少女/女性漫画

「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」ネタバレ8話!あらすじ感想

ピッコマ独占配信の人気コミック「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」。

「続きが気になる!」
「アドリアーはどうなる?」

こちらでは「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい8話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>





せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい8話のネタバレ

前回の7話でアドリアーナは魔法石についての交渉を成立させました。

そして数日後、再びシンシア皇女に会います。

話をしていると、そこに、シンシア皇女の父親である皇帝が現れて…

<おすすめゲーム>

皇帝から晩餐に招待されたアドリアーナ

皇帝は、アドリアーナに、クレセンテ家の長女だろうといいます。

ルミナス皇家の第3代となる皇帝で、帝国をもっとも繁栄させたのが、この皇帝です。

 

アドリアーナが幼いころ、宮殿で会ったのを覚えているか、皇帝が聞きました。

するとアドリアーナは、もちろんだと答えます。

皇帝は兄のテオドールの安否も気遣ってくれました。

 

実際には連絡がついていません。

それでもアドリアーナは、「勉学に勤しんでいる」と笑顔で答えます。

 

皇帝は、アドリアーナの父である、ウィローとは、とても親しかったのだといいます。

そして、今日の晩餐に参加しないかとアドリアーナに尋ねました。

久々に会ったのだから話がしたいというのです。

シンシア皇女も、もっと話したいとよろこんでいます。

 

光栄だとアドリアーナは笑顔を見せました。

皇族との晩餐など、断る理由もありません。

心の中では喜んでいるも、アドリアーナは冷静な様子を見せています。

 

晩餐までは、まだかなり時間があります。

そこで皇帝は、ローエンハーツ第二皇子を呼びました。

宮殿の庭園を案内させようとしています。

 

いつからそこにいたのだろう、とアドリアーナは驚いています。

行きましょうかとローエンハーツが手を差し出しました。

 

アドリアーナは光栄です、と、手を伸ばします。

ローエンハーツが婚約の話を切り出して……

予定があったのではと気遣うと、ローエンハーツは、1日くらい遅らせても大丈夫だといいます。

庭園には、綺麗な赤いバラが咲いています。

そのバラは紅茶にもなるのだとローエンハーツが教えてくれました。

輸出するほどの量ではないため、宮殿内で消費しているといいます。

 

皇族しかいただけない紅茶と聞いて、アドリアーナはすごいと感心しています。

するとローエンハーツは、飲むなら紅茶を出しましょうといいます。

 

アドリアーナは、畏れ多くて、いただけないと手を振りました。

しかし、将来皇族になるかもしれないのだから、資格はあるとローエンハーツは答えます。

 

意味が分からず、アドリアーナは困惑します。

するとローエンハーツは自分と婚約したらどうか、といいだしました。

突然の話に、アドリアーナは、シャロンはどうするのかと聞きます。

継母が反対すると考えています。

以前、その話で第二皇子は家を訪れていたのです。

 

ローエンハーツは、義母や義妹が大切なのかと聞きました。

アドリアーナは、ローエンハーツを見ず、バラを見ながら、家族だから当然だと答えました。

 

シャロンを差し置いて婚約などしたら、継母のマリアンヌが黙っているわけがありません。

暗殺されてしまう可能性もあるでしょう。




手ごわい相手!

アドリアーナの返事に対して、ローエンハーツは、変だといいます。

自分と親しくなりたいのでは、とローエンハーツは考えているのです。

 

ずっと沈黙していた令嬢が、突然、息を切らして駆け寄ってきたのです。

さらに、あの日、アドリアーナは、シンシア皇女への贈り物を預けました。

どう見ても不自然で、何か目的があるのではと感じているのです。

 

自分の至らなさが招いたのだと、アドリアーナはごまかそうとしました。

しかしローエンハーツは、パーティーでの立ち居振る舞いは完璧だったと話します。

礼儀作法も、ドレスの着こなしも素晴らしかったのです。

失態など有り得ないと言われてしまいます。

 

どうやら想像していた以上に、手ごわい相手だとアドリアーナは気付きました。

 

ローエンハーツは、意図的に自分たちに近付いたのだろうといいます。

違いますとアドリアーナは否定しました。

 

それなら考え過ぎだろう、とローエンハーツはいいます。

ただし、もう1度考えてほしいと続けました。

 

自分と結婚すれば、兄が公爵になれるよう全面的に支持する、というのです。

「その代わり、テオドールが公爵になったら、自分が皇太子になれるよう助力してほしい」

ローエンハーツは、そう提案し……。

<前話 全話一覧 次話>
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたいを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


<スポンサーリンク>

8話を読んだ感想まとめ

現在の皇帝はアドリアーナの父親とは親しかったとのこと。

それなら「話をしたい」というのも納得です。

父親の死後に苦労してきたアドリアーナ。

幸せだったころの話ができるかもしれませんね。

アドリアーナにとっては楽しい時間になりそうです。

 

もともと「外に味方を作る」のがアドリアーナの目的です。

だから皇族と親しくなれるのは好都合でしょう。

そのために、シンシア皇女に贈り物をしたのです。

そして今のところは順調に進んでいます。

 

そんな企みをローエンハーツは勘づいているようです。

鋭いですね。

確かに突然追いかけたのは、なんだか不自然だったでしょう。

目的があって近付いたと思われても不思議はありません。

 

ただ「味方を作る」のが目的であって婚約を狙っているわけではありません。

ちょっと誤解があるような気がします。

 

しかし、話せないですよね。

目的などない、というしかないでしょう。

 

とはいえ、ローエンハーツにしても、アドリアーナは魅力的な存在です。

公爵令嬢であり、政治的に利用できる相手だからです。

テオドールが公爵になれるよう支持、代わりに助力してほしい……。

なかなか策略家のようです。

 

現在のところアドリアーナは、健康で長生きすることが目的です。

皇太子妃になりたいというわけではありません。

ただ、テオドールの支持が受けられるのは良い話でもあります。

 

アドリアーナは、提案になんと答えるのでしょうか。

下手に動けば、継母の怒りを買う可能性があります。

そのため、少し慎重になるべきでしょうね。

 

シャロンも、かなり短気です。

アドリアーナに食事すら与えたくないと考えています。

よほどアドリアーナが嫌いなのでしょう。

そんなシャロンも、怒らせると面倒な存在です。

そういえば階段で突き落とされて前世の記憶がよみがえったのです。

シャロンには、暴力的な部分もあると感じます。

 

家族と波風を立てず皇室との関係も良好に保ちたいところです。

また、本当は目的があったとはいえ、疑いは向けられたくありません。

 

はたしてアドリアーナは、何と答えるのでしょうか。

ローエンハーツには表面的な話が通用しない気もします。

回答次第で、今後の展開も大きく変わってくるでしょう。

 

続きが気になります!

<前話 全話一覧 次話>