少女/女性漫画

「その悪女に気をつけてください」ネタバレ41話!あらすじ感想

ピッコマ独占配信の人気コミック「その悪女に気をつけてください」。

「続きが気になる!」
「メリッサはどうなる?」

こちらでは「その悪女に気をつけてください41話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




前回までのあらすじ

前回は、各ゲーム屋台で新記録を達成しまくったメリッサが、景品所でスタンプカードを提示して特別賞品を貰いに来ます。

 

誰も1等賞を獲得できるはずがないと高をくくり、架空の賞品をでっち上げていたお祭り委員会は大慌て。

 

メリッサに脅されると、代わりの賞品と称して女性用のティアラを進呈してごまかしました。

 

原作の小説と全く違う賞品が登場したことに驚いたメリッサは、迷った末にイアンにティアラをプレゼントすることにしました。

 

しかし、ティアラを頭にかぶせられたイアンは、突然子供のように大号泣してメリッサ達を仰天させます。

 

公衆の面前でゲーム対決に敗北させられ、あまつさえ女性用のティアラをかぶせられる屈辱を受けたイアンは、「どうしてここまで自分を嫌うのか?」と泣きながらメリッサに尋ねます。

 

呆れて物が言えないメリッサは、皇太子という立場を悪用して傍若無人な振る舞いを見せるイアンの欠点を次々と指摘し、彼を追い詰めていきました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

その悪女に気をつけてください41話のネタバレ

破談を拒む本当の理由

イアン・バシレイオスは皇室の長男ではありますが、皇后の子供ではなく侍女が産んだ庶子です。

 

嫡子ではない彼が皇太子の座に君臨できているのは、現皇帝に寵愛されているからに他なりません。

 

しかし、皇后の息子である第二皇子や第三皇子も皇太子の座を狙い続けている現状、強力な権力を持つポジェブラト家の後ろ盾がなければ現在の地位を維持することすら危ういのです。

 

イアン自身がその政治的背景をよく分かっているからこそ、彼はメリッサとの婚約破棄をかたくなに拒み続けてきたのでした。

 

メリッサはイアンの目を真っ直ぐ見つめたまま、もっと人間を丁寧に扱ってほしいと伝えます。

 

悪女なら乱暴に接しても傷つかないだろうとか、聖女なら自分のわがままを受け入れてくれるだろうという考えは、すべて妄想に過ぎない。

 

人はみな繊細であり、些細なことに迷い傷つくもの。

 

そんなことも分からないのであれば、皇太子は国民のトップである皇帝の座に相応しくない人物だと判断せざるを得ない。

 

メリッサは淡々と自分の意見を主張しながら、「このままではポジェブラト家が殿下よりも優れた皇子を支持するかもしれませんよ」と脅しをかけました。

 

その効果は抜群で、メリッサの言葉を聞いたイアンの顔が見る見る真っ青になっていきます。

イチかバチかのハッタリ

小説の中で最終的にユーリと結ばれたイアンは、自らの地位を盤石なものにした後になってからメリッサとの婚約を解消していました。

 

イアンは自己中心的な性格の上に、どうしようもない臆病者。

 

絶対にポジェブラト家の後ろ盾を失うわけにいかないイアンは、顔を引きつらせながらメリッサの主張に反論し始めました。

 

皇族と貴族の政治的関係は、メリッサ一人の私情で変えられるほど単純な話ではない。

全ての決定権はポジェブラト公爵にあり、メリッサがどれだけ自分を蔑もうと破談になることはありえない。

 

あくまで女性を政略結婚の道具としか見ていないイアンは、不敵な笑みを浮かべながら勝ち誇りました。

 

さすがに、こけおどしが通用するほど頭が悪いわけじゃないか……。

 

メリッサは少し考えた後、ニヤッと笑いながら言葉を続けました。

 

イアンが皇太子の座に就けたのは、昔の自分が惚れ込んでいたことが最大の理由。

 

ポジェブラト家は誰が皇帝になろうが何の影響もない家門であり、自分の恋愛感情が消失すればイアンに固執する理由は一切なくなる。

 

そして、ポジェブラト公爵は娘の願いであれば、こんな庶民のお祭りにも快く参加させてくれる寛大な父親。

 

今回の破談の件を相談すれば、ポジェブラト公爵がどんな判断を下すか火を見るよりも明らかなはず。

 

メリッサは強気の態度を崩していませんでしたが、心の中では冷や汗をかいていました。

 

何故なら、この発言はすべてメリッサのハッタリに過ぎないからです。

 

体面を気にする典型的な貴族の性格の父・ポジェブラト公爵が、イアンとの婚約破棄を了承するはずがありません。

 

しかし、ポジェブラト家の内情までは把握していないイアンは、ポジェブラト公爵とメリッサの関係が実際には不仲であることを知らないはず。

 

メリッサは祈るような思いで、イチかバチかのハッタリに全てを賭けました。




<スポンサーリンク>

決着

しばらく黙りこくっていたイアンは、やがて自分の顔を手で覆い、「ならば私にどうしろと言うのだ……?」とつぶやきました。

 

臆病者のイアンは、結局ポジェブラト公爵を信じることが出来ず、メリッサのハッタリに屈してしまったようです。

 

メリッサは一つ息を吐くと、「それはご自身でお考え下さい」と言って突き放しました。

 

「私とのゲームにも勝てないような人が、今後発生する帝国の戦いに勝利することなど出来るでしょうか?」

 

強烈な嫌味を言われたイアンは、顔を強張らせて口をつぐんでしまいました。

 

自信がないのであれば、そのままおとなしく静かに暮らしていた方が良い。

 

メリッサは最後の忠告を伝えながらイアンの美しい顔を撫でると、「侮辱ではなくティアラは本当に殿下に似合ってますよ」と優しい言葉をかけ、イアンの前から去って行きました。

 

悠然と立ち去るメリッサの後を慌ててついていくユーリとナイン。

 

夏祭り会場の雑踏の中に一人取り残されたイアンは、その場に呆然と立ち尽くしたまま強烈な喪失感に打ちのめされていました。

 

イアンがいなくなり、3人になったメリッサ達。

3人の間には微妙な空気が流れていて、夏祭り会場を歩きながらしばらく無言の時間が続きます。

 

すると、メリッサの胸中を気遣ったナインが急に明るい声で話しかけ、「もうすぐ花火大会の時間なので一緒に見に行きませんか?」と提案しました。

 

物質転移魔法を使って大量の景品を別の場所に転送しながら、「私もご一緒します!」と叫ぶユーリ。

 

思いつめた表情を浮かべていたメリッサに笑顔が戻ると、3人は何事もなかったかのように花火大会の会場に向かい始めました。

夏の夜空の下で

満天の星空に盛大に打ち上がる色とりどりの花火。

 

華麗に散りゆく火花の景色は、観客たちに夏の終わりを予感させます。

 

夜空を見上げるメリッサの隣には、ナインだけが寄り添っていました。

 

実は、少し前に夏祭り会場にやって来たエリザベス家の兄弟がユーリのストーカーと勘違いしたナインと喧嘩になりかけたため、ユーリは兄弟たちと一緒に少し離れた場所で花火を見ることになってしまったのです。

 

家族愛の強いユーリなら、自分より兄弟たちと一緒に花火を見る方が楽しいだろう。

 

そう思いながらメリッサがユーリの方に視線を向けると、何故かユーリは目に涙を溜めながら悔しそうにこちらを見つめています。

 

メリッサと二人きりで花火を見られるシチュエーションに、勝利の笑みを浮かべるナイン。

 

ユーリとナインが自分を挟んで激しい恋の火花を打ち鳴らしていたとは、メリッサには知る由もない事でした。

 

さんざん煮え湯を飲まされてきた皇太子イアンとの因縁にようやくケリを付けたメリッサは、花火を見上げながら最高の気分に浸ります。

 

すると、頬を赤らめているナインがメリッサの方に向き直り、ゆっくりと口を開けて言いました。

 

「…………です メリッサ様 それだけは知っていていただきたくて……」

 

ロマンティックな雰囲気の中、顔を真っ赤にして恥ずかしそうにうつむくナインと、驚愕の表情を浮かべるメリッサ。

 

小声でつぶやくナインの言葉は花火の轟音にかき消され、メリッサにもよく聞こえませんでした。

 

小説内では、イアンがユーリにネックレスをプレゼントしながら愛の告白を行う名場面。

 

その最中にメリッサの目に映ったのは、ナインの背後でユーリを盗撮しているジェイクの変態的な姿でした。

 

どうして……どうしてここにジェイクがいるのよ……!?

 

本来なら、イアンの告白と共にハッピーエンドを迎えるはずだった夏祭り。

 

公然とストーカー行為を展開する破廉恥な弟のせいで、メリッサの胸中では夜空の花火よりも巨大な怒りの感情が爆発しそうになっていました。

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてくださいを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


41話を読んだ感想まとめ

物語の初期段階から続いてきた皇太子イアンとの戦いも、ついに決着がついたようですね。

 

婚約者であるメリッサの前で平然と浮気を繰り返すイアンを初めて見た時は強烈にムカつきましたが、考えてみればイアンは悲しい生い立ちの青年です。

 

常に身内同士で足を引っ張り合う陰湿な貴族社会の中で、自分は皇帝の嫡子ではないという劣等感が彼の心を苦しめ、支離滅裂な支配欲に繋がっていったのでしょう。

 

皇帝陛下の寵愛が無ければ、自分は皇太子として存在することができない。

 

誰よりも本人がそのことを分かっているからこそ、愛に飢えた性格になってしまったのだと思います。

 

皇太子という特権階級のせいで歪んだ恋愛感覚を身につけてしまったのは、イアンにとっても不幸な話です。

 

周りの者を傷つける人は、いずれその代償を自分自身が負うことになります。

 

メリッサに突き放されて失意のどん底に叩き落とされるイアンの姿を見て、痛快であると同時に何とも言えない物悲しさも感じました。

 

これからは皇族の権威にとらわれることなく、一人の人間として幸せな人生を歩んでほしいものですね。

 

メリッサとイアンの決裂を目の当たりにして気まずい空気が漂う中、わざと明るい話題を出してメリッサを慰めようとするナインとユーリの行動にほっこりしました。

 

たとえ嫌いな相手だとしても、長年連れ添った人との別れには心の痛みを伴います。

 

ありのままの自分を受け入れてくれる仲間たちの存在によって、メリッサ自身も救われたのではないでしょうか。

 

花火が盛大に打ち上がる中、はたしてナインはメリッサに何と伝えたのでしょうね。

 

小説内ではイアンの告白シーンだったことを考慮すれば自ずと想像がつきますが、ジェイクのせいでせっかく勇気を振り絞って伝えたナインの告白が徒労に終わってしまったのが悲しすぎます。

 

一難去ってまた一難。

 

またしても現れたユーリのストーカーを前に、メリッサだけでなくエリザベス一族の兄弟までもがブチギレないか非常に心配です。

 

はたして、メリッサは弟ジェイクの暴走をどうやって止めるつもりなのでしょうか?

 

第42話の展開がますます楽しみになってきました!

<前話 全話一覧 次話>