生者の行進

生者の行進3話ネタバレ!あらすじと感想!ついに現れた協力者?!

なんと泪(るい)が犯人と疑われる?!

まどかを狙う犯人はわかるのか?

 

生者の行進3話が盛り上がってます!

 

「まどかは無事なの?」

「泪(るい)はどうやってまどかを救うの?」

「続きがきになる!」

 

そんな皆様のために、今回は生者の行進3話のあらすじをネタバレ解説しちゃいます!

これを読めば生者の行進がもっと楽しめるかもしれません!

 

生者の行進が無料で読める方法をご案内します!

 

3話見どころ

見どころ 

生者の行進3話は、主人公の泪(るい)を尾行し追う、捜査一課の女性刑事「東雲亜紀」の10年前に遡る話から始まります。

 

東雲が、どうして刑事を志すようになったのか?

そして女子高生の霊を、見た泪のその後は?

 

刑事の東雲と、主人公 泪のお互いの強い思いで緊迫した取引するやりとりに要注目です。

 

 

生者の行進3話のあらすじネタバレ

話は過去に遡り・・10年前。

まだ高校生だった東雲亜紀(しののめ あき)は、土手の河川敷でランニングをしていました。

 

この日は、妹思いの姉・東雲亜湖(しののめ あこ)も、練習に付き合っていました。

しかし、陸上部の亜紀の走りにすぐについて行けなくなる亜湖。

 

東雲の過去

ランニング ジョギング 亜紀と亜湖亜紀がいつもこんなに早く走っていることに驚く亜湖。

休憩を取ろうと公園で休むことにします。

 

「亜紀は、素材はいいんだからもうちょっと可愛い格好すればいいのに・・・もったいない。」と亜湖がランニングのウェアにダメだします。

亜紀は、自分はランニングが好きで走っているだけだし、高校生のお小遣いじゃそんなチャラチャラした服は買えないと言います。

 

スポンサーリンク

そんな妹に姉は、次の大会で優勝したらウェアをプレゼントすると話します。

亜紀は、ウェアよりシューズが欲しい。。。と照れながらおねだりをします。

 

姉と妹の約束。

とても仲が良い二人。

 

亜紀は、休憩は終わり!とまた走り出す準備をします。

しかし、亜湖は靴擦れをしているため、もう少し休憩してから後を追いかけると伝えました。

 

そんな亜湖に「無理をせずゆっくり歩いてきな」と言い、絆創膏を渡しその場で別れます。

 

その別れの後、悲劇は起こります。

 

自宅に帰った亜紀。

けれど姉はかなり時間が経過しても戻らず、戻りがだいぶ遅い事を心配している最中、、、電話がなります。

 

警察からの電話をとった母は、青ざめた表情で、亜紀!と叫びます。

 

突然の警察からの電話。

姉の亜湖は何者かに襲われ命を落としてしまったのです。

 

 

駆け引き

取引 交渉 泪と東雲

事件の始まりである、悪霊に取り憑かれ何者かに襲われた女子高生、小栗美弥(おぐり みや)の壮絶な最期を霊を通して見てしまった泪。

 

今は、小栗美弥の悪霊が取り憑かれてしまっている、幼馴染のまどかを一緒に連れてこなくて本当によかったと泪は心をなでおろします。

 

そこへ、泪の一部始終を見ていて尾行を続けていた刑事、東雲亜紀が泪の前に突如現れます。

泪はまだ呆然としていたところに、急に目の前に現れた東雲にビックリします。

 

女子高生が襲われ命を落とした事件についてもう一度話を聞きたいと、東雲は泪を誘いファミレスへ向かいます。

 

東雲は今日が実は非番で、休日だけど個人的に泪に興味があり、一日尾行していたと泪に告げます。

泪は、今日ずっと東雲に尾けられていたのだいうことにソワソワします。

 

東雲は泪が、事件現場に付近に現れ取った行動に疑問を感じていました。

スポンサーリンク

事件現場を通り過ぎ、すぐ先の路地裏に入って行った泪。

誰もいない壁に立ち尽くし何かを凝視した後、急に震えだして嘔吐し始めたことに「何を見ていたんだ?」と問い詰めます。

 

泪はこの刑事を信用して霊が見えることを話しても良いものか?と、不安になり黙り込んでしまいます。

 

東雲は、この事件は今回の女子高生、小栗美弥以外にも余罪があると踏んでいることを泪に話し始めます。

行方不明者も合わせると、4〜5人は犠牲になっている可能性があることとも。。。

 

泪はその話を聞いて驚きます。

 

東雲が一般人の泪にここまで話す理由とは!?

どんな手を使ってもこの事件の犯人を捕まえたい」と刑事としてだけでなく、怒りと執念を含んだ表情が泪に訴えかけます。

 

取引

取引 泪と東雲 霊視力 敏腕刑事

「それは・・・あなたの後ろにいる女性の霊と関係がありますか?」

 

 

泪は、東雲に背後に見えている霊の存在について事細かに説明し始めます。

 

東雲は自分しか知り得ない女性の情報を、泪が話し始めることに驚きます。

 

そして泪は、東雲を信用できる出来ないなど言っている場合ではないと思いを決めます。

こちらもどんな手を使ってでも悪霊の正体を掴み、まどかを助けると判断した泪は、東雲に取引を持ちかけます。

 

「信じてもらえるかわかりませんが、僕には霊が見えるんです。」

 

先程、事件現場付近の路地裏で被害者の小栗美弥の霊と会っていたことを東雲に伝えます。

そこで彼女が犯人から受けた残酷な仕打ちについて、全て東雲に話したのです。

 

マスコミにも公開していない情報を泪が次々と話すのを見て、ここまで詳細を知っているのは共犯者かあるいは犯人・・・あるいは被害者本人のみだと東雲は困惑します。

 

東雲は、犯行時刻である泪のアリバイを聞きます。

泪は家で寝ていた「しかしそのアリバイを証明しろと言われるとちょっと」。

 

スポンサーリンク

今、話をした内容を警察に話せば、即犯人に仕立て上げれるレベルの話である。

第三者の話としては全く効力を持たなので、自分以外には話をしないほうがいいと東雲は泪に言います。

 

どんな手を使ってでも犯人を捕まえたいと思っているならと、霊のことを話し泪が取引を持ち出したことに気づく東雲。

泪はこの次に友人が狙われていることを東雲に話し、事件の情報を提供する代わりにまどかを守って欲しいとお願いします。

 

次の被害者のことまでわかる泪に驚く東雲でしたが、事件の犯人を捕まえたい彼女は了承します。

 

しかし、次のターゲットまどかの身の安全を確保するには、警察としてではなく水面下で東雲自身で動く作戦が必要だと泪に伝えます。

泪は自分が霊が見えていることを信じてくれるのか?と東雲に聞きます。

 

君が見たと言っていた私の背後にいる女性は姉であることや、10年以上も前の当時の事件を当てずっぽうで言い当てるのは不可能なこと。

そして何より姉に「亜紀ちゃん」と呼ばれていたことはごく親しい人しか知らない情報であるとこを話します。

 

東雲は泪が、霊の姿を見る事ができる極めて重要な情報提供者であると信じ、お互いの取引が成立します。

 

 

東雲は残酷な通り魔に襲われた姉の亜湖の墓の前で、自分の人生の残りを卑劣な犯罪者を一人でも多く捕まえて牢屋にぶち込んでやると、誓いを立てたことを泪に話します。

 

それが自分の生きる目的なんだと。

 

もし私の邪魔をしたり、嘘の証言をしたりしたら子供だろうと許さない」と泪に地の果てまでも追い詰めるような雰囲気で忠告します。

 

それを聞いた泪は、思いました・・・

大切な人を失い心に穴が空いている。それを埋めようとしている。

 

この人も自分と同じ人間なんだと感じ、泪は堅い握手を交わしました。

 

迫る

悪霊 悪夢 疲弊 限界
泪が、まどかに会わせたい人がいると電話で話をします。

まどかの家に東雲が直接行き、一度会って話をするということになりました。

 

警察が家にいきなり来るとなるとまどかの家族が驚くので、東雲がまどかの友人から紹介された家庭教師ということで、自宅に来る手筈でいこうと泪がまどかに提案したのです。

 

泪が自分と別れた後、刑事に逢いに行っていたことをまどかは察します。

まどかは事件の事情聴取をしに、泪のアルバイト先に来ていた刑事を二人を思い出します。

 

刑事の一人がかなり美人だったことを回想し、泪がその人と会っていたことに少し妬きもちを妬きながらベットでそのまま寝落ちをしてしまいます。

 

眠りに就いたまどか。

そしてまた悪夢がまどかに近づいてきます。。。

あの悪霊が寝ているまどかに忍び寄り、襲い掛かります。

 

恐怖に慄く夢を見て、まどかは夜中をバっと目を覚まします。

 

恐怖で目を覚ました彼女には、夢の中のはずなのに痕跡が残っていました。

 

彼女は恐怖と現実に現れているような自体に、さらに怯え苦しむのでした。

 

生者の行進が無料で読める方法をご案内します!

 

協力者が現れた3話の感想

感想東雲刑事の過去からの流れを見ていて、ストーリーの背景の深さにより面白さが増しましたね。


お互いの想いの強さが、物理的に見える部分を超え目に見えないものを追いかける
為に、泪と東雲刑事が協力し合うのはこの漫画の見どころだと思います。

それぞれが過去に大事な人を失い、心に空いた穴を埋めようと生きている東雲の様に共感する。

高校生とは思えないくらい冷静に、自分の気持ちと向き合っている主人公の泪の人間性の高さを興味深く感じました。

スポンサーリンク


また、どんどんとまどかに迫ってくる悪霊。

彼女を追い詰めていて、このままでどうなってしまうのか。。

彼女の安否もきになるところですね。

 

この先、まどかと泪はどう悪霊と立ち向かっていくのか?

東雲が協力してくれることで益々この後のストーリーが飛躍して行きそうです。

先の展開が気になる内容となっていました!

 

生者の行進が無料で読める方法をご案内します!

 

生者の行進3話ネタバレ!あらすじと感想まとめ

生者の行進3話のあらすじを解説しました!

 

  • ついに協力者東雲が登場!
  • 東雲の過去が判明
  • 執拗に狙われるまどか

 

って感じでしたね!

まだまだ事件は続きそうで見逃せません!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!