少女/女性漫画

「捨てられた皇妃」ネタバレ32話!あらすじ感想!倒れたティアを…

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは32話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




捨てられた皇妃32話のあらすじネタバレ

前回の31話で、ティアは剣術の基本に立ち返りハードなトレーニングを始めます。

カルセインは言い過ぎたかもと気にしているようです。

朝から訓練を続けるティアをリナが止めているところに、カルセインが姿を見せました。

しかし、カルセインに「関係ない」とティアは答え…。

倒れたティアを運ぶカルセイン

助言を面倒だと感じているのなら、煩わしいことはしなくていい、とティアは言います。

カルセインは、言われたことが気に食わなくて反発しているのかと答えました。

ティアは相手にしません。

助けるつもりがないなら、邪魔をしないでほしいとだけ答えています。

 

忙しいので、とティアは立ち去ろうとしました。

しかし、そのまま意識を失い、倒れてしまいます。

 

カルセインがティアを抱きとめ、高熱があることに気付きました。

そのままカルセインはティアを抱え、リナに医者を呼ぶよう指示しました。

昔と変わらないことに落ち込むティア

ティアが目を覚ますと、そこにはリナがいました。

目に涙を浮かべています。

リナはティアを助け起こし、水を飲ませてくれました。

 

結局倒れてしまったティア。

これまで必死に体を鍛えて頑張ってきました。

しかし「昔と変わらない」と考えています。

剣術の道まで閉ざされたらどうしたら良いのか、ティアは考えています。

 

すると、カルセインが「おい」と声を掛けました。

大丈夫か、と心配そうに聞いています。

倒れた自分を運んでくれたカルセインにティアが感謝を伝えます。

どうってことはない、とカルセインは照れ臭そうにしています。

そんな姿を見て(この前は冷たかったのに)とティアが少しだけ笑います。





ティアが剣術の稽古を続ける理由

そんなことより、あんな訓練はやめろ、とカルセインは真顔で言いました。

子供が砂袋などつけて訓練するものではない、と。

剣どころかスプーンすら握れなくなるとカルセインが警告します。

ティアも、分かってはいるのです。

 

剣術の稽古をしても、侯爵は無理な訓練をさせません。

体力がなく、体も弱いことを知っているからです。

同時期に習い始めたアレンディスよりもティアの上達が遅いのは、体力のせいでもあります。

「体が弱いのになぜ剣術を」と、カルセインが真剣に聞きます。

見下すような表情ではありません。

そんなカルセインに、ティアは「なぜ、あの日突き放したのか」を聞きました。

 

するとカルセインは、「未来の皇后だから」と答えました。

結婚すれば剣術など辞めるんだろうとカルセインは考えています。

皇族なら、常に警護がいるため剣を持つ必要はないのです。

ただの趣味で剣術をやる人間に教える気はない、とカルセインは言いました。

興味半分で手を付けてはやめていく人間を大勢見てきているのです。

 

ティアは「好きな剣術を中途半端な気持ちで始める人間が嫌いなのだろう」と気付きます。

ティアは「剣術は絶対にやめない」と宣言しました。

いくら自分の体では難しくても剣術はやめない、とティアは言います。

たとえ練習中に死んでも悔いはないとまで言い切ります。

そこまでして剣術を続けたい理由をカルセインが聞きました。

ティアは騎士になりたいのだと答えます。

リサ王国からの使節団

ハレンが大量の書類を運んでいます。

地方からの抗議が絶えないと皇太子に報告しています。

なぜか皇太子は窓の外を見ています。

見てごらん、と言われ、ハレンも窓の外を見ました。

そこには大勢の人がいます。

服装からして「リサ王国」のようです。

 

忙しい時期に使節団が来たことを、皇太子は不審に感じています。

しかしハレンは「凶年で大陸全体が不作」なのだと答えました。

リサ王国は、寒くて乾燥した北国です。

事態が深刻化しやすいのだとハレンは言います。

荷物が多すぎることを皇太子は気にしています。
何か嫌な予感がしているようです。

皇后にはならないというティア

騎士になりたいのです、というティア。

「皇后になりながらも騎士?」とカルセインは不思議に感じています。

するとティアは「皇后にはなりません」と答えました。

父親の跡を継ぐつもりなのだと…。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

捨てられた皇妃をお得に読む方法

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


32話を読んだ感想

練習をやめさせようとするカルセイン。

ティアは相手にしていません。

「教える気がないなら邪魔しないでほしい」

そう反論されるのは当然ですよね。

 

カルセインが心配して止めようとしているのは分かります。

ただ、それを素直に受け入れるには、前回が冷たすぎました。

あれだけ突き放しておいて「それは良くない」だなんて。

誰だって反発しますよね。

 

無理をしすぎてティアは倒れてしまいました。

もともと体が弱いのです。

だから侯爵も「体力強化」はさせなかったのでしょう。

1人での稽古は、やはり難しい気がします。

 

カルセインの助言は、ある意味では正しいとも考えられます。

ただ、「倒れた原因」の1つでもありますよね。

目覚めたティアは、まだひどい顔色をしています。

相当無理をしていたのが、よく分かりますね。

 

ティアを運んでくれたカルセインも部屋にいます。

剣術を続ける理由として、ティアは「騎士になりたい」と答えました。

今までは「皇室から逃げるため」としか出ていませんでした。

ついに明確な「剣術の稽古」の理由が明らかになりましたね。

考えてみれば、侯爵の子供はティアだけです。

このままでは後継ぎがいない状態になります。

そう考えると「後を継ぐ」というのは理解できます。

しかし女性騎士というのは可能なのでしょうか。

皇宮も、すんなり受け入れるとは思えません。

また侯爵も反対するのではないでしょうか。

普段から侯爵はティアを心配しています。

危険なことは許さないような気がしますよね。

 

ついに明らかになったティアの本心。

それを聞いてカルセインの気持ちは変わるのでしょうか。

なぜか途中で皇太子が登場しています。

使節団を気にしているようです。

この使節団に何か問題が出てきそうですね。

ティアにも関係してくるのかもしれません。

カルセインが稽古に協力してくれたらいいのですが…。

ただ、前回の件もあります。
ティアが素直に受け入れない可能性も考えられるでしょう。

それだけ、前回は冷たかったと感じます。

うまく和解できればいいのですが、カルセイン次第です。

「すぐやめる人間には教えたくない」というカルセイン。

ティアの決意を聞いたら考えが変わるかもしれません。

 

続きが気になりますね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




<おすすめゲーム>