少女/女性漫画

「その悪女に気をつけてください」ネタバレ24話!あらすじ・感想を紹介

ピッコマ独占配信の人気コミック「その悪女に気をつけてください」。

「続きが気になる!」
「メリッサはどうなる?」

こちらでは「その悪女に気をつけてください24話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

その悪女に気をつけてください24話のあらすじネタバレ

前回は、こっそり持ってきた皇室の聖剣を使って、メリッサが完膚なきまでにジャックを叩きのめしました。

ナインがかつて狼人間種族の同胞であったこと、一族を裏切る行動により追われ逃亡中の身であることなどが明らかに。

そして、館の中で治療を受けていたナインがついに復活。

ジャックはナインの身柄を引き渡すよう要求しますが、メリッサは平然と拒絶しました。

はたして、ナインを巡る戦いの行方は?


ポジェブラト家の一員になったナイン

メリッサはジャックとの決戦に臨む前、父親のポジェブラト公爵に2つの願い事を伝えていました。

その一つは、使用人達に夏のバカンスを取らせること。

これは、メリッサとジャックの戦闘に巻き込まれて周りの人達が負傷することを避けるのが目的でした。

そしてもう一つの要求は、自分専任の執事を雇うこと。

メリッサは、平民上がりの青年と称して、ナインをポジェブラト家の執事に推薦したのです。

バシレイオス帝国では、貴族によって雇用されている者への攻撃は貴族に対する攻撃と見なされています。

つまり、もしもジャック率いる狼人間種族がナインを攻撃すれば、公爵家そのものを敵に回すことに他なりません。

さすがのジャックもこれではナインに手出しができず、おとなしく引き下がるしか選択肢はなかったのです。

タキシードに着替えたナインはメリッサに付き添いながら、自分をポジェブラト公爵に紹介してくれた時のことを回想していました。

紹介状もない部外者を執事として雇い入れることに、最初は難色を示していたポジェブラト公爵。

しかしメリッサは、何かあった場合は自分が全責任を取ると言ってナインをかばい続けました。

根負けしたポジェブラト公爵は「好きにしなさい」と言い、メリッサの要求をしぶしぶ承諾。

ナインは自分を信じてくれるメリッサに対し、この上ない忠義心を抱くのでした。

倒れるメリッサ…

ナインを巡る騒動もようやくひと段落つき、メリッサは安堵の表情を浮かべていました。

ナインのせいでいろいろ大変だったと皮肉を言うメリッサ。

真面目な性格のナインはその言葉を本気にとらえ、ごめんなさいという表情で涙目になります。

メリッサはとっさに「冗談よ冗談!」とフォロー。

恩返ししたいなら一生懸命働きなさいとナインを激励しました。

ナインを付き添わせながら自室に戻り、一息つくメリッサ。

部屋の中に入ると、すぐにナインに扉の鍵をかけさせます。

何の気なしに口元に手を当てた瞬間、その指先にぬめりとする奇妙な感触がありました。

血……!

メリッサの口から鮮血が垂れ、ドレスや手が真っ赤に染まっています。

あまりのショックで意識が遠のく中、悲痛な表情を浮かべたナインが自分の所に駆け寄ってくるのが見えました。

メリッサは原因不明の吐血と共に、そのまま失神してしまいます。

<スポンサーリンク>

融合する魂

何もかもが透き通っている真っ白な世界。

自分が何者なのか、ここがどこなのかも思い出せません。

ふと前を見ると、うずくまって泣いている少女がいます。

メリッサは彼女のもとに行き、どうして泣いているのか尋ねました。

「誰も……私を抱きしめてくれないから……」

メリッサはその場にしゃがみ込み、「じゃあ私が抱きしめてあげる」と言って彼女に腕を伸ばします。

すると少女は小さな声で「あんたはイヤ……」と返答。

せっかくの好意を踏みにじられ、メリッサは内心イラっとしました。

「どうすれば涙が止まりそう?」と問いかけると、少女は涙目で「イアンを連れてきて!」とメリッサに向かって叫びます。

イアンという人物のことをどうしても思い出せないメリッサ。

誰なのかと問うと、少女は大人びた顔で「私の夫」と言い放ち、メリッサを絶句させます。

少女は嬉々とした表情でイアンについて語り始めますが、2年前に1回会ったのが最後と聞いて、そんなに婚約者を放置する男はクズだとメリッサは言います。

イアンを悪く言わないで!と叫びながら正拳突きを食らわしてくる少女。

ジェイクに教わったという正拳突きを披露する少女を見ながら、ジェイクという人物もろくな大人にならないだろうとメリッサは思いました。

ここにイアンを連れて来られないなら用はないと言い、少女はメリッサを追い払おうとします。

メリッサはそんな彼女を見ながら、「あんた泣き止んだわね」と言って微笑みました。

「なんだ イアンがいなくても平気じゃない」

メリッサにからかわれ、恥ずかしそうにごまかす少女。

誰が何と言おうとイアンが好き、弟とも仲良くしたい、犬を飼いたい、でも狼は怖い、と自分の夢を語り始めました。

「私は愛されたい」

真剣な表情で語る少女の横顔をジッと見守るメリッサ。

すると少女はゆっくり向き直り、メリッサに向かって静かに言いました。

「でもあんたは私とは違うわ メリッサ 元の私とは違うのよ」

その瞬間、周りの凍りついた世界に亀裂が走り、メリッサの全ての記憶が戻りました。

遠くから聞こえるメリッサの名前を呼ぶ声。

「今みんなに呼ばれてるのは私じゃなくてあんたよ これからの人生は全部あんたのもの」

信念を持って突き進むメリッサに自分の人生を託した少女。

二人が笑顔で手を合わせた瞬間、それまで気絶していたメリッサの意識が戻るのでした。

<前話 全話一覧 次話>




その悪女に気をつけてくださいを無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「その悪女に気をつけてください」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「その悪女に気をつけてください」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

24話を読んだ感想まとめ

今回は過去一番の泣き回でしたね……。

読んでいて心にジーンときました。

ナインを執拗に狙うジャックとどうやって折り合いをつけるか気になっていましたが、ポジェブラト家の一員にすることで彼を守るとは見事なアイデア。

大口をたたいているジャックも、さすがに公爵家全体を敵に回す覚悟はないようです。

ナインを執事に推薦したメリッサの度胸も大したものですが、身元の分からない男性を邸宅に受け入れたポジェブラト公爵の度量もお見事。

メリッサが怖かったからと言ってしまえばそれまでですが、なかなか出来ることではありません。

そして人生これからという矢先に突如メリッサを襲った謎の吐血。

これまでの戦いのストレスによるものか、皇室の聖剣を使った代償か……。

主人公はもともと現実世界では平凡な大学生で、交通事故に遭ったことを切っ掛けに小説世界に転生してきたので、肉体と魂の不一致が原因かもしれません。

小説世界のメリッサに憑依する形でこの世界に存在している主人公。

本来のメリッサの魂はどうなったのか疑問でしたが、24話でついに両者の対話が実現しました。

孤独にさいなまれ、偽りの愛に溺れている少女メリッサ。

閉塞的な公爵令嬢の立場に縛られ、他人の前で強がりながら心の中でずっと泣き続けていたのです。

彼女にとって、他人に依存することなく人生を切り開く主人公の強さは、自分の人生を託すに値するものだったのでしょう。

「メリッサ」に認められた「メリッサ」の嬉しそうな表情がとても印象的でした。

ジャック編がひと段落つき、これからストーリーはどうなっていくのでしょうか?

そろそろ、ユーリを巡る4人のイケメン達のバトルが本格化していくかもしれません。

第25話も見逃せませんね!

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。