漫画ネタバレ

サレタガワのブルーネタバレ65話!あらすじ感想!ベランダの藍子

不倫した側とされた側「サレタガワのブルー」。

藍子の発言に毎回びっくりしてしまう暢は冷静になってるな

 

続きの気になっていた「サレタガワのブルー 65話」を読んだので、さっそく展開・あらすじをご紹介したいと思います!

 

<前話 全話一覧 次話>

サレタガワのブルーは公式アプリで最新話まで全話無料公開中です

マンガMee

マンガMee
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

サレタガワのブルー65話のあらすじネタバレ

サレタガワのブルー第65話「決別」のあらすじをお伝えします。

梢の勘・・・当たってますよ

今ここで死んでやると言いながら、死ぬ覚悟はできていないような藍子。

何を言っているのかと驚く暢と穂奈美をよそに、とりあえず暢の部屋の中に駆け込みます。

 

一方梢は、これでようやく全部クリアして離婚できる・・・本当に長くて苦しかった。

そしてよく耐えた・・・と自分を褒めます。

もう悩まなくても大丈夫なのだから、明日朝一番に離婚届を提出しようと思いました。

 

たっくんは明日から親は私だけになってしまうけれど、全然可哀想ではない。

和正がいない分、今までよりも何倍もたくさん愛情を注ごうと思うのです。

 

それにしても和正は意外にもあっさりと藍子のことを切ったなと思い・・・自分とは離婚すると決まっていたから思い切りイチャイチャすればいいのにと考えながら歩いていました。

 

どうしてあんなにばっさりと切り捨てたんだろうと思ったら・・・なぜか突然勘が冴えて他にも女の人がいるのではないかとピンと来てしまいます。

 

PR

しかし確認することもできないし、何よりも和正と関わりたくありません。

慰謝料・養育費は考えていたよりも多い金額を請求できたし、もし第三の女がいても・・・許すことはできない…慰謝料は倍欲しいし、女の人を許すわけにはいかない。

女々しい和正

それでも想像でしかないから、自分の考えすぎということにしておこうと考えることにして、終電に遅れそうなので急ごうとしていたら、クラクションを鳴らされました。

振り向くと和正が梢を呼んでいて、車で送るというのです。

 

家まで送られるのは嫌かもしれないけれど、その近くまでなら・・・と言われます。

最後にいろいろ聞き出すチャンスかもしれないと思ってこの間二人で話した公園までならと送ってもらうことにしました。

 

和正はテンションが上がり、積もる話もあるから助手席に座ってと勧めてきます。

嫌だと言いながら結局助手席に座ってしまった梢。

 

やはり離婚はしたくないと言われ、乗らなければよかった・・・まだそんなことを言いやがるのかとドン引きしている梢。

 

さすがに和正も無理だと理解してはいますが・・・。

突然梢に謝り始めます。

 

傷つけてごめん、結婚するときにも拓斗が生まれた時にも幸せにすると誓ったはずだったのに、本当に軽々しくバカなことをしてしまった。

もっと大切にしなくてはいけなかった・・・自分は間違っていたと言いながら泣き出してしまう和正。

 

梢は泣くほど後悔するなら、初めから浮気なんてしなければよかったのに・・・何回謝罪されても絶対に許さないし、これから先もずっと死ぬまで思い出しては和正のことを軽蔑する。

 

浮気をされた側の気持ちなんて想像もできないでしょうけれど、本当に気分が悪い!

もう二度と顔も見たくない!!

梢の言葉にかなりショックを受ける和正。

 

梢の中ではどれだけ謝罪されても、裏切られたという事実や苦しんだあの日々は消えません。

別れることになっても、つけられた傷は一生治ることもありません。

 

お金の支払いは滞りなくお願いと言って車から降ります。

幸せな時もなかったわけではないけれど、全部和正のせいで台無しになってしまいました。

さようならと言って和正とは別れます。

お元気でなんて言う言葉は言えるわけもありません。

 

車の中から和正は梢の名前を呼んでいます。

PR

梢は一生許すこともないし、これからもずっと和正がとびっきり不幸になりますようにと名がってしまうに違いない。

暢のせいにする藍子

その頃藍子はベランダに出ようとして叫んでいました。

サッシに手を掛けながら、死んでやる、来ないで!!

それ以上こっちに来たらすぐに飛び降りてやるんだから!!

 

暢は拳に力を入れて何も言いません。

どうせ嘘だと思っているんでしょうけれど、本気だからという藍子。

 

PR

穂奈美は馬鹿な真似はやめなさい・・・お金さえ払えばまだ若いんだからいくらでもやり直せると言って止めようとしています。

 

しかし藍子はうるさいと怒鳴り、和正のことも暢のことも本気で愛していたのに、どうしてみんな自分からいなくなるのか、なぜ愛し返してくれないのか。

どうして一番愛してくれないの,もう嫌だ死ぬと言いながら涙をぼろぼろこぼしています。

 

暢はちゃんと藍子のことを一番に愛していたでしょうと言う穂奈美に、はじめは幸せだったけれど途中で気が付いた。

いつだって暢は茉拓さんだったと言います。

 

ずっと外さないピアスのことは気になっていたけれど、結婚生活は順調でいつか外してくれるのではないかと思っていたけれど・・・。

あの日暢が寝ながら名前を間違えた時、藍子の中で何かが崩れたのだと言います。

 

暢はたかが寝言でと言いますが、藍子はかまってちゃんで、寂しがり屋だから・・・。

暢の中から茉拓を追い出すことはできないと気づいた時からすべてが虚しくなってしまって、一番かわいいと言ってくれた和正に心変わりしてしまったのです。

 

それも全部暢のせい、暢がもっとしっかり愛してくれたならこんなことにはならなかったのにという藍子。

 

すると暢はもういいよ、どうぞ飛び降りればと声を掛けます。

資産価値は下がるし、かなり迷惑だけれど俺のせいだというなら・・・浮気をさせるほど悲しい思いをさせたなら止める権利はないと言いました。

 

もうさすがに吹っ切れたし、藍子なんてこの世に要らないと伝えます。

 

サレタガワのブルー第65話「決別」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

藍子には飛び降りる気がないとわかっての暢の言葉だと思いますが、藍子の反応はいかに。

 

<前話 全話一覧 次話>

65話を読んだ感想

サレタガワのブルー第65話「決別」の感想をお伝えします。

梢は完全に和正のことは吹っ切れて、拓斗との今後について考えているというのに、和正はまだ女々しく泣いています。

 

梢が考えた通り、本当はもう一人付き合っている人が…お腹に子供までいるのに。

和正はそんなこと忘れているのでしょうね。

 

藍子も、亡くなった人のことを引き合いに出してまで暢のせいにしようとしています。

何でも人のせいで自分は悪くないという藍子。

自分の行動に責任を持たなくてはいけない年齢にはとっくになっていると思います。

 

きっと藍子の行動パターンや性格がわかっているからこそ、暢はもういらないと言ったのでしょう。

藍子は飛び降りなんてできるはずがありません。

止めて欲しくてしているだけのことなのです。

 

和正も藍子もとても子供っぽい人たちですね。

 

<前話 全話一覧 次話>

サレタガワのブルーは公式アプリで最新話まで全話無料公開中です

マンガMee

マンガMee
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

サレタガワのブルーネタバレ65話!まとめ

こちらでは「サレタガワのブルー 65話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと65話をまとめてみたいと思います!

 

サレタガワのブルー 65話のまとめ
  • 梢はやっと離婚出来ることにすっきりしていたし、息子は父親がいなくなてしまう分今まで以上に愛情を注ごうと思っている。
  • 梢の勘では和正は藍子以外とも不倫をしている・・。
  • 藍子はベランダから身を投げると言い、暢の姉は落ち着くように言う。
  • 暢は藍子を冷静に突き放した。

暢に対しての藍子の反応に興味がありますね!

PR
PR

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。