少女/女性漫画

「その悪女に気をつけてください」ネタバレ32話!あらすじ感想

ピッコマ独占配信の人気コミック「その悪女に気をつけてください」。

「続きが気になる!」
「メリッサはどうなる?」

こちらでは「その悪女に気をつけてください32話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

前回までのあらすじ

前回は、メリッサの選択アイテムをピーコックに教えた内通者が付き添いメイドのヨナだったことが判明。

大金を使ってイカサマをしていたピーコックは、決闘が始まるとメリッサの正解が腰に差していた宝剣であることをすぐに指摘。

黙り込むメリッサを見て、高笑いしながら勝利を確信します。

しかし、その答えは大外れ。

全てはメリッサとヨナがピーコックをはめるために仕掛けた罠で、ヨナは裏切り者の振りをして嘘の情報をピーコックに教えていたのでした。

そうとは知らず、まんまと騙されていたことに気づくピーコック。

赤っ恥をかかされて怒り狂い、武器を携えた部下たちを呼んで武力行使に出ます。

そしてついに、権力をふるえば何でも自分の思い通りにできると思っている大富豪を相手に、メリッサが怒りをあらわにしました。

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

その悪女に気をつけてください32話のあらすじネタバレ

決闘クイズ再開

腕組みしながら得意げにピーコックを見下すメリッサ。

彼女の威圧感に押されて急に威勢が失せるピーコック。

両者の怒りが激突し、場外乱闘勃発か!……と思われたその瞬間、満面の笑顔のユーリが二人の間に割って入ってその場を収めます。

「さあ、喧嘩はそのぐらいに!」

冷静さを取り戻した二人は、しぶしぶ質問タイムを再開しました。

ピーコックが答えを外したため、次はメリッサの番です。

メリッサは考えた末に、「その宝石は青色?」と尋ねました。

後ろに控えていたナインは、その言葉を聞いてハッとします。

その宝石はピンク色?

その宝石は青色?

これまでメリッサの行ってきた質問は全て、ナインの瞳の色と髪の色を示唆していたからです。

ナインは恥ずかしさのあまり、顔を真っ赤にしてうつむいてしまいました。

メリッサの質問を聞いてしばらく黙っていたピーコックは、ゆっくり口を開いて「……いいえ」と返答。

すると審判役のユーリが、「あら、メロディ様 嘘はダメですよ」と言って爽やかな笑みを浮かべました。

「うわ~。どうせすぐバレるのに、審判の目の前で嘘ついたわけ?」

メリッサの嫌味な発言が心に突き刺さり、ピーコックの顔色がさらに青ざめていきます。

名ばかりのイケメン

その時、メリッサはあることに気づいてしまいました。

原作の小説内では頭脳派として描かれているピーコック・メロディですが、作中には彼が頭の良さを発揮するシーンが一度も無かったことに。

「頭脳派」とは単なる設定に過ぎず、実際には大して賢くない男なのではないか?

メインヒロインのユーリに対して一途な愛を捧げる好青年に見えた皇太子イアンも、実際に会ってみれば婚約者の前で浮気を繰り返し、駄々っ子のように婚約破棄を拒むろくでなし男でした。

この世界のイケメン達は皆、作られたイメージとは真逆の卑怯でマヌケな野郎どもばかり。

メリッサは次第に、あまりにも無様な醜態を晒すピーコックに対して少しだけ哀れみを抱くようになります。

「宝石ですか?」

「いいえ」

「本ですか?」

「いいえ」

「武器系?」

「いいえ」

「どこかの国宝とか……?」

「いいえ」

どんな質問をしてもメリッサの正解にかすりもしないピーコック。

顔面蒼白になって立ち尽くす彼の心に吹雪が吹き荒れます。

一方のメリッサは、ここまでの質問で得た情報を頼りに一つの結論に辿り着こうとしていました。

色が青くて、かなりの大きさで、伝説に登場する宝石……。

原作の小説内で、ピーコックがユーリにプロポーズした際に用いた宝石に間違いない!

「正解は別名『たった一人の波乗りお嬢様』ことブルーダイヤモンドですか?」

ピーコックはプルプル震えながら、消えるような小声でメリッサの正解を認めました。

この世で最も高価で希少なもの

「それじゃあ約束通り失せてくれる?」

メリッサが決闘クイズの勝利宣言を行うと、ピーコックは突如声を荒げて「まだだ!」と叫びました。

この決闘クイズは先に正解を言い当てた者が勝ちですが、「答えを外した方の正解がもっと高価だった場合は再び賭けを提案できる」という特別ルールが存在します。

まして、メリッサはヨナと共謀してピーコックを騙した前科持ち。

ピーコックは、「そちらの正解を確認しないと納得できない!本当はろくに正解も準備せずに私を欺いたんじゃないのか!?」と言いながら悪あがきを続けます。

あまりにもダサすぎるピーコックの姿を呆れた顔で見つめるメリッサ。

一つため息をつくと、ユーリに頼んで自分の正解を公開してもらいます。

「見ろ!言った通りだ!」

ユーリが開けた正解ボックスの中には、一枚の紙しか入っていませんでした。

こんな紙切れが高価で希少なものであるはずがない、とピーコックは息巻きます。

しかし、メリッサは平然とした顔で反論。

本物を箱の中に入れるわけにはいかなかったから、正解の名前だけを紙に書いておいたと答えました。

この世のどんな宝石よりも美しく、どれほどの大金を積んでも決して手に入れられないもの。

「私たちが正解を紹介いたします」と言ってヨナとナインが両手を広げて示した先には、腰に手を当てて得意げに立っているメリッサの姿が。

そうです。

ピーコックが取り出した紙には、「メリッサ・ポジェブラト」と書かれていたのでした。

「そんな……反則じゃ……」

魂が抜けたような表情でフラフラとよろめくピーコック。

メリッサはニコニコ笑いながら、自分自身を正解にしてはいけないなんていうルールは無かった、まさか人の価値が宝石より劣るとでも?と正論で返します。

愛するユーリの前で、これ以上の醜態を晒したくなかったのでしょう。

何か言いたげだったピーコックは、ユーリを一瞥するとぱったり口をつぐんでしまいます。

悔しそうにそっぽを向くピーコックに向かって、メリッサは声高らかに言いました。

「ほら 早く帰りな 不法占拠者さん」

決着

それから数時間後。

エリザベス男爵邸の前に陣を張っていたピーコック一味が撤退作業を行っていました。

日暮れが迫る中、着々と進むテントの解体作業。

2階のバルコニーから彼らの様子を眺めていたメリッサは、このスピードならピーコック達は今日中にリプトンから出て行くだろうと思いました。

室内からメリッサの傍に駆け寄り、深々とお辞儀しながら感謝の意を表するユーリ。

「自分が勝手に事を大きくしただけだからいいんです」と言って、メリッサは照れくさそうに笑います。

いろいろと大変ではあったものの、ピーコックとの決闘の中でユーリの可愛い笑顔をたくさん見られたことがメリッサにとって最高の喜びでした。

ユーリに今後の予定を尋ねられたメリッサは、そろそろポジェブラト公爵邸に帰ると返答。

それを聞いたユーリは寂しそうな表情を浮かべ、急に黙り込んでしまいました。

意を決した顔つきでメリッサの名前を叫ぶユーリ。

メリッサは彼女の言葉を遮るように口を開き、「その前にお願いを聞いてほしいんです」と言って優しく微笑みました。

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてくださいを無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「その悪女に気をつけてください」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「その悪女に気をつけてください」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

32話を読んだ感想まとめ

二転三転したピーコックとの決闘編がついに幕を閉じましたね。

裏切り者からの手紙によって一時はどうなるかと思われた決闘クイズ。

終わってみれば、完膚なきまでにピーコックが叩きのめされての終了です。

内通者からの手紙がメリッサ達の仕組んだ罠だった時も驚きでワクワクしましたが、メリッサが正解を発表した時も「そう来たか~」と唸らされました。

「高価で希少なもの」と言われたら、確かに多くの人は貴金属類をイメージしてしまいます。

資本主義社会に順応している者ならなおさらでしょう。

しかし、生きている人間より価値のある物など存在するはずがありません。

ポジェブラト家の公爵令嬢が大富豪の心理的盲点を突くという展開が、実に皮肉的で面白かったです。

さんざん卑怯な手を使ってきたピーコックが見事に完敗する様は、見ていてとてもスカッとしました。

ブチギレたピーコック達と場外乱闘になるかと予想していましたが、最後までルールにのっとった知的戦略によって相手を負かした所が素晴らしかったですね。

これでユーリが平穏に暮らせるようになると良いのですが、粘着気質のピーコックがリベンジに来ないか一抹の不安もあります。

個人的に、ピーコックは4人のイケメンの中で一番気に入った面白キャラなので、どこかで再登場してくれると嬉しいです。

無事にストーカーの撃退に成功し、後はユーリにナインの舌の治療をお願いするだけ。

はたして、ナインの切断された舌は元に戻るのでしょうか?

第33話も感動的な展開に期待しましょう!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。