少女/女性漫画

「ワタシってサバサバしてるから」22話あらすじ・ネタバレ本田と山城の姿

めちゃコミックで大人気コミック「ワタシってサバサバしてるから」

こちらでは「ワタシってサバサバしてるから22話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前話あらすじ

始業後に朝食を堂々と食べる網浜に注意をする千堂ですが、網浜はそれを頭が固いと責めます。

千堂は編集部へ同情しました。

この部署で網浜が任された仕事は、社内の人が写った写真の仕分け作業でした。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

ワタシってサバサバしてるから22話あらすじ・ネタバレ

映るのは本田と山城の楽しそうな姿

写真の仕分けを命じられた網浜奈美は、つまらないそうにそれらの写真をポチポチとクリックしていきます。

その途中で網浜が見つけたのは、本田麻衣がテニスをする様子でした。

楽しそうな本田を嘲笑いながら、抜け目がない女だと網浜は笑います。

しかしその直後、山城達也の写真があることにも気付きました。

最初山城の姿に顔を赤らめる網浜でしたが、クリックして見てみれば、それは本田と山城のツーショット写真です。

よくよく見ると、ハイタッチをしたり、楽しそうに談笑したり、仲睦まじい二人の様子の写真がたくさん入っています。

網浜は、なぜ自分がこんな写真を仕分けなければいけないのかと怒りを露にしました。

二人の写真をまとめて選択した網浜は、それをゴミ箱へドラッグします。

まさにゴミ箱へ入れようとしたその時、背後から千堂の声が聞こえました。

うまく仕分けできているか様子を訪ねに来たのです。

ギクッと焦る網浜は、ゴミ箱に移動させようとしていた写真を急いで社内サークルのフォルダへと移してみせました。

円滑な人間関係が業績にも結び付く

網浜はその場を取り繕うために、このような写真を社内報に載せる意味を問いました。

小学生じゃあるまいしと否定的な意見です。

それを聞いた千堂は、諭すように優しく話し始めます。

会社というのはすべて人なのだと。

言っていることがよくわからない網浜は気の抜けた返事をします。

それを気にせず千堂は続けます。

社員同士のコミュニケーションが円滑に行くことで、仕事もいいものになるのだと。

風通しが良ければ自然と業績も良くなっていくと話しました。

そのために、どんな社員がいるか全員が知れる社内報はとても大切なのだと語ります。




網浜は誰とでもすぐコミュニケーションが取れると思っていますが…

網浜は千堂の発言を聞いて、内心とても馬鹿にしていました。

嘱託社員のくせに経営者のような事を言っていてと再び偉そうな態度に戻ります。

自分には社内報なんて回りくどいものは必要ないと、網浜は腕を組みながら話し始めました。

オープンマインドな自分は社内報なんてなくても、誰とでもぶっちゃけトークが出きると高笑いをしました。

千堂はその様子を無言で見つめたあと、そう思っているのは網浜だけかもしれないと伝えてその場を後にします。

網浜はその意味を問いただそうとしますが、その前に千堂はその場を去ってしまいました。

歳を取るとネガティブで皮肉屋になるから嫌だと愚痴をこぼしながら網浜は席につき直します。


使える人間か下調べ

作業を続けた網浜は、こんなもんでいいだろうと伸びをしながら自分の仕事を見ていました。

そして、ちらっと正面に座る女性の姿を見ます。

彼女は木内静江という少し太めの女性社員です。

黙々と作業をする木内を見て、暗い女だとジロジロとその姿を網浜は見つめます。

網浜は、木内が使えるかもしれないからと声をかけてみるとこにしました。

何をやってるのかと急に声をかけられ、ビクッと驚いた様子で網浜の方を見ます。

木内は、社内報に載せる原稿を作成しているのだと説明しました。

そんな木内に、この部署に移ってどれくらいになるのか網浜は尋ねました。

今年でちょうど五年だと木内は答えます。

こんなとこに五年もいるのかと反応する網浜でしたが、その後に木内からの反応はありませんでした。

網浜は会話がそこで終了したことを心の中で突っ込みます。

自分の身の上を聞いたりしろと考える網浜は、こんなところで仕事をしていたらコミュニケーション能力も失うとさらに突っ込みました。

つまらないと強く思う網浜は、そのまま席を立ち千堂の元へ向かいました。

仕分け作業は秒殺で終わったと自分が有能なアピールをしながら報告をします。

キラキラ話す網浜に、ご苦労様ですと答える千堂は次の仕事をふりました。

内容は、社内の各部署への取材です。

取材には、汗をいつもかいている米沢という男性社員が手伝うことになりました。

ワタシってサバサバしてるからを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


ワタシってサバサバしてるから22話感想

網浜が見つけた写真は本田でした。

社内サークルにも参加していたのですね。

とても楽しそうで何よりです。そして一緒に写るのは山城です。

二人がとても仲良さそうで微笑ましいですね。

そんな写真を見て、当然網浜は面白くありません。

見せつけられて捨てたくなる気持ちもわからなくは無いですが、仕事として預かっているデータを勝手に捨てていいはずがありません。

こんな単純作業ですら本当に網浜はちゃんとやれないですね。

それを見越したのか、ジャストタイミングで千堂が網浜の様子を見に来ました。

慌てて正規のフォルダに移す網浜が面白かったです。

千堂のその後の言葉は本当に人格者で経営者のような意見ですね。

やっぱり定年になる前には経営者のポジションだったのでしょうか。

千堂の正体が気になります。

しかし千堂の言葉に全く共感していない網浜は、自分にはそんな物必要ないとまたもバカにし始めました。

自分はさも有能で誰とでも仲良くなれるように話していますが、千堂の言う通りそう思っているのは網浜だけです。

網浜は言われた言葉の意味をちゃんと考えた方がいいと思います。

さて、網浜は同じ部署の人間にコンタクトを取り始めました。

急に敬語も無しに話しかけるのは本当に自分の立場が上だと思っているのでしょう。

そして他の人を見下しているのでしょう。最初から偉そうな話し方です。

話しかけられた木内もコミュニケーションが得意な方では無さそうですね。

でも5年ここでちゃんと頑張ってはいるのでしょう。

少なくとも人をバカにしたりはしていなさそうです。

適当に写真の仕分けを行った網浜が次に行うのは、各部署への取材です。

網浜がちゃんと取材できるとは全然思いませんが、一緒に同行する米沢がなんとかしてくれるのでしょうか。

取材がどのような形で行われるのか、次回も気になります。

ワタシってサバサバしてるから22話まとめ

こちらでは22話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ワタシってサバサバしてるから22話まとめ
  • 網浜が見つけたのは、本田麻衣がテニスをする様子で、山城達也の写真もあり仲睦まじい二人の様子の写真がたくさん入っています。
  • 千堂は社員同士のコミュニケーションが円滑に行くことで、仕事もいいものになり風通しが良ければ自然と業績も良くなっていくと話しました。
  • 網浜は社内報なんて回りくどいものは必要ないと言い、誰とでもぶっちゃけトークが出きると高笑いをしました。
  • 網浜の次の仕事は社内の各部署への取材です。取材には、米沢という男性社員が手伝うことになります。

<前話 全話一覧 次話>