少女/女性漫画

私の夫は冷凍庫に眠っているネタバレ6話!あらすじ!浦田という男

毎回続きが気になる、コミックストーリー「私の夫は冷凍庫に眠っている」。

ラブサスペンスが好き絵がキレイ

不思議な展開が続く漫画を読んだので、さっそく展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

 

<前話 全話一覧 次話>
私の夫は冷凍庫に眠っているが無料&お得に読める!
※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「私の夫は冷凍庫に眠っている」がお得に読めちゃいますよ♪

私の夫は冷凍庫に眠っている6話のあらすじネタバレ

私の夫は冷凍庫に眠っている6話のあらすじをお伝えします。

婚活パーティで出会った蒲田

スーパーで買い物中に夏奈は声を掛けられました。

振り向くとやっぱり!と言われます。

蒲田ですとにこっと笑った顔に見覚えがありました。

 

夏奈の指輪が目に留まったのか、ご結婚されたんですか?と聞かれます。

確か婚活パーティーで会ったことのある人で、大きい人だなと思っていたら今みたいに話しかけてくれました。

 

背中を丸めて一生懸命話してくれたけれど、なにかぱっとしない人だなとか思った。

蒲田はまだ独り身だと言いますが、夏奈は半額になったコロッケを見せて・・・結婚しても私の旦那はこんなものを食べさせられてるくらいだから、相手は結婚してよかったと思っているかどうか・・・。

 

蒲田はコロッケ美味しいじゃないですかと言って笑っています。

夏奈は笑顔でしたが、コロッケどころか自分自身を食べさせられているのだからと内心思っていました。

 

夢がかなってよかったですね!と言われましたが、夏奈は自分はそんな夢があったことを覚えていなかったのです。

 

そんな時になんだぁその態度は!!と怒鳴り声が聞こえました。

こっちは客だぞとレジの店員さんをどなりつけている人は酔っ払いにも見えます。

 

その時蒲田がその隣にレジのカゴを置いて・・・どうしたんですか?大きい声を出してとにっこり笑って声をかけたのです。

すると何でもねーよと言ってその男は帰っていきました。

店員さんにお礼を言われています。

物事には理由があり、それを考えてしまうと言う蒲田

帰り道、ああゆうのは怖くないですか?と尋ねてみました。

もちろん怖いですが、怒って人に当たっちゃっているのを見ると、何か嫌なことがあったんじゃないかと想像してしまうんです。

怒らずにいられないほど、何かをため込んでいるのではないかと・・・。

 

そんな風に言われると、さっきまで憎たらしく思っていた客が、なんだか可哀想に見えてきたのです。

 

とっさに蒲田さん、ホントにいい人ですね…人殺しにもそんなに寛大なんですか?とつい変なことを聞いてしまいました。

 

蒲田はまじめに地獄ですね…殺人は被害者門下会社もどっちも地獄ですと即答しました。

人を殺しても平気な人もいると思うと夏奈が言うと、それはまだ本人が地獄に気づいていないだけだと。

 

それに被害者の方は加害者を許す人で、それがわずかな救いになるかもしれないけれど、加害者は地獄から逃れる方法はありません。

そういった意味では加害者の方がつらいのかなという蒲田に、そんな風に考える人はほとんどいないと思いますよという夏奈。

 

でも物事には何かしら理由があるわけだから、自分はどうしてもそういうことを考えてしまう。

誰だってまさか自分が人生のうちで、人殺しを犯すなんて思ってなかったはずでしょう。

みんなしあわせな未来を夢見ていたはず・・・それがどこかでくるってしまって…こんなはずじゃなかった、自分はこんなことをするために生まれてきたんじゃなかったと。

 

夏奈ははっとしました。

また会えてよかったですとお互い話して別れました。

 

馬鹿が付くほどいい人だな・・・なんであのパーティーで蒲田と結ばれなかったんだろう…あんないい人なのに。

あの人と結婚していたら…夫を殺すなんてことにはならなかったし・・・そんなことを言っても今さら遅いけれど・・・。

 

遅くなってごめんと帰ると、亮が台所に立っていてごはんとみそ汁を作っていました。

おかずは買ってきたと言います。

今日もデーモン亮ではなく、ミカエル亮でした。

 

食事をしながら、自分も時々料理をすると言いだす亮。

お互い共働きだから、家事は分担しないと。

 

冷凍庫の量はまだまだ残っている。

でも一体全部食べさせなくてもいいのではないか・・・相当な時間もかかるし、台所を占領するのも無理があるし・・・。

亮の連れてきたい人とは・・・!?

朝にはお弁当も渡されます。

亮も仕事なのにありがとうとお礼を言うと、そんなに喜んでくれるなら、俺が弁当担当になってもいいと笑いました。

 

会社でも夫の手作り弁当だと話すと、羨ましすぎる、愛されてますねと言われて照れる夏奈。

夜食器を洗っていると、明後日の夜だけど…夏奈が夕飯を作ってくれないかと言われます。

できれば肉料理で・・・。

 

一人連れてきたい人がいるのだと言うのです。

それとちょっとその前に話しておきたいことがあったけれど・・・いいやと言います。

 

夏奈は女だ!!それも浮気相手・・・と決めつけています。

もしかして離婚を切り出してくるのか・・・最近ミカエル亮になれていたから、女がいることをすっかり忘れていました。

 

もしこの亮を殺すとなると、女ときちんと別れさせなければ面倒なことになると思う夏奈。

あっちの亮の時は、考えもしなかったけれど・・・。

 

でもこのまま離婚した方がいいのか・・・相手の女と別れさせた方がいいのか・・・。

私はどっちを選びたいのだろう。

 

しっかりメイクをして、髪の毛も巻いた…これなら劣って見られないか・・・。

亮かただいまと帰ってきて、連れてきたのは蒲田でした。

亮は何か知っているのか、不気味な笑みを浮かべていました。

 

 

私の夫は冷凍庫に眠っている6話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

偶然婚活パーティーで出会った蒲田に会い、意外な一面を知ります。

蒲田と結婚していたら…人殺しをしなくてもよかったと思う夏奈。

最近ミカエル亮だと思っていたら、連れてきたい人がいると言うのでいろいろ考えてしまった夏奈でしたが…連れてきた人は蒲田だったのです・・・。

亮は蒲田のことを知っていたのでしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>

私の夫は冷凍庫に眠っているをお得に読む方法

「私の夫は冷凍庫に眠っている」をお得に読みたいなら「まんが王国」が一番おすすめです!

まんが王国 毎日最大45%ポイント還元!会員限定無料マンガも沢山あるのでおすすめです!
U-NEXT こちらでは配信がありません。
FODプレミアム こちらでは配信がありません。
music.jp こちらでは配信がありません。

本日まんが王国に登録すると1冊50%割引クーポンが今すぐもらえます!
有料会員に登録するとさらに即日最大3000ポイント追加付与!!

毎日最大45%ポイント還元を実施しているので読めば読むほどお得になっちゃうんです!!

会員限定で読める無料漫画が沢山あるのも嬉しいポイント◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。
おすすめのマンガアプリTOP3

1位.マンガUP!
スクエニの人気漫画が毎日8話無料!
 「薬屋のひとりごと」
「とある魔術の禁書目録」
「妖狐×僕SS」
2位.マンガMee
集英社の女子向けマンガが自分のペースで読める♫
 「君に届け」
「アオハライド」
「初めて恋をした日に読む話」

3.サンデーうぇぶり

国民的名作からオリジナル作まで幅広く楽しめる

 「名探偵コナン」
「犬夜叉」
「ジンメン」

6話を読んだ感想

私の夫は冷凍庫に眠っている6話の感想をお伝えします。

婚活しているのに蒲田が結婚できないなんて・・・パッとしないかもしれませんが話していると、もっと話を聞きたくなるかもしれません。

とにかくいい人には間違いなさそうですが・・・。

 

蒲田には夏奈が人殺しだということはばれているのでしょうか。

一般的な答え方とは違うような気がしました。

殺した方の人の気持ちに寄り添っていると言うか・・・。

 

亮も今の部分だけ切り取ってみると、いいダンナさんだと思います。

しかしデーモン亮になってしまえば殺したくなる気持ちもわからなくはないです。

いつまでミカエル亮が続くのか?

 

蒲田を連れてくる前の口ぶりや、連れて来た時の笑い方を見ると、何か知っているのではないかと思ってしまいました。

もしかしたら、自分が殺されていることも知っているのかもしれません。

 

肉料理と指定した所も・・・蒲田にお弁当を食べさせていたということはないでしょうか。

 

<前話 全話一覧 次話>
私の夫は冷凍庫に眠っているが無料&お得に読める!
※本ページの情報は記事公開時点のものです。
最新情報は公式サイトにてご確認ください。

まんが王国では毎日最大45%のポイント還元を行っています!

読めば読むほど「私の夫は冷凍庫に眠っている」がお得に読めちゃいますよ♪

私の夫は冷凍庫に眠っているネタバレ6話!まとめ

こちらでは「私の夫は冷凍庫に眠っている 6話」の展開・あらすじをご紹介しました。
ざっと6話をまとめてみると・・

私の夫は冷凍庫に眠っている 6話のまとめ
  • かつて結婚パーティーで会った浦田に会い、自分には夢があったことを忘れていたことを知った。
  • 亮はお客を連れてくるので肉料理を作ってほしいと言ってきた。
  • 亮が連れてきたのは、なんと浦田だった。

亮と浦和の関係は?