少女/女性漫画

「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」ネタバレ20話!あらすじ感想!力の代償

ピッコマ独占配信の人気コミック「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」。

「続きが気になる!」
「ロクサナはどうなる?」

こちらでは「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜20話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




前回までのあらすじ

前回は、マリアのティーパーティー中に発生した死傷者多数の大事件が、飼育場からカランチュラを逃がしたジェレミーの責任という形で幕を閉じました。

ラントの判断により、ロクサナのおもちゃに手を出そうとしたデオンにもカランチュラ捕獲の罰が与えられます。

あくまで罰という名目で仕事に行かせただけの緩い処遇ですが、大嫌いなデオンの顔を当分見なくて済むようになり、ロクサナは一応の満足を得ます。

一方、幻覚部屋から通常の独房に戻されたカシスは、だいぶ打ち解けた表情でロクサナと話をするようになっていました。

ロクサナはそんなカシスに対し、二つの良い知らせがあると報告。

一つは、秘密の通路の途中にある開かずの扉が開く時期が迫っており、もうすぐアグリチェ邸から脱出できるチャンスが訪れるということ。

そしてもう一つは、デオンに全滅させられた捜索隊の代わりに、新しい捜索隊がペデリアン一族から派遣されたらしいということ。

カシスは自分が生きていることを彼らに伝えるため、ペデリアン一族にしか分からない重要な暗号を植物の葉に書いてロクサナに託します。

そんな中、カシスはアグリチェ邸内に生えている観賞植物を手に取り、これが毒草であることを一発で看破。

アグリチェ一族の中でもごく一部の人間しか知らないはずの秘密事項を言い当てたカシスを見て、ロクサナは驚きを隠せませんでした。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜20話のネタバレ

隠し事

「この花がどんな花なのか分かっているのか?」とカシスに聞かれたロクサナは、「ただの花じゃないの?」とわざと素知らぬ顔をしました。

カシスは真剣な表情で花を掴み、正確な種類までは分からないが相当な毒性を持った毒草だと断言します。

何故そんなことが分かるのかとロクサナが尋ねると、「前に見たことがあるからだ」とカシスは答えました。

その言葉を聞いたロクサナは、思わず「そんなことありえない……」とつぶやきます。

ロクサナが独房に持ってきた花は、アグリチェ一族によって開発された独自品種の毒草。
一切外部に流通していないため、ペデリアン一族の人間であるカシスが知っているはずないのです。

自分の発言をロクサナに否定されたと勘違いしたカシスは、悲しそうな表情を浮かべて言いました。

「信じてくれないならそれでもいい、でもこれからは身内も疑った方がいい、その花はすぐに捨てるべきだがそれが嫌なら近くには飾らないことだ」

カシスは寂しそうにうつむきながら、「これはお前を心配しての忠告だ」と小声でつぶやきます。

「信じるわ」

ロクサナの口から予期せぬ言葉が飛び出した瞬間、カシスは思わず顔を上げて彼女の顔に見入ってしまいました。

「貴方が私にそんな嘘をつく必要なんてないもの」

そこには、クスクスと楽しそうに笑うロクサナの姿がありました。
初めて見る屈託のないロクサナの笑顔は、瞬く間にカシスの心を魅了します。

カシスはどうやってこの花が毒草だと知ったのだろう……?
私がカシスに対して手の内を全て見せていないように、カシスもまた私に対して何か隠し事をしているようね……。

ロクサナは、まるで惑星と衛星のように微妙な距離感を保つ二人の関係が滑稽でたまりませんでした。

帰って来たシャーロット

その翌朝のアグリチェ邸内には、真っ青な顔でフラフラになりながら廊下を歩くロクサナの姿がありました。

カランチュラの生息地に派遣されたデオンだけでなく、南東の境界付近にいるペデリアン一族の捜索隊も毒蝶で同時に監視しているため、エネルギーを使いすぎて極度に体調が悪化してしまったのです。

するとそこに一人の少女が現れ、例のおもちゃが逃げようとしたという話は本当かとロクサナに話しかけてきました。

その声を聞いたロクサナはすぐに背筋を伸ばして平静を装い、不敵な笑みを浮かべながら振り返ります。

ロクサナの前に現れたのは、勝手にカシスを襲撃した件で懲罰房送りにされていた妹のシャーロットでした。

思ったより元気そうな様子で戻ってきたシャーロットに対し、「どうせならもっとそこにいれば良かったのに」と皮肉たっぷりの言葉で久々の再会を祝福するロクサナ。

相も変わらずシャーロットはロクサナへの敵対心を剥き出しにしていて、「おもちゃを逃がすなんて飼い主失格なんじゃないの!?」と大声で文句をたれまくります。

カシスがロクサナの監視下に置かれるようになったのは自分が懲罰房送りにされた後だという話を聞いたシャーロットは、おもちゃを独占するためにジェレミーを使って自分をけしかけた姉への怒りをあらわにします。

ロクサナは平然と笑いながら、「罠に引っ掛かる方が悪い」と反論。

頭に来たシャーロットは、「自分のおもちゃが問題を起こしておいて、お姉ちゃんだけ罰を受けないのはおかしい!次はお姉ちゃんが処罰の部屋に入れられる番よ!」と喚き散らします。




見せてあげるわ

「毒蝶を孵化させたっていう手柄話も、どうせお父様に気に入られるための嘘でしょ!」

はじめはシャーロットの話を適当に聞き流していたロクサナでしたが、あまりにも愚かな妹の発言にだんだん我慢ならなくなってきました。

「そんなに信じられないなら見せてあげる 自分の目で確かめてみるがいいわ」

ゆっくりとかざしたロクサナの手から無数の毒蝶が舞い上がると、シャーロットの全身を覆い尽くしていきます。

禍々しい真っ赤な羽を持つ毒蝶たちが凄まじい勢いでシャーロットの体をむさぼり、食いちぎられた手足の皮膚の下から骨が露出していきます。

おぞましい悲鳴と共にシャーロットの生首が床に転がると、鮮血が噴き出す胴体から真っ赤な毒花が咲き乱れました。

「だから言ったのに……」

ロクサナが毒蝶たちを自分の指先に帰還させると、床の上には顔面蒼白になったシャーロットがひざまずいていました。

全ては殺傷用の毒蝶が見せた幻覚。

しかし、現実以上の苦痛と恐怖を味わわされたシャーロットは、頭の中が真っ白になってすでに戦意を喪失していました。

「私はおバカさんが嫌いなの 次からは気をつけるのね」

ロクサナはシャーロットを睨みつけ、悠然とその場から姿を消しました。

辺りに誰もいないことを確認すると、ロクサナは崩れ落ちるようにして廊下に倒れ込みます。

妹の前では平静を装い続けていたロクサナでしたが、毒蝶のパワーを使い過ぎて、すでに歩くのもままならないほど体はボロボロの状態。

手すりにしがみつきながら、這うようにしてカシスのいる独房を目指し続けます。


力の代償

カシスが独房の中で休憩していると、扉を開けたロクサナが中に入ってきました。

しかし、彼女は扉に寄りかかったまま、全くカシスの方に近づいてきません。

不思議に思ったカシスがロクサナに話しかけようとすると、突然ロクサナが大量の血液を口から吐き出し、その場に倒れ込んでしまいました。

「ロクサナーーー!!!」

殺傷用の毒蝶を初めて実戦で使った結果、あまりにも重すぎる代償を支払わされることになったロクサナ。

薄れゆく意識の中、遠くからカシスの叫び声が聞こえたような気がしました。

かすかに目を開けると、鬼の形相のカシスが必死に自分の方に駆け寄ろうとしているのが見えます。

しかし、彼の首輪は鎖で壁と連結していて、入り口付近で倒れているロクサナの所まではどうあがいても手が届きません。

首輪の鎖を思いきり掴んだカシスの手から青白いオーラがほとばしると、頑丈な鎖が瞬時に破裂してカシスの拘束を解きます。

素手で鎖を壊すなんて、カシスはやっぱりすごいわ……。

床の上に倒れているロクサナは自分に向かって走ってくるカシスの姿を見て、このまま彼が館から脱走するつもりなのではないかと考えていました。

ダメよ、カシス……。
また逃げて捕まったら、次こそ貴方は本当に無事では済まない……。

カシスに抱きかかえられたロクサナは、自分の命よりもカシスの安否を気遣いながら、そのまま眠るように眼を閉じました。

<前話 全話一覧 次話>

ロクサナを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


20話を読んだ感想

今回は、ロクサナを中心とした様々な登場キャラクターとの掛け合いが面白いエピソードでしたね。

彼女の持ってきた花が毒草であることを瞬時に見抜いたカシス。
その理由を「前に見たことがあるから」と説明していましたが、ラントに拷問されている時にでも見たのでしょうか?

あるいは、何か彼女に言えない秘密があって、とっさに嘘をついた可能性も考えられます。

カシスは同族からも恐れられている強大な超能力を秘めているようなので、その探知スキルによって毒の気配が分かるのかもしれません。

ロクサナとカシス。
お互いに信頼し合っている一方、お互いに何かを隠し合っている不思議な関係性が何ともじれったくて興味を惹かれます。

そして、序盤に登場して以来なかなか出番の無かったシャーロットがついに再登場しましたね!

作者からも存在を忘れられているのではないかと心配していましたが、どうやら今までカシスを襲撃した件で懲罰房に入れられて処罰を受けていたようです。

どんな罰を受けても全く懲りず、しつこく姉に食って掛かる破天荒な性格が変わってなくて安心しました。

シャーロットは登場回数こそ少ないですが、非常にキャラが立っていて個人的にお気に入りの登場人物なので、今後もちょくちょく出てきてくれると嬉しいです。

それにしても、恐るべきは毒蝶の戦闘力。
単なる偵察だけでなく、ターゲットを幻惑して死の恐怖を植え付ける能力も備わっているとは驚きました。

毒蝶を応用すれば、アグリチェ一族を殲滅できるのではないでしょうか?

むしろ、ロクサナは最初から刺し違えるつもりで毒蝶の飼育に命をかけていたような気がしてきました。

毒蝶の力の使い過ぎで倒れたロクサナを見て、死に物狂いで彼女のもとに駆け付けようとするカシスの姿も印象的でしたね。

禁じられている力を使ってまでロクサナを守ろうとするカシス。
気絶寸前の状況にもかかわらず、カシスの身を案じるロクサナ。

お互いに自分のことよりも相手を気遣う光景に感動しました。

彼女が毒蝶を操るために自ら毒を摂取していることを知ったら、カシスはどんな反応をするのでしょうか?

第21話も泣ける展開が待っていそうな気がします。

<前話 全話一覧 次話>




ロクサナ20話!まとめ

こちらでは20話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ロクサナ20話のまとめ
  • 初めて見る屈託のないロクサナの笑顔は、瞬く間にカシスの心を魅了する。
  • 妹の前では平静を装い続けていたロクサナだが、毒蝶のパワーを使い過ぎて、歩くのもままならないほど体はボロボロの状態。
  • カシスに抱きかかえられたロクサナは、自分の命よりもカシスの安否を気遣いながら、そのまま眠るように眼を閉じた。