少女/女性漫画

「その悪女に気をつけてください」ネタバレ39話!あらすじ感想

ピッコマ独占配信の人気コミック「その悪女に気をつけてください」。

「続きが気になる!」
「メリッサはどうなる?」

こちらでは「その悪女に気をつけてください39話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




<スポンサーリンク>

前回までのあらすじ

前回は、ユーリ・イアンペアとなんとか合流できたメリッサが、夏祭り会場でのイアン成敗作戦に乗り出します。

 

この世界のベースとなっている原作の小説内では、ご都合主義の主人公補正によってユーリの欲しがるゲーム景品を次々と射止めて彼女の好感度を上げてみせたイアン。

 

しかし、転生前の現実世界でゲーム屋台を荒らしまくっていたほどの凄腕ゲーマーであるメリッサにとっては、イアンより高得点のスコアを出してユーリの前で赤っ恥をかかせてやることなど朝飯前です。

 

一軒の屋台の前で足を止めたユーリは、極端に目の吊り上がったブサイクなライオンのぬいぐるみの景品を見て、「メリッサ様に似ていてカワイイ!あれが欲しい!」と大騒ぎ。

 

謎の美的センスに言葉を失うメリッサとイアンでしたが、二人はユーリのためにモグラ叩きゲームに挑戦することにしました。

 

はたして、メリッサとイアンのモグラ叩き対決の行方は!?

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

その悪女に気をつけてください39話のネタバレ

モグラ叩きの極意

ゲーム台の前に立ったイアンは、初めて目の当たりにするモグラ叩きに手こずり、ミスを連発します。

 

しかし、作中で最強クラスの実力を誇る運動神経抜群の騎士・イアンは次第にコツを覚え始め、あっという間に新記録を叩き出しました。

 

2,000点というハイスコアを獲得し、得意げな笑みを浮かべるイアン。

周りの観客たちはその姿を見て、「イケメンな上にゲームまで上手なんてカッコよすぎ!」と大騒ぎしています。

 

夏祭り会場が一体となって盛り上がる中、メリッサだけは白けた目でその一部始終を眺めていました。

 

ここまでの流れは全て小説のストーリー通り。

単なる主人公補正のおかげに過ぎないことを熟知していたからです。

 

イアンがユーリの欲しがっていたブサイクなライオンのぬいぐるみを受け取ろうとした時、横からメリッサが割り込みました。

 

その人形は新記録を達成した者が貰えるなら、私にもモグラ叩きに挑戦する権利がある。

 

イアンは苦笑いを浮かべながら、しぶしぶメリッサに台座を譲ります。

 

ピコピコハンマーを手に持ったメリッサは呼吸を整えながら、モグラ叩きの極意を思い返していました。

 

モグラ叩きで大切なのは、本能と勘。

そして、自らの内に秘めた強大な怒りを解放すること。

 

婚約者の前で浮気をするイアン。

 

実の姉を小馬鹿にするジェイク。

 

ナインを亡き者にしようとしたジャック。

 

金自慢しか能がない変態ピーコック。

 

4人の憎きポンコツイケメンどもの顔をモグラに投影したメリッサのハンマーは、凄まじい勢いでターゲットをとらえ続けます。

 

制限時間が0になった時、台座に表示されていたスコアは5,000点!

イアンの出した新記録を瞬時にダブルスコアで抜き去り、周囲の観衆をあぜんとさせました。

 

ブサイクなライオンのぬいぐるみを受け取ったメリッサは、ニコニコ笑いながらそれをナインに手渡します。

 

ナインはメリッサ似のぬいぐるみを愛しそうに抱きしめながら、満面の笑みを浮かべて大喜び。

 

その傍らには、自分の欲しかったぬいぐるみをナインに取られて涙ぐむユーリの姿がありました。

<スポンサーリンク>

砕け散る主人公補正

すっかりメンツを潰されたイアンは、魂の抜けたような表情で屋台の前に呆然と立ち尽くしていました。

 

「他にもゲームはたくさんあるんだし、雪辱を果たされてはいかがですか?」

 

メリッサに嫌味を言われたイアンは作り笑いを浮かべ、「たかがゲームに何を本気になっているんだ」と余裕ぶって見せます。

 

「だが、そなたが望むなら相手してやろう」

 

そうつぶやいたイアンの顔には、ユーリの前で恥をかかされたことへの悔しさがありありと浮かんでいました。

 

ディーラーが高速で動かす3つのカップの中のコインの位置を当てる「スリーシェルゲーム」。

 

板状の菓子の上に描かれたデザインの型を爪楊枝で割らずにくり抜く「型抜き」。

 

そして、ダーツ、パンチングマシーン、フリースロー……。

 

それら全てのゲームにおいて、メリッサは次々と圧倒的な新記録を叩き出していきます。

 

天才令嬢の大活躍を見て、がぜん盛り上がる夏祭り会場。

傍らに立っているイアンは、皇太子としてのプライドやメンタルが完全に崩壊して顔面蒼白になっていました。

 

気が付けば、ユーリとナインは両手で抱えきれないほどたくさんの景品を貰って、無邪気な笑みを浮かべています。

 

小柄なユーリがぬいぐるみの山に埋もれているのを見かねたメリッサは、「彼女の荷物を持ってあげたらどうですか?」とイアンに進言しました。

 

呆然としていたイアンはハッと我に返り、ユーリの持っている景品を代わりに自分が持つと声をかけます。

 

しかし、ユーリは「一人で持てるので大丈夫です」と微笑み、イアンの提案をキッパリ拒否。

 

公衆の面前で赤っ恥をかかされ続けるイアンの心の中には、極寒冷地の猛吹雪が吹き荒れていました。





規格外の女

メリッサ達は一通りのゲーム屋台をまわると、最後に夏祭り会場の景品所に向かいます。

 

各ゲームに参加して、一定数以上新記録を達成した人だけが貰える特別賞品コーナー。

 

1等賞の紅真珠の指輪を貰う資格があることを確認したメリッサは、受付の窓ガラスをノックします。

 

室内で居眠りをしていた禿げ頭のオヤジは、メリッサ達の到着に気づくと大慌てで飛び起きました。

 

メリッサが「賞品をください」と言って微笑むと、大量の景品を抱えたユーリ達の姿を見たオヤジもニッコリ。

 

まるで子供をあやすような口調で、「お嬢ちゃん達が喜びそうな賞品がいっぱいあるぞ!」と言いました。

 

その言葉を聞いたメリッサは、自分とユーリをイアンの連れの女だと勘違いしているオヤジの見下した態度にイラっとします。

 

案の定、賞品の受取人が自分であることをメリッサが告げると、オヤジは冷笑を浮かべながら「冗談はよしてくれ」と応えました。

 

ここの景品所の特別賞品は、いろいろなゲームで新記録を達成した本人だけに進呈される希少品。

 

参加しただけではあげられない、と言って、オヤジはメリッサを小馬鹿にしたような笑い声をあげました。

 

するとメリッサは無表情のままポケットをまさぐり、新記録達成の度に押印される証明用のスタンプカードを取り出します。

 

スタンプカードが大量の新記録達成スタンプで埋め尽くされていることに気づいたオヤジは、両眼を大きく見開いて絶句。

 

メリッサがイラついた表情を浮かべながら、「早く1等賞よこせ」と毒づいた所で第39話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてくださいを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


39話を読んだ感想まとめ

メリッサのゲームの腕前が予想以上にヤバすぎて大爆笑しました。

 

圧倒的スピードでモグラ叩きゲームを攻略するメリッサの姿は、まるで身勝手の極意を体得したドラゴンボール超の悟空みたいですね。

 

もはや一人の戦士と化していて、転生前の彼女が祭り会場でことごとく出禁をくらっていた理由がよく分かりました。

 

しかも、イアンが新記録を出して有頂天になった直後にその記録を出し抜くのが、メリッサらしいやり口でとても痛快です。

 

剣術を短期間でマスターするほどの運動神経を誇るメリッサなら、ゲームだけでなく剣技で闘ってもイアンに勝てるのではないでしょうか。

 

一つしか無いブサイクなライオンのぬいぐるみを取ったメリッサが誰にプレゼントするのか気になっていましたが、何のためらいもなくナインを選んだのは少し意外でした。

 

おそらく、イアンに屈辱を味わわせるために、あえてユーリに渡さなかったのでしょうね。

 

悔しそうな表情を浮かべていたユーリには気の毒ですが、涙ぐむ彼女の反応が子供みたいに可愛くて和みました。

 

また、メリッサに煽られて「たかがゲームに本気になってどうする」と大人ぶるイアンが、ひそかにメリッサ相手にムキになっている所も笑ってしまいました。

 

せっかくの主人公補正も、無敵の神ゲーマーであるメリッサの前では形無しですね。

 

小説のストーリーをめちゃくちゃに破壊しまくるメリッサの自由奔放な活躍は、この世界の神様ですら手に負えないのではないでしょうか。

 

本来ならこの夏祭りを切っ掛けに急接近するはずだったイアンとユーリの関係が、メリッサの行動によってどう変化していくのか気になります。

 

女だからといってメリッサを見下していたオヤジが、彼女の実力を見せつけられて言葉を失う展開も実に痛快でした。

 

はたしてメリッサは、紅真珠の指輪をちゃんと貰えるのでしょうか?

 

第40話の続きがとても気になります。

<前話 全話一覧 次話>




<おすすめゲーム>