少女/女性漫画

「その悪女に気をつけてください」ネタバレ30話!あらすじ感想

ピッコマ独占配信の人気コミック「その悪女に気をつけてください」。

「続きが気になる!」
「メリッサはどうなる?」

こちらでは「その悪女に気をつけてください30話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

その悪女に気をつけてください30話のあらすじネタバレ

前回は、ユーリへの求婚を邪魔するメリッサをうとましく思ったピーコックが、メリッサを追い出すために決闘を申し込んできました。

負けた方がリプトンから出て行くという条件で合意したものの、武術の心得の無いピーコックはなんと決闘種目としてクイズを提唱。

この世で最も高価で希少だと思うものを互いに考えて買ってきて、相手が何を買ってきたのか先に当てた方が勝ちという極めてピーコックが有利なルール。

あまりにもズルいやり方に、さすがのメリッサも開いた口が塞がりません。

はたして、メリッサはピーコックとの決闘クイズに勝利できるのでしょうか?

仕組まれたゲーム

ピーコックが提示してきた決闘クイズには、様々なルールが取り決められていました。

ルール1、審判は両方の正解を知るユーリが担当し、ピーコックが先に正解した時にそれを揉み消すような不正を行ってはならない。

ルール2、魔法や特殊な道具などを使用してはならない。

ルール3、高価で希少なものと見なせないアイテムを持ってきた場合はその時点で負け。

ルール4、回答の順番はピーコックが先行で、交互に質問を繰り返し、聞かれた側は「はい」か「いいえ」でのみ答える。

ルール5、先に正解を言い当てた者が勝ち。

ただし、答えを外した方の正解がもっと高価だった場合は、再び賭けを提案できる。

「……ホント セコいわぁ」

決闘クイズのルールをつづった巻物を読んでいたメリッサは、あまりにも自己中心的な内容に苛立ちを抑えきれません。

決闘の日にちは3日後。

しかも負けた時の保険ルールまで用意されていて、最低でもピーコックより高価な物を持ってこなければ彼をリプトンから追い出せません。

メリッサは額に青筋を浮かべながら、ピーコックから送られてきた巻物をゴミ箱に放り投げました。

メリッサの勝算

誰が見てもピーコックが有利であることが分かる決闘ルールですが、当のメリッサは何ら反論することなく落ち着きを見せていました。

もしも自分の方が有利なゲームで負ければ、恥ずかしくて顔を上げて歩くことも出来なくなるはず。

この理不尽極まりない決闘クイズのルールは、メリッサにとってむしろ好都合でした。

何より、メリッサにはこの決闘に勝利できる確固たる自信があったのです。

メリッサが「高価で希少なもの」として使おうと考えていたのは、ジャックや盗賊団を倒す時に使った皇室の聖剣。

一般人には単なる剣にしか見えないアイテムでも、実際の価値は桁外れ。

しかも、小説の読者であるメリッサにしかその事実が分からない以上、ピーコックがメリッサの正解を当てられるはずがありません。

メリッサがピカピカに磨いた伝説の聖剣は、ベッドの脇でまぶしい光を放っていました。

ナインとのひと時

メリッサにとって唯一の問題は、準備が出来ているのに決闘までの3日間は何もやることが無いことでした。

エリザベス邸にある書籍はどれも小難しい歴史書ばかり。

恋愛小説好きのメリッサはとても読書する気になれず、暇すぎて死にそうになっていました。

メリッサが室内でもがいていると、誰かがトントンとドアをノックする気配が。

救世主到来とばかりに表情を明るくしたメリッサが「どうぞ!!」と応答すると、そこには紅茶を持ってきたナインが立っていました。

最近なぜだかナインに避けられるようになったことを気にしていたメリッサは、この機会に可愛い狼と暇つぶしをすることにします。

「今日は特別に私がナインをもてなすから」

困惑するナインを強引にテーブルに着かせ、紅茶を注いであげるメリッサ。

「毒は入ってないから安心して」と冗談を言っても、ナインは黙ったままです。

反応の薄さに焦るメリッサの前で、ナインは筆談用紙にペンを走らせました。

「お嬢様がくださるなら毒でも甘く飲めます」

メリッサは真剣なまなざしのナインに驚き、「冗談よね?」と尋ねました。

「本当です」

それまで気まずそうな表情だったナインが、ようやくクスっと笑いました。

急に気恥ずかしくなったメリッサは、毒だと思ったら飲まないでカップを私の顔面に投げつけなさいと大声を張り上げてごまかします。

するとナインは再び真剣な顔つきに変わり、うつむきながら「それはできません」と紙に記しました。

これまで見たこともないナインのピュアな表情に惹かれ、思わずナインの顔に手を伸ばすメリッサ。

その手がナインの髪に触れた瞬間、動揺したナインのペン先が大きく曲がり、書いていた文字が読めなくなってしまいます。

「あっ ごめん 書いてる時に髪の毛が邪魔になると思って」

謝るメリッサの傍で、顔面を紅潮させるナインが必死に自分の気持ちを落ち着かせようとしていました。

ナインの脳裏に浮かぶのは、同胞の狼人間種族に追われて死ぬ寸前だった自分に救いの手を差し伸べてくれたメリッサの明るい笑顔。

いつしかナインは、執事以上の感情をメリッサに対して抱くようになっていました。

しかしその一方で、「ユーリさんは私が守る」と宣言したメリッサとユーリの間に自分が立ち入る隙間が無いことも分かっていました。

「もっと可愛がってほしいです」

ナインは書き損ねた筆談用紙をそのままポケットに入れ、メリッサに伝えようとして伝えられなかったメッセージを自分の心の中にしまいました。

裏切り者からの密告

深夜のリプトン。

エリザベス邸の前に張られている陣地の中で、険しい表情を浮かべながら一人でウロウロしているピーコックの姿がありました。

「あのバカ女のせいで!」

鬼の形相のピーコックが憎々しげに舌打ちを鳴らします。

「王子役は好まないが仕方ない」

独り言をつぶやくピーコックが空を見上げると、遠方から一羽の鳥が飛んできてピーコックの腕に止まります。

ピーコックは伝書鳩の足に巻き付けられていた紙をほどき、書かれている文面に目を通しました。

正解はメリッサが腰に差している宝剣。約5千万ゴールドの値打ちがあると思われ、魔術師ならその価値を証明できる。

闇夜の中でニヤリと笑うピーコック。

「待っててください 私のカナリア」

ピーコックが勝利を確信した所で第30話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

よく無料で試し読みされている作品
横にスライドでもっと見る>

無料で読める!今週のおすすめTOP3

秘密の授業
「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい―――朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感――それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?


キスでふさいで、バレないで。
「こんな状況で感じるなんて、やらしいな」シャツごしに敏感なトコロをこすられ、指を挿れられて、バレないように声を抑えろだなんて…そんなの無理…!ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓(かえで)は、偶然とおりかかった片想いの相手・塩谷(しおや)に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらう事に!しかしそこへ、塩谷のルームシェア相手が帰宅し思わずクローゼットに隠れる二人。密着するカラダにドキドキする楓…その時、塩谷のくちびるが楓の胸に触れ―――


もしも、幼馴染を抱いたなら
「私たちの関係って、何…?」ジムのトレーナーである修司と幼馴染の茜。茜が修司の働くジムに通うことになったのだが、担当するトレーナーは会員と寝ていると有名な男…!!ある夜、帰りの遅い茜が担当トレーナーに車で送られたのを見てしまい、幼馴染が抱かれたのではと、気になって仕方ない!それから茜の行動から目が離せなくなってしまい…。こんなに心配するのは幼馴染で親友だから。なのに無防備な茜の姿に体は反応して、抱きたい衝動は増していき…!二人が一線を越えたその先にあるものとは――?

その悪女に気をつけてくださいを無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「その悪女に気をつけてください」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「その悪女に気をつけてください」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

30話を読んだ感想まとめ

あっさりメリッサが勝つと思われていたピーコックとの決闘が、裏切り者の出現によって思いがけない方向に展開されそうですね。

今回の最大の問題は、ピーコックの内通者は誰か?という点でしょう。

伝書鳩が運んできた手紙の文面を参考に、裏切り者の正体を考察してみます。

個人的に一番怪しいと思うのが、エリザベス家の人間です。

この決闘はユーリを守るためにメリッサが勝手に始めたものであり、もしもメリッサが勝ってしまうと、ピーコックに逆恨みされてエリザベス家の食料が途絶えてしまう恐れがあります。

エリザベス家としては、メリッサに負けてもらった方が得策。

「魔術師ならその価値を証明できる」という一文も、この手紙を書いた人物が魔術師である可能性を示している気がしますね。

そういう意味では、ユーリ自身がメリッサを裏切っている可能性も0とは言い切れないでしょう。

今回の決闘でメリッサの選択したアイテムが皇室の聖剣であることを事前に知ることが出来るのは、よほどメリッサに近しい人物だけ。

他の家族に気を遣うユーリが、自己犠牲のためにわざとピーコックを勝たせようとしているのかもしれません。

他にも、金に目がくらんだヨナの仕業、メリッサとユーリの関係を断ちたいと願っているナインの仕業、といった大穴予想も浮かびます。

はたまた、内通者がいることを知っていたメリッサがそれを逆手に取り、ピーコックに嘘の情報を渡して決闘クイズに勝利する、という大逆転パターンも面白そうです。

ピーコックのイカサマによって決闘の行方はどうなるのか、第31話の展開が気になって仕方ありません!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。