漫画ネタバレ

サレタガワのブルーネタバレ52話!あらすじ感想!和正が掴んだ情報

浮気したくなくなるサレタガワのブルー

衝撃的な不倫が明らかに「ワレタガワのブルー」。

展開が気になる浮気された側はどうしている

 

続きの気になっていた「サレタガワのブルー 52話」を読んだので、さっそく展開・見どころをご紹介したいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>

サレタガワのブルーは公式アプリで最新話まで全話無料公開中です

マンガMee

マンガmee
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

サレタガワのブルーの見どころ

サレタガワのブルーあらすじみどころ藍子の不倫相手・和正は出て行ってしまった妻子の大事さに気が付き始めたけれど、弱い心で藍子とは別れられない。

藍子はどうにか和正を繋ぎ止めようとします。

 

スポンサーリンク

不倫をされた側の和正の妻・梢は離婚がきちんと成立していないけれど自分に好意を抱いていくれている人物の存在を少し気にし始めている様な・・。

サレタガワのブルー52話のあらすじネタバレ

葵は梢の顔を見るとどうしても気持ちが昂ってしまいます。

そこで梢に対して自分のわがままな考え方なので無視してくれてもいいのだけれど、早く旦那さんと別れて欲しいとお願いして帰っていきました。

葵が来ない

浮気したくなくなるサレタガワのブルー翌日、梢の仕事が終わるころに店長さんが、そういえば今日は葵が来なかったね・・・確か来ると言っていた気がしたのだけれど・・・。

 

そう言われてみれば梢も昨日確かにそう話していたのを聞いていたので、そうですねと言いました。

 

すると梢の脳内で、昨日葵に言われた言葉が再生されます。

「僕が!毎日あなたに会いたくて、我慢できなくて来てるんです!!」

梢の頬が真っ赤に染まりました。

 

スポンサーリンク

店長が梢の背後でニヤニヤしながら、もしかして梢さん葵と何かあったな?

梢はビクッとしてしまいます。

 

梢は必死に否定します・・・自分はまだ既婚者ですし・・・断じてそんな気まずくなるようなことはありませんと。

勝手にSNSに

浮気したくなくなるサレタガワのブルーそんな時にお客様が来店して、梢は本当はもうあがりなのに店長から逃げるように接客しに行きます。

 

お客さんに梢?梢…だよね、久しぶりと声をかけられます。

梢は忘れていたようで相手の名前もなんだかあやふやでした。

 

中学校の同級生だったようで、店長はそれはサービスしなきゃと言ってくれますが、特別仲が良かったわけじゃないので大丈夫ですと奥さんに話しています。

 

梢も接客しながら、仕事が終わったから帰るねと伝えていたところでした。

同級生も会えてよかった、また来るからおしゃべりしようねと笑顔でこたえています。

梢はごゆっくりと言いながら苦笑していました。

 

まるごと桃のパンケーキが到着すると、おいしそうだと喜ぶ同級生。

さっそくスマホを取り出し、ばえ~と言いながら撮影していました。

 

その後、パンケーキの写真とともに、「みんな聞いてよー!たまたま行ったお店であの梢が働いてたよ。久しぶりすぎてびっくり。パンケーキおいしかった。」

とSNSに投稿していたのです。

 

荒れ果てた部屋の中で、和正はその投稿を見つけていました。

梢タグ付けされてやんの・・・!と笑っています。

 

何かにとりつかれてでもいるような不気味な顔で、「やっと見つけたぁぁぁ」と言って笑い続けていました。

 

その頃藍子は実家の部屋でくつろぎながら、ネットで洋服を注文しようとしていました。

父にも見放される藍子

浮気したくなくなるサレタガワのブルーそこに父がちょっといいかと言って入ってきました。

暢くんから父あてに手紙が届いたと言うのです。

 

律儀に「先日は夜分に急に訪問失礼しました。」とか「ご両親には息子としてかわいがってもらっていたのに、急に争うことになって申し訳ないです」などと書いてあり、やはりできた男だと父は暢のことを褒めていました。

 

スポンサーリンク

父は暢の手紙の後半を呼んで驚いていたのです。

藍子の新しい相手が妻子持ちの既婚者だと言うことに。

 

藍子は蒼ざめて、暢くん父にチクるなんて最低、なんて卑怯なことをするのとショックを受けていました。

 

父は藍子に、何を考えているのだと叱責します。

それから別れなさい、今すぐだと命令口調で言いました。

 

そしてやっぱり暢くんともう一度やり直す道を・・・と言いかけた時、藍子はいやよ!ときっぱり断ります。

 

あっちだってきちんと離婚すると言ってるしと言うと、父はその男は慰謝料をおまえの分もちゃんと払うと言ったのかと尋ねました。

 

藍子はうつむいて、それは無理・・・でしょ、普通に考えて自分が請求されたものだから、やっぱり飯森家で払わなくてはいけないと思う・・・私的に。

 

父はなぜ飯森家でなのか疑問に思っています。

 

藍子は追い詰められて焦っているかのように、そういえばお父さんは去年の春で定年退職したんだよね?と言い始めました。

退職金でさ?今お金持ちじゃん!?いくらなら助けてくれる?

 

その言葉に父の中の何かがプツンとキレる音が聞こえました。

追い打ちをかけるように藍子は、お父さん、愛する娘が困っているんだよ、助けてくれて当然だよね・・・必死に藍子は父に話しかけます。

 

そうだ保険!お父さん確か貯蓄型の積み立ての生命保険に入っていたよね。

あれを解約してしまえばいいじゃん、解約返戻金で300万円余裕でもらえるんじゃないの!?

 

この時、父・飯森清司の脳内では、藍子の幼少期の記憶が走馬灯のように駆け巡っいていましす。

まだかわいい、純粋なかわいい藍子…あんなにかわいかったのに自分はどこで藍子の教育を間違えてしまったのだろうと父は考えていました。

 

そして藍子にすまないと謝ると、おとうさんは藍子と過ごすのはもう無理だから、明日にでも出て行ってくれと告げます。

 

暢くんに土下座でも何でもして許してもらって二人のマンションに帰りなさい。

それ以外の選択肢はもう絶対に認めないと父に強く言われました。

 

 

サレタガワのブルー第52話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

同級生のSNSのせいで、梢の居場所が和正にばれてしまいました。

藍子も絶体絶命のピンチです。

 

<前話 全話一覧 次話>

サレタガワのブルーは公式アプリで最新話まで全話無料公開中です

マンガMee

マンガmee
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

52話を読んだ感想

サレタガワのブルーを実際に読んが感想紹介画像葵に告白されて、なんとなく浮かれていた梢。

あんなに毎日会いたいから通うと言っていて、店長まで覚えていたのに葵が現れませんでした。

 

その代わりのように、それほど仲の良いわけではない同級生がきて、勝手に「あの梢」なんて書いてタグ付けして居場所を和正に特定されてしまいました。

 

スポンサーリンク

本当に同級生が偶然なのでしょうか。

しかも和正は梢のことをネットストーカーみたいに、毎日調べていたのでしょうか。

 

あの荒れ果てた部屋の中でだらしない生活をしていたら、会社の人にも気づかれているのではないでしょうか。

 

これから和正の嫌がらせが始まったりするのは嫌だなぁと思ってしまいます、

 

藍子も・・・暢はお父さんに気に入られて信用されていたのでしょうね。

とてもきちんとしている人みたいです。

 

お父さんも暢となら・・・と思っていたのだと思います。

今回の件に関しては、慰謝料を請求してきた暢のことを責めずに、当たり前のことですが娘の藍子を叱っています。

 

お父さんはまじめにきちんと暮らしてきた人なのでしょう、もう老後というときに藍子みたいな人がいたら心配でたまらないでしょう。

慰謝料を払わなくてはいけないのも、自分なのに飯森家にすり替えています。

 

それなのに自分は寝転がって洋服を買おうとしていました。

罪悪感とか、肩身が狭いという気持ちはサラサラなさそうですね。

 

<前話 全話一覧 次話>

サレタガワのブルーは公式アプリで最新話まで全話無料公開中です

マンガMee

マンガmee
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

サレタガワのブルーネタバレ52話!まとめ

こちらでは「サレタガワのブルー 52話」の展開・見どころをご紹介しました。

ザっと52話をまとめてると・・

 

サレタガワのブルー 52話のまとめ
  • 梢の仕事先に毎日のように来ていた葵が来なかった・・そのことが余計に梢を意識させることとなった。
  • 梢の仕事先にたまたま来た中学の同級生のSNS投稿によって、和正に居場所がバレてしまった梢。
  • ついに父親にも見放された藍子。

和正に居場所がバレてしまった事、気になりますね。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。