TV番組・ドラマ化

【衝撃の結末!】梨泰院クラスの原作「六本木クラス」の最終回ネタバレ

ピッコマ独占配信の人気コミック「六本木クラス」。

「最終回が気になる!」
「復讐は成功した!?」

こちらでは「六本木クラス78話(最終回)」の展開・あらすじをご紹介していきます!

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

【最終回】六本木クラスのあらすじネタバレ

前回は、楠木優香の発言もあり、金城龍河の犯行が明らかになりました。

観念した龍河の父である金城茂は、宮部新に対してようやく謝罪をしました。

そこで新は、商売人として茂に復讐するということを匂わせました。

一体この物語にどうケリをつけるのか、注目です。

逆転物語の幕切り

時間軸でいうと、前回から3ヶ月ほど時間が経ったようです。

刑務所にいれられている龍河に、1人の男がたずねてきました。

男は桐野雄大。新の企業R・Cの財務の担当をしています。

わかっていなさそうな龍河に、桐野はまず自分の過去から話しはじめました。

それを聞いた龍河は、やっと「あの時の豚野郎!?」と桐野のことを思い出します。

桐野は、1話で龍河にいじめられていた人物です。

新と龍河の長い長い因縁が、はじまるきっかけの人物でもあります。

桐野は、この因縁の終わりを伝えにきたのです。

「明日 JGはR・Cに吸収合併される」

龍河の父、茂の会社であるJGを、R・Cが買収するというとのことです。

龍河がこれまで暴れてこれたのは、JGのお金があったためです。

何か事件を起こしたとしても、お金による解決で隠ぺいしてきました。

JGを失った龍河は、もう何もフォローしてくれる術がありません。

刑務所を出た後でも、まともに生きていくことができないでしょう。

過去に見下していた相手に見下された龍河は、「ふざけんな…!」と怒りだしました。

桐野はあわれな龍河の悲鳴を聞きながら、刑務所をあとにしました。

龍二と亮太

金城龍二は、不意に内山亮太に対してこれまでの裏切りを謝罪しました。

「りくさんにはちょっと前に会って謝ったんですけど…」

「亮太さんにはまだちゃんと謝れてなかったから…」

律儀な龍二は、亮太に対してしっかりと頭を下げました。

亮太は下がっている龍二の頭を軽く殴り、「不意打ちは不意打ちで返す」と、重い空気を紛らわせるかのようにほほえみました。

六本木を去ると言っていた龍二に対し、新と麻宮葵には会っていかないのかとたずねます。

すると「はい」と答え、続けて「多分一生… 会わないです」と一言。

何かを察したかのような亮太は、「んじゃ まぁ… 元気でな」と言い、2人は別れました。

<スポンサーリンク>

新の彼女

場面は変わり、葵とりくがあるバーに入ろうとしていました。

このバーは最近繁盛しているようで、偵察しに来たのです。

すると、入り口でバーのオーナーとばったり遭遇します。

オーナーは楠木優香。かつて新に好意をよせられていた女性であり、元JGの社員でもあります。

葵にとっては恋愛にとっても経営にとってもライバル的な存在です。

警戒する葵に対し、優香はおごってあげるよう言います。

すると葵は唐突に、「私 社長(新)と付き合ってるんです」と言い出しました。

優香はほほえみ、「あんたなら安心かもね」と新のことをよろしく頼みました。

葵はムスっとなり、「何様?」と言いバーに寄らずにその場を去ります。

たどりついた幸せ

帰ってきた葵は、傷の手当てをしていた新に「まだ治ってなかったんですか?」とたずねます。

続けて「私がいなかったらもっと早く治ってたのに…」と申し訳なさそうな表情。

新は「お前がいなかったらあのまま死んでた」とフォローしました。

すぐに話題を変え、葵にバーの偵察はもう済んだのかとたずねます。

すると葵は、それよりも「デートをしませんか?」と誘いました。

―久しぶりに2人で歩く六本木の道。

恥ずかしがる新に対し、葵はスッと手をつなぎます。

そして葵は、過去から現在に至るまでの、新に対する思いを語りはじめました。

2人の人の温もりを知らないという共通点。

新の過去を聞いた時からの、新を癒してあげたいという決意。

新の幸せが自身の人生も満たしてくれるということ。

「愛してます」

「私が幸せにします」

そう言われると、新から大量の涙が溢れました。

「なんだこれ!?」とごまかす新に、葵はそっとキスをします。

辛く、悲しい過去をのりこえ、幸せを探し続けた新。

幸せを探し続けている途中、出会った仲間や愛する人。

その人たちと過ごした日々が、新がたどりついた幸せだったのです。




六本木クラスを無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「六本木クラス」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「六本木クラス」のような話題の恋愛漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

<スポンサーリンク>

六本木クラスの最終回を読んだ感想まとめ

次に、78話を読んでみての感想を紹介します!

新が幸せを実感してくれて、とてもほっとしました。

目の敵であるJGを吸収合併し、ようやく平穏な日々が送れそうです。

この逆転物語がひと段落し、新に「お疲れさま」と声をかけてあげたいくらいです。

こりずに暴れてきた龍河は、これでやっと大人しくしてくれそうですね。

過去に龍河にいじめられていた桐野が、龍河をギャフンと言わせたもの非常にスカッとしました。

1話で彼がいじめられていたという伏線が回収されましたね。

前回は、新が父の茂をギャフンと言わせましたが、ようやく親子揃って自分たちがしてきたことを後悔してもらえそうです。

龍河はこれからどうなってしまうのでしょうか。

新や桐野が味わってきた辛さを理解し、しっかりと反省してほしいですね。

まさに「逆転」という言葉が似合う結末でした。

龍二と亮太は、2人ともそれぞれの道を歩んでいくのでしょう。

龍二はもう新さんとは会わないと言っていましたが、少し悲しいですね。

いつかまた「ハチミツザナイト」にいたメンバーで集まって欲しいものです。

優香は、自分の店を持ったようですね。

JGで得た知識と優香の魅力があり、店は繁盛しているようです。

もともと優香はJGグループにいたため、新の敵のような立場でした。

しかし、最後の最後に新の味方をしてくれてよかったです。

新は葵の彼氏ですが、優香の前にも新のような素敵な男性が現れてほしいものです。

葵はいつもひねくれていましたが、今回やっと新にデレを見せてくれましたね。

新に対する思いや愛をしっかりと伝えてくれたおかげで、新は幸せを実感できたわけです。

今まで辛い思いをしてきた分、二度とそのような思いはしないように生きてほしいです。

葵と新には、これからは幸せいっぱいに過ごしてほしいなと思います。

まさに「一発逆転物語」という名前にふさわしい物語でした!

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。