漫画ネタバレ

サレタガワのブルーネタバレ51話!あらすじ感想!水無瀬からの告白

不倫したくなくなるストーリーサレタガワのブルー

それぞれの夫婦の離婚は成立する?「サレタガワのブルー」。

水無瀬の行動が怪しくなってきた藍子は怖い女だよね

 

続きの気になる「サレタガワのブルー 51話」を読んだので、さっそく展開・見どころをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>
サレタガワのブルーを無料で読む方法はこちらで解説しています!

サレタガワのブルーの見どころ

サレタガワのブルーのあらすじみどころ社内不倫をしている男女には、それぞれの家族がいます。

けれどそれぞれの夫婦は離婚の手続きの最中!

そして不倫をされた方の妻・梢と夫・暢は戦友の様な仲間意識がありお互いに励まし合う間柄となってました。

 

スポンサーリンク

そして暢は、梢が新しい恋をする事はいいことだと思いながらも離婚がきちんと成立していない今は少し注意をした方が良いと話をしていました。

今回はその様子を見ていた、梢に好意を寄せる水無瀬が登場してきます!

サレタガワのブルー51話のあらすじネタバレ

暢から離婚についてのアドバイスを梢は受けていました。

自分たちは同じ境遇だからと言われて、お互い頑張ろうと手を取り合って励ましあいます。

その様子を建物の影が隠れてずっと見ていた水無瀬。

夕食前の忙しい梢

不倫したくなくなるストーリーサレタガワのブルーいつものように仕事の帰りに梢は保育園にたっくんを迎えに行きます。

先生にお礼を言って、いい子にしていた?と話しかけながら歩いて帰りました。

 

アパートに着いて階段を上り、部屋に着くと夕食の支度をします。

危ないからガードを付けているのでキッチンに入ってきませんが、そろそろ我慢の限界のようです。

 

スポンサーリンク

もう少し待ってと言い、テレビに少しだけたっくんの相手をしてもらい晩御飯の完成です。

梢がお店で勉強したかのようなハンバーグとご飯を犬の形にしたかわいいご飯。

水無瀬の訪問

不倫したくなくなるストーリーサレタガワのブルーたっくんの目がキラキラと輝きお皿に手をかけたとたん、ピーンポーンとインターフォンがなりました。

 

誰だろうと梢の心臓が大きな音を立てて鳴り響きます。

今の時間帯に尋ねてくる人のことが思い浮かばすに、悪い予感だけが頭をよぎります。

 

梢とたっくんふたりににやり直そうと夫が言いに来たかもしれないと考えてとても不安になってしまいました。

 

すると玄関先から声が聞こえました。

夜分遅くごめんなさいと言う声は水無瀬のものです。

 

どうやら水無瀬はメッセージを送っていたそうですが、いつまでたっても梢がメッセージを見てくれていないため実力行使に出てしまったのです。

 

渡したいものがあると言うので、部屋に入れてしまいます。

 

水無瀬は授業で「幼児用玩具の安全性について」という課題がでたので、全部試しに買ってみて、レポート提出し終わったのでその足で届けに来たのだと言いました。

 

わざわざ大量におもちゃを持ってきてくれたのに・・・そのまま帰すのも悪くてつい部屋に上げてしまったのです。

 

晩御飯に手作りのハンバーグを食べてもらっているのもおもちゃのお礼です。

 

それでもやはり梢は離婚する前になんて・・・まずい気がしてきました。

 

テレビでシングルマザーが子ずれ再婚したままタレントが「子供が自分よりも彼のことを大好きになったから」と話していたことを思い出します。

 

梢も自分の大切な拓斗を一緒に大切に思ってくれる・・・そんな人の存在は心強いと思っていました。

拓斗の父の和正でもできなかったことなのに・・・。

梢は家事をしながらいろいろ考えてしまいます。

 

水無瀬は優しすぎるというか・・・おせっかいというか・・・そこまで自分のことを好きなのだろうか?

 

ただ単に「すごい子供好き」というだけかもしれないけれど・・・。

隣の部屋で、水無瀬と一緒にとても楽しそうにしている拓斗を見るとこころがあたたまってしまいます。

 

梢の視線に気づき、拓斗と二人笑顔で梢の方を見る水無瀬。

 

あんな二人の笑顔を見てときめかないはずがないと・・・まだきちんと離婚できていないのに、これはとてもまずいと思う梢。

水無瀬の告白

不倫したくなくなるストーリーサレタガワのブルーおもちゃをくれたからと家に上げたのは軽率でした。

そろそろ拓斗を御風呂に入れなくてはいけないからとやんわり帰ってもらうように告げました。

すると水無瀬も楽しくて長居をしてしまいと言い帰ることに。

 

スポンサーリンク

名残惜しいけれど帰りますと言って梢をじっと見つめる水無瀬。

すると突然気が付いたかのように今日昼間お店に来た男の人は誰ですか?と聞かれました。

そう言われても梢にはピンと来ていません。

 

梢の様子がなんだか変だったので、水無瀬はいよいよ旦那さんが押しかけて来たのではないかと心配したのだと言います。

 

ようやくそれで暢と話していた時、ぼんやりと思い出しました。

 

あの人は旦那さんじゃないの。戦友・・・というか、友達?かな。

心配してくれてありがとうと伝えます。

 

そうですか・・・と言いながら納得していないような水無瀬。

ものすごくハイレベルなイレメンでしたねと言ってふくれっ面をします。

 

梢は意識したことがなかったので不思議に思います。

しかし並んだ姿が美男美女でやきもちを焼いたと言う水無瀬。

 

子供っぽいことだと知っているけれど、最近だんだん余裕がなくなって・・・梢は離婚もしていないからまだ自分の気持ちを言ってはダメだと自分を制しているつもりなのです。

 

でも梢の顔をみると気持ちが昂ってしまうので・・・自分勝手な要望を言ってしまうと・・・早く離婚してくださいと言い、帰っていきました。

 

たっくんを抱っこしたまま梢は玄関に立ち尽くし…これはもはや告白ではないかと真っ赤になってしまいました。

 

 

サレタガワのブルー第51話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

こんな告白をされて、明日のランチに水無瀬が現れたらどんな態度をとるのでしょうか?

困惑してしまいます。

お店の前で二人きりでいるところを見られていないかも不安になってしまいます。

 

<前話 全話一覧 次話>
サレタガワのブルーを無料で読む方法はこちらで解説しています!

15話を読んだ感想

サレタガワのブルーを実際に読んだ感想紹介の画像梢の態度は離婚しようとしている相手にするようなことはしていなかったのに、暢のことを夫だと勘違いした水無瀬。

 

むしろ戦友だと言ってお互い頑張りましょうと手を取り合っていた暢と梢。

 

離婚しようとしている人の手はふつう取らないと思うのです。

居場所も知らせていないのなら絶対にそんなことはありません。

 

スポンサーリンク

大切な時期に、梢に不利になるようなことはしないでほしいと思います。

もしも裁判になって水無瀬の存在のせいでたっくんの親権が取られてしまったらどうするのでしょうか。

 

暢もくれぐれも注意して、一点の曇りもないようにして勝ち取りましょう見たいなことを話していたと思います。

 

暢との会話の中でもでしたが、今回の水無瀬を家に上げたことでも梢にあまり危機感がないようで心配になってしまいます。

 

水無瀬のしていることもなんだか胡散臭いというか、裏がありそうな気がするのです。

大学のレポートのためにそんなにおもちゃを購入するはずがないし、わざわざ家に押しかけて来るのもなんだかおかしいと思うのです。

 

考えすぎならいいのですが、もしも梢に罠をかけようとしていたりしたら・・・。

たっくんのことも巻き込まないようにしてほしいと思います。

梢はおかあさんですから。

 

<前話 全話一覧 次話>
サレタガワのブルーを無料で読む方法はこちらで解説しています!

サレタガワのブルーネタバレ51話!まとめ

こちらでは「サレタガワのブルー 51話」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっとストーリーをまとめてみます!

 

サレタガワのブルー 51話のまとめ
  • 夕飯時に鳴ったインターフォンだけれど、この時間に訪ねてくる人物が思い当たらず・・もしかして夫が来たのではないかと心臓がどきどきする梢。
  • 梢の家にやって来た水無瀬をそのまま帰す訳にも行かずに家に上げてしまった。けれど梢の頭にはきちんと離婚が成立していない自分の立場が気になっていた。
  • 水無瀬は暢の存在に嫉妬した様子で、早く離婚してほしいと梢に言ったのだった。

水無瀬の近寄り方はちょっと注意した方がいいかもしれないですね・・。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。