少女/女性漫画

「捨てられた皇妃」ネタバレ11話!あらすじ感想!皇帝に進言するティア

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは11話の展開・あらすじをご紹介します。

\ 3,000作品以上が無料!? /
<前話 全話一覧 次話>

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

「鬼滅の刃」全巻まとめ買い!全巻最大半額で読める電子書籍ストアとは??鬼滅の刃を全巻まとめ買いをするならどこが一番お得なの?? 大手電子書籍サイト11ストアの中から鬼滅の刃が一番お得に読めるサイトをコミニューが徹底検証しました! 全巻最大50%OFFで買える裏技も?!鬼滅の好きの方、必見です! ...

捨てられた皇妃11話のあらすじネタバレ

前回の10話で、ミドルネームが与えられたティア。

そんなティアに、皇帝が会いたがっていると侯爵は言います。

皇帝たちはティアの前で新たな政策の話をしています。

その政策が失敗に終わると知っているティアに、皇帝が意見を聞いて…。

皇帝に進言するティア

「アリスティアの意見も聞いてみよう」と言う皇帝にティアは戸惑いが隠せません。

聡明なのは聞いている、と皇帝は続けます。

敏腕な宰相であるベリータ公爵が、政策の問題点に気付かないはずはありません。

それでも黙っているのは、皇帝が自分を試そうとしているのだ、とティアは気付きます。

本当のことを言えば警戒されるかもしれないとティアは考えます。

それでもティアは「その政策は、失敗します」とはっきり答えました。

理由としてティアは、凶年に入る兆しがあるからと説明しました。

帝国は数十年に1度「凶年」に入るのです。

前兆は数年のあいだ続き、平作以下の収穫になるはずです。

そのタイミングで、もし政策が施工されたら、国民は何年も飢えることになります。

今年、その前兆が見えるだろうとティアは言いました。

すると宰相も、確かに凶年の兆しが見え始めていると答えます。

それでも、軍事の増強を後回しにはできないと皇帝は溜息をつきました。

どうすればいいのか聞かれ、ティアは考えます。

奢侈税の導入を提案するティア

ベリータ公爵の次男が将来考案する政策を、ティアは思い出しています。

その案を使うことに「気が引ける」とティアは感じます。

それでも、国民をつらい目に遭わせるわけにはいきません。

「奢侈税(しゃしぜい)」の導入をティアは提案しました。

貴族が使用する生活必需品以外に税金を付加するのです。

税金を含めた価格で販売させて商人から税金を回収すればよいとティアは言います。

宰相はそれを聞き「良い案だ」と言います。

貴族は富の象徴として高価な品物を購入します。

そこに税金を付加すると、反発なく財政を安定させられるだろうと宰相は言いました。

皇帝は具体的な法案を作成するよう、宰相に指示します。




神語のミドルネームを与えられたティア

想像以上の聡明さだ、と皇帝がアリスティアを評価します。

すると皇帝は「フルネームを名乗らない理由」をティアに聞きました。

「名前の意味を知っているからこそ名乗らないのだろう」というのです。

何のことだか、とティアは曖昧に濁します。

「神語のミドルネーム」が皇位継承権を意味すると知らないのかと皇帝が声を荒げます。

『アリスティア・フィオニア・ラ・モニーク』

この名前は、皇位継承権を持つものだという意味だったのです。

ティアは「未来の后」として見られていたのではないと気付きました。

皇帝自身、または、後継者の地位を案じているのです。

その冷たい目は、未来で皇帝から向けられたものとよく似ていました。

なぜ黙っていなかったのかと皇帝は聞きます。

余計なことを言わなければ警戒されることもないからです。

その質問に、ティアは「自分1人のために国民を犠牲に出来ない」と答えました。

突然現れた、皇位継承権を持つもの。

皇帝は、ティア、あるいはモニーク家を処分する可能性があります。

それでもティアは黙っていられなかったのです。

笑い出した皇帝

突然皇帝が、脅かしてしまったようだ、と笑い出しました。

さらに、怖がる必要はないのだと言います。

皇帝とは、皇位継承権を持つものなら誰でもなれる、というわけではないのです。

モニーク侯爵は溜息をつきました。

ラス公爵は「わざと険悪な雰囲気を?」と皇帝に尋ねます。

皇帝はティアを「皇帝になるには、ふさわしくない」と言いました。

自分ならば、ここでは何も言わず、別な手段で凶年について知らせただろうと言うのです。

「皇帝になるには心が温かすぎる」と皇帝は言います。

そんなことは初めて言われたとティアは感じます。

ずっと「冷酷」だと噂され続けてきたからです。

「皇帝は無謀なことはしてはならない」のだと、皇帝は言います。

ティアは自分の身を顧みなかったことから、皇帝にふさわしくない、と。

ただし、心遣いや聡明さは「皇后」の要件だと残念がっています。

どういう意味かを聞かれ、皇帝は、「みんな分かっているだろう」と言いました。

皇帝の息子は、ただ1人の後継者として育ったせいか「自分が1番」という性格なのです。

神から名を授かった娘と知れば、傲慢な息子がどんな態度を見せるかと皇帝は憂います。

ティアと皇太子殿下

そのとき、部屋の前に、皇太子殿下が現れました。

皇帝の息子、つまりティアの夫であった人物です。

「誰も通すな」という命令が出ていたことから、皇太子は止められました。

皇太子は、中に誰がいるのかを尋ねます。

自分ですら立ち入りを禁じられる場所にティアがいるのが皇太子には不快です。

舌打ちをして、そのまま立ち去ります。

そのころ、ティアが「皇太子殿下とは、いかなる形でも関わりたくない」と言い…。

<前話 全話一覧 次話>
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むなら「まんが王国」がおすすめです。
「まんが王国」は毎日最大50%ポイント還元でお得に漫画を読むことが出来ます!
引用:https://comic.k-manga.jp/
そしてなんと「まんが王国」は無料で読める漫画を3,000作品以上配信中!!
6冊無料
3/18まで
5冊無料
3/18まで
3冊無料
3/21まで
3冊無料
3/21まで
9冊無料
3/22まで
5冊無料&割引
3/22まで
5冊無料
3/25まで
3冊無料
3/25まで
5冊無料
3/26まで
4冊無料
3/26まで
2冊無料
3/27まで
3冊無料
3/28まで
1冊無料&割引
3/28まで
2冊無料
3/29まで
2冊無料
3/29まで
非会員でも公式サイト右上あたりにある¥0 無料から、今すぐに漫画の閲覧が可能となっています。
1作品につき3冊まで無料配信中の作品が多数取り揃われている為、気になる作品を1円も払わずにたっぷり読むことが出来ます。

「まんが王国」公式サイトはこちらから⏩

さらにまんが王国は漫画の先行配信に強い電子書籍ストアです。
「発売日よりも早く新刊を読みたい…」なんて方はまんが王国をチェックしましょう!
気になる新刊の通知設定をしておくことで誰よりも早く好きな漫画を読むことが出来ます!
群を抜いてお得な「まんが王国」は、会員数400万人突破とその実績は確かです。
「まんが王国」なら月額料金が一切かからないので安心して漫画を読めますよね!
是非この機会に「まんが王国」で好きな漫画を楽しみましょう♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

電子書籍をご利用の方は下記記事もチェック↓
マンガの最新刊・最新話を無料で読む方法とまとめ買いで数冊分を実質無料で読む方法 近年「漫画村」などの海賊版サイトの運営者が逮捕される等のニュースもありましたが、違法じゃない安全な方法でマンガを読みたいです...
漫画アプリをご利用の方は下記記事もオススメです!
【元書店の店長が厳選】無料で読めるおすすめ漫画アプリ7選!読み放題も「漫画アプリってたくさんありすぎてどれがいいか分からない...」 「とにかく無料で漫画を読めるアプリを知りたい!」 こんな悩みを抱えている人はいませんか? そこで今回は、元大手書店の店長で、月に100冊以上漫画を読む私が48個のアプリを実際に使って、本当におすすめできるアプリだけをジャンル別に紹介していきます!...
<スポンサーリンク>

11話を読んだ感想

悩みつつも、国民を守るために、皇帝に進言をしたティア。

代わりとなる政策も見事に提案し、宰相にも納得されています。

聡明さは証明できました。

ただし、そのことにより、一瞬だけ険悪な雰囲気になっています。

『アリスティア・フィオニア・ラ・モニーク』

新しい名前は、神語で、「皇位継承権を持つもの」を表すようです。

そのためティアに名前が与えられたとき、皇宮が騒ぎになったのですね。

皇太子にしてみればライバルのようなものです。

ただし、ティアは皇族ではありません。

皇帝の話すように「皇位継承権を持つ」から皇帝になれるわけではないでしょう。

現在の皇帝は、息子の性格に少し問題があると感じているようです。

この息子こそがティアを苦しめた張本人です。

そんな皇太子とは絶対に「関わりたくない」と考えるのは無理もありません。

とはいえ、皇帝に直接言うとは。

「なぜ関わりたくないのか」を聞かれる気がします。

ティアはなんと答えるのでしょうか。

うまく説明できればいいのですが「処刑されるから」とは言えませんよね。

ただ、美優の話をすれば、皇妃になるのは防げるでしょう。

新しく人生をスタートできたのは良いものの、開始直後から難しい状況です。

モニーク侯爵も、詳しい話などは聞いていません。

不審に思われそうな気がします。

今回の人生では、ティアにも父親にも幸せになってもらいたいところ。

あまり皇宮とは関わらずにいきたいところですが…。

「皇太子に関わりたくない」

このティアの意見について、皇帝は、どう答えるのでしょうか。

気分を害さなければ良いのですが…。

皇位争いになるのを避けたいとでもいえば良いのかもしれません。

見たところ皇帝もまた、聡明な人物のようです。

下手なごまかしは通用しないことでしょう。

今回は少しだけ皇太子も登場しました。

子供時代から少し性格が悪かったようです。

成長した後の冷たさも分かる気がします。

そんな皇帝が美優にだけ優しかったのも、振り返れば不思議です。

別な世界から来たからこそ興味を引かれたのかもしれませんが…。

このさき、皇太子とティアは関わらずに済むのでしょうか。

どんなふうにストーリーが進んでいくのか、今後の展開が楽しみですね。

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はまんが王国でお得に読むことができます!

まんが王国では毎日最大50%のポイント還元を行っているので、読めば読むほどお得に読めちゃいますよ♪

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

「鬼滅の刃」全23巻が最大半額!

「鬼滅の刃」全巻まとめ買い!全巻最大半額で読める電子書籍ストアとは??鬼滅の刃を全巻まとめ買いをするならどこが一番お得なの?? 大手電子書籍サイト11ストアの中から鬼滅の刃が一番お得に読めるサイトをコミニューが徹底検証しました! 全巻最大50%OFFで買える裏技も?!鬼滅の好きの方、必見です! ...
<スポンサーリンク>