少女/女性漫画

「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」ネタバレ18話!あらすじ感想!強力な武器

ピッコマ独占配信の人気コミック「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」。

「続きが気になる!」
「ロクサナはどうなる?」

こちらでは「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜18話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>




前回までのあらすじ

前回は、ジェレミーからおおよその経緯を聞いたロクサナが、カシスをいたぶった上に母シエラまで巻き込んだデオンに対して怒りをあらわにします。

びんたを繰り出すほど感情的になるロクサナを見て、満足げな表情を浮かべるデオン。
カシスの身柄をロクサナに引き渡すと、「『あの時』のようなお前の泣き顔を見られなくて残念だ」と言い残し、不敵に笑いながら去って行きました。

自室に戻ったロクサナは、紅茶を飲みながら今日の事を思い出して意味深な笑みを浮かべます。

実は、デオンの名を騙ってカシスを独房から出させたのは、他ならぬロクサナ自身でした。

半分偽物の地図を覚えさせられたカシスが自力ではアグリチェ邸から脱出できないことに気づけば、自分に服従するしか道がないことを嫌でも悟るはず。

ロクサナはカシスの中に残る自分への反抗心を完全に消し去るために、巧妙な策略を練っていたのです。

そして、カシスを幻覚部屋に移送させたロクサナは、母・シエラのもとに見舞いに行きます。

魔物が脱走したのに何故部屋から出たのかとロクサナに聞かれたシエラは、ロクサナの身が心配でたまらなくなったからだと返答。

兄・アシルに続いて母・シエラまでアグリチェ一族に奪われたくないロクサナは、わざと悪女の振りをして、「私に付きまとわれるのは迷惑です」と冷たく突き放しました。

【今なら0円で試し読み♪】
ジャンル別人気漫画ランキング!
気になる作品をクリックすると無料で試し読みできます。
恋愛・ラブコメ
ミステリー・サスペンス
SF・ファンタジー
バトル・アクション
ヒューマンドラマ
アダルト

ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜18話のネタバレ


母との決別

「お母様があの場所に来たところで、一体何ができると言うのですか?実際、魔物に遭遇して倒れたのは、私ではなくお母様ではないですか」

淡々とシビアなことを言う娘の姿を見て、母シエラは言葉を失います。

私が危険な目に遭っていても、お母様に私を救う力はない。
魔物だけでなく、逃げ出した私のおもちゃがお母様に危害を加える可能性もあった。
そんなことも考えずに無謀なことをするのはやめてほしい。

ロクサナはシエラに冷たい視線を向けながら、なおも容赦なくきつい言葉を浴びせ続けます。

「本当に私の事を想うのなら、何もしないでジッとしていてください」

非力な母親の存在は、自分にとって足手まといなだけだ。

娘のロクサナに遠回しにそう告げられたシエラは、平然と部屋から出て行くロクサナの背中を無言のまま見つめ続けていました。

扉が閉まって室内に静寂が戻ると、アシルを失った時のような絶望感がシエラの心に湧き上がってきます。

一方、部屋を出たロクサナも、颯爽と廊下を歩きながらずっと思いつめたような表情を浮かべていました。

シエラに見せた冷たい表情とは違う、暗い影を背負った女の顔。

母を守るためには、これしか方法が無かった……。

ロクサナは心の迷いを必死に抑え込みながら、これで良かったんだと自分に言い聞かせ続けます。

時は来た

ロクサナが邸内の廊下を歩いていると、侍女のエミリーが彼女の傍に歩み寄り、ラントが帰ってきたことを報告しました。

さっき正門を通過したのであれば、今からホールに向かえばちょうどラントに会えるタイミング。

ロクサナの顔が意を決した表情に変わり、ついにあの事実を伝える時が来たと意気込みました。

館の玄関ホールを歩いていたラントは、階段の踊り場に立っていたロクサナから「良いお知らせがあります」と声をかけられます。

「どんな知らせだ?」とラントが尋ねると、ロクサナは真っ赤な羽を持つ禍々しい蝶々の大群を披露しながら、毒蝶の孵化に成功したことを伝えました。

強大な生物兵器を獲得し、狂気に満ちた笑みを浮かべるラント。

父親に勝るとも劣らないほど怪しげな笑みをたたえるロクサナもまた、自分の目的を達成するための準備が整ったことを心の中で確信していました。

「アグリチェ一族に伝わる強力な武器の一つを自分の手で育てられるのは、この上なく光栄なことですわ」

ロクサナは横目で後方に目をやり、自分の背後の階上に立っていたデオンに毒蝶を見せつけるようにして言いました。

すっかりご機嫌になったラントは、「さすが私の娘だ!」とロクサナを大絶賛。

ホール中に響くほどの大きな声で笑いながら、意気揚々と自分の部屋に戻って行きました。




鏡の中の悪女

ラントを見送ったロクサナは、きびすを返してゆっくりと階段を上り始めます。

そして、階段の中ほどに立っていたデオンとすれ違う瞬間、「さっきは一発といわず、もっと殴っておけば良かったわ」と憎々しげにつぶやきました。

もしもカシスがシエラを助けなかったらどうするつもりだったのかと聞かれたデオンは、「別にどうもしない」と返答します。

「俺はお前の泣き顔を見たいだけだ」

ロクサナの肩に手を置いたデオンが、彼女の耳元で怪しく囁きました。

その言葉を聞いたロクサナは憐れむような微笑みを浮かべ、「それは残念ね」と応えます。

「私の泣き顔なんて、今後貴方が見ることは絶対にないわ」

ロクサナは上階の踊り場まで歩を進めると、デオンの方を一切振り返ることなくそのまま冷淡に去って行きました。

廊下を颯爽と歩いていたロクサナは、一枚の鏡の前で足を止めます。

そこに映っていたのは、氷のような眼差しを向ける一人の悪女でした。

私は誇り高きアグリチェ一族の一人……。
尊敬するお父様に誰よりも似た娘……。

何度も自分に言い聞かせながら、「立派なアグリチェ」を作り上げてきたロクサナ。

本心を偽ってまで母を遠ざけ、己の命を犠牲にしてまで復讐に燃える呪われた人生が、彼女の心を闇に染めています。

鏡の中の醜い悪女を見ていると、ロクサナはヘドが出そうな気分を味わわずにいられませんでした。

幸せな時間

死なないで……!目を開けて……!

倒れて動かなくなった少女を抱きかかえ、涙を流しながら絶叫している女性の姿がカシスの瞳に映っていました。

カシスは無重力の空間にフワフワと漂いながら、自分の心の奥に封印されていた忌まわしき記憶の映像を呆然と眺めています。

自制の効かないお前の力は災いだ。
二度とこのようなことにお前の力を使ってはならぬ。
今からお前に禁制を下す……!

高貴なる審判者・ペデリアン一族の掟に逆らった罰を下された瞬間、辺りの映像に亀裂が走り、ガラスのように粉々に砕け散ります。

もうちょっと寝てても良いのに……。

ふと気が付くと、傍らには自分を膝枕しているロクサナの姿がありました。

ロクサナはカシスの頭を優しく撫でながら、自分達は今アグリチェ邸内の幻覚部屋にいると告げます。

ここにあるものは全て幻。
今、貴方の目に映っている私もまた幻に過ぎない。

ロクサナはカシスの頭を撫で続けながら、母親を助けてくれたことのお礼を言いました。

見殺しにして逃げることだって出来たのに、貴方はそうしなかった。
貴方がもっと悪い人だったら、きっと私の胸が痛むこともなかったのに。

ロクサナの言葉は、まるでそよ風のように優しくカシスの心を包み込みます。

次に目を覚ました時には、お互い現実に戻っているわ……。
おやすみ……。

カシスはゆっくりと眼を閉じながら、不思議な心地よさに身をゆだねます。

日中の出来事について話したいことがたくさんあるのに、そんなことはもうどうでも良くなるような安らぎのひと時。

カシスは幻覚部屋に漂いながら、この幸せな時間がいつまでも続いてほしいと願っていました。

<前話 全話一覧 次話>

ロクサナを無料で読めるか調査した結果

U-NEXTは見放題作品
国内最大級19万本越え!
2冊無料

2冊無料

2冊無料

1冊無料

3冊無料

5冊無料

1冊無料

1冊無料

3冊無料

2冊無料

3冊無料

1冊無料

2冊無料

1冊無料

U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、漫画から映画・アニメ・ドラマまで約19万本の作品が無料で見放題!

動画作品 20万本(見放題18万本)
漫画 30万冊(ほとんどの作品が1~3巻まで無料)
雑誌 80誌(全て読み放題)

さらに無料トライアル期間中は月額料金1,990円が無料+600円分のポイントプレゼントでとってもお得となっています。

U-NEXT
お得ポイント
①作品約19万本が見放題
②月額料金無料(31日間)
③600円分のポイント付与

結論、上記3つのお得ポイントからU-NEXTは31日間無料トライアル終了前に解約することで、月額料金0円で見放題作品を楽しむことが出来ます!

「無料で気になる漫画を読みたい!」という方は、是非この機会にU-NEXTを試してみてくださいね◎


※当記事の情報は公開時のものです。詳しい情報は公式サイトをご確認ください。

広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


広告で話題の作品


18話を読んだ感想

今回は、アグリチェ一族の世界でもがき続けるロクサナの苦悩が伝わってくるエピソードでしたね。

娘のことを心から愛しているのに、アグリチェ一族の悪意からロクサナを守る能力のないシエラは、暴力がはびこる狂った世界でいつ命を落としてもおかしくない存在。

アシルを守れず、マリアにカモにされ、デオンの狂気を前にしても命乞いをすることしか出来ない力なき正義です。

自分に関わらせないようにすることが、母を守る唯一の策なのでしょう。
心を鬼にしてシエラを突き放すロクサナの行動には、むしろ母に対する深い愛情を感じました。

ただ、ロクサナの気持ちがシエラにきちんと伝わったかどうかは非常に疑問です。

アシルがデオンによって始末され、残されたロクサナもまた別人のように邪悪になって自分のもとを離れて行くのは、親としてはやり切れないでしょう。

ある意味、自分の子供が二人とも死んだように感じているかもしれません。
シエラの今後のメンタルがとても心配です。

また、鏡に映る自分の姿を見て、自嘲気味に笑うロクサナの表情も非常に印象的でした。

周りの環境に適応するために変化していく「外側の自分」と、生まれた時から変わらない「内側の自分」。

心の中に二人の自分がいるような感覚を漠然と感じている現代人は、決して少なくありません。

一瞬でも弱さを見せれば死に繋がるアグリチェ一族のような過酷な環境下で生き残るためには、本当に邪悪な人間になるか、邪悪な人間を演じ続けるかのどちらかしか道がないでしょう。

鏡のシーンを見ていて、自我の分裂に苦しむロクサナの荒んだ心境が表れているように感じました。

彼女が自らの命を犠牲にする毒蝶の飼育を始めたのも、内に秘めた破滅願望の影響なのかもしれませんね。

そういう意味では、ペデリアン一族から処罰を受けたカシスもまた、ロクサナとよく似た孤独な人間のように映りました。

二人が惹かれ合うのは、それぞれの生い立ちにシンパシーを感じているからなのかもしれません。

はたして、ロクサナはカシスや毒蝶を利用してどうやってアグリチェ一族への復讐を果たすつもりなのでしょうか?

第19話の展開がますます気になってきました!

<前話 全話一覧 次話>




ロクサナ18話!まとめ

こちらでは18話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ロクサナ18話のまとめ
  • ロクサナは母親に冷たい言葉を浴びせたが、守るためにはこれで良かったんだと自分に言い聞かせ続ける。
  • ロクサナはラントへ真っ赤な羽を持つ禍々しい蝶々の大群を披露しながら、毒蝶の孵化に成功したことを伝えた。
  • カシスは幻覚部屋に漂いながら、この幸せな時間がいつまでも続いてほしいと願う。