少女/女性漫画

「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」ネタバレ21話!あらすじ感想!カシスの覚醒

ピッコマ独占配信の人気コミック「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」。

「続きが気になる!」
「ロクサナはどうなる?」

こちらでは「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜21話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




前回までのあらすじ

前回は、ロクサナの持ってきた花が毒草であることを見破ったカシスが、この花を捨てるか近くには飾らない方が良いとロクサナに忠告します。

何故そんなことが分かるのかと聞かれたカシスは、以前見たことがあるからだと返答。

しかし、アグリチェ一族が独自開発した毒草の存在をカシスが知っているはずがなく、彼には何か自分に隠している事があるようだとロクサナは確信します。

その翌日、ロクサナが邸内を歩いていると、カシス襲撃の件で懲罰房送りにされていたシャーロットと久々に再会しました。

シャーロットは以前と変わらぬ傲慢な態度で姉のロクサナに食って掛かり、「どうせ毒蝶を孵化させたという話も嘘なのだろう」と挑発します。

イラついてきたロクサナは、殺傷用に育て上げた最凶の毒蝶を召喚し、シャーロットに襲い掛からせます。

シャーロットは自分の体が毒蝶に食い尽くされる幻覚を見せられ、恐怖のあまり戦意を喪失してしまいました。

殺傷用の毒蝶を初めて実戦で使ったロクサナは肉体に極度のダメージを負い、カシスのいる独房に辿り着くと同時に血を吐いて倒れてしまいます。

素手で鎖を引きちぎり、全速力でロクサナのもとに駆け寄るカシス。

ロクサナは薄れゆく意識の中、自分のことよりも彼の身の方が心配でたまりませんでした。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜21話のネタバレ


カシスの葛藤

独房の中のカシスは、壁際に突っ立ったまま一人で物思いにふけっていました。

脳裏に浮かんでくるのは、ジェレミーと交戦していた時に突然乱入してきたデオン・アグリチェの邪悪な顔。

殲滅したペデリアン一族の同胞を犬と呼び、「飼い主も同じ所に送ってやる」と言って不敵に自分を見下していた悪魔の笑顔を、カシスはどうしても忘れられません。

もしもあの時槍を投げていなかったら、ロクサナの母親は魔物の餌食にされていたはず。

あの冷酷非情な男がロクサナの兄・アシルを始末した張本人に間違いない、とカシスは確信します。

一族の長であるラントをはじめ、この家の人間はみんな何かが壊れている。
常識や倫理といった社会的ルールなど、ここでは何の意味も持たない。
こんな所で生活していたら、おかしくなるのは当然だ。

カシスは強く歯ぎしりしながら、アグリチェ一族に対する強い怒りをあらわにします。

その時ふと思い浮かんだのは、「母を助けてくれてありがとう」と言ってくれたロクサナの事でした。

もしも俺がここから脱出したら、ロクサナは一体どうなってしまうんだ……?

カシスの脳裏に、おもちゃを逃がした責任を取らされるロクサナの悲惨な未来が思い浮かびます。

彼女一人を犠牲にして、自分だけが助かっても良いのか……?

カシスはロクサナを残して行くことに、胸が張り裂けるような罪悪感を抱いていました。

ふと独房の入り口を見ると、扉を開けて入ってきたロクサナがうつむいたまま立っています。

カシスが声をかけようとした途端、口から血を流して卒倒するロクサナ。

素手で鎖を引きちぎったカシスは、全速力で彼女のもとに駆け寄りました。

解かれた禁制

顔面蒼白になっているロクサナを抱き起こすと、彼女の体から漂う強烈な毒の匂いがカシスの鼻を刺激しました。

何匹もの不気味な蝶々がロクサナの体にまとわりついていて、まるで死の気配に引き寄せられた死神のような雰囲気を醸し出しています。

ロクサナは震える手をカシスの方に伸ばしながら、「私が守るから絶対に外に出ないで……」と弱々しい声でつぶやきました。

カシスが握りしめたロクサナの手は氷のように冷たく、生命の躍動を全く感じません。

「すぐに医者を呼ぶべきだ」とカシスが告げても、ロクサナは「私が倒れたことは誰にも言わないで……」と意地を張り続けます。

激しく乱れていた呼吸音がどんどん小さくなり、体の震えもだんだん弱まっていきます。

カシスの手からすり抜けたロクサナの手が床に落ちると、それ以後ロクサナはピクリとも動かなくなってしまいました。

ロクサナの死を目の当たりにした瞬間、絶望に染まるカシスの脳裏にペデリアン一族の長の言葉が蘇ります。

自制の効かないお前の力は災いだ……!
二度とこのような事にお前の力を使ってはならない……!
今からお前に禁制を下す……!

洗礼を受けて以来、世界の秩序を乱さぬようずっと封印してきた能力。

しかし、今自分の目の前で死にかけている人間を見殺しにして、本当にそれで良いのか?

カシスはロクサナの体を強く抱きしめ、ペデリアン一族の冠する「審判者」の名に逆らってでも彼女を救いたいと心の底から願いました。

その瞬間、カシスの中に封印されていた禁制の鎖が外れ、カシスの全身が神々しい光に包まれます。

カシスの体を縛りつけていた首輪や拘束具が一瞬のうちに消滅し、怒りや悲しみに揺れていた顔が穏やかな表情に変わります。

自分の腕の中にいるロクサナに目を向けると、彼女の体を黒い霧のようなものが覆っていました。

このままでは死の気配に飲み込まれる……!

カシスは冷たくなったロクサナの手を力強く握りしめると、彼女に口づけをして生命エネルギーを注ぎ込みました。




悲しい瞳

カシスが唇を離すと、ロクサナがゆっくり目を開けて自発呼吸を取り戻しました。

しかし、その表情はあまりにも弱々しく、いつ命の火が消えてもおかしくない状態です。

カシスは再びロクサナを抱き寄せると、彼女にキスをして生命エネルギーを注ぎ込み続けました。

驚いたロクサナはとっさにカシスを突き放し、か細い声で「やめて」とつぶやきます。

「このままだと死ぬぞ!」

カシスが真剣な表情でロクサナに迫ると、ロクサナは弱々しい口調で「だからやめてって言ってるの」と答えました。

体にほとんど力が入らないほど衰弱しきっているのに、救済を拒絶する意志だけは堅固なのが何とも皮肉的です。

上目遣いに自分を見つめるロクサナの目を見た瞬間、カシスの記憶の中のとある女性の目と重なります。

それは、常に死を覚悟しながら生きている人間の目。
幸せな人生を諦めている悲しい瞳。

カシスはロクサナと見つめ合いながら、初めて会った時からずっと彼女の事が気になっていた理由を自覚しました。

<前話 全話一覧 次話>

ロクサナを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


21話を読んだ感想

今回は完全にカシスが主役のエピソードでしたね。

もうじき開かずの扉が開き、アグリチェ邸から脱出できるまたとない機会が訪れることに闘志を燃やすカシス。

人格の歪んだ連中ばかりのアグリチェ一族に対して敵意を抱く一方で、自分が逃げた後のロクサナのことを気遣う所が実にカシスらしくてグッときました。

もしもカシスが館から脱走したら、おもちゃの所有者であるロクサナは確実に処罰の対象になるでしょう。

おそらく、ロクサナ本人もそのことを分かっているからこそ、カシスを逃がす手筈が整うまで毒蝶の強化に明け暮れていたのだと思います。

カシスが館を出る時は、ロクサナがアグリチェ一族との決戦に臨む時。

ロクサナはカシスを陽動作戦のおとりに使い、ラントの首を取るつもりなのかもしれませんね。

しかし、そんなロクサナも、毒蝶の力を使いすぎて肉体がついに限界を迎えてしまいます。

息絶える寸前の彼女を救うため、封じられていた力を解放するカシスの覚醒シーンは、見ていて最高にテンションが上がりました。

たとえ一族の掟に逆らうことになろうとも、目の前で苦しんでいる人を自分の意思で助ける。
これぞヒーローの姿ですね!

その一方、カシスが全身全霊を注いで助けようとしているのに、自ら死を渇望するような振る舞いを見せるロクサナの姿があまりにも衝撃的で胸が詰まりました。

長年に渡って悪女を演じ続け、肉体的にも精神的にも疲れてきっているロクサナは、心のどこかでもう何もかも終わりにしたいと願っているのでしょう。

アグリチェ一族に染まりきれない彼女の人生は、まさに風に流される蝶のように儚く悲劇的です。

はたしてカシスは、ロクサナの命だけでなく彼女の心も救えるのでしょうか?

第22話の展開から目が離せません!

<前話 全話一覧 次話>




ロクサナ21話!まとめ

こちらでは21話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ロクサナ21話のまとめ
  • カシスの脳裏に、ロクサナを残して行くことに、胸が張り裂けるような罪悪感を抱いていた。
  • カシスは冷たくなったロクサナの手を力強く握りしめると、彼女に口づけをして生命エネルギーを注ぎ込んだ。
  • カシスはロクサナと見つめ合いながら、初めて会った時からずっと彼女の事が気になっていた理由を自覚した。