するシーモア卿を誘い、一緒にお茶を飲んでいます。

 

ふとシーモア卿は表情を変えました。

「何者かの気配を感じる」というのです。

 

ここは邸宅内なのに、とティアは感じています。

しかしすぐに茂みからガサガサと音が聞こえました。

シーモア卿が声を掛けると相手が姿を現します。

突然現れたカルセイン

なぜ皇族の騎士がここに?

そう言いながら姿を現したのはカルセインでした。

用件を言うよう迫るシーモア卿をティアが止めます。

 

知人なので大丈夫、と言ってもシーモア卿は警戒しています。

そんなシーモア卿を見てカルセインも「なんだあれ」と不機嫌です。

 

ティアは挨拶をし、用件を聞きました。

カルセインは「二度と来ない」と考えていました。

しかしティアの元気そうな姿を見て少し安心しています。




<スポンサーリンク>

仲直りをした2人

思い返すと腹が立ってくるのだとカルセインはティアに言います。

「貴族らしい振る舞い」をするよう言ったティア。

しかしティアの態度も無礼だと言うのです。

 

ティアの態度次第では家同士の争いになる可能性もあるのだと言うカルセイン。

それを聞いたティアは「軽率でした」と素直に謝罪しました。

すんなり謝ると、カルセインは「怒ると思ったのに」と驚いています。

簡単に頭を下げてはいけないと考えているのです。

 

ティアは「謝罪しない」「感謝しない」ことこそが名誉を傷つけるのだと言います。

さらに自分を見下すカルセインの発言も家同士の火種となり得ると答えました。

 

そういうつもりではなかったとカルセインも謝罪をしました。

 

改めて用事を聞かれ、カルセインは混乱します。

礼儀に対する指摘のために来たのかと聞かれますが、それは違うようです。

不満があるなら正式に抗議するようカルセインが言います。

ティアが、では公爵に、と答えると、本当にチクるのか!と驚いています。

 

思わずティアは笑い出しました。

笑ったことを指摘されると、再び無表情に戻ります。

 

「謝りあったし、仲直り」だとカルセインは頭をかいています。

つまり、これからは家に来ても良いと言うのです。

 

ティアは、行く用事がないと答えました。

まだ怒っているのかとカルセインは聞きます。

しかし怒っているからではありません。

ティアはシーモア卿に剣術を習っています。

そのため習いに行く必要がなくなったのです。

<スポンサーリンク>

モニーク家に通う?!

ティアは「皇后にはならない」とカルセイン言っています。

それなのにモニーク家に「近衛騎士がいること」が不思議なようです。

騎士の前で、皇后にならない話をしないでほしいとティアは考えています。

 

しかしカルセインにとっては大きな問題ではないようです。

その騎士に、そのまま習えばいいとカルセインは言いました。

そして自分も、この家に来ると続けます。

近衛騎士から学べることがあるかもしれないと考えているようです。

 

勝手に決めてしまったカルセインの無鉄砲さに、ティアが呆れています。

どうやらカルセインは本気でモニーク家に通う気のようですが…。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


36話を読んだ感想

ティアは、シーモア卿に剣術を教わり始めました。

今のところ順調のようです。

やはり1人での稽古は難しいですよね。

 

シーモア卿から褒められているのを見て安心しました。

いくらかはお世辞もあるのかもしれません。

それでも、嬉しいですよね。

 

無理をしてもダメというのは痛感したはずです。

 

運命から逃れたくてティアは焦っています。

その気持ちは当然理解できます。

とはいえ、無理をしすぎては、また倒れてしまうでしょう。

 

侯爵にも焦りを見抜かれています。

焦らなくても大丈夫だと侯爵は手紙で伝えてくれました。

そのため今回は大丈夫に違いありません。

落ち着いて練習してほしいですよね。

 

まだティアは11歳なのです。

きっときちんと稽古をすれば上達するはずです。

 

そんなティアのもとにカルセインが!

どうやら気になっていた様子。

 

ただ、もともとのきっかけはカルセインです。

真剣に頑張るティアを突き放しましたよね。

しかも「天才だから」と努力を見下すような発言をしました。

それでティアが剣術を習いに来るはずはありません。

 

素直ではないだけで謝りたかったようにも見えます。

実際、最終的には謝ったような感じになっています。

 

アレンディスは、物腰は柔らかいものの、何かを企んでいます。

カルセインはスマートではないものの、まっすぐです。

どちらかといえばカルセインのほうが「良い子」なのでしょう。

 

ティアはアレンディスを信頼しています。

そのため、アレンディスにも「良い子」であってほしい気はします。

しかし、こればかりはどうにもなりません。

 

ティアが誰にも利用されないことを願うばかりです。

 

「家に来てもいい」

そうではなく素直に「教える」と言えばいいのにとも感じます。

不器用なのでしょう。

 

自宅でも稽古が出来るようになったティア。

それを聞いたカルセインは「自分も来る」と言い出しました。

 

これは大丈夫なのでしょうか。

 

「アレンディスが遠征に行ったのはティアに接近しすぎたから」

前回、宰相が、アレンディスに、そう話していました。

皇帝はティアに近付く人物を警戒しているようです。

カルセインも同じようなことになる可能性もありますよね。

 

ティアにとって、なるべく平和な日々であってほしいと感じています…。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




<スポンサーリンク>