サバサバ嫁とモテ系姑〜お義母様ったら老眼でしたか〜

サバサバ嫁とモテ系姑ネタバレ1巻!ラストの嫁姑問題決着は?!

漫画配信サイトでも人気の、サバサバ嫁とモテ系姑〜お義母様ったら老眼でしたか〜。

最近は広告でも見かけますね♪

 

「試し読みをしたら続きがきになる!」

「気になっているから概要を知りたい」

 

そんな人も多いのではないでしょうか♪

そこで今回は!

サバサバ嫁とモテ系姑1巻のあらすじをネタバレ解説しちゃいます!

 

これを読めば、サバサバ嫁とモテ系姑1巻のことがよくわかるかもしれません♪

 

↓eBookJapanなら無料会員+クレカ登録で300ポイントプレゼント↓

 

 

サバサバ嫁とモテ系姑1巻のあらすじネタバレ

サバサバ嫁とモテ系姑〜お義母様ったら老眼でしたか〜1巻のあらすじネタバレ解説です!

サバサバ嫁とモテ系姑の作者は和田依子さん。

 

 DPNブックスから出版され、主に漫画配信サイト「めちゃコミック」や「まんが王国」で配信されています。

内容はよくある嫁姑のドロドロかと思いきや?!

 

まずはサバサバ嫁とモテ系姑〜お義母様ったら老眼でしたか〜1巻のネタバレ解説をご案内します♪

 

サバサバ嫁

サバサバ嫁とモテ系姑1巻ネタバレ、結婚の馴れ初めのネタバレです。

 

「サバサバ嫁とモテ系姑」の主人公、嫁の美麗(みれい)は32歳。

つり目できつそうな顔つきで、ふんわり愛され系女子とは真反対な女性です。

 

そのせいか歴代付き合ってきた男には「俺がいなくても平気だろう」とフラれ、男にはコリたと仕事一筋で生きてきました。

しかしそんな美麗に転機が訪れます。

 

その可愛らしい容姿と、優しげな言動で社内で「天使」と呼ばれている8つ下で24歳の晴翔(はると)から、突然結婚を前提とした付き合いを申し込まれたのです!

 

無事結婚した2人。

しかし父を亡くし1人で暮らしている母が心配だと、はるとの母であり美麗の姑となる鏡子(きょうこ)と同居することになってしまいます。

 

モテ系姑

サバサバ嫁とモテ系姑1巻ネタバレ、嫁姑の出会いのネタバレです。

 

初めての姑との顔合わせの日、「天使」と呼ばれるはるとの母なら素敵なはず、うまくやれる・・・!と自分を鼓舞していた美麗の前に現れた姑・きょうこ。

そのきょうこは、フリルのついた花柄スカートに厚化粧、つけまつ毛をした47歳とは思えない風貌の、ふんわりモテ系女子でした。

 

はるとの母とうまくやろうと下手にでる美麗に対し、敵意むき出しの姑・きょうこ。

二人の嫁姑戦争はここから始まったのです。

 

 

同居を始めた3人。

作った食事に対しケチをつけられ、夫のはるとと新婚気分を楽しんでいるところは徹底的に邪魔をされる。

さらには容姿や親のことまでけなされる美麗。

 

しかし美麗も黙っている性格ではなく、笑顔でガンガン姑相手に言い返します。

そうやって徹底的に対立する2人の関係に美麗は祖母の言葉を思い出していました。

 

スポンサーリンク

消したい人がいたら

サバサバ嫁とモテ系姑1巻ネタバレ、消したい人のネタバレです。

 

目下の美麗の頭の中を支配する、1つの考え。

 

それは幼い頃祖母から教えられた、

「すごく嫌いな人ができたら、その人を上手に消す方法を考える」ということ。

本人にバレないよう、周りにもバレないよう、従順に振る舞い、完璧な計画を立てる。

 

完全犯罪は難しい。

だけどそれだけに燃える・・・!

 

 

しかし母親を消したらはるとが悲しむだろう、でもそのぶん自分が慰めて、ラブラブできる!

そう考え、自分の世界に没頭していた美麗は、洗っていたマグカップをつい投げて割ってしまいます。

 

マグカップ

サバサバ嫁とモテ系姑1巻ネタバレ、姑が起こしたトラブルのはじまりのネタバレです。

 

美麗がうっかり割ってしまったマグカップ、それははるとが姑のきょうこに誕生日にあげたものでした。

割れたマグカップを目撃したきょうこは、大声を出し美麗が大事にしていたマグカップを割った、きっと嫌がらせのためにわざ割ったのだ、とはるとに訴えかけます。

 

しかしはるとが取った行動は、そんなきょうこを無視し、真っ先に美麗のもとに駆け寄るといったものでした。

自分より美麗のことを優先した。

 

このことが、姑・きょうこの行動をエスカレートさせます。

 

認めない

サバサバ嫁とモテ系姑1巻ネタバレ、姑の気持ちのネタバレです。

 

美麗がウキウキで、姑のきょうこをどう消えてもらうか?

自ら人生に幕をうってもらう偽装はなし、やはり不慮の事故に見せかけた方が・・・。

 

そう考えながら帰宅をすると、真っ暗な自分たち夫婦の部屋の中で、姑のきょうこが立っていました。

部屋の中は荒らされ、きょうこの手には美麗がはるとから送られ、保管していた婚約指輪が。

 

取り返そうと揉みあいますが、きょうこはさらに美麗がつけている結婚指輪をよこせ、と要求してきます。

 

そんなもの全部捨ててやる、美麗は、はるとと釣り合わない。

結婚なんて認めていない。

 

いつもの通りの嫌がらせだと美麗がイラっとしていると、きょうこの本心が漏れます。

 

「私が私がはるとのことを誰よりも一番分かっている」

「だから母親の私が、目を覚まさせてあげなきゃいけない」

 

その言葉を聞いた美麗は、自分ときょうことの共通点に気がつきます。

 

天使

サバサバ嫁とモテ系姑1巻ネタバレ、はるとの正体のネタバレです。

 

その時、帰宅したはるとが音に気がつき駆けつけました。

(きょうこによって)荒らされた部屋を見て、空き巣被害か!と驚くはると。

 

罪を美麗になすりつけようとするきょうこですが、空き巣の仕業だと信じて疑わないはるとは、「2人は俺が守る!」と宣言します。

その言葉に感激を受け、はるとに抱きつく姑のきょうこと、それをみてドン引きする嫁の美麗。

 

そんな2人を尻目に、はるとは「この歳で母親に抱きつかれてもきもちわるいよ〜」と笑顔で本音を吐きます。

 

実ははるとの社内のあだ名は、天使は天使でも「毒舌天使」。

童顔で優しく誠実な素行とは裏腹に、悪意なく本音を吐いてしまうというキャラだったのです。

 

 

息子の本音を聞いた姑のきょうこは呆然とし、ショックを受けます。

そんな母親の様子に気がつくこともなく、はるとは警察を呼ばなくては!と大騒ぎ。

 

スポンサーリンク

しんどいよね

サバサバ嫁とモテ系姑1巻ネタバレ、嫁姑問題の決着のネタバレです。

 

しかしこの部屋は姑が荒らしたもの、警察を呼べばバレてしまいます。

そこで美麗の取った行動は「自分が無くした婚約指輪を一緒に探していた」ということにして事態を収めるというもの。

 

自分をかばう言葉に驚くきょうこ。

美麗は、さっき聞いたきょうこの本音が痛いほど分かったのです。

 

「お前は俺がいなくても大丈夫だから」

そういって自分の元をさり、他の女のところへいった元彼。

その元彼が幸せそうに歩いている姿を見たときの気持ち。

 

それは、多分愛する息子が嫁を迎え、自分より嫁を大切にしている現実を目の当たりにしている今のきょうこの心境と同じだ、と思ったのです。

 

 

自分が一番想っている人が、別の誰かを一番に選んで、自分がいなくても平気になっていく。

それを見ているのは、本当に辛いということを。

そして、きょうこに消えてもらうのはもう少しだけ待ってあげてもいい、そう思ったのでした。

 

 

と思ったのもその瞬間だけで、手のひら返しで荒れた部屋の片付けを押し付けてくるきょうこに、やはり明日にでも消えてもらおう、と考える美麗なのでした。

 

 

以上がサバサバ嫁とモテ系姑1巻のあらすじネタバレです。

 

↓eBookJapanなら無料会員+クレカ登録で300ポイントプレゼント↓

 

サバサバ嫁とモテ系姑ネタバレ1巻の感想

サバサバ嫁とモテ系姑〜お義母様ったら老眼でしたか〜の1巻のネタバレ感想です♪

 

サバサバ嫁とモテ系姑は表紙も入れて全31ページの短いお話なのですが、テンポもよく密度もあって読み応えがありました!

 

題名からしてよくある嫁姑問題、いびり倒す姑と言い返せない嫁、頼りにならない夫の構成で、ドロドロした感じかなと思いきや割とさっぱりした感じで読みやすいです。

キャラ的に嫁がサバサバ、姑がぶりっ子、って確かにあまりないかもしれませんね。

 

美麗とはるとが8歳差で結婚し、主人公の美麗は32歳。

対して姑のきょうこは47歳なので15歳しか離れてないからか、かなりのやってやられて、というシーンがあって読んでて面白いです笑

 

そして姑のきょうこは若い女の子でこういう子いるよな〜、って感じでああいう子がそのまま姑という立場になったら、こうなるのかなと少しリアルでもあります笑

サバサバ嫁とモテ系姑は、わりとサクッと読める感じですのでぜひネタバレだけではなく本編もチェックしてみてくださいね♪

 

↓eBookJapanなら無料会員+クレカ登録で300ポイントプレゼント↓

 

 

サバサバ嫁とモテ系姑ネタバレ1巻まとめ

サバサバ嫁とモテ系姑〜お義母様ったら老眼でしたか〜の1巻のあらすじネタバレをご案内しました♪

 

よくあるドロドロとした嫁姑作品ではなく読みやすかったですね♪

ぜひネタバレだけではなく本編もチェックして見てくださいね♪

スポンサーリンク