進撃の巨人

進撃の巨人ネタバレ113話!あらすじと考察!114話最新情報も!

!1月9日 113話を追記しました!

予想がつかない展開に、新しい魅力が溢れてくるストーリー。

今後の展開、気になりますよね!

進撃の巨人113話のあらすじ・ネタバレをご紹介します♪

進撃の巨人113話が今すぐ無料に!
進撃の巨人 無料

「進撃の巨人」最新話は雑誌「別冊少年マガジン2月号」に掲載中!

この雑誌が今すぐ無料で読める方法があるんです。

 

「U-NEXT」なら新規加入で31日間無料+漫画購入に使える600ポイントが今すぐ貰えるキャンペーンを開催中!

 

このお話が掲載されている雑誌「別冊少年マガジン2月号」の定価550円(税別)がポイントで今すぐ0円で読めちゃいます

もちろん無料期間中に解約しても解約金なし!

 

さらに進撃の巨人113話だけではなく、進撃の巨人のアニメが無料期間に見放題!

進撃の巨人 無料

進撃の巨人ファンには見逃せないサービスなので、ぜひ無料でこのお話を読んでしまってください!

↓詳しくはU-NEXT公式サイトで!↓

進撃の巨人113話を無料で読む>

※本ページの情報は2019年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

113話までのおさらい

2019年1月9日発売予定、別冊マガジン2月号に掲載される、進撃の巨人113号の予告情報と展開考察です。

 

その前に・・!

こちらは前号である別冊マガジン1月号、進撃の巨人111話112話で公開された情報を元におさらいをしておきましょう♪

 

緊張感が漂うテーブル

エレン・ミカサ・アルミン・カビは、異様な緊張感をまとってテーブルを囲み座っていた。

そして、エレンはミカサとアルミンに話を始めたのです。

 

ミカサの本能

人間 巨人 パニック ファンタジー ダーク アニメ化

ミカサは、アッカーマンの本能のまま生きているだけ。

命令に忠実な本能のまま生きているだけだと言います。

そして、エレンはミカサに対して昔から嫌いだったとも言います。

 

それを聞いたアルミンはエレンに飛び掛かります。

制するミカサ・・。

アルミンをテーブルに抑えつけてしまうミカサは、ハッと我に返る様子を見せます。

 

スポンサーリンク


しかし、それこそがアッカーマンの反応そのものだとエレンは続けてきます。

再びエレンに殴りかかるアルミンは、エレンの顔を捉えます。

巨人化しないアルミンは、すぐに床に倒されてしまいます。

 

おとなしくついて来いというエレン。

始まりの地、シガンシナ区へ行くと言うのです。

 

森の中

森にいるリヴァイと兵士たち。

そして、ジーク・・・。

 

リヴァイの思考

人間 巨人 パニック ファンタジー ダーク アニメ化

エレンの命を救ってきた。

その度に、沢山の命も消えていった・・仲間が死んでいったのだ。

それが、人類の生き残る希望だと信じて。

 

信じてきた結果が・・この状況。

リヴァイは頭を抱えます。

そして、読書をしているジークを見下ろします。

 

ジークの獣を他に移し、イェーガー派を捕まえて巨人としジークを食わせてやる。

エレンがジークに操られているのが本当かはわからないけれど、ジークさえ失ってしまえば連中は成すすべもない。

そうピクシスに伝えると仲間たちに言うリヴァイ。

 

ピクシスの返答がとうであっても、ジークを切ろうと覚悟をするリヴァイ。

 

武装した兵士が30人。

巨人になろうとジークに逃げ場はない。

 

リヴァイはエルヴィンに誓ったことをようやく果たせそうだと思い返します。

死も意味があったことを証明できると。

 

 

大声をあげて走り出すジーク。

 

巨人化した兵士が木の上から降ってきたのです!!!

 

その後の展開は?

幼馴染が集結したものの、異様な雰囲気が漂うテーブル。

なんだか、違和感ありの会話だったような印象が残ります。

 

だって、エレンは昔からミカサの事が嫌いだったと言いますが、ちょっと違かった様な・・!?

 

これって、この話が後になって繋がってきたりするんでしょうか?

そういう作戦とか?

この後が気になる感が、なんとも言えないですね。

 

そして、ジークをが監禁されている森では、リヴァイの思考や回想のシーンがありました。

最終的にはリヴァイの仲間が巨人化。

逃げるジークの姿もありましたが、こちらの場面だって展開が気になりますね!

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

進撃の巨人112話でのエレンの主張まとめ

進撃の巨人巨人112話「無知」ではついにエレンとミカサたちが再会!

しかしエレンは衝撃の主張をしましたね!

そしてそれは哀しくも、かつての幼馴染を突き放すものでした。

 

エレンの思想は今後の展開に大きく影響しそうですね。

そんなエレンの主張を詳しくまとめました!

 

俺は自由だ

席につき、まずエレンが主張したのは「自由」であると言うことでした。

 

これは自分が操られているわけではなく、これから話すこと、行動は自分の意思で決めたことである、と言う主張にも聞こえました。

 

本当に「自由」を感じている人はこのような主張をするのか、と疑問は残りますね・・・

 

そしてその言葉にミカサは反論し、優しいエレンがそんなことをするわけがない。

あなたは操られている、と話します。

 

そんなミカサを冷たく突き放すエレン。

本当に操られていないのか?

幼馴染3人と話すのに、とても冷酷な、まるで憎んでいるような表情が特徴的でした。

 

ミカサは本能の奴隷だ

エレンを慕うミカサ。

そんなミカサに対しエレンは、「ミカサ」と言う人間はアッカーマンの本能に乗っ取られ、いなくなってしまったと主張します。

 

アッカーマン一族はもともと、エルディア王国の王を守る意図の元設計されたもの。

そして「習性」により誰かを「宿主」として認識すると、血の本能が目覚め、宿主を守るための身体能力や「道」を通して戦闘経験までも得ることできる、と。

 

そして本能を呼び覚ます「宿主」となる条件を、9歳の時の山小屋の事件でエレンが満たしたと言うのです。

それにより宿主を得たミカサはアッカーマンの本能に目覚め、力を得た代わりに自らの意思を本能に奪われてしまった、と言うのがエレンの主張でした。

 

そしてエレンはミカサに残酷な一言を突きつけたのですね

 

さらにはエレンの主張を裏付けするかのように、ミカサは殴りかかろうとするアルミンから無意識にエレンを守ってしまいます

 

スポンサーリンク

 

この行動は、本能から来るものなのでしょうか?

 

エレンの主張が真実かどうか。

それは今の所は不明ですがエレンがミカサを拒否したことは事実です。

 

ミカサにも思いあたる部分はありそうですが、本能のままでミカサの人格はない、と言うのは全て丸ごと「真実」のようには思えなかったです・・・何か裏がありそうです。

 

アルミンはベルトルトの意思に操られている

ベルトルトを捕食したアルミン。

その結果、ベルトルトはアルミンの一部となり干渉しているのだ、とエレンは主張しました。

 

主張の根拠は2つ

 

  • アニに恋心のようなものがあり、アニの元へ日参していること
  • 敵対するとすぐ「話し合い」を持ち込むこと

 

それはかつてのアルミンとは異なり、ベルトルトの意識に大きく影響をされていると言うのです。

 

でもアルミンがアニの元へ通うのは果たして恋心からなのでしょうか?

 

本当に日参の理由が「恋心」からならば触れるときにそのような描写があってもおかしくありません

27巻ではからかわれて慌てている様子はありましたが、アルミンはそのような意図はない、と反論していました。

 

またアルミンが元より話し合いを重視するのは昔からのことで、真実ぽくはないな・・・と感じました。

 

それではなぜこのような主張をしたのか?

 

スポンサーリンク

 

個人的にはアルミンに「自分の意識にベルトルトがいるのでは?」と言う潜在的な不安感を残すためにような感じも受けました。

 

 

今回、エレンがアルミンとミカサへ与えた、「自分が(本能やベルトルトの意思に)操られているのでは」と言う不安感。

 

この「布石」が今後の展開に影響を与えそうですね!

進撃の巨人は伏線が多く、また回収も素晴らしいのでこの小さな芽が何か大きなものに育ちそうな気もします!

 

進撃の巨人113話あらすじネタバレ

!1月9日 113話を追記しました!

では早速「進撃の巨人113話」のあらすじ・ネタバレをご紹介します!

 

と言いたいところですが・・。

進撃の巨人113話は、2019年1月9日に発売予定の「別冊マガジン2月号」へに記載されます!

 

そのため、こちらは読み次第追記させていただきます!

 

更新情報はTwitterでご案内します。

よかったらフォローしてくださいね♪

 

痺れる体

人間 巨人 パニック ファンタジー ダーク アニメ化突然痺れはじめた体。

各場所で、皆ざわめき始めます。

体の中に電気が走るような、今までに経験をしたことの内容な感覚です。

 

!!!まさか!!!

 

森の中を勢いよく走っていくジーク。

リヴァイは巨人に囲まれています。

 

そう・・巨人化した仲間たちに・・。

 

巨人になったとしても、仲間を切る事は出来ないのではないかと踏むジーク。

確かに、リヴァイは襲い掛かってくる巨人相手に戸惑います。

 

そして、巨人化してしまった原因は、どこだったのかと記憶をたどります。

 

・・マーレ産の貴重な酒だと言い、飲みたがっていたワイン・・

 

仲間の面影

人間 巨人 パニック ファンタジー ダーク アニメ化ワインに仕込まれていたのか!?

けれど、体が硬直するという予兆は見られなかったはず・・嘘の情報か!?

 

クソッ。

 

向かってくる巨人の中に、仲間の面影を映し出してしまうリヴァイ。

一斉となってリヴァイに向かってくる巨人たち。

 

リヴァイは、襲い掛かる巨人の中心で心を決めます。

 

逃げるジークの前に人影が。

!!リヴァイ!!

 

ジークを連れて森の出口を目指してた巨人たちは、リヴァイに向かっていきます。

リヴァイの強さは圧倒的。

ついにシーク自らも巨人化します。

 

巨人化したリヴァイの部下たちはどうしたのか?

まさか・・!?可哀そうに!!

ジークの言葉に、リヴァイの顔は益々冷徹になっていきます。

 

リヴァイの力は巨人化したジークよりも上。

俺から逃げられると勘違いしてしまったのか?姿は捉えられないものの、森の中でリヴァイの声がします。

 

巨人化したジークの首元へ攻撃。

そしてそこから、ジークの体を引きずり出します。

 

変わり果てたジークの姿・・。

 

新たな指導者

人間 巨人 パニック ファンタジー ダーク アニメ化兵団支部ではシャーディスが訓練兵たちを集めています。

訓練兵たちの中には、シャーディスが指揮する訓練を古めかしい時代に合っていないと感じる者もいます。

強い指導者・・エレンにエルディアをまとめて欲しいと思っているのです。

 

そこにハンジを連れてイェーガー派が入ってきます。

これからは、自分たちが指導をすると言いシャーディスの足元に発砲します。

訓練兵たちの前でフロックが指揮をとり、訓練兵たちによってシャーディスは襲撃されてしまいます。

 

 

縛られたジーク、そしてジークを見下ろすリヴァイ。

2人の姿は馬車の上にありました。

 

ジークが巨人化しないためと言い、リヴァイはジークの脚先から剣で落としていきます。

 

瀕死状態のジーク。

その中でもジークは、自分のかけていた眼鏡を気にします。

 

今にも閉じそうなジークの目の向こうには、昔の記憶が浮かびます。

 

キャッチボールをする幼いジークの姿。

そして一緒にキャッチボールをしているのはクサヴァー。

 

進撃の巨人 クサヴァー だれ
進撃の巨人クサヴァーとは誰?正体を考察!画像でみるジークとの関係!進撃の巨人113話で突如明らかになった「クサヴァー」という人物。 一体彼は何者なのでしょうか? 今回は謎の登場人物、クサヴァーの正体について考察いたしました! これを読むとクサヴァーというキャラクターがよくわかるかもしれません♪...

 

将来は野球選手になるのか?というクサヴァーに対して、幼いジークはこう返します・・。

「僕には使命があるから!」と。

 

進撃の巨人113話が今すぐ無料に!
進撃の巨人 無料

「進撃の巨人」最新話は雑誌「別冊少年マガジン2月号」に掲載中!

この雑誌が今すぐ無料で読める方法があるんです。

 

「U-NEXT」なら新規加入で31日間無料+漫画購入に使える600ポイントが今すぐ貰えるキャンペーンを開催中!

 

このお話が掲載されている雑誌「別冊少年マガジン2月号」の定価550円(税別)がポイントで今すぐ0円で読めちゃいます

もちろん無料期間中に解約しても解約金なし!

 

さらに進撃の巨人113話だけではなく、進撃の巨人のアニメが無料期間に見放題!

進撃の巨人 無料

進撃の巨人ファンには見逃せないサービスなので、ぜひ無料でこのお話を読んでしまってください!

↓詳しくはU-NEXT公式サイトで!↓

進撃の巨人113話を無料で読む>

※本ページの情報は2019年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

113話の感想と考察

人間 巨人 パニック ファンタジー ダーク アニメ化こちらも、2019年1月9日に発売予定の「別冊マガジン2月号」記載、進撃の巨人113話を読み次第追記させていただきます!

やはりワインの中に仕込まれていたのは!!!

そして、前兆としていた体の硬直はだったことも判明しましたね。

 

突然の痺れるような違和感は、各所で起こっていました。

ってことは・・!?

どの場面でこの違和感の原因が動き出すのか、今後のストーリーも目が離せないのは確実ですね!

 

リヴァイが巨人化した仲間たちの中に、以前の面影を見つける場面は心が痛みますね。

そして、決断する強さと、圧倒的な力!

ジークはあっという間に引きずり出されましたね。

 

そして、訓練兵に指揮を取り始めたイェーガー派。

この後の展開は、どのようになっていくのでしょうか?

ジークがリヴァイの元にいるとなると、ジークに接触しようとしているエレンはどのような行動をしてくるでしょうか?

 

114話も早く読みたくなってしまいますね♪

 

 

進撃の巨人114話最新予告情報

進撃の巨人114話の最新情報も、キャッチ次第を更新していきますね♪

114話の記事を更新しました!

 

進撃の巨人ネタバレ114話!あらすじ考察も!グリシャ追放の真実が明らかに!ハマっていく細やかなストーリー!描写される人の心理! ジークの子供時代、両親についても描かれた「進撃の巨人114話」。 ジークの中で大きな存在であるクサヴァーとのやりとり、そしてジークの考えの根本が見えてきます。...

 

31日間無料+600ポイントで好きな漫画を読んでみる↓

※本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

進撃の巨人ネタバレ113話!あらすじと考察!114話最新情報も!まとめ

「進撃の巨人113話」のまとめ。

こちらは、2019年1月9日に発売予定の「別冊マガジン2月号」を読んだ後に追記いたします。

スポンサーリンク

このままジークの引き渡しのシーンが描かれるのでしょうか?

そして、最後に出てきたクサヴァーという人物、「分かり合えない者にも 命をかける理由がある・・」という意味深な言葉・・。

次回には、このあたりが分かってくるのでしょうか!?

 

続きは2月9日発売の3月号に次号に掲載されます。

やはり「進撃の巨人」は、のめり込んでしまうストーリーですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!