少女/女性漫画

「捨てられた皇妃」ネタバレ29話!あらすじ感想!帝国最年少の騎士

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは29話の展開・あらすじをご紹介します。




<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

「鬼滅の刃」全巻まとめ買い!全巻最大半額で読める電子書籍ストアとは??鬼滅の刃を全巻まとめ買いをするならどこが一番お得なの?? 大手電子書籍サイト11ストアの中から鬼滅の刃が一番お得に読めるサイトをコミニューが徹底検証しました! 全巻最大50%OFFで買える裏技も?!鬼滅の好きの方、必見です! ...
<スポンサーリンク>

前回のあらすじ

前回の28話で、侯爵や騎士たち、アレンディスは遠征へ行きました。

渡されたお守りのお礼に、侯爵はティアにカフスボタンをプレゼントします。

 

数日が過ぎ、ティアはリナと出かけ、ある店の中に入ります。

剣を置いているその店の中には元気な少年がいて、マスターと話をしていました。

父親の持っているものに似た剣を見つけたティア。

すると同じタイミングで少年も剣に手を伸ばし…。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

捨てられた皇妃29話のあらすじネタバレ

偶然出会った無礼な少年は…

いきなり、少年はティアに「剣に興味があるのか」と質問しました。

おまえ、と呼ばれたティアは戸惑いが隠せません。

初対面の相手に対して無礼だと感じます。

しかしティアは「はい」と答えました。

 

剣術を始めてどれぐらいなのか、少年は質問をしました。

1年半だと答えたティアは、なぜ習っていることが分かったのだろうと感じています。

 

少年は壁にあった剣を手に取り「これがいいだろう」と差し出します。

小さな体のティアにあった剣を見立ててくれたのです。

 

受け取ったティアは軽さに驚いています。

その剣は、父親からもらった剣に似ていました。

買うつもりはないものの、ティアはお礼を言います。

 

女子が剣に興味を持つことを少年は面白がっています。

手にマメが出来るから、触るのも嫌がると言うのです。

 

その言葉に、ティアは、手を見られたから習っていると知られたのだと気付きました。

 

父親も兄も騎士で、自分も騎士になるのだと少年は笑顔になりました。

第1騎士団に入るつもりのようです。

「帝国最年少騎士」の記録も更新できそうだと鼻高々です。

帝国最年少の騎士

燃えるような赤い髪と、ガラスのような青い瞳。

そして、騎士という言葉。

 

そこでティアは相手が、「カルセイン・デ・ラス公子だ」と気付きます。

名前を呼ばれると、少年は「これだから天才はつらい」と照れ臭そうにしています。

 

兄は「根は悪くない」と言っていました。

思ったよりも適当な性格とティアは感じます。

根は悪くないという言葉の意味に納得したようです。

 

カルセインは、困ったなら自分を訪ねるようにと言います。

思わずティアは「本当ですか」と食いつきました。

カルセインは、自分が教えればぐんぐん伸びるのだと言います。

 

ティアは、名前を聞かれました。

しかし答えようとすると、使用人が扉を開けて入ってきます。

どうやらカルセインは、断りもなく家を抜けてきた様子です。

 

カルセインも使用人も騒がしい、とティアは感じています。

絶対に来いよと言い残し、カルセインは店を出ていきました。




1人での稽古に悩むティア

ティアは1人で剣術の稽古をしています。

しかし、うまくいきません。

 

助言もなしに1人で広い場所で練習しているのです。

ティアは途方に暮れています。

改めてティアは周囲の存在の大きさを思い知るのでした。

 

「絶対に来い!」というカルセインの言葉を、ティアは思い出しています。

そして、1度行ってみようかなと考えるのでした。

ティアの名前を知るカルセイン

ラス公爵邸でティアを出迎えたのは公爵夫人です。

話は聞いていると公爵夫人は言いました。

侯爵が発つ前に、剣術の指導を委ねたと聞いているようです。

 

「下の子に人を送ったから、すぐに来る」と公爵夫人は言います。

そんな公爵夫人の前でティアは委縮しています。

昔から、なぜか公爵夫人はティアに冷たいのです。

 

カルセインが現れました。

母親に呼ばれたのは、怒られるようなことがあったのだと考えています。

公爵夫人は座るように言います。

 

ティアの姿を目にしたカルセイン。

すぐに「おまえ!」と明るい表情になりました。

天才の力を借りたくなったのかと上機嫌です。

 

挨拶もないまま話し始めたことから、カルセインは母親に注意されます。

そこでティアは、ようやく名前を名乗りました。

 

その名前を聞いてカルセインの態度が変わりました。

明らかに、さきほどまでと様子が違います。

カルセインはティアに「皇太子妃か」と言い出し…。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

 


捨てられた皇妃をお得に読む方法

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


29話を読んだ感想

ティアと同じ剣に手を伸ばしたのは、やはりラス公爵の次男でした。

剣術の天才と言われている少年です。

年齢はティアに近いようにも見えます。

 

相変わらず礼儀作法は良くないようです。

マスターだけでなくティアにも高圧的に見えます。

ただし、やはり「悪い子」ではないようです。

 

カルセインは一瞬で「ティアが稽古をしていること」を見抜きました。

それほどティアにはマメがあるのでしょうね。

頑張っているのが、よく分かります。

リナが嘆くのも無理はないかもしれません。

 

自分が教えればうまくなる!とカルセインは断言しています。

相当、剣の腕に自信があるようですね。

それほどの技術があるなら、良い師匠にはなれそうです。

 

偶然とはいえ、良い出会いなのかもしれません。

 

帝国最年少の騎士にもなれるようです。

どのくらいの腕前か、試してみたいものですね。

 

元気なカルセインは、ティアに剣術を教える気があるようです。

まだティアの名前も知らない状態です。

 

「1人での練習は難しい」と考えていたティア。

ちょうどよい提案にも思えます。

ただ、うまくいくのでしょうか。

 

今回も「ラス公爵夫人」が登場しました。

ティアには冷たいようですが、実際かなり愛想がない感じです。

ラス公爵夫人といえば、皇太子の叔母にあたります。

 

ラス公爵夫人が皇太子に対して冷酷な態度をとる理由も分からないままです。

ティアのことも嫌っているようですね。

何が嫌なのか、早く知りたいと感じます。

 

皇太子に対する態度よりは、マシに見えます。

ただ、愛想が良いとは言えません。

 

カルセインも、「モニーク家の娘」だと知るなり態度を変えています。

ラス公爵は、いつもティアには優しくて紳士的です。

それなのに、なぜラス公爵夫人とカルセインは、ティアにきついのでしょう。

 

現在の段階では剣術を教えてもらえるかも不明です。

しかし、せっかくのチャンス、活かしたいですよね。

 

何年も訓練が滞ってしまうと困ります。

事情が分からないため、いまは何とも言えない状態です。

 

無事に剣術を習うことができれば良いですね。

さらに公爵夫人との仲も良好になれば良いと感じます。

 

果たして、ティアはうまく振舞えるのでしょうか。

剣術、うまくなりたいですよね。

そのために、しっかり仲良くなってほしい気もしますが…。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法