少女/女性漫画

「ワタシってサバサバしてるから」11話あらすじ・ネタバレサバサバ女子

めちゃコミックで大人気コミック「ワタシってサバサバしてるから」

こちらでは「ワタシってサバサバしてるから11話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前話あらすじ

会食に無理矢理参加した網浜は、褒められる本田をことごとく貶し否定していきます。

網浜の失礼すぎる数々の発言を、大人な対応でスルーしてくれるオーナーと、頑張ってフォローをする編集長と本田という構図で会食の席は進んでいきます。

網浜はさらに、毒舌という名の悪口をブランドのオーナーの前で平然と言ってのけました。

途中で本田と編集長が一時的に席を外し、網浜とオーナーは二人っきりになります。

楽だと思っているのはアナタだけ

網浜奈美と二人になったBIBAのオーナーは、網浜を男性に対する考え方が独特で面白いと話します。

恋愛に対してもアグレッシブなのですか?と聞くオーナーに対し、きたきたと網浜は顔をニヤつかせました。

男性からはいつもこういう話題が来るのだと、自分への評価に喜んでいるのです。

網浜は恍惚とした表情でその発言を逆だと指摘します。

男を引っ掛けるために必死な女ってみっともなくて嫌いだと鼻息を荒くしながら話す網浜。

それに対してオーナーは、男性に媚びない女性はかっこいいと答えます。

網浜は、なぜかほっといても男が寄ってきてしまうのだと、自身がモテることを自慢しています。

その発言を聞き、モテるのか、すごいなぁと腕を組みながらオーナーが漏らします。

これは普通の人が聞いたら嫌味だとすぐわかるような言い回しでした。

しかしオーナーの真意など網浜がわかるはずもなく、自分の話を続けています。

友達も男ばっかりで男といる方が楽だと話す網浜は、今日も本田麻衣と話すよりオーナーと話す方が楽だと上機嫌で伝えます。

その言葉を聞いて、オーナーは光の無い目で微笑みながら言います。

君はラクでも僕はどうかな、と。

その発言に、何か打たれたように言葉を失う網浜。

網浜には編集長の注意も響かない

そこへ編集長たちが帰ってきました。

編集長から、もう時間も遅いしお開きにしようと提案されます。

会食に来た三人を自らお見送りをするため外に出るオーナーは、本日のお礼を伝えました。

お世話になったことを感謝しながら編集長と挨拶をかわし、本田に対してもまたお店に遊びにきてほしいと声をかけました。

本田はプレゼントされたワンピースの袋包みを抱えながら、嬉しそうに「はい」と答えます。

三人だけになった帰り道、歩きながら編集長は深いため息をつきました。

網浜に対し、不適切な言動が多すぎたことを注意します。

何度ヒヤヒヤしたことかと本音も漏れていました。

しかしそれに対し、全く悪びれる様子もなくそんな言動しましたか?と網浜は答えます。

これにはさすがの編集長も怒りを露わにしました。

普段は取材を受けない取引先のオーナーに対して、そのブランドの悪口を平然と言い、自分のファッションがいいと言うことが信じられないからです。

本田もそれに対し網浜に何か言うことはなく、その場で編集長・本田の二人と網浜は別れました。

一人残された網浜は編集長の言動に舌打ちをしました。

せっかく盛り上げてやったのにと腕を組みながら不機嫌になります。

自分が悪いことをしたとは一ミリも思っていませんし、編集長の注意にもわかってないヤツの言動だとしか思っていないでしょう。

全く響いていません。




サバサバ女子と噂される人は網浜ではなく本田です

後日、光洋出版社では男性たちが噂話をしていました。

彼女なら大歓迎だと話す黒髪の男性に同意する茶髪の男性。

仕事もできるし美人で誰にも媚びないサバサバ女子なところがいいと噂話の対象になっている人物のことをとても褒めています。

その噂話を聞き、男性二人にふいに後ろから近づき声をかける網浜。

絡まれた男性陣は恐怖で顔を青くしています。

網浜は、サバサバ女子という単語を聞き、自分の話をしていると思って近づいてきたのです。

男性二人を抱きかかえるようにして網浜は話を聞き出します。

聞けばその噂話は本田麻衣のことでした。

自分のことかと思っていた網浜は内心舌打ちをします。

噂話の正体は、本田が正社員になるかもしれないというものでした。

その話を聞き網浜は衝撃を受けます。

本田が正社員になることが気に食わないのです。

編集長に取り入ったのだろうと怒りを露わにしながら、網浜は廊下をドスドスと進んでいきました。

<前話 全話一覧 次話>
【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

ワタシってサバサバしてるからを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


ワタシってサバサバしてるから11話感想

オーナーと二人になってどんな会話になるのだろうと思っていましたが、やはりオーナーは切れ者ですね。

爽やかに嫌味を言い、スパッと網浜にあなたは楽しくても私はどうかなと言い捨てる様がかっこよかったです。

網浜は二人きりで恋愛関係の話になると、すぐに自分が求められている、誘われていると思ってしまうのでしょうね。きたきたと喜んでいる様が残念でなりません。

媚びない女を語る様子は気持ち悪いですし、結局自分は男にモテてしまうのだという自慢話にいつも行きつくところが網浜だなと思います。

オーナーの発言に網浜は何を感じたのかは気になります。

少しはオーナーの言葉が響いているといいのですが…。

お見送りの際、オーナーから網浜に対してだけ言葉はなく、残り二人とは穏やかな会話をして別れました。

ちゃんと本田だけにはまた遊びに来てほしいと言うオーナーが、人をしっかり見ていてくれる人だとわかり嬉しくなります。

本田はいい人脈を作りましたね。これも誠意のある記事作成が功を為した結果だと思います。

誠実で気持ちが良い人と誰だって付き合いを持ちたいでしょうから。

さて、帰り道で編集長がちゃんと網浜に対して注意をしてくれました。

読者が思っていたことを代弁してくれたと思います。本当に網浜の発言にはヒヤヒヤしました。

オーナーが大人の余裕がある良い人で良かったです。

でなければ普通は今後の取引は一切無くなっていたことでしょう。

不適切な発言しかしてなかった網浜ですが、やはり自分が悪いことを言っていた自覚は無いようです。

そんなこと言いましたか?と言い切れる網浜は本当に非常識で礼儀のかけらもない人間なんだなと改めて実感しました。

二人が去った後も、全く自分が悪いとは思わずに舌打ちをする始末です。

あの会食での発言を全て、場を盛り上げてやったのにと考えている所が本当に凄いです。

恐ろしいとしか言えません。

後日、恐らく今回のことが最大の評価の対象となったのでしょう。

本田の正社員登用の噂が出ています。

噂ではなく本当に社員になったらいいなと思います。

そしてサバサバ女子という単語に見事に食いつく網浜。

男性二人に話を聞くために二人を抱きかかえて侍らせているような体勢になっているのが気持ち悪いです。

男性二人が顔を青くするのもわかります。

しかし、本田の正社員登用の話を聞いて怒りを露わにする姿は本当にみっともないですね。

自分以外の人が評価されるとわかるのが本当に嫌なようです。

ドスドス廊下を進む網浜が次は何をしでかすのか、次回も気になります。

ワタシってサバサバしてるから11話まとめ

こちらでは11話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

ワタシってサバサバしてるから11話まとめ
  • 本田と編集長が一時的に席を外し、網浜とオーナーは二人っきりになります。網浜の男性に対する考え方が面白いとオーナは言います。
  • そこへ編集長たちが帰ってきてお開きにしようと提案をします。オーナーをお見送りして3人だけになります。編集長は網浜に対して不適切な言動が多いと注意しますが網浜は全く悪びれる様子もありませんでした。
  • 後日、光洋出版社では男性たちがサバサバ女子の噂話をしていると網浜は自分のことだと思っていたが実は本田麻衣のことでした。本田が正社員になるかもしれないという話で網浜は衝撃を受けました。

<前話 全話一覧 次話>