少女/女性漫画

【最新話】それでも愛を誓いますかネタバレ78話!あらすじ感想!研修最終日

単純ではない心の中・・「それでも愛を誓いますか?」

研修時間も残りわずかまだまだ予想外な展開が待っている

こちらでは78話の展開・あらすじをご紹介したいと思います。

78話は第25話(2)のストーリーに該当します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




それでも愛を誓いますか78話の見どころ

今年入社の者が各支店から集まって研修を受けている。

純と真山もその研修に参加しています。

純は中途採用で、真山の様な新入社員の若い子たちに囲まれての研修に自分の年齢を気にしているところがあります。

真山の純への気持ちに気がついている真山と同い年の池内は、お互いに年齢の事を気にしているのか近づこうとしない純と真山になにか言いたげ・・。

 

そして池内にとって真山は、他の人には感じないような居心地の良さを思っている様ですが・・土屋に真山との関係を質問され・・。

ド直球な土屋の質問に池内は何と答えるのでしょうか?

また同じ部屋にいる純は池内と真山の関係を聞いてどんな事を思うのでしょうか?

短い研修期間に人間関係で色々な事が起こっています。

赤城と土屋は関係を持ち・・それきっかけで土屋は彼氏がいるのに赤城に好意を持ち始め、赤城が他の子と仲良くしているのを見ると嫉妬しているのです。

研修が終わるとまたバラバラの勤務先に戻ることとなるメンバーたち・・一体この後の展開は!?

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

それでも愛を誓いますか78話のあらすじネタバレ

こちらでは78話の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

ネタバレを含みますのでご注意ください!

<スポンサーリンク>

真山と池内の関係は・・。

赤城の事を相談しようと自分の部屋に純と池内を呼んだ土屋。

土屋は赤城と関係を持ったことで、他部署の先輩と付き合っているのに赤城が気になり始めたことを相談し、その流れで土屋は池内と真山も付き合っているのでは?と質問したのですが・・。

池内の返事は「はぁ?ありえない」というものでした。

これを聞いた純の表情・・よくは見えないけど、どこかホッとしている?
驚いた様にも見えるね。

土屋はてっきり2人がカップルになっていたと思っていたのですが、池内からしたら土屋たちと一緒にしないで欲しいと思うだけなのでした。

池内は彼氏と赤城のどちらか決められないなら二股をしたら?と言いました。

バレなければ彼氏は平和に過ごせるし、うまくやれるならそれでもいいんじゃないか?とちょっとそっけない感じです。

純は武頼と自分の事を思い出していました。

武頼にコソコソされていたことが頭に浮かんだのです。

純が何も話さないことに土屋が純の名前を呼ぶと、純は「難しいね 若いから」としんみりした感じで言います。

年齢を気にしすぎ

土屋の部屋を出た純と池内。

池内は純が年齢の事を気にしすぎていると感じていて、純を見ていると年を重ねることが悪い事の様に感じると気持ちを言葉にします。

純は池内の話を聞いて「そっか すみません」と言うのですが、池内はそんな風に謝ってほしかったのではなく、謙遜しすぎていると言いたかったのです。

池内ははっきりした性格なので、きちんと言葉にして純に当たり障りのない話よりも頑張った話なんかを聞きたいと気持ちも伝えるのですが・・その姿が純には眩しく感じています。

池内の様に思ったことを言葉にするのって、すごいことだと思う。

今の池内のとがった感じが昔の自分と重なる・・そしてそんな自分を静かに聞いてくれた先輩がいたことを思い出します。

その先輩は今の自分と同じような年齢だった・・仕事ができて明るくて動じない、憧れの存在だったのです。

あの時の先輩は今の自分の様な気分だったんだろうか?

自分も人を勇気づけられるような存在・憧れられるような存在になりたいなとも思うのですが、池内は言いたいことがあるのに我慢していることが理解できないと言います。

純はそれに対して「そういう人もいるんだよ」と優しい表情をするのですが、池内には純の気持ちが分からず、「色々あるんだよ」という純の言葉を聞くと”色々”に逃げているように感じていそうです。

池内は光線の様な女の子。

自分とは違くって、それは当たり前のことで・・純はちゃんと20代を生きてその時代を終わらせてきたのです。

だから”嫉妬”なんてしなくて良いんだ、もしも真山に相手が現れた時に相手が池内でもそうでなくても、幸せを願える人になりたいと思ったのです。

それって真山の事を大事に思っているって事だとは思うけど・・・。




研修の感想

研修の最後は感想を発表する時間でした。

講師は言語化は大事だと言って目の合った純に感想を求めます。

純は軽く自己紹介をした後、自分が中途採用であること、それまではパートをしていたことを話し始めました。

就職するまでに35歳という事で就職が難しく、自分の年齢が初めて怖いと感じ、20代前半の人たちが同期であることに気圧されるけれど、いい刺激をもらったと感謝の気持ちと明日からも頑張りますと続けます。

池内や真山に伝えたいメッセージの様にも思うな。
ここまでが78話のストーリーになります。
<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
<スポンサーリンク>

それでも愛を誓いますかを無料で読めるか調査した結果

「それでも愛を誓いますか」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


78話を読んだ感想

池内は純に対して思っていたことをきちんと言葉にして伝えていました。

思っていたけれど・・で終わらせない所、流石だなと思いました。

真山に何度も純と話をしたらいいと言ってただけあって、人には言うけど・・とならないのは、かっこいい所だと思います。

純は池内の事を眩しそうに見ていました。

自分が池内の様な年齢だった時に、純の事をそう見ていた先輩がいたんですね。

その先輩も今の純の様な気持ちだったのでしょうか?

多分、似たような気持ちだったのではないでしょうか・・。

確かに純は謙虚なところもあるけれど、自分は20代を生きて35歳の自分が居るというところに納得しました。

 

いよいよ研修も終わりそうです。

最後に感想を述べる時間、講師と目が合ってしまった純・・真山はこの時に自分が指名されない様に願っていました。

真山らしいなと思うと同時に、真山の声も聞いてみたかったです。

もしも指名されたらどんなことを話したのでしょうか。

純が話をしたことは、昨日池内に言われた事に対しての言葉や真山に対して思った事も含まれていた様に思います。

研修を終えて、色々と思う事もあると思うけれど”明日からまた頑張ろう”と思えた研修は、悪い時間ではなかったのではないでしょうか。

短いようで長った研修期間・・人間関係で色々な事がありました。

純と真山の心の中も研修前とは違くなっていると思います。

純は真山に相手が出来た時に幸せを願える人になりたいと思っていました・・真山とのことに整理を付けようとしているのでしょうか?

このままの関係は不自然なところもあるし、純の心の中に真山が居る・・この気持ちを持ちながら武頼とのその後の生活は純的にきついのではないでしょうか?

それとも・・全く違う事を思っているのでしょうか?

まだ純は日常に戻ってはいなくて、真山や研修メンバーが近くに居ます。

最後まで何かが起きそう・・そんな気もします。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法




それでも愛を誓いますかネタバレ78話!まとめ

78話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・

それでも愛を誓いますか? 78話のまとめ
  • 池内は真山との関係を「ありえない」と否定した。
  • 池内は純が年齢の事を事を気にしすぎている事、謙遜しすぎていると言う。
  • 純から見た池内は眩しくて、自分が20代前半だった時の事を思い出した。
  • 最後の研修で純は研修の感想を述べた。

研修もいよいよ終わりに近づいています。