少女/女性漫画

「ワタシってサバサバしてるから」17話あらすじ・ネタバレ本田を祝福する

めちゃコミックで大人気コミック「ワタシってサバサバしてるから」

こちらでは「ワタシってサバサバしてるから17話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前話あらすじ

網浜に本田が自分を気に入っていると騙された谷川は、さっそく本田を食事に誘います。

しかし全く相手にされず激昂する谷川は、いつでも辞めさせられると本田へパワハラ発言をしました。

後日網浜と話す谷川から、本田の契約解除を部長に進言したとの報告を受けます。

やっと邪魔者がいなくなると上機嫌の網浜ですが、戻ったオフィスがなんだかざわついています。

理由を聞くと、どうやら人事異動が発表された様子。

その内容を見ると、本田は正社員になり谷川は違う部署へ異動に。

自分が思ったものとは違う内容でした。

そして異動する人の名前の中に、網浜自身の名前もありました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

ワタシってサバサバしてるから17話あらすじ・ネタバレ

本田を祝福する安藤と藤川

他の同僚たちにヒソヒソされる中、網浜奈美は今回の人事に動揺を隠せません。

何で自分が異動しなければいけないのかわからないからです。

しかも社史編纂室という網浜が今まで何をするのかよくわかっていなかった場所です。

そんな中、背後から本田麻衣に対する祝福の声が聞こえてきます。

声の主は安藤晴香と藤川亜紀でした。

二人は最初から本田に好意的でしたし、今回の本田の正社員登用は本当に祝福すべきことでした。

改めてよろしくと声をかける二人に、本田も笑顔でよろしくと返しました。

藤川が祝福の空気にのまれ、今回の大きな人事異動のことを大きな声で話します。

安藤が焦りの色をみせ、すかさず網浜を指さして静かにするようにジェスチャーをします。

慌てて藤川は声のトーンを落としました。

小さめの声で、でも嬉しくってと藤川は答えます。

安藤もこれから本田と一緒に企画を考えたりできることが嬉しいと話します。

本田はその言葉に照れつつも嬉しそうにしていました。

ついに指摘される網浜の傍若無人さ

そして安藤がわざと大きい声で、さすが人事部だと話し始めました。

網浜のことを、自己評価が異常に高いくせに中身がともなっていない人物だったことを指摘します。

今までの恨みを晴らすように、その表情は晴れやかです。

あの傍若無人さに周囲がガマンしていたことにも気付いてなかったという言葉で、網浜はピクッと体を動かします。

黒いオーラで安藤達の方に近づいてくる網浜に安藤と藤川は怯えました。

しかし近付いてきた網浜はニカッと笑い、自身が異動することを笑い話のように明るく話します。

ちょうど今の仕事が物足りなくなっていたから良かったと話し、別部署で新しい事にチャレンジしたかったのだと意気揚々と話を続けます。

その様子を3人はポカーンと見ていました。

網浜は、キラキラと天を仰ぎながら語り始めます。

同じ仕事を続けても成長しないじゃん?と。自分はもっと高みを目指すと宣言しました。

その自分に酔った様子に、安藤と藤川は少し引き気味に見ていますが、本田は違いました。

悪意のない笑顔で、今までお世話になったお礼を言います。

そして、別部署になっても引き続きお願いしますと挨拶をします。

網浜は内心、どの立ち位置から自分にこんなことを言うのかと腹を立てていました。

網浜はせめてもの反撃に、これからは自分がフォローをしてあげられないけど大丈夫かと問いかけました。

正社員になったから責任の重さは違うと話す網浜に、大丈夫だと笑顔で本田は答えました。

自分は派遣社員の時も仕事に責任を持って取り組んできたから、正社員になっても仕事の姿勢は変わらないと笑顔で続ける本田。

網浜と一緒に仕事をした時に、なぜか仕事がうまくいかないときの原因と対策方法も学べたと続けます。

網浜はその言葉に、自分が原因でうまくいかなかったと言われたと感じ、ビキビキと怒りのボルテージを強めていきました。




歓送迎会に声はかけないといけません

数日後、光洋出版社では藤川が安藤に歓送迎会のメンバーがどうなったのかと聞いてきました。

この前の合コンメンバーである山城・鈴木・加賀には声をかけたと話す安藤。

その話を聞いて、あとは谷川と網浜かと気の乗らない声で藤川は話します。

それを聞いて安藤も気乗りしない返事をしました。

今回の異動が相当堪えていた網浜はきっと参加しないだろうと思いながら、安藤は網浜がいる部署へ向かいます。

部署に着くと乱雑で大きな音が鳴り響いていました。

網浜は物を段ボールの中に投げつけながらしまっていました。

安藤は恐る恐る網浜に声をかけます。

今週末に内輪で歓送迎会をやるけど参加するかと聞く安藤は、強制とかではないので無理しないでとブンブン手を振ります。

網浜は安藤に気付き、飲み会に関して何やら答えようとしていました。

<前話 全話一覧 次話>

ワタシってサバサバしてるからを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


ワタシってサバサバしてるから17話感想

今回の人事に動揺を隠せない網浜とは打って変わって、心から祝福されている本田。

安藤と藤川が本当に嬉しそうしているのが印象的でした。

この二人はとても仲良しですし、本田のことも仲間としてとても大切にしてくれているので安心します。

この3人には、一緒に企画したり頑張ってほしいですね。

網浜の異動が決まり、安藤が今までされた仕打ちを返すように今までの不満を聞こえるように話していたのも驚きました。

まさかここまでわかりやすく文句を言うとは思っていなかったので、安藤よかったねと思いました。

安藤が言ったことは皆が思っていたことだと思うので、網浜は一度ちゃんとこの言葉を真摯に受け止めて自分を省みた方がいいと思います。

ですが、網浜のこの後の行動は予想外でした。

怒り散らしたりせずに、自分の異動を笑い話にしながら話した網浜は偉かったと思います。

ちょうど飽きてきていたとか、新しい部署で挑戦したかったというのは完全に強がりだと思いますが、強がりでも相手を陥れるようなことは言わなかったので少しは成長したのかもしれません。

本田が違う部署でもよろしくと挨拶を挨拶をしていたのは、やはり好感度が高かったです。

本田に対する嫌味にも、強かな答えをしているのがよかったです。

なぜか起こる不測の事態への対処法も学べたと話しているのが、とても印象的でした。

本田なりの網浜への文句だったのか素だったのかはわかりませんが、笑顔で言い放つ姿が爽快でした。

さて、数日後に歓送迎会の話をしている安藤と藤川ですが、やはり歓送迎会なので送られた人に声をかけないわけにはいきません。

本当は呼びたくないでしょうが、社会人としてここはちゃんとしています。

重い腰をあげて網浜の元へ行く安藤ですが、やはり異動先での機嫌は悪そうですね。

ものをバシバシと乱雑に扱ってはいけないと思うのですが、その丁寧さがあれば他の仕事もきちんとできていたことでしょう。

どんな仕事をしているのか気になりますね。

さて、安藤が恐る恐る声をかけますが、以前のように取って食われそうな態度で返事をしたりはしない網浜です。

歓送迎会の話をしつつ、強制ではないから無理をしないでと話す安藤は、来ないでほしいという気持ちが見え見えですね。

網浜にそれが伝わっているかはわかりませんが、網浜は歓送迎会の誘いに対して何やら最後に話そうとしています。

一体何を話そうとしているのか、歓送迎会にはやっぱり乱入してしまうのか、今後の展開も気になります。

ワタシってサバサバしてるから17話まとめ

こちらでは17話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ワタシってサバサバしてるから17話まとめ
  • 網浜奈美は今回の人事に動揺をしているところ、安藤晴香と藤川亜紀が本田麻衣の正社員登用を祝福していました。安藤がすかさず網浜を指さして静かにするようにジェスチャーをします。
  • 安藤が今までの恨みを晴らすように、網浜の悪いところを指摘すると網浜は自身が異動することを笑い話のように明るく話します。
  • 数日後に歓送迎会の話をしている安藤と藤川、この前の合コンメンバーである山城・鈴木・加賀に声をかけ、安藤が網浜に恐る恐る声をかけますが、何やら答えようとしていました。

<前話 全話一覧 次話>