るろうに剣心

るろうに剣心北海道編のネタバレ8話!感想と考察も!凍座の企みは?

多くの人を熱狂させたるろうに剣心の続編がスタート!

るろうに剣心北海道編8話では、いよいよ自体の全貌が見えてきましたよ!

 

「るろうに剣心北海道編8話が気になる!」

「尋問の結果はどうなったの?」

「るろうに剣心北海道編8話を読んだけどわからない部分があった・・・」

 

そんな「るろうに剣心」ファンのみなさんのために!

今回は物語の始まりである、るろうに剣心北海道編8話のあらすじを、ネタバレ解説しちゃいます!

これを読めばるろうに剣心北海道編8話が丸わかりかもしれません♪

 

!緊急告知!10月18日23時59分まで!

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─が最新刊が無料で読めるチャンス!

毎月8の付く日はFODプレミアムが熱い!

 

Amazonアカウント登録+無料期間付き会員になると今なら100ポイント+400ポイント=500ポイントが8のつく日にもらえます!

 

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─のコミックスは1冊456円

もらった500ポイントを使えばすぐに無料で読めますよ♪

 

↓詳しくはFODプレミアム公式サイトで!↓

すぐに無料は今だけ!
無料で読んでみる>

無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

 

るろうに剣心北海道編8話あらすじネタバレ解説

るろうに剣心北海道編凍座(いてくら)尋問・後編第8話の、あらすじをネタバレ解説していきます!

過去のエピソードのネタバレも多く含まれますので、ネタバレが嫌な人は要注意です!

 

露天牢(ろてんろう)

るろうに剣心北海道編の8話ネタバレ、凍座(いてくら)が囚われた特別牢のネタバレです。

 

剣心、左之助が「凍座白也(いてくらびゃくや)」の尋問の立会いをするために、栄次に連れてこられた「陸軍練兵場」。

その中に儲けた「露天牢(ろてんろう)」に凍座(いてくら)はとらわれていました。

 

露天牢(ろてんろう)は周囲を木の檻で囲まれており、さらに中心部は周囲を掘状に水で囲まれていました。

見晴らしも良く、かんたんに出入りや接触ができないように工夫された牢だったのです。

 

その中心部、妙な模様の陣に凍座(いてくら)が座っていました。

 

ひとに見える

るろうに剣心北海道編の8話ネタバレ、凍座(いてくら)から見える姿のネタバレです。

 

剣心、左之助の到着を告げるため、隊長代理の大垣が凍座(いてくら)に話しかけるも、見向きもしません。

大垣が栄次に声をかけるように告げると、凍座(いてくら)はあっさり反応しました。

 

凍座(いてくら)からは、大垣はブタが言葉を発しているようにしか見えません。

「小鬼」に見える栄次が唯一、隊の中では「小鬼」として凍座(いてくら)と会話をすることができ、栄次はそのため特別にこの案件に関わることになったのです。

 

 

その凍座(いてくら)には、剣心と左之助の姿は「ひと」に見えます。

 

【ネタバレ補足解説】

前のエピソードのネタバレになりますが、「斎藤一」も凍座(いてくら)には人に見えていました。

栄次は小鬼であるあたり、強さなどに比例して見える姿が変わるようです。

 

スポンサーリンク

歓迎

るろうに剣心北海道編の8話ネタバレ、剣心を歓迎する凍座(いてくら)のネタバレです。

 

栄次の声で振り向いた凍座(いてくら)は、剣心の傷をみて剣心が「緋村抜刀斎」であることに気がつきます。

歓喜の声をあげる凍座(いてくら)に、尋問は自分1人で行うことを宣言する剣心。

 

凍座(いてくら)の様子に、ここにワザと囚われていたのは「自分を心待ちにしていた」ことを察したのです。

 

 

露天牢(ろてんろう)内部に降り立つ剣心を、「希望と絶望の大地へようこそ!」と凍座(いてくら)の熱い握手が迎えます。

客人は上座へ、と促される剣心。

 

そこには凍座(いてくら)が座っていた「十二支」が書かれた陣がありました。

その中の1つの地面の下から凍座(いてくら)が取り出したのは、なんと酒。

 

それは函館山に陣取る、凍座(いてくら)の仲間「土居」が「地ごう」の力を使って差し入れしたものでした。

生き物以外は出し入れができるこの力、今後のるろうに剣心北海道編の戦いに大きく影響してきそうです。

 

猛者たち

るろうに剣心北海道編の8話ネタバレ、凍座(いてくら)の正体を尋ねる剣心のネタバレです。

 

凍座(いてくら)は「緋村抜刀斎」である剣心以外の、猛者と呼ばれる人物のことは熟知していました。

 

もちろん、剣心と共に現れた相棒である「喧嘩屋の相楽左之助(さがらさのすけ)」のこと。

かつて剣心と剣を交えた

 

  • 御庭番衆の四乃森蒼紫(しのもりあおし)
  • 緋村抜刀斎である剣心の師匠である比古清十郎(ひこせいじゅうろう)
  • 剣心の義理の弟である雪代縁(ゆきしろえにし)
  • 炎を統べる悪鬼の志々雄真実(ししおまこと)

 

の4人のこと。

特に凍座(いてくら)は、志々雄に後継がいなかったことを深く惜しんでいました。

志々雄は日本に必要な人物であったと・・・。

 

 

剣心をはじめ、日本の猛者を熟知している凍座(いてくら)に剣心は核心を尋ねます。

「剣客兵器(けんかくへいき)は何者で、目的は何か」と。

 

剣客兵器(けんかくへいき)とは

るろうに剣心北海道編の8話ネタバレ、凍座(いてくら)の正体のネタバレです。

 

核心を尋ねた剣心に、凍座(いてくら)は自分たち剣客兵器(けんかくへいき)の源流について説明を始めます。

 

元は「鎌倉時代」。

かつて元寇(げんこう)を戦い抜き、海外から日本を守った「鎌倉の武士」の一派が剣客兵器だと言うのです。

 

それはかつての隠密御庭番衆(おんみつおにわばんしゅう)が生まれた江戸時代よりも、飛天御剣流(ひてんみつるぎりゅう)が生まれた戦国時代よりも長い歴史を持ち続けていたと。

 

 

そしてその剣客兵器(けんかくへいき)存在理由。

それはかつての鎌倉の武士と同じく志をもち、日本を侵そうとする「外国から国を守る切り札」であることだと言うのです。

 

そのため、時の支配者の権力に飲み込まれないよう、権力者が集う京や江戸から程遠い、蝦夷(北海道)に移り住み、代々己を鍛えていたのでした。

スポンサーリンク

護国

るろうに剣心北海道編の8話ネタバレ、剣客兵器(けんかくへいき)の考える日本の未来のネタバレです。

 

日本の切り札と名乗る剣客兵器(けんかくへいき)が、函館山を占拠する理由。

それは日本の日本の未来を憂いたものでした。

 

凍座(いてくら)は今度の日本は「文明開化」と「富国強兵」・・・。

国の経済を発展させ、軍事力を強化する方へ傾いていく。

その先にあるのは、外国との戦争であると予見します。

 

その国とはロシアや清(中国)、そして欧米列となり世界戦争になると。

 

そして日本を守る彼らにとって、戦って負けると言うことは国を失うこと。

勝利こそが国を守ることである、と語ります。

 

そして世界との戦争に勝つための猛者となるには、剣客兵器(けんかくへいき)である自分たちの「戦いの場数」が足りなさすぎる、と言うのです。

 

目的

るろうに剣心北海道編の8話ネタバレ、剣客兵器(けんかくへいき)の目的のネタバレです。

 

そこまで聞いた剣心は、剣客兵器(けんかくへいき)は実戦経験のため、函館を再び戦場にするつもりか、と問います。

そしてその瞬間、凍座(いてくら)の足元にある奇妙な陣が「日時計」として機能していることに気がついたのです。

 

「時間だ」と告げる凍座(いてくら)。

その時、軍に緊急電信が入ります。

 

札幌県月形村(今の北海道月形町)の樺戸郡集治観(かばとしゅうちかん)・・・刑務所が何者かに襲撃を受けたと。

 

函館にいる剣客兵器(けんかくへいき)はあくまでも先鋒。

これから北海道各地で、実検戦闘を開始すると言うのです。

 

 

広い大地北海道各地で行われる、無慈悲な戦闘。

剣心は果たしてどう立ち向かうのでしょうか?!

 

 

 

以上が、るろうに剣心北海道編の8話あらすじネタバレ解説です!

るろうに剣心北海道編も盛り上がってきましたね〜!

 

次回のるろうに剣心北海道編が今から待ちきれません♪

 

るろうに剣心北海道編9話は、2018年11月2日発売の「ジャンプSQ12月号」に掲載されます!

るろうに剣心北海道編9話も読みましたらあらすじのネタバレ解説をしますのでお楽しみに!

 

↓るろうに剣心北海道編コミックスを無料で読む!↓

無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!(Amazonアカウント登録)

 

るろうに剣心北海道編8話の感想と考察

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜 ネタバレ

るろうに剣心北海道編の8話のネタバレ感想と考察です!

過去のお話のネタバレが多く含まれますのでネタバレ嫌な人は注意してくださいね!

 

いよいよ凍座(いてくら)率いる(?)剣客兵器(けんかくへいき)の目的がわかりましたね!

まさかの目的は外国勢力から日本を守ること。

 

聞こえは良いですが、そのために北海道の土地を犠牲にすると言う・・・。

そして鎌倉時代、元寇(げんこう)の時から日本と海外の戦争に備えていたとのことで、ある意味薩長の人々よりも考えが先を行っていた彼ら笑

 

「地ごう」の力で地面間でものを行き来させることができるなど、その力は未知数です。

しかもあれだけ強い凍座(いてくら)たちが先発隊とのことで、今後さらなる強敵も予想されます。

 

また北海道という広い土地をまたにかけ、各地で起こる戦闘に剣心たちはどう立ち向かっていくのか見ものですね!

 

【ネタバレ補足解説】

調べたところ、一応この時代でも鉄道は蝦夷(北海道)にあったようなのですが、札幌〜小樽間が開通したのが明治15年。

歴史にそうならば函館周辺はまだまだでしょうから、移動するとしたら船が馬車・・・。

 

まず今回襲撃を受けた札幌県月形村(今の北海道月形町)の樺戸郡集治観(かばとしゅうちかん)から函館までは約287キロの距離。

歩くと60時間かかります!

 

うーんるろうに剣心北海道編、どうやって展開していくんでしょうね笑

とりえずるろうに剣心北海道編9話を楽しみに待ちましょう♪

 

るろうに剣心北海道編はコミックス1巻も発売中です!

人気すぎて本屋さんではなかなか売ってないみたいなので、電子書籍で読むのがオススメですよ♪

 

!緊急告知!10月18日23時59分まで!

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─が最新刊が無料で読めるチャンス!

毎月8の付く日はFODプレミアムが熱い!

 

Amazonアカウント登録+無料期間付き会員になると今なら100ポイント+400ポイント=500ポイントが8のつく日にもらえます!

 

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─のコミックスは1冊456円

もらった500ポイントを使えばすぐに無料で読めますよ♪

 

↓詳しくはFODプレミアム公式サイトで!↓

すぐに無料は今だけ!
無料で読んでみる>

無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

 

るろうに剣心北海道編のネタバレ8話!感想と考察まとめ

るろうに剣心北海道編凍座(いてくら)尋問・後編第8話の、あらすじネタバレ解説と感想でした!

続編でも、るろうに剣心のおもしろさは健在でしたね!

次回のるろうに剣心北海道9話のあらすじネタバレ解説もお楽しみに!

スポンサーリンク